ネコの生き方

私は、ネコを飼ってるのだが、もう18歳!
すっごい大婆ネコ!


ネコは、以前にも何匹も飼ったことがある。
しかし、その中でも、このネコが一番の長生きで、一番おバカで、一番ぼーーとしてるダメネコ

バカは元気で長生きって言われるけど・・数ヶ月から、ずっと中耳炎を患い、病院通いはしてるものの、どんどん悪くなる一方。

とうとう、歩けなくなってしまった。。。
ほとんど食べなくなるし、ガリガリに痩せる一方だし・・・。

「おい! オマエは、本当は歩けるんだろ! 歩けないフリしとるんとちゃうか!」
実は、このネコには、前科があるのだ。
昔、若かりし頃に、歩けないフリ、死にそうなフリをしたことがあった。
獣医さんに見せたら、見事に見抜かれ、ネコも私も・・気まずい思いをしたものだった。。。

「もう、その手は通用しないんだぞ!歩け!婆ちゃんのくせに、ダイエットするな!」

いくら話しかけても・・反応が弱いのが、悲しい。

dogs-cats1.jpg


ところで、犬の恩返しとか、人助けの話っていっぱいあるけど、なぜか、ネコって犬と比べると、そうゆう美談?が少ないよーな気がしませんか?

そこで、ちょっと、こんな話をみつけました。

小さな女の子が死んでしまったネコの前で、わんわん泣いていたそうです。
そこに、おばあちゃんがやってきて、そっと孫娘を慰める。

「あんまり泣いてはいけないよ。」
と前置きして話してくれた。

猫は死ぬ時に飼い主の不幸を、しょえるだけ背負って逝くのだそうな。
人間の不幸は大きく重く、力に余るほどなので、猫の足元はヨロヨロしている。
それなのに人間が悲しんで嘆くと、猫は後ろ髪を引かれて前へ進めなくなり難儀する。
それを避けるために、猫は死期を悟ると姿を隠し、不慮の事故でもない限り屍を見せない。
だから、飼い主は泣き悲しむ代わりに、心からのお礼と供養のために、新しい猫を飼って
やるのだという。



・・・・・・・・

ネコってのは、犬のような華やかな恩返ししないけど、ひっそりと不思議な恩返しをするんじゃないかな?
そういえば、ふと、こんな話も思い出した。

父親が瀕死の状態で、長患いの末、あと2-3日だろう・・と宣告された。
その日に、飼い猫が外出したまま帰ってこなくなった。
必死で探すと、交通事故で、道路端で死んでいた。

ちょうどその時を境に、奇跡的に父親の容態が回復し、すっかり元気になってしまったのだそうだ。
その家族は、あの猫が、父親の身代わりになって、父親の命を救ったんだろう・・と今でも思ってる。

なぜ、あんな時間に出かけて、あんなところで事故で死んだのか・・そのネコは、普段絶対行かないような場所だったそうだ。


..........................................

ネコには、何か他とは違う力が宿っているのかもしれない。

ウチのネコを見ている限り・・まったく、そんな気はしないのだが。。。

それでも18年も同居して、常に私と一緒にいたということは・・・私は誰よりも長い時間を、このネコと過ごしてきたということになる。

長年の相棒に・・せめて、悔いなく幸せであって欲しいと思うのだが・・。


コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます

実家の寅が昨日息をひきとりました。まだ推定5歳も
なってない片目の寅ちゃんでした。

本当に本当に不思議なことだらけでした。
愛してくれた人たち皆に挨拶をして逝きました。

普段はあり得ないタイミングで皆が集まり、寅を
囲みました。

死ぬ時に挨拶に来た猫はこれで三匹目です。皆
両親が可愛がってた猫たちで、きっと娘の私に
自分を大切にしてくれた両親を宜しくと言って旅立っていったのだと
想います。・

余裕がなく久しぶりにブログを拝見させていただいたら
猫の話が…涙なしには読めませんでした。

本当に心に届くお話、有難うございました。

Re: ありがとうございます

Fumiさん

寅ちゃんは、すごく幸せだったと思いますよ!
たったの5歳とは・・早すぎるとは思うけど、みんなに、こんなにも愛されているんだって思いながら逝けた子は、きっと幸せで、うんと満足してるはずです。

私は、ネコを飼うのは、今の子で3匹目。
最初の子は、病気で入院中、たった一人で死んでしまい、次のネコは、知らないうちに交通事故で亡くなってしまい・・死体はすでに、ゴミに出されてしまった後でした。

もう、20年以上前の話ですが、今でも、それぞれのネコの写真をながめるたびに、過去の共有した時間を思い出します。残された飼い主にできることって、せめて、それくらいでしょうから。。。

そしてまた、いつか、別のネコを飼ってあげて、うんと幸せにしてあげること(自分も幸せな気分をもらうんだけどね~。)このブログに書いた、おばあちゃんが言ったように、それが、一番の供養かなって思ってる。

・・・・・・

ピアニストの、「フジコ・ヘミング」さんて、ご存知ですか?
彼女を霊視した霊能者さんが、まず初めに、「フジコさんには、幸せそうに寄り添うネコたちが数匹みえる!」と言ったそうです。

「ああ、それは、私の飼ってたネコたちよ。みんな私の大事なネコたちだったんだもん。見えて当然でしょ!」

たったそれだけの言葉が、とってもステキに響きました。



ありがとうございます。

温かいお言葉ありがとうございます。
寅もきっと満足してると思います。

あんなに皆に愛された猫は珍しいと思います。

フジコ・ヘミングさん、沢山の猫たちを救い愛して
くれていますね。
彼女のコンサートにいった時、ステージに盲導犬達が
ずらりと並び本当に感動しました。

大きな愛に包まれた温かい空間だったことを
覚えています。

弱いものに優しい人は本当に大きな人なんだと思います。

Re: ありがとうございます。

fumiさん

私たちにできることって、楽しい思い出をいっぱい持っていてあげることくらいですよね。
私も、それぞれのネコたちを思い出し、たまに話しかけてます。v-353
Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"