FC2ブログ

アメリカ黒人の常識

アメリカでは、他人と会話するときには「宗教と政治の話題はタブー」といわれる。

早い話、感情的な喧嘩になりやすいから。 しかも、どこまでいっても平行線のままだから。


宗教についてはよくわかる。

私が日本にいた頃も、ある宗教にハマってる人から、ものすご~く熱い目で勧誘されたことがあったし、アメリカに住み始めた頃も、ある宗教の勧誘目的で、ドアベルを鳴らす人たちもいたから。

どっちも同じ目をしていて・・こりゃ、ヤバい! と思ったのが私の第一印象。

もちろん、何かの宗教に所属してたとしても、こんな目をしてる人ばかりではないんだけどね。



また、政治の話も同様で・・・

6VRBCACSQE54NMAG35YE7YAJJ4.jpg

アメリカにおいては、支持する政党の違いがカップルを引き離しちゃうことだってあるのだ。


ちなみに、

ブルーが民主党(リベラル)で、ロバのイメージキャラクター。
レッドが共和党(コンサバティブ)で、ゾウがイメージキャラクター。




日本にいると、あんまり政党は気にせずに、今回はこの人に一票投じよう!とする人もいるけど、アメリカだとそうはいかない。
どっちの政党を選ぶかで、自分のアイデンティティーまでもが自他ともに決まっちゃうくらいのものらしい。


私が住んでたのはニューヨーク州と現在のカリフォルニア州だけど、どっちも民主党の土地だった。

とくにアカデミック関係者(大学の教授や学生)はすべて民主党。

都会の地域の人、とくに人種的マイノリティー(黒人、ヒスパニック、アジア系など)、労働組合(つまり会社の従業員など)などは、ほとんどすべてが民主党支持者。

一方、共和党支持者は、昔からの白人層が多い。 


ひと昔前は、共和党は金持ちの経営者、民主党はビンボー人・・なんて言われてたけど、いまではそれが逆転してしまったようで、民主党には富裕層、高学歴のイメージが定着しつつあるカンジ。



私はニューヨークとカリフォルニアしか住んだ経験がないので、共和党支持者と出会ったことがない。 
いつも周り中が民主党支持者に囲まれて生活してる。


もちろん、あえて人と政治の話題をするわけじゃないけど、そんなことは自然と空気感で伝わってくるわけだし、また私自身がマイノリティーの移民のわけだから、当然の如く、私も「リベラル」のカテゴリーに入れられちゃってる(笑)


私はliberalって言葉は好きだけど、これって、政治上の意味じゃないんだけどなあ~(笑)

アメリカに来たばかりの頃、仲良くなったアメリカ人に、「あなたって、リベラルな考え方の人でしょ?」って言われて、ハイ!って言っちゃったんだけど・・私はどうやら意味を取り違えてたみたい。



さて、ここで「アメリカの黒人の常識」というのがある。
(アフリカン・アメリカンって言葉を使うべき?とも思ったんだけど、あえて黒人とします)

黒人は民主党支持者


そう、圧倒的に、黒人といえば民主党・・これが定番みたいになっている。

とくにオバマのときは、ほとんどの黒人たちが彼を指示したというし~、まあ、これは初の黒人大統領だったわけでものすごく期待されても当然のことだよね~。



ところが、最近・・
少しづつ変わってきていたようで、黒人でありながらも保守党を指示する人たちも現れた。


この方は、Youtubeでもお馴染みのポリティック・コメンテーターの、Candace Owens(キャンディス・オーウェンス)さん
   ↓
800px-Candace_Owens_by_Gage_Skidmore_3.jpg

彼女は熱狂的なトランプ支持者だ。

大学ではジャーナリズムを専攻し、まだ31歳という若さでTV出演も多い有名人になっている。 

もともとは、彼女も定番どおりの、トランプや保守党を批判する立場だったわけで、その論評のために情報集めや調査をしていた結果、方向転換をして今では完全にトランプ政権のために活動する人となってしまったそうだ。

そんな彼女の、「人種差別」に関する言葉のいくつか紹介してみよう。

●黒人たちの中には「被害者意識」を根強く持ってる人が多いのが事実です。
そこを利用して「民主党」は彼らを自分たちに「依存」させ、「洗脳」しようとしているだけです。

黒人たちは、今や奴隷だった頃の被害者意識を捨てるべきであり、依存をやめ、自分の頭で考えなければいけない時期です。

Black lives matterの問題にしても、たまたま白人の警察官が黒人を殺したというのも、人種差別問題とは本来、さほど関係のないことです。



こうゆうのって、黒人である彼女が言うからこそ説得力があるんだろうなあ。
白人が同じことを言っても黙殺されちゃうだろうし、私のような異人種が言ったところで相手にもされないと思う。


常に被害者意識を持つ人、何かに依存した生き方の人ほど洗脳されやすいというのも、人種関係ないところで、誰にでもいえることじゃないのかなあ。 おそらく日本の社会でさえも。



もう一人、黒人でありながら 熱狂的なトランプ支持者を紹介してみよう。

Kanya West(カニエ・ウエスト)さん
   ↓
1200px-Kanye_West_at_the_2009_Tribeca_Film_Festival-2_(cropped).jpg
Kanye West-Wikipedia

アメリカの音楽界では超有名人で、ラッパー、ソングライター、レコードプロデューサー、コンポーザー、起業家、ファッションデザイナー 。 彼の音楽ジャンルは、かなり多岐にわたっていて、しかも、合計で21のグラミー賞を受賞し、史上最多の賞を受賞したアーティストと言われてる人。

この方のトランプ支持は有名で、自分でも保守党事務所を何ヵ所も作ったりしてるくらい。


彼の真意としては、従来のアメリカの黒人の意識を変えることにあるらしい。

黒人なら民主党派でなければならないというのはおかしいだろ?
それなら、俺たちはまだプランテーションで労働させられる奴隷状態からなにも変わっていないのと同じじゃないか!

という内容の歌が、Ye vs. the Peopleという彼の曲の中で歌われてる。



参考までに、こっちに歌詞をアップしておく → Ye vs. the People_Lyric


また、トランプ政権になってから、黒人の失業率が過去最低の5.4%と記録を塗り替え、トランプ政権が発足してから2.7%ポイントも下がったことを強調している。

employment gradually
AP FACT CHECK: Trump on unemployment for blacks, Latinos

今まで白人との格差がかなりあったのは確かなことだろう。


そういえば・・オバマ政権のときは、グローバル化でどんどん工場も中国やメキシコなどに移転させちゃって、しかも、エネルギー環境政策?などに重きを置くあまり、ラストベルト地帯の工場などをどんどん閉鎖しちゃったままだったからね~。

*ラストベルトとは、rustは「錆」って意味で、使われなくなった工場や機械が錆びついちゃってることをイメージしてる。


rustbelt.jpg
Disaffected rust belt voters embraced Trump. They had no other hope

逆にトランプは緩和政策をとったせいで、彼らの雇用を取り戻したという話だ。


大統領がどんな政策をとるかで、これだけ庶民の生活は変わってしまうものなんだね~。

まあ、もっともせっかく黒人の失業率が減ったとはいえ、今年になってのコロナ騒ぎのせいで、人種関係なく水の泡だろうけどね・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本人からみると、「アメリカ人は常識に縛れない人々」と思われることが多いようだけど・・

実はこのように、人種や地域による根強い「常識」が存在してることも確かなのだ。

それを打ち破ろうとするのは、誰でも勇気がいることには違いない。


でも・・

常識に縛られたままでいると、世界は変わらないし、自分も変われないまま・・・というのも確かなことだと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"