FC2ブログ

大阪の地震のニュースでギャップを感じる日

きのう、大阪で起きた地震のニュースを聞いた。

マグニチュード 6.1というのは、規模としては大規模とはいえないのだろうが、
それでも大きな被害があり、死傷者まで出している。


この大阪の地震は、多くのメディアでも報道されてるだろうし、アメリカにいる私よりもずっと日本にいる方々の方が詳しい内容をご存知のことだろう。

私はいくつかのニュースをインターネットで見ただけだが・・気になった記事がある。


日本経済新聞のニュースから
出社か帰宅か割れた判断 大阪北部地震、通勤時襲う
    ↓
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31983620Z10C18A6AC8000/

fc2blog_20180620041534dbe.jpg

平日の朝8時ちょっと前に地震が起きた。
朝の8時頃ならば、通勤途中の人も多いだろう。


もしも私が通勤途中のオフィスワーカーで、震度6の地震が起こったと想像してみる。
    ↓

こりゃ、やばい! 家は大丈夫だろうか?どこからか火が出てないだろうか?

即座に帰る!

家に誰かがいれば、すぐに電話して安否確認と家の様子を聞くだろう。

もしも、家族全員が安全で、今のところ問題なしとわかっても・・やっぱりまっすぐ家に帰る。

さらなる地震が起こるかもしれない。

これ以上の地震が起こらなかったとしても、交通は麻痺して帰れなくなる可能性も出てくるから。

おっと! いちおう会社にもテキストメッセージをしておこうか。
無事を知らせておく必要もあるな。

「地震のため本日は急遽家に戻ります。 取り急ぎご連絡まで。」




たぶん・・これは一般的アメリカ人の行動だろう(笑)

・・・・・・・・・・・・・・

この記事を読んでつくづく思った。

私にはさっぱり理解できないのだ。

オフィスワーカーたちの行動が。

私だって日本人、しかも都内で長年オフィスワーカーをやってたはずなのに。

なんだか、ひどく日本が遠い国に感じてしまった。。。



この記事から引用しよう。

「自宅にいる場合は待機、通勤途中は帰宅」。

地震が発生した18日朝、大阪市内の製薬会社では所属長が電話で社員に指示を出し、対応に追われた。

災害時は出社の可否を所属長が判断するマニュアルに沿った形だが、
「途中まで来た社員の多くは結局、会社に出てきた」



なんで? 社員の多くは家よりも会社の仕事が心配になるんだろうか?


顧客対応の部署は原則出社するというルールを守ったのは、大阪市内の旅行会社。

当日予定していたツアー旅行の決行の可否や情報収集が必要なためで、安否が確認できた社員に出勤を求めた。

ただ交通機関の乱れもあって、出社したのは社員の半分ほど。



びっくりだ! ツアーの顧客が大事だから出勤せよ!だって?

地震によりスタッフが出勤しなかったため、手配が遅れてツアーが中止になったとしたら、顧客は怒りだすんだろうか!

こんなふうに。

「どうしてくれるんや! ツアーに行けなくなっただろーが! 賠償金払え!」

「地震? それで社員が大怪我したか死んだんかい!」



結果、会社は信用を失い経営不振に陥ってしまうんだろうか?


だとしたら・・日本て怖い国だな~。


今回の判断について担当者は「都市が壊滅するような大規模な地震であれば別だが、職種として仕方ない面もある」と話す。

一部社員は夜まで続いた交通機関の回復を待って帰宅したが、歩いて帰った人もいたという。




壊滅的ってのは、このくらい? すべての建物が崩れてライフラインも無くなるまでってことかな?
     ↓
2016-02-04.jpg
https://study.com/academy/lesson/earthquake-waves-types-lesson-quiz.html


都市が壊滅するような大規模な地震じゃない限り、会社に出勤して働け?ってことなのか?


で、職種としては仕方ないよな~って?


現代における多くの日本人は、そうゆう考え方をするんだろうか?(←完全に日本人がわからなくなってる。)



さらに、私に理解できなかったのが、

●社員は「会社の支持を仰ぎ」、会社側は「部下への連絡や指示を与えてる」らしいってこと。

●災害時のマニュアルに従う?・・日本のマニュアルって出勤するか休むかってことまで書かれてるものなのか?



なんだか、古いドラマのセリフを思い出してしまった。

o0960054013991669790.jpg


判断して行動するのは、その場にいる自分だろ!って・・・私は思う。

これは、すでに、アメリカンな考え方なんだろうーか?



そもそも彼らには、災害時に会社の指示を仰ぐという発想すら皆無だろう。

会社がオープンしてようがクローズだろうが・・

決めるのは自分だ!・・と思ってるだろうから。


この画像は、NY Cityの朝の通勤風景だそうだ。(地下鉄や電車を使って歩いてオフィスまで行くのは、日本と似てるかも)
a-morning-crowd-of-new-york-city-office-workers-B01KME.jpg

なんだか・・日本が遠く感じる。 もう、あそこは、私の知らない国なんだろうか?

地震の報道から、地震とはまったく関係無いことばかりが気になってしまった私だ。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"