FC2ブログ

日本のニュースでは

最近は、ちょっとしたマイブームで、政治や経済ニュースをよくチェックするようになったのだけど、
特に政治・経済問題というのは、1つの国の報道だけを見ていたのでは全体像がちっとも見えてこないんだなあと、つくづく思いますね~。


そうそう、こんなニュースがありましたっけね。

トランプ大統領がコロナウイルスのことを「チャイニーズウイルス」と呼んだ。
これは中国人をバカにする発言だ!・・と当然中国側も激怒した。



実際に、ツイッター好きのトランプさんはこのように載せてます。
   ↓
twitter1.jpg

これだけを見ると・・

ああ、やっぱトランプさんて傲慢で下品な人なんだなあ。こんな言い方されたら、中国が気の毒だなあ。

なーんて、人々に印象を与えがちですよね。

ところがこれより先に、中国側からのツイッターでは数多く・・

●もともとはアメリカ軍が中国に持ち込んで病気を広めたもの、アメリカの陰謀
なーんてのいっぱい出回ってました。
(中国語わからないのだけど翻訳ツールを使えばわかるし、その前に漢字でなんとなく予測も付けられるからね。)

あれれ~。

と、ここで不思議に思ったわけです。

だって、中国ってものすぐく検閲が厳しい国だよね~。
絶対に憶測やデマによるツイートは許さない方針なのに、こうゆうのがいっぱい出回るってどーして?

そういえば・・中国人が投稿した論文で、The possible origins of 2019-nCoV coronavirus (Botao Xiao and Lei Xiao)
https://img-prod.tgcom24.mediaset.it/images/2020/02/16/114720192-5eb8307f-017c-4075-a697-348628da0204.pdf

論文の要旨は、「新型コロナウイルスは、コウモリ由来である可能性が高いが、武漢のマーケットではコウモリを取り扱っておらず、唯一以前から発生源として噂が出ていた、武漢のマーケット近くの2ヶ所の研究所がコウモリを飼って研究対象にしていた記録がある」というものを発表した人がいました。


    ↑
この最初に投稿された論文はすぐに消されてしまい、現在本人も行方不明になってるそうです。


これほど厳しいのに、なんで~?って思うわけですよ~。

それってつまり・・中国共産党に都合悪いことは即削除するけど、都合いいことはどんどん広めてください!ってことなんかな~?
それよりも、これは意図的に広めようとしとるんかいな?とも思えてしまうわけです。。。


おそらくトランプさん&アメリカ政府側もまた、「あえて中国側がこんな情報を流している」という認識の上で、それに対抗すべく, トランプさん、「チャイナウイルス」って言葉を使ったんだろうなあ、と思います。

trumpillust.jpg


しかもツイッターだけでなく、発言の上でも何度も言ってましたね。

たしかに、かなりブチ切れ状態?


やれやれ😥


いくら相手国からウチのせいにされたって、根も葉もない事なんだから無視してればいいじゃない。なんて大人げない!
という考え方もあるかと思いますが、(たぶん、日本人の感覚ではそういった人が多いのかもしれません)

ところがです! ここが問題なんですが・・
「たとえ根も葉もないことであったとしても拡散されてしまえばそれが真実のように受け取られていく」という現状があります。 とくに今の時代はインターネット時代ですからね~。
(こうゆうの、芸能界の方々だって同じなんじゃないかな?)


そこで、相手がいくら子供じみた卑劣な手を使おうとも、国のトップの立場としては憤然と立ち向かわなきゃならないってことになるのではないかと・・・。


中国も凄いですよ~。

だって、パリの中国大使館が、ツイッターでこんなメッセージをアップしてるそーですからね~。

「この病気はアメリカから持ち込まれたものであり、アメリカの軍が関与していたのではないか」って堂々と言ってますもん。

こりゃ、もう一般中国人のデマどころじゃないですね~。 大使館だもんね!(笑)

さらに、

「メリーランド州のフォートデトリック基地にあるアメリカ最大の生化学兵器研究センターの昨年7月にクローズしたのが怪しい」とか、

「昨年9月に米国で始まったインフルエンザで2万人が死亡してるけど、その中にCOVID-19の症例がほんとはあったんじゃないのか? ちゃんと調べたのか?」


さらに、これは「トランプ・パンデミック」だ、と呼んだそーです。

あ~あ~ 

いくつもある中の生化学兵器研究1つがクローズしたから怪しいとか、去年流行したインフルエンザが実はコロナだったんじゃないのかとか・・・なんか、こうなると、一生懸命ネタ探ししてこじつけたんかい?って気がしてくるなあ。


フランス語はわからないので・・こちらの英語ニュース記事で読みました。
   ↓

US-China spar over coronavirus origin


そんなこんなでアメリカ側はブチ切れ~状態となり、アメリカでは中国に対する訴訟を多く起こしてます。

参考までにいくつかサイトを貼っておきます(英語サイト)
$20 trillion lawsuit against China! US group says coronavirus is bioweapon

Las Vegas law firm files class-action against Chinese government


また、こんなことも始まりました。

アメリカ政府が一般国民に意見サイトをオープンにして、Webに"We the People"というのを開設し、今回のウイルス騒動の原因
は中国政府であるとの前提で損害賠償請求の署名を集め始めた。 期限は4月15日まで。

理由は初期の中国政府による隠蔽とアメリカCDCが調査協力隊を中国に送り協力することを拒んだが故にここまで世界に広まってしまった・・というもの。




以上が、トランプさんのチャイナウイルス発言に関する一連の流れなんですが・・日本のニュースは、なぜか、全体の報道をしてないようですね。

となると、日本でテレビや新聞しか見ない人たちは、「トランプが中国ウイルスと言って中国が激怒」だけの情報しかないわけで、

さらに、「中国ではすでにウイルスは終息し経済も回復に向かっている」という中国政府の発表のニュースやら、

一方で「アメリカは今や危険! 感染者が一番増えている」・・なんてニュースだけを見ているだけだと・・

そっか~。 やっぱり中国は凄いなあ!封じ込めにいち早く成功したのに、アメリカは対応が悪いんじゃないの~。
それなのに、中国を悪者にしようとしたりして・・ひょっとしたら、アメリカ軍が関与したってのもアリかも?


なーんて方向に誘導されちゃうものなのかもしれませんね~。


ニュースの取り上げ方ひとつで人は偏った印象を植え付けられてしまうものです。

それには、多くの国の報道を同時に見ることと、同時に様々な反対意見の報道にも耳を貸すことが大事だよな~と、つくづく思います。

本来は日本のマスコミがそのように報道してくれるべきだと思うのですが・・なぜか、すっごい片手落ちなんですよね~。

中国はこういってるけど、アメリカはこうで、台湾はこう言ってるよ~というように。



仕方ないんで・・私は自分であっちこっち調べて情報集めをするようにしてるんだけど・・これがまた色々見ていると、内容だけでなく情報発信者のこともつかめてきたりするもんです。

ああ、この人って、XXX寄りにかなり偏った考え方してる人だなあ~とか、論理性より感情的に突っ走ってるよな~とか、
〇〇の影響を受けてる人だなあ・・とか、あーあ、自分を誇示したいだけの人だなあとか(笑)


そうゆうのを全部排除して、冷静で常にニュートラルなスタンスで、しかも真摯に真実を追求しようとする人が発信する情報だけを、ピックしていくことが一番だと思います。

情報リテラシーって、そうゆうことなんじゃないかな。


ただし、自分自身が何かに偏ってたり感情的な目でみていると、似たような情報ばかりをピックしちゃうことになります。

ほら、そこは・・・引き寄せの法則ってヤツですかね(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・

それはさておき、このコロナ騒ぎ、これはどこから出たものなんか? どこの責任なんか?・・・な~んて今やってる場合じゃないと思うんだけどな~。


まあ、そこは国どおしで、これが収まったときの責任追及に今のうちに布石を打っておかなきゃってとこなのかな?

現に中国は収まったって言ってるし~。

ここらへんの駆け引きだったり、利権てヤツが絡んだりで・・いつも政治とか経済に接すると胸糞悪くなってきて、ついつい興味を失くしてしまう私なのだが、まあ、たまには我慢してみることも大切かな~、なんて思ったりもしてます(笑)



現在これは確かなことだろうと思ってるのは、

●武漢で発生した。 しかし中国政府が最初のうちに隠蔽

●WHOも中国寄りのため、警告しなかったことが、さらに世界に広めた

●アメリカで最初に発見されたのは、シアトルで武漢帰りの人だった。


もう1月の時点で、台湾のメディアではウイルスについて暴露されていたし警告もしてました。
人から人に移る危険性があるから要注意だ・・とも報道されてましたね。


きっと、中国は甘くみてたのか、そのうち収まってくればいいや~って思ってたのか、
おそらく日本もアメリカもまだ甘くみてたのかもしれないし、
WHOに関しては論外。 時系列で一連の発表を見るだけで、WHOの存在意義すら怪しくなってくるわい(笑)


生物兵器として意図的に仕込んだ?は無いと思ってます。
だって・・生物兵器だったら、あんな制御不可能なもの、誰も扱えないもんね~。


では、本当に自然発生したものかどうか?は、怪しいところ。

どっかの研究所で、研究途中のウイルスが不注意から、うっかり外に出ちゃった~ってのもアリかな?
これは、あくまでも私の思うことだけですけどね~。



とにかく、今、どこの政府でも対応策はスピードが命だと思ってます。

封じ込めなんて・・今さら遅いわけだし、国民をレイオフから救うんだったら、これもスピードが命。


どっかの国みたいに、クーポン券にするとか言って討論してるだけでは、どんどん遅れて失業率は上がる一方かと思いますよ~。
国民全員が1年くらいの蓄えがあればいいですけどね~。


しかも、「雇用調整助成金」の助成率を引き上げたって、一般庶民にすぐに還元されるわけではないし、
ましてや、旅行や飲食しか使えないクーポン券をもらったところで、生活に困ってるどきにはどーにもならないわけだし~。


以前にも、政府から支給されたクーポン券を換金するときも、わざわざ仕事を休んで市役所に行って並んで、すごい時間がかかったとかって話を聞いたことがあります。


一番早い方法は、なんといっても現金しかないです。


こちらのNHKニュースを見た私は、唖然としてしまいました・・。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200327/k10012353311000.html


ため息をついていたら、ある日本人の方からは、こんなことを言われました。

「そりゃあ、仕方ないよ~。
日本の議員さんたちは、今や二世議員さんが多いし、しかも国会議員のお給料は世界一なんだからさ。
庶民の暮らしなんて、わかってない人たちがやってるんだから。」


え? ほんと?


<国会議員の年収ランキング>

日本:2,100~2,200万円
アメリカ:1,400~1,600万円
カナダ:1,100~1,300万円
ドイツ:1,000~1,150万円
フランス:900~,1,000万円
https://career-picks.com/average-salary/kokkaigiin-nenshu/




はああ~!私もまだまだ知らないことはいっぱいあります。。。


それでもだ!
いくら生まれながらのお金持ちだったとしても、想像力さえあって、本当に国民を救おうという気持ちさえあれば、状況がわからないわけないと思うのだよ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上、私が思ったことです。

今回はちょっと批判的なことも書いてしまった気もするけど、こういった内容を書くと最近は厳しくブログ削除されちゃうんですってね。

とくにYoutubeは厳しくなったらしく、事実私がお気に入りの動画も何度も削除されたり警告されたりしたようです。

すごーくソフトタッチで、調査に基づいて事実を言ってるだけなのに、それでもダメなんですって。

ちょっとでも、政治・経済に触れる人は、ほんと~に要注意ですね~


今は人間がコンテンツを1つ1つ検索してるわけじゃないそうです。
AI(人工知能)に不快なコンテンツを検出させてます。

そこで、動画に「下品な言葉」や「アダルトな内容」、または「攻撃的や物議を醸す内容」などがあると、当然、それらは検出されちゃうんだけど、それだけでなく、政治経済、最近ではコロナウイルスってワードだけでも、ひっかかることが多いとか。


「そんなん、表現の自由があるのにおかしいよ!」

はいはい! そのとおりです。


でもね・・YouTube の動画は閲覧数が増えると広告を掲載して収益化できるようになってるんですよね。
つまり、お金を出して広告を出稿してくれる広告主がいるからであって、広告主にとって不利益(イメージダウンなど)になり得るような動画に対して広告を掲載することはできない・・ということです。

すべてを牛耳るのは広告主様であり企業様ということなので・・ここでは表現の自由はこの限りではないのですよ~。



知り合いのYoutuberに聞いたところ、こういった場合でも一応は救済策はあるそうで・・

「不適切な内容ではないのにAIで不適切を受けたしまったときは、審査願いを出して、今度は人に審査してもらうことができるそうです。」

AIも間違うことはありますからね。

ところが、今は100パーセントAIの検出まかせてるそうで、人による審査はゼロのため、不適切で突然削除されたらそれっきりだとか。

そりゃ酷すぎ~!

それもこれも人手不足だからだそーで、原因はもちろんあの病気で、人は自宅待機してるからそんなチェックしてくれる人はいないんですって~。

やれやれ😥 こんなとこにも影響が・・・。


それでもめげずに、良い記事を書いてくれたり良い動画をアップしてくれたりする人がいるわけです。

しかも最近は専門家の方々よりも、一般人の方がニュートラルな視線で、しかも多角的で豊富な方々が多く、私もそういった方々にはずいぶん勉強させて頂いてます。 ほんと有難い限りです。


同時にまた、うーーん、自由を求めるって本当に難しいよな~!とも感じてる昨今です。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"