呪(しゅ)をかける「お守り」

呪(しゅ)について、ある記事を目にしたので、私もちょっと書いてみることにします。

呪(しゅ)って、「のろいって事でしょ」と一般的には言われちゃうけど、そういうことだけじゃないですよね。。。

・・・・・

ずっと以前に、「陰陽師」(おんみょうじ)を読んで、それ以来、これは私の愛読書の1つなんだけど・・・夢枕獏さんの小説。または、岡野玲子さんのマンガもある。

私は、どっちかと言うと岡野玲子さんの描く世界の方が、深遠な広がりがあって、すごかった気がする。

その中にも、「呪(しゅ)とは、何ぞや!」って話が、出てくるんだよね。

onmyozi.jpg


安部晴明と親友の博雅との会話の中に。。。

「この世で短い呪は、何~だ?」

「それは、名前で~す!」

ひろまさ、せいめいって呼ばれるようになれば、それが、すなわり呪、呪で縛り、呪をかけられたことになる。
人の名前だけじゃない。空、海、風、という名前、また、花や鳥に名前をつければ呪となり、また、人を愛しく思う気持ちに名をつけて縛れば、恋。


あはは。。こんな話、かったるい?

物語の中でも、博雅くんは、かったるそうでしたけどね。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そこに存在するものに、名前をつけるってことは、人の思い、想念が入るってことになり、それで縛ることにもなる。

たとえば、物語の中でも言われてたことだけど、

大きな石があったとする。それが、面白い形をしていて、しかも人の顔に見えるような石だった。
そこで、その村の人々は、その石に名前をつけて、日々拝むようになる。

すると、その石は、もうタダの石ではなくなってしまう。
呪を帯びた石になり、不思議な力を発揮したりするようになる。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たとえば、神社で買ってくるお守りがあるでしょ?

あれも、呪のひとつ。

でも、はっきり言って、あんなの捨てちゃったとしても、ぜーんぜん問題ない。
だって、今は、工場で大量生産されてる方が多いもん。
神主さん自ら、祝詞をあげて、1つ1つに念をこめて作ってくれてるわけじゃ~、ぜーんぜん無いからね。。。

作る人の思いなんて、ぜーーんぜん入ってない、タダの物。

だけど・・・持ち主の念が入ったとたん、お守りは「タダの工場生産品」じゃなくなってしまう。

自分の好きな神社、好きな神様、そこでちゃんとお祈りして、その帰りにお守りを買ってくる。
または、自分の好きな人の身を守ってくれるようにと、願いをこめてお守りを買ってくる。

そして、それをいつも身に着けるうようになると・・・立派に身を守ってくれるアイテムになってしまうのだ。

つまり、それが、呪をかけたってわけだ。

私たちは、身近な日常の中でも、いい呪も悪い呪も、無意識にかけたりかけられたりしてるんだろうね。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"