FC2ブログ

毒を持ってる人かネガティブだけな人なのか

人間社会にいる以上、他人から受ける波動には影響されてることが多い。
もちろん、自分だって人に影響を与えてるわけなのだが。

イライラしたり怒りまくってる人のそばにいれば、イライラの波動を受けちゃうし、大学病院の混んだ待合室で長く待たされてたりすると、ひどく消耗したりする。


そこでよく言われてるのが・・

「あなたがポジティブでいたいのなら、あなたの人生からネガティブな人々を取り除くこと」

悪いものなら関わらずに捨ててさっさと逃げろ。 できるだけ速く走れ!

これは長年私たちに与えられてきたアドバイスでもある。


ところが、こちらの英文のブログ記事のよれば
5 ALTERNATIVES TO WALKING AWAY FROM NEGATIVE PEOPLE

5-Altern-to-Walking-e1512668703208.jpg

ただやみくもに「ネガティブな人々を取り除くこと」「ネガティブから逃げること」だけでは、ちっともあなたの状況は良くならないだろう。

その前に、5つのことを試してみる必要がある
・・・と言っている。



それを要約して、ここにアップしてみることにする。(補足として私自身の言葉も挿入してます)

根本的に、ネガティブなものから逃げることが何が問題なのかというと・・

これは「自分 vs. 他者」 という精神上での分離を意味することになる。

前回のブログのように、「自分も他人も森羅万象すべてが一つに繋がっている」という考え方からすると、真逆な考え方となるわけだ。

つまり、分離(拒否)してしまうということは、

●自分自身をも、拒否という否定的な思考パターンに置いてしまうことになる。

さらに、

●私たちの生活上で発生する問題に対して、立ち向かうことへの拒否にもなる。

ということだ。

なんでもかんでも、嫌なモノ、悪いモノ、汚いモノからを遠ざけるか逃げればいいってもんじゃない!ってことだね。


まず、第一にしなければならないことは・・

そのネガティブな相手が、毒を持ってる人かネガティブだけな人なのかを識別することが重要だという。

毒を持ってる人々は問題を起こす人であり、他人を倒そうとする傾向があり、責任を負うことなく、嘘をついて騙し、すべてを他人のせいにする。 彼らは他人と競争することに長けており、自分自身をアピールしよりよく見せるためには、巧妙に噂を流すことも厭わない。他人のニーズを考慮することなく、他人の脆弱性を掴んでコントロールしてくる。 
実に精神的不健康な方法であり、また利己的、自己中心的。

つまり、これが最強になったようは人が、サイコパスと呼ばれるようなヤツラじゃないかな。

watermark.jpg


一方、ネガティブなだけの人というのは、意図的に害を及ぼそうとしているわけではなく、自分自身が道に迷ってしまっているだけ。
変わっていくことが出来ずにネガティブな波動の中に身を置いてしまってる人。

tenshi_akuma_man.png


その両者を外から見ると、似たように見えたりするかもしれないけど、彼らの内なるエネルギーは全く異なって感じられるはずだ。

同じように見える理由は、毒を持つ人もネガティブな人も同様に、「自分自身が健康な精神になるための解決策」に取り組んでいないことにある。

しかも毒を持つ人は、「健康な精神になること」なんて、そもそも望んでいない。 なので、するわけがない。
彼らが望むことは、自分自身が作成したドラマを成功に導くことだけであり、そのためにだけ学び、そのために自分の全能力を使うことができるのだ。


まずは、そこから見極めなければならない。


ここで、興味深い言葉が引用されている。
   ↓
“The toxic person delivers his poison to others, while the [negative] person injects himself with his own poison.”

毒を持つ人は、その毒を他人に注入するが、ネガティブな人は毒を自分自身に注入する。



なので、

毒を持つ人であれば、関わるな!
逃げるべし!

まあ、その方が無難なことは確かだ。

ネガティブ波動を受けるくらいなら簡単に払い落とすことも出来るけど、毒を注入されちゃったら・・そりゃ簡単にはいかないわな。

くれぐれも、人は生まれたときから悪い人なんていない!なんて甘っちょろい信念に固執してはいけない。
それは「心優しい人」ではなく、見極めが出来ない「バカ」でしかないのだ。




ここらへんは、霊能力者の人が霊と対峙するときとも似てるなあ、と思う。

ネガティブなものを抱え込んで成仏できなくなってしまってる霊は助けて浄霊してあげるけど、強力な霊には手出ししない。出来ない。

「申し訳ありませんが、これは私には手に負えません。」と断られたりする。

それもまた、自分の力量と相手の力量を測った結果なのだろうから。


こういったことは、生きてる人たちの間でも同じなんだなあ・・とつくづく思わされる。



さて、これからが、ネガティブなだけの人に対する対処法になる。

ネガティブな人を避けようとすればするほど何度でも似たような人が周囲に現れることになる・・という現象が起こるので、ここらで、ちゃんと対峙しておく必要があるのだ。


1. まず自分のパワーが上がった状態であるかどうかを見極める
もしも自分の内なるパワーが低下してるときは、上がるまで距離を置く必要がある。

自分の波動が落ちてるときに人を救う余力なんてないからね。
電池が切れかかってるならば、充電されるまで待つこと。


2.相手の状況、それによる現在の心情を理解しようとする。

なぜ相手はそんな行動をとるのか、どんな心理状態なのか? 理解こそが一番の愛でもある。


3.その人と出会ってしまった意味を探すこと

この世に偶然なんてことはないからね。 
自分のトラウマを解消するため? また癒されていない問題があったりするのか?
自分自身の問題点に気づくことかもしれない。


4.自己認識の作成 まずは自分から始める
ストレスに陥ったとき、まずは、どのように自分を保護するか、どのようにそこから学ぶか?を、自分に置き換えて考えてみる。
自分自身の中にあるものを対処するため、解決するために、その相手が出現したとも考えられるのだ。

“When you transcend yourself, the fact will be confirmed by the quality of your life.” ~ Don Riso
あなたが自分を超越したとき、事実はあなたの人生の質によって立証される。」〜ドン・リソ


5.コミュニケーションを改善する –私たちの言葉は、私たちが自分で思っているよりも、さらに強力なパワーを持っている。

“Not only do our words have the power to hurt others and to fuel an argument, but they also have the ability to provide an invitation for listening, understanding, and compassion, which are all crucial to resolving a conflict.” ~Amanda Smith.
私たちの言葉には、他人を傷つけたり、議論を煽ったりする力があるだけでなく、対立を解決するために不可欠な、聞き取り、理解、思いやりを提供する能力もある。」〜アマンダ・スミス。


私たちはどのような言葉を使用するかに注意を払うものだけど、それをどのように言うかにも注意を払うべき。
声のトーンには、私たちが今まで経験してきた考え方や感情がのせられている。

コミュニケーションをとるときは、自分のエネルギーに集中し続け、親切に真実を話し、さまざまな視点を受け入れ、相手に対する非難や誹謗が1ミリすらあってはならない。


愛は私たちが持っている最強の力なのだ。

人々を私たちの人生から切り離すことなく、自分自身の幸福に導くことができ、また、彼らが私たちの変容を見ることによって、彼らをポジティブに導くチャンスは確実にある。

つまり、愛、受容、思いやり、共感で相手を満たすことによって、私たち自身も満たされるわけでもあり、カルマの解消であったり、1つ徳を積むことにも繋がることにもなる。

私たちは暗い道を進んでいるすべての人を助けることはできないけれど、縁あって出会った身近にいる人を、ネガティブというだけで避けないことをお勧めする。



まあ、こういった内容だ。

悪い菌やウイルスを避けて身を守るというより、受け入れて良い菌やウイルスに変換させて、その結果、自分ももっと強い体になる・・というのと似てるかもなあ。

ふと、そんなことも思った。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"