FC2ブログ

世界のニュースを見ながらまたも思ったこと

最近、各国のニュースによく目を通すようになってからというもの、それぞれの国がまるで1人の人間キャラにみえて面白い。

中国さん・・・世界征服の野望でギラギラしてる人

韓国さんは、精神論でトップを目指したい人のようにみえる。

中国さんが強大な力で世界を牛耳りたいのとはちょっと違って、韓国さんは、文化と教養を誇って、すごーい!と人々から尊敬と称賛を一身に浴びたいってタイプらしい。

いずれにしても、自分が一番になりたい!と思い混む人というのは、他の人々のことなんか構っちゃいられない。 
自分の目的のためには他人なんぞ蹴落としたって構わん
・・となる傾向が強い。


こうゆうタイプの人たちは、私にとっては「煩わしいだけの人」なので、さっさと目の前から消えてくれ~と思うだけだ(笑)


そして日本は・・

日本さんは、まるでジャイアンに従うのび太のようだ。

d38bf6591848fa99689e01231878b3cc.jpg
https://www.pinterest.com/pin/524176844128854475/

平和主義、日和見、波風立てず目立たないように、じっと我慢する人に近いかな。

権威あるものや上には決して逆らわないというスタンスを持ってるらしい。
たとえば、WHOだとか国連とかに対しても。

そのWHOさんや国連さんもまた、親分の中国さんからお菓子をもらって子分になりつつあるらしい。


世界一になりたい中国さんにとって、目の上のタンコブは、やはりアメリカさんだろう。

もう、オマエの時代は終わってんだよ!
俺にトップの座を譲れ!
と思ってるものの・・

長年親分として君臨してきたアメリカさんを蹴落とすには、もう少し子分を増やし策をめぐらせんとな。と、目下さまざまな画策をしてる様子。


長年親分やってきたアメリカさんは、中国さんから見れば、ちょっと古風な親分タイプかも。

なぜかって・・「正義と名誉」って言葉が好きな親分さんだからだ。

まるで、キャプテン・アメリカのヒーローものの世界だ。
28marvel-cap-jumbo.jpg



一方、フランスさんは、「自由・平等・博愛」だ。 フランス革命以降だけどね。

DC4F3D55-EF5B-4662-97FA-C3355187CA82.jpeg

英語にするとFreedom Equality Philanthropy

博愛(philanthropy)というのは友愛・兄弟愛・慈善といったような意味だ。


アメリカさんもフランスさんも、自由と平和を掲げているんだけど、

フランスさんは、個人の自由が実現されるためには、「平等という正義」が必要で、その正義には友愛なしにはあり得ない、という考え方だ。

それが真の平和に至る道だと思っている。
圧政独裁によって秩序が維持されていたとしても、そんなものは真の平和ではないと思ってる。

ここらへんが個人主義といわれる国なのかもしれない。


もちろん、中国さんは「自由・平等・博愛」も、「正義と名誉」も、知ったこっちゃない!
でも人々を扇動するのに必要とあれば、そんな言葉なんぞ、いくらでも大量生産して使ってみせるというたくましさ!(笑)

そもそも家柄にもしきたりにも捕らわれない。 なりふり構わずの行動力はかなりの強みだろう。
太古の時代から易姓革命の国だからな~参考:帝王学・易姓革命そして古代中国


さらに忘れちゃいけないのが、国のトップとしては表には出てこないけど、大物といわれる存在もある。

世界人口を大幅に減らすためにワクチンをばらまこうとする人だとか、巨大銀行の頭取さんとか、Rの頭文字の財閥さんたちだったりする。

ここらへんの人たちは、国なんか関係ないところで、世界を手中にしようとする。

巨万の富や権威を持ってしまった人の楽しみは、世界を自分の思いのままに作り変えることかもしれないね~。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この「新型コロナウイルス騒ぎ」もまた、こういった面々にとっては、チャンス到来。

むしろ、目指すものを実現させるために「新型コロナウイルス」は大いに利用価値がある、ラッキーアイテムなのかもしれない。

たとえば、必要以上にコロナウイルスの脅威を煽り人々が恐怖に陥れれば、「ウイルスを戦うために」、「皆様の安全のために」と称して、さまざまな義務や罰則を科すことだってできるってもんだ。


私は、なんでこんなにも毎日のようにコロナウイルスのことばかり報道しまくっているんだろう?と、不思議だった。

そこで、まず他のウイルス疾患や感染状況なども比較してみた。

たとえば、似たように変異型が多いインフルエンザウイルス
(予防のためのワクチン接種が普及してるし、タミフルなどの治療薬もある。 それでも年々子どもや高齢者を中心に多くの方が亡くなっていっている)


厚生労働省の人口動態統計によると2018年にインフルエンザで亡くなった人は3325人
2019年の1月だけで1685人だ。

flu2019.jpg
なんと1日50人以上「インフル死者」が日本で急増する不気味

これは、ざっと「1日平均54人」が亡くなっていたことになる。


そこで、コロナウイルスによる現在までの死者をみれば下記のとおり
    ↓
updatedkorona.jpg

現在までの死者数は435人なのだ。

どっちが多くの人の命を奪ってるか一目瞭然だろう。


なのに、なぜ、コロナウイルスばかり、毎日のように感染者数だとか死者数をニュースにする?
なぜ、マスク着用・ソーシャルディスタンス・ロックダウンまで、義務づけたりするんだ?
なぜ、逆にインフルエンザのときは何もしなかったのだ?


そして、なぜ、人々はコロナウイルスばかりを怖がる?


エイズのような不治の病ではないわけだし、エボラのように道端で血を吐いて倒れていく人だってみたことない。
そんなの目のあたりにしたら、そりゃ怖くなるってもんだけど。


エボラの症状
d0fc99cd-l.jpg


それどころか、過剰な報道のせいでマスクの転売業者は出てくるわ、マスクしてない人を見ただけで過剰反応はするわ・・
感染者に対しても、アイツは自粛せずに遊びに行ったから感染したんだ!とか言いだす人までいる始末。
そんなことを言うならば、ちゃんとその因果関係を証明してみせるべきだ! それも出来ずに無責任発言するヤツは許せん!

そっちの方がよっぽど怖いわ!!


それというのも、マスクをして、消毒をまめにしてソーシャルディスタンスをとりましょう!というのを義務づけられてしまった結果だと思う。 インフルエンザのときはしてないくせに? なぜゆえ?
それを守っていれば大丈夫という、おかしな安全神話を植え付けれた結果だ。


マスク装着については、このような記事もある。
   ↓
FACE IT Face masks can ‘increase risk’ of catching coronavirus – how to protect yourself

簡単に要約すると・・

マスクは一般的な人たちの保護はしない。 マスクをしている人たちは間違って着用しており、自分自身を汚染している。
健康な人たちはマスクをつける必要はない。
これまで、健康な人たちがマスクをつけることにより感染症から保護されるという証拠はない。

マスクが必要になる場合は、本人に病気があり症状があるとき、しかも外出しなければならない場合だけだ。
ご自身がインフルエンザや新型コロナウイルスに感染していると思っているのなら、それはマスクを着用するべきだが、健康な人たちはマスクをするべきではない。




ソーシャルディスタンスに関して、アメリカでは6フィート(約2m)と決められているのだが・・
(ちなみに、フランスのソーシャルディスタンスは1mだとか)

コロナウイルスが拡散するとき、約4m付近に集まることが実験結果から示されたそうだ。
BREAKING NEWS! Study Finds That SARS-CoV-2 Coronavirus That Causes Deadly COVID-19 Disease Can Be Found In Air 4 Meters Away From Infected Individuals

しかもエアロゾル化したウイルスは、場合によっては数日生き残り、大気汚染、車の排ガスにも混じって付着するという。

完璧にウイルスを防御したいなら、決して外出せず医療従事者のような装備をすべきなのだ。

中途半端に形だけやったところで意味はない! 相手はミクロン単位のウイルスなのだ。 
   ↓
shutterstock-editorial-4240298r.jpg


このように、高性能マスク、手袋、防護服の3点セットで、もしも少しでもマスクを外すときは手を殺菌消毒してから外し、次に新しいマスクを使うときも手の殺菌消毒をしてから装着すること。

00_m.jpg


それでも・・そこまでしても、医療従事者から感染者を出してしまっていることは衆知のとおり。

おそらく、医療従事者は毎回消毒することや過度なストレスのせいで、免疫力を低下させてしまうのが原因なのだろう。

消毒については過去記事にもアップしたとおり、やり過ぎれば防御してくれる良い細菌まで殺してしまい免疫力の低下につながると思っている。
消毒薬を使わない人の受難の時
外出禁止令の中、腸内フローラの細菌くんたち


どうしてこういった多くの情報は公表されないのだ?


公表されずに、ただ、従来の風邪やインフルエンザの対応策のようなことばかりが厳しく義務づけちゃったのだ。

従来のものより、感染力は強い(致死率は低いけど)のだから、ほとんど無意味な対応策だっつーのに。



だからといって・・マスクをしたり、ソーシャルディスタンスをとって自宅にいる人たちに対し、私は避難するつもりもないし、それが無意味だとは思わない。

安心感を得られるというのなら、それはその人にとっては一番良いことなのだから。


しかし・・自分と違う方法を選択する人々に対して他人を避難する権利はないし、また、不安に掻き立てられるとしたら、それは無知のなせることだ・・と付け加えておきたい!



やれやれ😥

そうゆう方向に持っていたのも政府の在り方かな~(陰謀?)という気さえしてきてしまう私だが・・

こういったことも世界の色々なニュースに目を通すようになってみえてきたような気がする。



さらに気づいたことを言えば・・

日本は報道されてないニュースが実に多いということ。
それどころか、ある一定の方向に誘導しようとしているかのようなニュースさえ多い。


そんなことは日本だけじゃなく、アメリカさん、中国さん、韓国さんたち、他の国々だって、どこもやってることかもしれないけど、日本の場合はとくに反論するニュース報道が少ない。

これでは、受け身でいる人たちだったら、すぐに1つのカラーに塗りつぶされてしまうかもしれないなあ。


大手メディアのニュースだけをみてるくらいなら、まったくニュース報道を見ない方がずっと真実の世界で生きていられるかも。
ムダな危機感に煽られる必要もないからね(笑)



さらに、ニュース記事の表現の仕方なのだけど・・「アメリカでは」とか、「中国では」といった表現が多い。
まあ、よくアリガチな表現だ。

ところが、それをみた人たちは、アメリカってなんて国だ! 中国ってなんて国だ!と怒ったりする。

それは現中国共産党の周近平(しゅう きんぺい)政権のことであって、一般中国人のことではないのに、そこんとこ混同しちゃうんかなあ?

そこんとこを勘違いしてしまって、ステレオタイプの国民性を作り上げてしまうことにでもなれば、人々の憎悪を掻き立てることにもなってしまうのだ。

これは最近起こったごと
   ↓

私の働く会社は日系企業で、アメリカにもいくつも支店がある。
別の州の支店で、ちょっとした事件があった。 

不良アメリカ人が突然やってきて、「おまえら中国の会社なんか、ぶち壊してやれ!」と、エントランスのガラスドア―をぶち壊したそうだ。

いやいや、中国人の会社じゃなくって日系企業なんすよ!といっても、顔立ちが似てるから見分けがつかんのだろう。

中国政府がアメリカがウイルスをばらまいたって言ってる!ってニュースを聞いて、アメリカを侮辱したと腹を立てて、こんな暴挙に及んだようだ。




とんでもない勘違い野郎で、しかも、とんでもないステレオタイプだ。



私は、中国共産党・習近平政権は消えればいい!と思ってるけど、中国国民はまた別だ。
彼らはむしろ、中国共産党の被害者ともいえる。

中国のニュースを見ても、政府に反論する人たちも大勢いる。(表立ってやるのは、かなり命がけらしいが)

フランスにしたって、マクロン政権に抗議したり大規模なデモさえ起こっている。

こういったことも、さまざまなニュースを収集してみないことにはわからない。


くれぐれも1つのカラーのニュース報道に染まらないように。

恐怖に煽られないように。

そして「新型コロナウイルス」は、ある種の人々にとって、かっこうのエサになることをお忘れなく。




こんな記事をみて、ちょっとうすら寒い気にさせられてしまった。。。
   ↓

ビル・ゲイツは、ワクチンを製造する民間製薬会社に資金を提供し、さらに新型コロナウイルスワクチンの開発を加速化させるために12社の製薬会社に5000万ドルを寄付した。
ゲイツは最近のメディア出演の際、新型コロナウイルス(Covid-19)の危機によって自らの独裁的なワクチン・プログラムをアメリカの子供たちに強制する機会ができたと確信してた様子だった。


  
これは、ロバート・F・ケネディ・ジュニア(JFKの甥)による、ビル・ゲイツを厳しく批判する記事だ。
Robert F Kennedy Jr. Exposes Bill Gates' Vaccine Agenda In Scathing Report

こんな記事も過去に読んだことがあったりして・・
第10話 WHOで発見された人口削減計画書類の内容

よけい寒々した気分にさせられてしまった。



ビル・ゲイツさんはワクチンこそが、未来のための素晴らしいテクノロジーと信じてるようだが・・・

私は、人々の持つ免疫力こそが、素晴らしい命の源と思っている。


私にとって一番大切なことは、ソーシャルディスタンスでも、マスクでも消毒でも、三密(←空海さんのじゃないよ~)でもなくって・・免疫力を高めることだ。


それには、日頃のストレスをなくし、日々楽しく、ワクワクした気分で過ごすことが第一だと思っている。

それに勝るものは無いと思っている。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"