FC2ブログ

マスク率100%の恐怖

最近のマスク事情はどうなってますか?

私のところ(ロサンゼルス)では・・飲食店、食料店、銀行・・などに入るときはマスクを着けます。
マスクを着けないと中に入れてもらえないので!

私にとっては仕方なく・・ですが(笑)


先日、久々に銀行に行ったときのこと。

Bank Tellerに、ある手続きをお願いしようとしてたんだけど・・相手の言ってることがよく聞き取れない!

「は? え? もういちど言ってください?」・・私は寄る年波で耳が遠くなっちゃった? こりゃ、補聴器が必要?

通常の銀行窓口風景
shutterstock_549457027-897x500.jpg

いやいや、そうじゃないだろ!
プラスチックボードで遮られてて、しかも、今、お互いにマスクを着けてるんだから、聞き取りにくいのは当たり前だ~。


銀行の窓口がプラスチックボードで遮られているってことは・・昔からのことだ。

もちろん、地域にもよるのだけど、危ない地域に行けば行くほど、厳重にガラスやプラスチックで防御されてる。

銀行といえば、銀行強盗を最も警戒しなきゃならないとこだから、なのだろう。

昔のアメリカの銀行
 f053cbde386239dc8113c38f9c506a83.jpg


その代わり、Bank Tellerの人は、いつもニコニコ😊 気さくな人が多いのだ。

きょうは仕事帰り? 金曜日だもんね~。
へえ、あなた日本人なの? ああ、私も日本に旅行行ったことあるんよ? 日本の田舎がとくに好きなんだ~。


などと、ベラベラしゃべる人が多い(笑)

食料品店の店員さん、病院の受付さんたちなど、お客と直接接する人たちは、みな、こういった会話をしてくる。

たぶん、アメリカの客商売は「フレンドリー」と笑顔をモットーにしてるからなんだろう。


でも、これじゃあ、フレンドリーなんて・・ムリ!

マスクしてたら・・笑顔だってわかんない!


そういえば、日本の銀行ってどうなんだろう?

私の知ってる限りでは、日本の銀行にはフレンドリーはなかったけど、窓口にガードするものは何もなかったはずだ。
しかも、ティッシュのプレゼントやら、やたらいっぱい粗品をもらえた記憶がある(笑)

bank teller japan
In cash-loving Japan,


あらら~、やっぱりブラスチックでカバーされてるし、マスクはみんな着けてるんだね~。

しかも、この写真のバンクテラーの女性は両手を揃えて立ってる姿をみて、ああ、いかにも日本だ~!と、私はなんだか懐かしい気分になった。
アメリカでは、こんなポーズをする人を、まず見ない。



これはもう、アメリカだろうが日本だろうが・・
マスク&ソーシャルディスタンスによって、「人と人の距離感、疎外感が増し、笑顔は消えた」ということか。


みんな、こんなことは一時的なことだし、それより対策を優先すべき・・と考えていたはず。
ところが、もう半年たってもこのままだ。

半年も経てば、人は「この状況」に慣れてしまい、これが当たり前なんだ~と思うようになっていく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、東京在住の知人家族が、高尾山に住む友人宅に遊びに行ったという話を聞いた。

何回か乗り換えた電車の中でも、マスク率100%だったという。


マスク着けてないのは、この家族3人だけだったそうだ(笑)

「冗談じゃないわ! 平日昼間の電車で空いてるんだし~、ましてや3歳の息子にマスクだなんて・・体への悪影響の方が大きいよ。」・・と、彼女は言う。

Mount-Takao-Fuji-1.jpg

高尾に着くと、空気は清々しく、人もほとんど歩いていない。

ところが、彼女たちの視界に入ってくる、ごく僅かな人々は、全員マスクを着けていたそうだ。


信じられる? こーんなとこでも、みーんなマスク着けてんのよ!!

みんな、ソーシャルディスタンスも感染予防も関係ないんだと思うわ。

怖いのは病気じゃなくって、社会への協調性から外れてしまうことなんだね!


彼女は、そんなことを言っていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

今、日本は30度を超える暑さなのだという。

ちなみにこちらは朝晩は涼しいし、日中でもクーラーはいらない。
30度になんてぜーんぜんいかない。

それでも、私はマスクを着けてると息苦しくなってしまう。・・・たぶん、10分も持たないかもしれない(笑)


医学的にも、「呼吸や心臓に負担がかかり、低酸素状態や窒息、熱中症のリスクが高まる」ことも分かっているというのに。

確実にマスクを着けていることで二酸化炭素を多く吸入してしまうことになる。


この二酸化炭素が最も問題らしい! 
脳に大きな影響を与えるということも分かっている。

「二酸化炭素の吸入が多くなればなるほど、脳は恐怖を感じている」そうだ。


その結果、パニック障害、うつ病、自閉症などの精神疾患を誘発することにも繋がり、
さらに、免疫力を弱めることは、言うまでもない。



子供がマスクしながら自転車に乗ってるなんて・・しかも、それが炎天下だったら・・・

m_maidonanews-13397636.jpg
https://news.goo.ne.jp/article/maidonanews/life/maidonanews-13397636.html

子供への影響はとくに大きいだろう。

しかも、子供は自分の意思でマスクを外すことも出来ないのだから。


なのに~
今や1歳の赤ちゃん用のマスクの販売だとか、出産時の妊婦にマスクが必要かどうかなーんてことが議論に上がってしまうこと自体がすでに異常なんじゃね?・・・と思う私だ。



義務化されてるわけでもないのに、マスク率100%の日本

私はこれを聞くと、いつも空恐ろしい気持ちになる。


でも、まだ・・あの高尾山行きをした人たちだっている(笑)

しかし・・彼女たち一家は、高尾行きの後、一部のご近所連中からは非難されたという。
こんなときに遊びの外出するなんて! しかもマスクしてなかったじゃない!と。


「冗談じゃないわよ! 家から一歩も出るな、遊びに行くなってか! 外出中はすべてマスクしろってか!

私こそ、彼らに言いたい! 
マスクのベネフィットとリスクをちゃんと考えた結果、それを言ってるのかって。

私はね、夫と息子を守るためだったら、世界を敵に回したっていいわ!」



ううむ。 やっぱり母は強しだ。

superwoman.jpg

・・・・・・・・・・・


小学生の子を持つ同僚が先日こんなことを言っていた。

「学校の先生がね、子供たちみんなに、夏のバケーションはみんなはどうするの?って聞いたそうよ。
子供たちはそれぞれ、家族で山に行くんだ~とか、湖に行くんだ~とかいうと、それはステキね~、いいわね~って先生が言ってたらしいの。

すると日本人の子供が、今コロナだから外に行っちゃいけないんだ! だから僕は家で勉強してる・・と言うと、あら~、それはエライはね~!ですって・・・。」


なんでもいいんかい!(笑)

そもそも、この時期に、どこに遊びに行くの?なんてフツウ、そんな質問はしないだろ!と思うのだが・・。
それは日本人的発想なんだろうか?

それでも私は、「義務化されてないのにマスク率100%」より、このルーズさにどこか救われる気分だ。


今、私の地域では、何が義務化されてるんだか、よくわからなくなってる。
たしかに一時はマスクも義務化、レストランも軒並みクローズだったが・・またオープンしたとこもあったし、かと思えば再度クローズされたり・・。

最近ど~なってんのか、みんなよくわかってない。

それでも確実に、車の量が増えていることだけは確かだ。
それだけ、みんな外出してるということなのだろう。


とにかく、私が今怖いと思うのは、マスク率100%

でも、この状況下だからこそ、酸素のありがたみを身を持って感じることも出来たのだ。
悪いことばかりじゃない。

fc2blog_20200809013818f74.jpg

きょうは郊外に出て、胸いっぱいフレッシュ・エアを吸ってこようかな~。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"