牽牛星、石門星タイプの気づかい

人の性格、行動、言動って実に面白いなあ・・って例です。

下記は、ある算命学の先生のブログからの抜粋です。

.........................................................

友人とご飯を食べにいったときの話です。
しかも、この友人は、牽牛星という星を持っている人。
この牽牛星の友人は、女性に良くある「互いの皿を突きっこ」するような人ではないタイプ。
わたしのは、わたしの。
あなたのは、あなたの。

そんなスタンスが暗黙の了解になっていたのに、彼女の口から、

「トマト食べる?」
と言われた時、

「は??」
と……(笑)

結局、「まあ、うん食べる」と美味しく頂戴しました。

「トマト食べて」ではなく、「食べる?」って何?、どういう意味?何があったの?…。
そんな感じです。
いったい彼女に何があったのか、妙に心配になりましたが、非常に無駄だった事が数分後に発覚。

「ねぇ、ブロッコリーちょうだい?」

「は??」


「知ってると思うけど、ブロッコリー好きじゃないし、トマトも貰ったしね。どうぞどうぞ」

ハッとしましたよ。
その時、これが牽牛星の根回しかとわかってしまいました。
こんなところにまで、星の性質っていうのは顔を出すのね、と(笑)

彼女が車騎星なら、「ブロッコリー食べないでしょ、ちょうだい。その代わりトマトあげるよ」と言うでしょう。
石門星なら「ブロッコリーちょうだい。わたし大好き。代わりに食べたいのあったらどうぞ」となるでしょう。

.........................................

うーーむ。
この話を聞いて、私は・・げ!絶対に友達にしたくないヤツだ!
と、思ってしまった。。。

なんだって、こんな根回しする必要があるんだ~? 二人は友達どうしだろ?
なんで、ストレートに言わないんだ??

しかも、ブロッコリーを食べてもらう代わりに、トマトをあげなきゃならない・・っていう感覚もわからん!
交換条件かい!

おそらく、牽牛星の友達は、自分から提案して、トマトを先にあげることによって、ブロッコリーを食べてもらいやすくしてあげるつー、思いやりなんだろう・・・とは思う

だけど、私的には、まわりくどっくって、イライラしちまう感覚なのだ。
それに、ベースには「交換条件じゃなきゃいけない。」ってのが、牽牛星本人が持っているから、他人に対しても、こういった気遣いをしてしまうのかもしれない。

また、石門星の、私、ブロッコリー大好き!・・・ってのも、超イヤだ~!
(本当は好きでもないくせにってのが、見え見えだもん!)
石門星は、絶対に相手に気を使ってることを悟られないように、気を使うのだそうだ。。。

実は・・私の過去の経験上でも、相手から、何度か、こういった気の使い方をされたことがある。
ああ、めんどくさいなあ!うっとおしい!・・・・って思ったもんだ。

石門星タイプが、「私大好きなんです!」って、にこにこして言った瞬間に・・・
あー、こいつは、本当はそれほど好きじゃないのに!
なんで、ここまでするかなあ!

なんだか、めんどくせ!うっとおしいやっちゃ!
・・・・必ず、そんなふうに、思ったもんだ。

もっとも、これが、ビシネス上の接待ならば、私とて、いかようにも気を使うし、気を使って頂くのもわかる。
むしろ、それが、ビジネスの駆け引きであり、暗黙の勝負だからだ。

でも・・・友達どうしで、こんな気の使い方をされたら、もう、気兼ねなく友達なんぞ、やってられん!


車騎星のごとく、なんでストレートに言えないんだろ?

つーか、キライなら勝手に残せばいいじゃん!
見るのも、いやなら、

「私、これキライ!見るのもイヤだから、食べて! そのかわり、トマトちょうだい!」

「えー、やーだよ!ブロッコリーは、食べてあげてもいいけど、トマトはあげないよ! トマト食べたいもん!」

「げ!ケチ!!」


どーして、思ったまま、感じたまま、こんな会話が自然に出来ないんだろ?
友達なのに。。。

ちなみに、私は、きのうのブログに書いたように、鳳閣星だ。
自然体で、アニメの、ワンピースのルフィーのようなキャラらしい(笑)
欲しいものは、友達の皿から隙をみて奪い取るか、よだれダラダラさせて、じーーーと見つめるだろう。。。
(うーむ、やっぱり子供なんだろうなあ。)

牽牛星も、石門星も・・・こんなメンドーくさい奴ら、友達やってられないぜ!・・・と、若かりし頃の私だったら、一刀両断に切り捨ててしまったことだろう。

それでも・・今では、彼らの気持ちも理解出来るようになった。

それは、彼ら特有の思いやりから出た、気の使いかたなのだ。
ありがたいことなのだ。(私も、ようやく大人になったのだ

・・・・・・・・

実に人それぞれ、実に面白いなあって思う、今日この頃。



また、ちょっと別の角度からいえば・・これは、日本人的な気の使い方なのかもしれない。

こちらアメリカで、こういった気の使い方をするアメリカ人を、いまだ見たことがない。
彼らは、持って生まれた星に関係なく、やっぱ、ストレートだと思う。

つくづく、鳳閣星3つと龍高星を持つ私は、アメリカにいた方が、お気楽なのかもしれないなあ。。。(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

思ったなら伝えるべし。類友では?

Re: タイトルなし

まっとく同感!!

個人的にめんどくさいの、キライですv-364
ただ、人の心理ってのは、それぞれあるんだなあ~って思いましたね。。。


> 思ったなら伝えるべし。類友では?

鳳閣星3つと龍高星

こんばんは。
最近、算命学で命式を調べたら、鳳閣星三個と龍高星をもっていると言われました。なかなか社会にお勤めに向かない命式だと言われ、軽いショックを受けつつも、やはりというか。
それから算命学がきになっていろいろ調べたらこのblogにたどり着きました。しかも命式が似てる!うれしくてこめんとしました。

Re: 鳳閣星3つと龍高星

Makikoさん

こんにちは。

あらら~、そうでしたか!
同胞を得たような気がして嬉しいですよ!!
私も、「OLなんて、絶対向かないよ!」って言われましたね(笑)
ま、多くの人と同じことをするのが、必ずしも幸せってわけじゃないでしょうし。

鳳閣星三個と龍高星は、自分で好きな仕事をすること、龍高星は海外に関わること、冒険が向くようですよ!
ライターやスピーチの才などの客観的表現力の才もあるとか・・。


> こんばんは。
> 最近、算命学で命式を調べたら、鳳閣星三個と龍高星をもっていると言われました。なかなか社会にお勤めに向かない命式だと言われ、軽いショックを受けつつも、やはりというか。
> それから算命学がきになっていろいろ調べたらこのblogにたどり着きました。しかも命式が似てる!うれしくてこめんとしました。

おへんじありがとうございます。

OLむかないなら、いっそ好きな世界で生きたいなーってやっぱり思います。
両親がお堅い職業なので、そのまま来ちゃいましたけど、いつも違和感ありました。
算命学のお話できて嬉しかったです。

Re: おへんじありがとうございます。

Makikoさん

あらら~、私もお堅い両親だったんで、そのまま行ってたけど、気づくのは、ちょっとでも早いほうがいいもんね~。
好きな道に進むのを、将来の目的にしてくださいね!v-221

No title

石門だけど、そんな事は言わない。

No title

じゃああなたはいったい誰なら好きになれるわけ
一緒に飯なんかしなきゃいいじゃない
むしろめんどくさい

No title

僕も石門だけど
そんなこと言わない。

そんなこと一々気にして友達してる
あなたの方がよっぽど付き合いにくい。

No title

はじめまして。
記事を読ませていただき、車騎星の方はそう感じるんですね。

私も石門ですが、「私それ大好きなの。」と言ったとしても、
他の食べ物とも"好き"の格差がなく、どれも同じくらい大好きなのでそのような言い方しかできなくなるのかなと思いました。
特別何か(誰か)を優遇させたりすることがないように、並列思考なだけなので、ウソをついているわけではありませんよ。
(車騎星がそのような言い方をした場合は、ウソになるのでしょう。)


めんどくさいと感じるのは、相手の考えが分からないからで、相手のせいではないと思います。

なので、車騎星さんからの視点ですと「あぁ、この人は飛びぬけて好きなものが生活に存在していないだけなんだな。」って思ってもらえるとイラつきが軽くなるかもしれません。

おじゃまいたしました。
とても勉強になりました。ありがとうございました。

Re: No title

さとうゆきさん

こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

持って生まれた星による違いってのは、なかなか面白いものですね。
もちろん、これは・・おそらく星の性質を極端に表した例に過ぎないので、実際はそのシチュエーションや友人同士の親密度によっても違ってくると思いますよ。

それに、車騎星だからとか石門星だから、こう感じるんじゃないか?こんな言い方をするんじゃないか?などというのは、生まれたままの特質として、ここで例を挙げてるだけですから(笑)


どんな表現方法をとろうが心が通じ合っている友人ならば、お互いに気にすることはないですもん。


人はもともと持った性質というのはあるはずですが・・多くの違ったタイプと接していくうちに、それがどう相手に写るものか、相手にどんな感じを与えるものか・・ということを学んでいけるのだと思います。
その上で、相手を理解したり、また自分の悪い言い方や思い込みなんかも・・直していけるものなんだろうなあって思ってます。

ただ、私は個人的に・・あまり回りくどい言い方を好きじゃないです(笑)
けんか腰でズバズバ言うのは嫌だけど・・相手を思いやりながらもストレートに話す人が好きだし、また、そんな人になりたいなあ!って思ってます。

結局、自分を理解してもらうようにすることと相手を理解しようとすること・・この二つに尽きるような気がします。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"