お葬式で戻ってきたお父さんの魂

きょう、ホセ君は、お父さんのお葬式に出かけています。
病院で長患いをしていたお父さんは、先週他界してしまいました。。。
Funeral Band 2005


日本と同様、お通夜は前日にすませ、故人を偲んだあと、翌日はお葬式、そして墓地まで参列者全員で、のろのろと車を連ねていくところは・・ちょっと日本の習慣とは違うはず。
南部では、マーチバンドが、派手なディシーランドジャズなどを奏でていくらしいが、LAでは、霊柩車の後に、ただ車を連ねていくだけ。

今頃は、ホセの車も、そんな中の一台なんだろう。

..........................................

先週のこと、ちょうど、お父さんの危篤の知らせが届いてすぐ、病院にかけつけたホセだったが、
最後まで、お父さんの意識は戻らず、そのまま他界してしまったそうだ。

日頃から霊能力ばっちりのホセは、病院の集中治療室の中で、壁にへばりついている多くの幽霊たちを見て、ものすごく消耗してしまったようだ。

亡くなったお父さんは、どうなるんだろう・・と心配しつつ、家族と共に、両親の家に着くと、
なんと、死んだお父さんは、ちゃっかり、家に戻っていた!

それも、にこにこと嬉しそう。
ずっと病院に寝たきりで、家に帰りたがっていたので、家に戻ったことが、すっごく嬉しいらしい。
また、歩けなくなっていた足まで、ちゃんと治って、歩いてる。しかも、若返って元気いっぱいの顔。

ホセには、まるで生きている人のように、くっきりと見えたらしい。

「亡くなったばかりの人って、なんだか知らないけど、くっきり見えるんだよね~。そんで、だいたい50日くらいを過ぎると、だんだん薄くなって見えなくなっちゃうんだ。」・・とホセ。

(だから、49日というのがあるのかもしれない。だいたい、そのくらいは現世に留まって、それから別の世界に旅立って行くんだろうなあ。)

残念ながら、ホセ以外は、誰もお父さんの姿を見ることが出来ず、みんな落ちこんで、すすり泣き状態だったようだ。

「だめだよ!お父さんは、帰ってきてるんだから、みんなでパーティーしようよ。
みんなで、お父さんのために、今夜は大騒ぎするんだ!」


そこで、飲めや歌えの大騒ぎとなった。

ホセは、お父さんのテーブル席に、大好きだったワインとスシを置いた。

みんなでワイワイ騒ぎ、しゃべりまくり・・・お父さんは、嬉しそうに聞きながら、しきりに頷いていたそうだ。

...............................

ホセのお父さんのように、一生懸命に生きて死ぬって事は、幸せなことかもしれない。
死は、残された人には寂しいけど、死者にとっては、新しい旅立ち、門出なのかもしれない。
不幸か幸せかなんて、結局、本人でしか、わからないものだ。

「じゃあ、あの病院の壁にへばりついていた幽霊さんたちは、行くところが無いのかなあ?」

「たぶん、そうかもしれない。また、不意に亡くなってしまって、自分が死んだことさえ理解できないか、否定してしまっていて、そこに留まっちゃうのかもなあ。」


帰る場所があるって事は、つくづく、ありがたいことだ。
心配してくれる人、待っていてくれる人がいるってことも、本当にありがたい事だ。

人は、ただ一生懸命生きて、幸せな死に向かうべきなのかも。
ホセのお父さんは、ずっと病気がちで辛かったはずなのに、すっごく幸せな人生だったんだろう。

そうでなくちゃ、あんな幸せそうな笑顔、出来るわけないもん。
もちろん、私は見たわけじゃないけど・・なぜか、見えた気がするんだよね。。。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"