世界の出来事からアトランティスを思う日

今年に入って、1月31日に、スーパーブルーブラッドムーン(Super Blue Blood Moon)が観測された。

なんとも、長ったらしい名前だけど・・

「スーパームーン」は、月が地球に近づいて、普段よりも大きく明るく見える満月。
「ブルームーン」とは、ひと月で2回目の満月。
さらに、皆既月食の月は、赤黒く輝くことから、血の色の月。



この3つが重なるのは非常に稀とのことで、日本では150年前、1867年頃に観測されたそうだ。

1867年といえば、大政奉還が行われた年で、300年続いた江戸幕府が滅びゆく激動の時代だった。

553px-Taisehokan.jpg

行き場のなくなった武士たちは大パニックだったことだろう。

ショックで自死した者、破れかぶれで敵を殺しまくった者。

戦火にまみれ、血なまぐさい事件ばかりだった時代だった。


ふーむ。。。

なんとなく、オカルトチックな事を想像してみた(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2月3日のNEWS WEEKの記事をみると、核兵器についての記事が並んでいた。
(日本のNEWS WEEKは2月5日の記事)

核戦略見直し(NPR)をして、中国、ロシア、北朝鮮への対抗姿勢として、新たな小型核兵器の開発し、核を使用する可能性を明記。


    ↓
TRUMP SEEKS NEW, SMALLER, NUKES TO MAKE ENEMIES THINK HE'D ACTUALLY USE THEM


ロシアがアメリカの沿岸都市を消し去る設計の終末的核兵器を開発


      ↓
RUSSIA DEVELOPS 'DOOMSDAY' NUCLEAR TORPEDO DESIGNED TO WIPE OUT U.S. COASTAL CITIES



オバマさんのときは、いちおう、「核なき世界」を掲げて核の役割縮小を目指したけど、トランプさんになってから、やはり・・大きく変わった。

マ逆な方向へ一直線だ。


この記事によると・・・核兵器を小型にすれば、アメリカが核兵器を本当に使うぞ!ってことを敵国に思わせらるとか、それで抑止力を強化するとか・・まあ、いろいろな言い訳があるらしい。


でも、核兵器は核兵器なわけだし、小型を何発か使えば大型に匹敵するだろうし・・
つまり、合法的に使いたいってことか~?


私にはさっぱり意味わからん!



おまけに、日本政府はアメリカの意向(これから小型核兵器を使っていくぞ!ってこと)に大賛成なんだとか・・。

おいおい! 日本は唯一原爆を経験した国だったはずじゃないの?

やっぱり意味わからん!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

tenkafubu.jpg

アメリカファースト(天下布武)じゃ~!


a369_1.jpg

おやかたさま~! サルめは、おやかた様についていきます!

なんだか、この時代とあんまし変わりばえしないような気がする。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実際のところ、今後は核を使った戦争に発展していくのか、または、熾烈なサイバー戦争になるのか?
そこらへんはまだ見えてこないらしいが・・


サイバー攻撃なら安心なんて言ってられないのだ。

国が壊滅されるのには変わらない。

それは、キミはどっちの死に方がいいですか?って問題に過ぎないだろう(笑)

サイバー攻撃でインフラがストップすれば、日本には54基だったか?の原発があるわけだし、その冷却システムが使えないとなってしまえば、これまでにないほどの放射能災害に見舞われるという。



ああ、こうやって、アトランティスも滅亡したんだろうか?(←なんで、いきなり!!)


なーんて、またもオカルトチックなことを考えてしまった(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

アトランティス大陸というのは、古代ギリシャの哲学者プラトンが著書『ティマイオス』『クリティアス』の中で記述した、巨大な大陸で、「強大な文明」を築き上げていたという幻の大陸だ。

約1万2000年前までこの地球上に存在していたと言われる大陸のことだ。


ここら辺にあったといわれている。
   ↓
Karte_der_Lokalisierungshypothesen_zu_Atlantis.jpg

強大な軍事力を背景に世界の覇権を握ろうとしたため、ゼウスの怒りにあって海に沈められたという伝説の大陸だ。


1万2000年前と言えば地球上から大型肉食獣(マンモスなど)が絶滅したといわれている時期と重なる。


まあ、伝説なんだし、オカルトっぽい話だし~、なーんて思っていたら、どうも、そうではないらしいのだ!


どうやら、昨今では実在していたらしい!という方向へ向いてきている。


1960年代あたりからだっただろうか?

数人の科学者たちによって、「こりゃ、アトランティスじゃないか!」というものが続々と海底で発見され続けている。

Atlantis FOUND? Scientists discover ancient city on extremely remote island


それによると、現代の我々の文明とも劣らないか、または、モノによってはそれ以上かもしれない、そりゃもう、高度な文明があったとという。



私たちは昔、古代文明は、「4大文明から」なーんて教わってきたものだったのに、

今では、それより以前にシュメール文明などの高度な文明の存在も明らかにされている。


それを思うと、人類が誕生したのは6500年前ってことさえ、怪しいものだ。


もしも、全面核戦争が起こったか、または巨大隕石の衝突が起こったかすれば、地球のすべてが跡形もなく消滅してしまっていることになる。

だとしたら、それ以前については誰にもわからないということだ。



地球の生命は、ひょっとしたら何度も何度も、跡形もなく消え失せまた新たに生命誕生ということを繰り返してきたのかもしれない。


そりゃまさにホピの言い伝えだ。


ホピによれば、現在の世界は4回目にあたるそうだ。
     ↓
ネイティブアメリカン・ホピ族の神話世界


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人類は気が遠くなるような年月をかけて、せっかく文明を築いても、またいつか衰退し消滅してしまうものなんだろうか?


アトランティスについても、

現代と変わらぬような文明を築いていた。 

強大な軍事力を背景に世界の覇権を握ろうとした。



どうも、その部分が気になる。


それならば、彼らの意識の上では、現代とほとんど変わらないんじゃないだろうか?


今我々の住む第4世界の意識(ホピによると第4番目)はここにある。
     ↓

●競争社会、階級社会

●結果と効率を追求する世界

●優れた少数によって支配される世界



これこそが、我々の理想の社会とされてきた。


これが一概に悪いとは思わない。

競争社会で、多くの人が一生懸命上を目指さそうとすればするほど、人々の意欲は掻き立てられることになるし、文明はどんどん発展するだろう。

実際、そうなってきたのだから。


しかし、問題はこれからの我々の社会が「行きつく先」にある。

我々は、いったい、どこに行きつく?

競争すれば敵を作る。
敵を排除すればするほど、憎しみの想念は膨れ上がる。

また、どんなに努力を重ねて能力があったとしても、上には上がれない人も出てくる。
彼らは、ますます、ネガティブ想念に陥ることになる。
それは、精神疾患や犯罪をも引き起こす。

それを力で取り締まれば取り締まるほど、さらにネガティブ想念の渦が広がる。

結果と効率を追求すればするほど自然破壊を招く。




まさに、そんな世界が出来上がっていく。


じゃあ、どうすりゃよかったんだ?


たぶん、競争で人の意欲を煽ることからして間違いだったのだ。


本来、多くの人は知的好奇心や探究心を生まれながらに持っていると思う。

また、本来、人は「世の為に、人の為に、役立ちたい!」という欲求も持っているという。
我々の脳は、本来ならば、そこに幸せを感じるメカニズムがあるという。


そういった・・純粋な、人の持つ欲求にフォーカスして社会を作り上げるべきだったんじゃないだろうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし、残念ながら社会の上層部たちは、今も敵を排除しようと躍起になっている。

だからこそ、抑止力がどうとか、小型核兵器だったらどうとか・・って話になるのだろう(笑)


ところで敵ってなんだ?

考え方、思想の違いは敵か?

自分の利益達成を阻害する相手は敵か?

中国、イラン、ロシア、北朝鮮は敵か?
そこに住む国民すべても敵なんだろうか?


残念ながら、現在のトップに立つ人々は、敵の存在を信じて疑わないようだ。

敵を排除すること、敵から守ること・・・彼らが言うのはそればかり。
それが世界平和か?


競争社会を勝ち抜いて上に行った人ほど、現状の意識に固執するものかもしれない。
いや、すでに、それしか見えないのだろう。

うーーむ。
可哀そうに・・ブリンカーを着けられた馬状態じゃないか!
    ↓
DDEk9JtUAAAnim-.jpg



そして、我々はそんな人たちに社会を預けてしまっている。


多くのアメリカ人たちは言う。

「なんで、トランプが大統領になれたんだ?
俺は投票なんかしてないぞ?」

「不正選挙に決まってるだろ?
どうせ、俺たちの知らないところで、なんでもアリなんだぜ。」



そうなのだ・・
一般市民の知らないところで、今やこうやって、社会の上層部は勝手に回ってしまっている。


さらに、そんな人が核爆弾のブリーフケースを持ち歩いて状況でもある。

20161112_FBD003_0.jpg

大統領権限でボタンを押せば、核兵器は5分ほどで発射できるという。


やっぱり、この社会は、一度リセットしないない限り新しくならないんだろうか?



いつか、こんなことになって、

1010-44.jpg

こんなんなって、

66e3c05c7e9c46121289ab65755c153e.jpg


また、こんなふうに始まる。

ebff6cf6d2f50feeaf4aedc08c77d3bd.jpg


プラトンによれば、アトランティスは神の怒りによって滅ぼされたそうだけど・・・

破滅や死は、新生となり、

闇は光となるように、

神の怒りは神の愛に通ずるのかもしれない。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"