FC2ブログ

ネコから教わった感情変換法

ウチのネコを見ていて思ったことなんだけど・・

感情というものはいかようにも処理できるものかもしれない!ということ。


ネコと関わった経験がある方なら、「ネコがシャーするのは恐怖や敵意を感じているとき」というのはご存じのことだろう。

こちらが典型的なシャー!
   ↓
angrycat.jpg
https://togetter.com/li/1307112

始めて犬を見てびっくり! 怖っ!のときだそうだ。

以前ウチにいたネコは、シャー!シャー!だらけの子で・・
病院に連れて行こうとキャリーバックを出しただけでシャー!
バスルームに連れて行っただけでシャー!(←風呂キライ)

もうなんでもかんでもシャーシャーで、
毎日シャーシャー、今日も元気でシャーシャーだった(笑)

超怖がりで新しいことには何も挑戦できないおバカちゃんだったけど、
それでも愛と安らぎだけはたっぷり与えて頂いたと思っている。(←ネコはそれだけでも十分なのだ)


ところが現在のネコは、子供の頃から1度もシャーを見たことがない! 今では7歳になる。

やはり、風呂キライではあるのだが、察知するとすぐに逃げる。
無理やり抱きかかえれば、腕を引っ掻くか噛みついてまで逃げようとする。

病院にいけば低いうなり声を上げはじめ、猛犬のごとくドクターめがけて飛び掛かかろうとする。

恐怖、威嚇の感情表現なんかしてるより、さっさと行動に移すタイプなのか~?



本来動物における威嚇行動というのは、出来る限り戦いを避けるためにあるそうだ。

なるべく体を大きく見せたりしながら、「俺様の方が強いんだぞ~!戦う前に逃げてくれ!」のアピールだそうだ。

こちらはコアリクイの威嚇ポーズ
    ↓
8kX_JknD.jpg
https://matome.naver.jp/odai/2141252359043481301/2141252541444234103
なんだか、めっちゃカワイくてハグしたくなっちゃいそうだけど・・。

戦えばどちらにもリスクはつきもの、だからなるべくなら戦いを避けたい!という心理が働く。

戦う前に相手が逃げてくれれば儲けものだ。


ところが家ネコの場合は、そうはいかない!

シャーしようが、風呂には入れられちまうし病院にも連れていかれちまう。
実際、前のネコはそうだった。。。

それでも懲りずに毎回、シャーシャーする。(少しは学べよ!と思ったのだが・・・

脳に「シャー行動」がインプットされてしまっていて、そこから抜け出せないタイプだったのか?



現在のネコ、シャーしない子は、
「シャーは時間の無駄! 逃げるが先、または、先制攻撃にゃ!」と判断するのか・・

おかげで私はいつも傷だらけになるのだけど(笑)

それが嫌なら、おまえこそ学べよな! 俺様のキライなことはするにゃ!、と言われてる気がする。
*いちおう女の子なのだが、こういったときはいつも俺様って言ってる気がする。


いやいや、私だって負けられない!

こうやって、愛猫とのバトルはいまだに続いている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人もネコも、感情の処理の仕方はそれぞれだ。

なんらかのネガティブ外因に反応して ⇒ 怖い! キモイ! 悲しい!激怒っ!って感情がわくのだけど、

そういった感情ですら、まったくすべてが同じというわけではない。

さほど気にしないって人もいれば、激怒しちゃう人もいるし、ちょっとムッとしただけ!って人もいる。


それはおそらく、持って生まれた気質によるところも大きいかもしれない。


ところが持って生まれた気質をストレートに感情として放出してしまうということは・・

人として、まだまだ素のままということになる。


突然のハプニング(とくに悪いこと)が起きれば、衝動的に「素のまま」の感情が湧いてしまうものだけど・・
それでも、数秒のうちに「素のままの感情」を変換することができる・・・というのが練れた人ではないだろうか。


ところが、「これが私だもん! 素のままの私でいいやんか!」という方もいる(笑)
自ら成長すること拒否、変化拒否って人かいな?


ずーーと前に、美輪明宏さんが、
「アナと雪の女王って嫌い!
Let It Go〜ありのままで〜と言うのって、まるで泥付き大根のまま、さあ食え!って言ってるようなものでしょ!
私のありのままを愛して~なんて、図々しいにもほどがあるわ。」


といった発言をされてたことがあって、泥付き大根とはうまいこと言うなあ~って大笑いしちゃった。

ただし、このアニメの曲、Let It Goの本来の意味は、ありのままの私でいいの~!という意味じゃないです。 日本語の歌詞として、そう訳しちゃっただけ。
レりっビー、ケ・セラ・セラ、なんくるないさー、レりっゴー
のブログにもアップしたけど、ネガティブな感情を手放せって意味。




泥付き大根・・
どんなに新鮮でも、そりゃあマズイわ~!


料理は、素材にいかに手をかけたかで美味になる。

*料理はなるべく手をかけないのが一番、だから和食が一番なんていう人もいるけど・・それは大きな勘違いでっせ!(笑)
和食ほど、出汁作りや切り方1つにも手間暇かけてるものはないのだから。



おそらく人も同じ。


人は持って生まれた気質を持ち、さらに、生まれ落ちたところの既成概念を植え付けられていく。

人の脳もまたそのままに成長してしまうことになる。
顕在意識のままで。

となると・・いくら知識を詰め込んだところで、それは論理的知性が養われるだけであって、
やっぱり、泥付き大根のまんま。


たぶん、そういった人はいちど、ぜーんぶ、現在の脳をクリアーにした方がいいのかもしれない。


心理学的にいえば、潜在意識レベルにアクセスするとか、スピリチュアリズムでいえば、メディテーションを行うとか、
医学的には、手術中に一時心臓を止めてもらって脳へ血液供給を止めてもらうとか(←おいおい!)


または、生死の境を経験した人などは、体験的にそれを行えるようになるようだ。


それが、感性を養うことの第一歩だと思う。


いちど、クリーンにすることで、(つまり、既成概念を持たない状態、今までの思考癖や脳内回路を切り替えた状態で)

daikonradish.jpg


持って生まれた素材の特徴を知り、

知ることで創造的な感性が働きだす。

すると、このようにも、

daikonradish1.jpg


またはこのようにも、

daikonrasish2.jpg


素材の持つ欠点ですら、見事な旨味にかえることができる。



感性=直感的知性と、私は思っているのだけど、


美味しい料理には、論理的知性と直感的知性は必須で、それに伴い、実践技術も磨かれてくる。



人もまた同じかな~と。


なーんとなく最近は、まず脳内をクリーンにすることすら忘れてしまって、論理的知識だけを詰め込んでしまう人も多いような(笑)

どんなに知能指数が高かろうが、一流大学出エリートであっても・・

やっぱ泥付き大根のまんま(←この表現、気に入ってる)

つまり、本質を見抜けない人になる。
(本人は見抜いたつもりなんだろうけど・・)


本質が見抜けなければ、精神的な成長には至れない。
何も見えないままになってしまう。

そりゃ、マズイだろ!(笑)


人もまた「素のまま」じゃなくって、練れた人を目指すべきではないだろうか?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、我が家のネコは、「練れたネコ」になってるんだろうか?

少なくとも、ネコ特有のシャーからは脱却してる。

さまざまなネガティブ感情も、彼女流に上手に処理してるようにみえる。

恐怖を怒りに変換し、怒りのパワーを行動に変換するかのようだ。


また、よく観察してみると、

怒ったようにみえる行動ですら、一種のアピールなことがわかる。 
本気で怒りの感情にまかせただけの行動はしていないのだ。

事が収まればストンと落ち着く冷静さを持っている。

実際に前のネコは、怯えたり怒ったりすると、その興奮が収まるまでいつまでも動悸が激しかった。
それは、完全に感情に支配されてしまっていたということだろう。



私を引っかくか噛みつくときでも、大怪我には至らないように、ちゃんと加減をしているくらいだから。

ネガティブ感情をなんらかの行動に移すことによって、常に昇華させているようにみえる。
独自の方法で。



ところが・・病院のドクターだったりすると、

本気で攻撃して大怪我させるとも限らないからなあ~。


やられる前にやっちまえ!
こんなヤツ、大怪我したって構うもんか!
と、感情じゃなくって、それを冷静に判断して行動に移してるとしたら・・

ひえ~@ そっちの方が怖いわ!

そこは人間世界じゃくって、彼女の倫理観で成り立ってる世界なのだからなあ。



とにかく、日々ネコから教わることは多い。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"