どうやって除霊する?

さて、前回のブログ、
もしもあなたが霊能者だったとしたら?アンタッチャブルに立ち向かう?からの続き。


きょうは、

どうやって、霊能者さんたちは除霊するのか?

そこらへんのことを見ていきたいと思う。


ただし・・除霊なので、霊障のある人から霊を取り除くだけ。
または自分自身に寄って来たときの対処法。


前回にも言ったように、これは霊が納得して成仏していってくれるわけではないから、一時的な措置に過ぎないんだけどね~。

それでも、無理やりにでも、引っ剥がさなきゃならないときもある。(←引っ剥がすなんて言葉は、霊に失礼だけど・・)


さて前回、カトリックのエクソシストの話をしたわけだけど・・

カトリックで言われている悪魔の所業とは

①人の心にとりつき精神の病にしてしまう
②人の肉体にとりつき攻撃する
③人の全身全霊につき体の全てをコントロールする
④家や物につくラップ現象



ac1f51208b6a6751f0c553c64aa9f24b.jpg

悪魔がとりつくと、こういったことが起こるといわれる。

悪魔というと、上のタロットカードにもあるような1つの人格と想像しがちだけど・・これは、キリスト教圏での古典的な悪魔のイメージに過ぎない。


赤い目で牙があって、とにかく獣染みていて、人間の獣性を思いっきり打ち出してるもの・・これらの悪魔は、よく、こんなイメージで描かれる。

未だに信心深い田舎の人たちなどは、黒または赤なんて色も不気味に思えるし、ヤギ角や爪、コウモリの羽などをみても、ぎえっ~と、なるそうだ。


もっとも、日本人にとっては、ピンと来ない話だけどね~。

なんで、ヤギの角が怖いん? なんで蝙蝠さんが悪者なん?
動物も人間も生まれ変わると信じていた日本人にとっては、動物も同じ命を持つものという意識の方が強かったのだ。


これは、初期キリスト教社会で、異教徒の神をイメージするように作られたもの、という説ある。


それをいまだに刷り込み状態でひきづってしまってる西洋人は、「悪魔」というひとつの人格をイメージしてしまう人も多いらしい。

しかし、そうではない!


幽霊・悪霊・悪魔・・・これは、全部、肉体を持たない意識体
それも、ネガティブな意識体となっているもの




こちらは、日本人のビジュアル化した幽霊(かなり古典的な幽霊像だけどね~。)

67c10677d06f6b9428ff5546c21010bf.jpg


どこの国のネガティブな意識体でも、共通して、こうゆうことをしようとするのは一緒だ。
     ↓
①人の心にとりつき精神の病にしてしまう
②人の肉体にとりつき攻撃する
③人の全身全霊につき体の全てをコントロールする
④家や物につくラップ現象


そこで、じゃーんと、霊能者さんの出番となる。

もちろん、霊能者さんといっても、カトリックのエクソシスト、仏教のお坊さん、神主さん、ヒーラーなど、呼び方はさまざま。
(ここでは、全部まとめて霊能者と呼ぶことにする)



さて、その前に、幽霊となって出てくるためにも、いくつかの条件があるそうだ。

いくら怨みや悲しみの中で死んだとしても、誰もが幽霊になって出現したり、人に祟ったりできるとは限らない。



ずっと前に、森久美子さんがある番組で、興味深い話をしたことがあった。

友達が亡くなって幽霊となって現れたとき、その友達から、「幽霊になるための条件」を教えてもらったそうだ。

それによれば・・下記のものが必要とのこと。

①霊本人の集中力
②静電気
③受け手
④磁場
⑤蛍光灯や太陽光ではない小さな光




これは以前、アメリカ人のサイキックから聞いていた話とかなり共通する内容だった。
    ↓
「ゴーストとして、ちゃ~んと像を結んで、私たち見えるようにするには、霊の方にパワーがなけりゃダメみたいだよ。
とにかく、強い念とか集中力は必須条件だね。

私たちには、いろいろな霊が見えるけど、中には半透明のものだとか、顔しかないヤツだとか足がないのとか、いろいろなんだよ。
ところが、生身の人間と変わらないように、くっきりはっきりしてるのもいる。 
それは、かなりパワーが強いタイプだろうね。

私たちサイキックが、どうしてそれが見えてしまうのかは、よくわからないんけど・・ある学者に言わせると右脳を使ってビジュアル化して見るそうだよ。 
しかも、他にも色々あって、周波数が合わなきゃ見えないし、土地の磁場も関係する場合があるって話だけどね。」



しかし、そう考えると・・

生きている人に影響を及ぼす霊というのは、相当に強いパワー(念の力とか、集中力など)を持ってるってことになる。


それに対抗しなきゃならない霊能者さんは、もっと強いパワーを持たなきゃならないということだ。

目に見えない意識体同士の戦い。
パワー対パワーの戦い


こちらは、ハリーポッターの戦いのイメージからだけど・・
     ↓
power_img.jpg



ある霊能者さんから、「術式を使って除霊するとか」、「術式を使って身を守るとか」

そんな言葉を聞くことがあるんだけど・・・


術式というと、大層なものに聞こえるけど、「自分のパワーをさらにあげてくれるもの」なんだそうだ。

そこのところは霊能者さんによって違う。


●カトリック神父ならば、
    ↓
聖水、十字架、紫のストーラ(神父様の首から垂らす布)、そして聖書の言葉(または祈祷文)

o1440108014007283377.jpg


という色は、日本でも昔、病気になった人が頭に巻いたハチマキにも使われていた色

病鉢巻(やまいはちまき)
病鉢巻は抗炎症・解毒・解熱の薬効があるといわれるムラサキの根で染められています。また、紫色は高貴な色で悪いものを寄せ付けない色と考えらていた。 病鉢巻は薬草と「おまじない」的な効果を狙ったもの



img_0_m.jpg
https://blogs.yahoo.co.jp/tanaka42tamaki52/34711586.html

聖水というのは、もちろん、ただの水ではない。
ルルドの泉のような特別の水を汲んできて使ったり、または、十字架を一晩水につけたり祈祷を唱えたりした水だとか・・・色々な方法があるらしいけど。



●仏教(密教系)によるもの

護摩焚き 
バラモン教の宗教儀礼、ゾロアスター教とも共通する同根の文化じゃないかともいわれている。

que-12147452032.jpg

調伏法(ちょうぶくほう)
怨敵(おんてき)・悪魔などを調伏する修法。不動・降三世(ごうざんぜ)・軍荼利(ぐんだり)・金剛夜叉(こんごうやしゃ)明王など忿怒(ふんぬ)の相を表すものを本尊として修する。調法。



●神道系のもの

いわずとしれた、陰陽道なんかは、こちらに入るわけで・・

abe_m_11.jpg

返し矢を射るとか、 鳴弦の儀とか、矢を使うもの
護符や呪文を使うもの



これは、九字護身法だけど・・・
800px-Kuji-kiri02.png

九字切りは、神道だけじゃなくて、仏教系、修験道、道教なんかでも使われていたかな?



●修験道、山岳信仰など

20161013_4634202.jpg


もちろん、彼らは山の聖なる力をつけるために修行するわけだ。



まだまだ、さまざまなものがあると思うし、また、仏教、神道、修験道、道教だとか・・はっきり区別のできない部分もある。



では海外の悪霊払いの術式で、どんなのがあるかというと・・・(もちろん、カトリック以外の方法で。)

これまた、あまりにも多すぎて、わけわからん。


こういったものは、長年、カトリック教会から、魔法を使う者だとかウイッチクラフトとか言われて、弾圧されてきてしまったので、ちゃんと体系づけられて残っていないそうだ。


その中で、比較的知られているのがこれかな?

●ロマに由来するもの

ロマ、つまり・・ジプシーから伝わる悪霊払いのまじないなどがあるし、彼らは、水晶を使ったり、天然石を使ったり、
精霊を呼び出したり・・

ただし、ロマとひとことで言っても、彼らの起源は、北アフリカとか、北インドとか・・あまりにも多すぎて民族もわからない場合も多い。
ようするに、ヨーロッパ諸国を放浪する人々をこう、総称してたらしい。



そこで、海外の霊能者さんたちの中には、

水晶をはじめとする天然石を使ったり、フランキンセンスなどの香油、お香を使うものなど、さまざま。

あ、魔法陣を使う人もいたっけ。

0d9eb475.jpg


いずれにしても、道具にしろ、呪文だろうが、お経だろうが・・なんでもいいのだ。

自分のパワーをアップしてくれるものを使うだけ。


自分のイメージ力をどれだけアップできるかにかかっているのだから。




例えば、レイキはアメリカでは、なかなか知名度があって、気功と似ているヒーリング方法のひとつとして知られている。


レイキとは、臼井甕男(1865年 - 1926年)が始めた臼井霊気療法(臼井靈氣療法)(霊気)が海外で独自に発展・簡略化したもの。「霊気」は臼井甕男(うすい みかお)によって約100年前に日本で誕生し、臼井の弟子・林忠次郎(1879年 - 1940年)から日系アメリカ人ハワヨ・タカタ(1900年 - 1980年)に伝えられ、タカタによってアメリカに伝わり、彼女とその弟子によって「レイキ」として普及した。




両方とも目に見えないエネルギーを使って、患者をヒーリングしてあげるんだけど・・・これはどうも、霊能者さんのしていることと似ているような気もするのだ。


気功の場合は、自分の気を呼吸や動作によって強めていって、それを患者さんの体に、どれだけのエネルギーが必要なのか、どれだけの強さか、また流れや速度、時間までも読み取って、施すそうだ。


レイキの場合は、自分がアンテナとなって、宇宙に遍在するレイキエネルギーを集めて使うという。


霊能者さんの場合は、宇宙に偏在するエネルギーを、自分の出自の宗教や天然石などのグッズから、繋がりやすくしたりして得ているのかも?・・・と思ったのだ。

もちろん、気功のように自分の中のエネルギーを高めて使う場合もあるだろう。


どちらにしても、悪霊に退散するように念じたり、パワーを当てて追い出すイメージをするという。
(もちろん、ここらへんのイメージは人によって違うらしいけど。)


霊が意識体ならば、霊能者さんのパワーも意識体。

より集中力があって、力強い方が勝ることになる。




何を使おうが・・・基本は使う人の意思力にかかっているということだ。

もちろん、霊能者さんの中には、なんの宗教も持たずツールも何も使わないって人もいる。

または、「強いガーディアンエンジェル(守護霊)がついていてくれるから平気なんだ!」などと言ってた人もいた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私たちも、こんな経験はないだろうか?

人の悪口ばかりを毒づいてる人の近くにいただけで、気分が悪くなったり、実際に頭痛がしてきたり。。。

病院にお見舞いにいっただけで、ひどく疲れたり。。。

ネガティブな意識は周囲にも影響を及ぼすそうだ。


もしも、たまたま・・自分にも似たようなネガティブな念があった場合は、それらを引き寄せ、

ますます、自分もどす黒い気持ちに落ちてしまったりすることが多いという。


そんなとき、

あれれ? なーんかヤバイかも!と感じたとき、

深~く深呼吸して、悪いものをすべて吐き出すつもりで息をゆっくりと吐き出す

544514533.jpg

それだけでも、実際に吐き出せているそうだ。



目に見えないイメージだけなのに、「実際にそれが起こっていることがほとんど」だという。



霊能者さんも、そうでない人も、

霊障から守るのも除霊するのも、精神的な強さにかかっている、ということだ。

恐怖やネガティブさに負けず、どれだけ自分自身を持ち続けられるか。





「霊に憑かれる人というのは、優しい人って聞いたことがあるよ。
優しいから霊がよってきやすいんだって。」

昔、私はあるサイキックに、こんなことを聞いたことがあった。


「優しい人ってのは、一番厄介なダメ人間を意味するときもあるんだよ。
霊能者は、お客さんが霊障にあってるとき、オマエがダメ人間だから霊が憑いたんだ!とはお客に言えないから・・
だから、優しいからね~って、曖昧に言うことが多いのさ。」(笑)

「え? そーなん?」

「じゃ、優しい人ってどうゆう意味だと思ってるの?」


「相手にシンパシーを感じられる人」

「気の毒な人に同情して、自分の心も悲しくなったり傷ついたりする人だね・・・それでどーするの?
そこから、相手を救うために何か行動するとか活動するとか・・するのかな?」

「うーーむ、それだけで終わる人も多いかも。」

「そうゆうのは、ネガティブが伝染しただけに過ぎない、ただの厄介者というんだよ。
そんなんだったら、むしろ何物も寄せ付けないような鈍感な方がマシだよ。

優しさというのは強さを伴わなきゃ、むしろ悪いものでしかない気がするよ。」



そのときはじめて、優しさには2種類あると気がついた。


子供を守るためならメチャメチャ強くなれる・・母のような優しさ

同情して泣くだけの優しさ




霊は、一緒に泣いてくれて同情してくれそうな人に憑きやすいという。

すると、ネガティブさがダブルになってしまうのかも。
それこそが、霊の企みか?


そうやって悪も霊も蔓延るものかもしれない(笑)


霊に憑かれやすいのは、霊感がある人が多いというのも、確かなことらしいけど・・・

同時に、優しい(弱い)人=ダメ人間 が多いらしいのだ。


誰でも、精神力を強くしなきゃいけないようだ。

「強さこそが優しさ」・・まさに、霊能者さんに教えてもらった言葉だった。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"