FC2ブログ

サイキックの脱税ニュースからアカシックレコードを考える

ニューヨークポストに、こんな記事が載っていた。
    ↓
Psychic pleads guilty to tax evasion in $3.5M ‘demon cleansing’

サイキック、悪魔祓いのための3.5ミリオンダラーの税金逃れの罪を認めるというタイトルをみて、

え!悪魔祓いで4億円も支払う人がいるんかよ!

3.5Mとは、3.5ミリオンダラーで、ざっくりレート計算しても4億円弱の金額になる。

まあ、どうでもいいような記事かな~と思いながらも、ちらっと興味を持って結局読んでしまった(笑)


日本でも同様に、「あなたに悪霊が憑いてる、私が払ってあげましょう!」といって、高額な要求をされたなんて話も聞いたことはあるが、さすがに、4億というのはすごい!

それを支払ってしまう人がいるってのは、もっとすごいかもしれない!

こちらがこの事件の街、ボストン 西海岸とはまったく違った雰囲気だね~。
content_exterior_biggers_and_norton.jpg


この記事の内容を簡単に要約すると、

ボストンに住む、自称・サイキックが、マサチューセッツに住む年配の人から3.5ミリオンダラーを支払われていたにもかかわらず、税金を納めなかった。

法廷文書によれば、サリー・アン・ジョンソン、41歳(この人がサイキックの女性)は、7年以上に渡り、マーサーズ・ヴィ二ヤード(Martha's Vineyard)島に居住するクライアントから、ヒーリングサービス料として受け取っていた。

ああ、一度に4億円ってわけじゃないんだね~。

ここがマーサーズ・ヴィ二ヤード島 ↓なかなか美しい場所らしい。
379611105_chatham_harbor2_header.jpg

こちらはマーサーズ・ヴィ二ヤード島の建物 こんな家に住むような人をお客に持っていたんだろうか?
andrew-franz-marthas-vineyard-01.jpg


ジョンソンは、サイキック・マッチ、インクPsychic Match Inc an フラッティオン サイキックという会社を運営していて、学歴なし。
現在、同居人の女性と二人暮らし。



裁判所で、彼女が言うには、

私は2年生にもなったことがない
(never passed the second grade,) ←学歴なんてないよーって言ってる
私は、ロマー二のスピリチュアル・コンサルタント“spiritual consultant.”です。

と、言ったそうだ。。。

ロマーニというのは
   ↓
romani.jpg

そう、ジプシーのこと。

ほんとかよ!!(笑)

そして、今まで2つのサイキック会社を運営し、複数の名前やクレジットカードを持ち、上手に使い分けていたそうだ。
もちろん税金逃れのため。

3.5ミリオンの返却命令が出て、3年の禁固刑、さらに裁判中だとか・・・

もっとも、かなりのお金持ちだったら、保釈金を積んでムショ暮らしはしないのかもしれないが。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この自称、サイキックの人が、本当に優れたサイキックなのかどうかはわからないけど・・・

いずれにしても、3.5ミリオンも大金を払って惜しくない!って思ってくれる人がいたことは確かだ。

しかも、支払った人があとから、騙された!と言い出して訴える、なーんてことは日本でも多々あったようだけど・・、

今回のケースは、誰も被害届を出していない。
本人の税金逃れから発覚したケース!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私のサイキックの友人が以前、こんなことを言ってたのを思い出す。

「サイキック能力を使ってビジネスをしようと思ったら、まず、しゃべりがうまくなきゃならないんだよ。
人の心を捉えて納得させて、しかも感動させて、ありがとう!!って思わせなきゃならないんだ・・それにはスピーキング能力が一番要求されるんだよー。
だから、私は・・ぜーんぜん向いてないと思うから、やらないんだ!」



このように・・能力はあってもぜーんぜんビジネスに結びつかないサイキックもいる。

ただ・・・
どうなんだろう?

お客さんの立場からすれば・・

真実を告げられるよりも、たとえ嘘八百であっても、心地よい言葉で慰められる方が100倍も幸せって思う人もいるのかもしれない。

なんでもいいのだ。
そのニーズに合えば、ビジネスは立派に成り立つのだから。

getimage.jpg


もちろん、この、ジョーンズさんて人が優れたサイキック能力を持っていたのか、優れたスピーキング能力を持ってたのかはわからないし、お客さんが何を求めていたものもわからない。

そういえば、こんな話もよく耳にする。
政財界の大物と呼ばれる人に限って、サイキック(霊能者)や占い師を頼って多額の料金を払い続けている人が多いとか。


こんなことは我々庶民の耳に入ってこないだけで、ひょっとしたら日本でも、これくらいの料金を貰っているクライアントは意外と多いのかもしれない。

となると、このロマーニのジョーンズさんのケースだけが、特別だったってわけじゃないのかもしれないのだ。


ところで、
お客がサイキック(霊能者)や占い師に求めるものとはなんだろう?

政財界の人ならば・・政敵や商売敵に勝つ方法、自分の行く末、障害となるものを払う方法など

一般人であれば・・・ビジネス、結婚や恋愛、人間関係、家庭問題、健康問題など

どっちにしても個人的なことばかり・・・だそうだ。


そりゃそうだ~!
誰だって進退きまわって、どうすりゃいいのかわからない!ってときだからこそ、サイキック・アドバイスが必要になるのだから。

adobepromo_cover-1500x1000.jpeg


ところが、私は以前、
あるサイキックに、とってもバカげた質問をしたことがある。


「アトランティス大陸はどこにあったの? ネアンデルタール人はどうして消えちゃったの?
明智光秀はどうして謀反を起こしたの?サンジェルマン伯爵の正体は? 地球人は宇宙から移住してきたの?
なーーんてことを質問する人っていないの?」


「いるわけないでしょ!!
高い料金を払ってまで、そんなこと知りたがる人いるわけないし、そもそも、自分の今の人生に関係ないでしょーが!
私だって、そんなことを知ろうとしたことないし、聞かれたってわからないよ。」


「あー、そりゃそうだね~。
じゃあ、現在の中東問題だとか、北朝鮮とアメリカの行く末についてとか?
また、どうすれば戦争をなくせるのかとか・・?
そういったことは?」

「政治家さんたちから受ける質問であってすら、今どのように自分が対応すべきか?という点だし、世界平和の方法なんて質問は受けたことないよ!
質問されても、私にもわからないし・・。」


そうか~。
プロのサイキックでさえ、わからないのかあ~。

いや、

そのサイキックが能力不足でわからない!というよりも、
おそらく、そんなことを自ら知ろうと試みたことがない、ってことの方が多いのかもしれない。

サイキックと呼ばれる人であっても、我々と変わらない、肉体を持って生まれてきた人に過ぎないんだよな~、と
なんだか、そのとき、つくづく思ったのだった(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、サイキックの人たちは、こういった能力、またこういった情報を何から得てるんだろうか?

持って生まれた能力であったり、または人生の途中で突然、開花してしまった人もいる。

以前にも、私のブログで過去に何度かこんな内容をアップした記憶があるんだけど・・、また、あらためて考えてみよう。

多くのサイキックに聞いてみると、

なんらかのスピリット(精霊・守護霊、または地球外生命体)にアクセスして教えてもらうという人もいれば、本人にもわからないけど、心を落ちつけて見ようとすれば突然映像が見えてくるって人もいる。


じゃあ、仮に教えてもらう先生が、優れた精霊・守護霊、または地球外生命体だったとして、彼ら(優れた精霊・守護霊、または地球外生命体たちのこと)は、いったいどこから、その情報を得てるんだろうか?

と考えてみた。


「それこそ、アカシックレコードだと思うよ!」と、あるサイキックが言った。

akashic1-672x372.jpg


アカシックレコードという言葉は、誰もが一度は耳にしたことがあるだろうけど、以前の私は、
ほんまかいな~!と思っていたのだ(笑)

アカシックレコード(英: Akashic Records)は、元始からのすべての事象、想念、感情が記録されているという世界記憶の概念で、アーカーシャあるいはアストラル光に過去のあらゆる出来事の痕跡が永久に刻まれているという考えに基づいている。  Wikiより



地球の歴史をすべて保存しているスーパーコンピューターみたいのものだ。
個々に至るすべての人、動物、そして世界も。

そこに、アクセスさえできれば、過去も現在も、未来ですら予測ができる、ということになる。


ずっと前にインディージョーンズとクリスタルスカルの王国という映画があったけど・・まさに、アカシックレコードの話だったことを思い出す。

Indiana-Jones-and-the-Kingdom-of-the-Crystal-Skull-DI.gif


実際にクリスタルスカルは世界中に数個、発見されているようで、古代メソポタミアの、特にアステカでみられるそうだ。

23187_2923_1286220239.jpg


その1つがマヤの遺跡から発掘されたもので、オーパーツの1つとされている。

今の科学をもってしても解明できない物や製造できない物であり、全体が一個のロッククリスタルを加工研磨して造られ、解剖学的にも、加工技術からも、実に精密に、正確に作られています。

こちらのナショナル・ジオグラフィックの記事によれば、

Crystal Skulls

ジョシュア・シャピロ(Joshua Shapiro)によれば、Mysteries of the Crystal Skulls Revealed の共著
治癒や水リチュアル能力の拡張に使われていたのではないかという話だ。
http://www.whoisjoshuashapiro.com/

この、ジョシュア・シャピロという人は、まさに、現実のインディー・ジョーンズみたいな人でクリスタル・スカルの謎を追って世界中を歩き回っていたらしい。

彼の言葉から
   ↓
「クリスタルスカルは、周囲に発生するエネルギーやバイブレーションを記録できるコンピュータの一種だと信じています。
クリスタル・スカルに接触した人々のすべての出来事やイメージを映像のように再生することができる
(それは、私たちの世界の歴史も含む)



その後、私がたまたま空海について調べているときのことだった。

空海は、若いころに虚空蔵求聞持法というのを実践し、この真言を100日かけ100万回唱えるというもので見事に成し遂げたとき、

室戸岬の洞窟で、口に明星(虚空蔵菩薩の化身)が飛び込んできたと記されている。
そして空海は悟りを開いた。


というのは有名な話。

虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)とは広大な宇宙のような無限の智恵と慈悲を意味するそうで、
虚空蔵菩薩は、サンスクリット語で「アーカーシャガルバ」、
アーカーシャは「虚空」という意味



まさに、それこそ、アカシックレコードだった、ということを知ったのだった。


空海によると、その虚空の空間に入れば、

「五大に響きあり、十界に言語を具す」

物質の構成要素として地・水・火・風があり、そこに、虚空(空・エーテル・氣)を加えたもの
(それが、五大)


「五大に響きあり」とは、それぞれに響きがあって影響しあって、物質も精神にも言葉を具す(十界)

ということになるそうだ。


これは、私の空海についての過去記事から
     ↓
空海とシュタイナーの関連性


ああ、まさに、アカシックレコードのことだったんだなあ!
空海は、こうやって、サイキック能力を身につけたんだ~。

と、このとき、つくづく思ったのだ。



西洋では、19世紀に入って、神智学のヘレナ・P・ブラヴァツキー人智学のシュタイナーが、
「アーカーシャ」という言葉を使うようになり、そこから「アカシック・レコード」という言葉が生まれたそうだ。


エドガー・ケイシーは、アカシック・レコードにアクセスすることで予言や治療を行ったと言われてるし、
edgar-cayce-readings-dvd.jpg


シュタイナーはあらゆる分野、バイオ農法、芸術、教育、建築などについて、アカシックレコードにアクセスすることによって、万能の才を得たといわれている。


サイキックは当然のこと、古代より多くの預言者や神秘家、または偉大な発見をした人などは、
このアカシックレコードから情報を得ていた、とも考えられる。



アカシックレコードには、人類の集合意識が持つ叡智も蓄えられている、とすれば・・アクセスすることができれば、あらゆる分野での発見や未来の創造性にも繋がる、ということは納得できる。


もちろん、私のバカげた質問の答えもそこにあることだろう。

1457541750_undefined.jpg


そこで、どうやってアクセスするか!ってことになる。

まずは、ニュートラルな境地に入ること


これは実際、多くのサイキックが言ってることでもある。

個人的な強い願望や喜怒哀楽があったら、何も見えてこない。 パワーも発揮できないそうだ。

たとえ何かが見えてきても、それは自分の心が見せた幻だったりする。。。(笑)

おそらく、優れたサイキックですら、自分のことだけはわからない!というケースや、たまに読み違いをしてしまうことが起きるのは、たぶん、そうゆうことなのだろう。


そりゃあ、彼らだって人間だから(笑)
今では、完全にすごい人!になっちゃった空海さんですら、「う~、かなり人間ぽいよな~!」ってこともやってるし~(笑)


中には、修行することでエゴや欲求を無くすんじゃないの?

と言う人もいるのだが・・・

実際、私も昔はそう思っていた。
修行とは、醜いエゴや欲求をなくすためなのだろうと・・。

ところが、あるお坊さんに聞いたところ、

「エゴも欲求は消えませんよ。 
たとえ、どんなに修行しようが、 どんな高僧になろうが仙人になろうが。

ただ、修行などによって、覚醒することはできるでしょう。
しかし、覚醒してもエゴも欲求も消えません。
もしも消えるものがあるとすれば、それは葛藤と「キレイごと」でしょうね。」


鞍馬の毘沙門天↓
kurama.jpg

そうか~。

と妙に納得してしまった。

「大事なことは、まず己の葛藤を無くしていくことですよ。」と、そのお坊さんは言っていた。



これと、まったく同じことを言ってる人がいる。


ゲリー・ボーネルさん

まさに、この方はアカシックレコード・リーディングで有名な方で、日本でゲリーさんの知名度を上げたのは・・
たぶん、よしもとばななさんかもしれない。

41cuiLjR7PL.jpg

ゲリーさんによれば、

スピリチュアルな拡大を目指すためには、

◆ ジャッジを止めること
◆人生を個人的にとらえないこと
◆葛藤をなくすこと


さらに、この世界から戦争を無くすためには祈ることではなく、この3つを個々に実践していくこと、だとも言っている。

おそらく、この3つは・・サイキックの基本、
いやいや、我々すべての人の基本、かもしれない。


たしかに、我々は日常の中でジャッジしてしまうことが多いように思う。
ただ、純粋に「観察・認識」すればいいのに、つい、その時の感情や先入観で、ジャッジ(裁く・判断する)してしまう傾向がある。


さらに、どこかで・・「個人的」 ←→ 「他人、社会、世界」と捉えてしまいがち。
個人も世界の一部であり、個人の意識もまた世界を作る一部であるのに・・、そんなこと、十分頭でわかっていてさえ。


そして、いつも、なんらかの葛藤を抱えることになる(笑)


ゲリー・ボーネルさんは、非常に日本という国に興味をお持ちのようで、
日本で、ノーイングというスクールも運営しているし、また、個人セッションも行っている。

一般の方々はもとより、むしろプロのヒーラーや霊能者といった人たちに人気があり、セッションを希望する人が多いと聞く。


最近、私の友人がゲリーさんのセッションを受けたとかで、その内容を聞いてるうちに、
それこそ、私のバカげた質問ですら真摯に受けとめてくれそうな人だなあ、って気がしてきた(笑)


そこで、私も興味を持って、ぜひ!
と、思ったんだけど・・・なかなか、私にとってはセッション費用が高額で・・(笑)

あ、でも、4億円と比べたら屁でもないなあ(笑)


日本でスクールを開き、しかもセッションには通訳を使い、その人件費、レントなどを考えてみれば、しごく妥当な金額なのかもしれない。


結局のところ、高いか安いかなんてことも、人それぞれ。

あなたがどんなサイキックを選んでカウンセリングをしてもらうか?
そこから、引き寄せの法則はすでに始まっているような気がする。


もっとも、サイキックのカウンセリングなんて必要とせず、自分自身アカシックレコードにアクセスできるようになればいいわけなのだが。


ゲリーさんによれば、
基本的に、誰でもアカシックレコードにアクセスできる、そうだ。

誰でも潜在的にサイキック能力を持っている・・ということと、おそらくそれは同義語なのだろう。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"