現代とヒットラーの時代とユウェナリスの時代と

最近また、あちらこちらでテロ・ニュースを耳にすることが増えたような気がする。

しかも、最近では・・爆弾や銃を使わず車を使ったテロが増えてるような。。。

車を使われてしまえば・・あまりにも身近なものだけに事件を起こすまでテロリストとはわからない。
しかも人ごみに突っ込まれれば多くの死傷者を出すだろうし、ひょっとしたら銃以上の被害になるかも。


アメリカでは、8月12日バージニア州シャーロッツビルで、KKKの集会とその反対者たちが集まる中、
右翼(KKK)の1人、James Allen Fields Jrが猛スピードでデモ隊に突っ込む事件があった。
(負傷者が19人、死亡したのは、Heather Heyerさんという地元の弁護士事務所で働いている32才の女性)




それからというものメディアでは大変な騒ぎとなった。
テロや殺人事件といったものにとどまらず、アメリカ議会にまで波紋が及んでしまう騒ぎとなった!

54784dfb3d744082ac8a442731af0e4c_18.jpg


トランプ大統領は人種差別者だ、こんな人のもとで一緒に働けるか!と辞任する人が出たり、このチャンスに引き摺り下ろそうと画策したり・・
その上殺されたHeather Heyerのお母さんがTV出演したり・・と、色々な展開があった。

なんでこんな事になったのか?


詳しく知りたい方は、こちらを↓

トランプさんは、シャーロッツビルの事件後コメントを出すのに時間がかかっていた。
これが、もしもイスラム過激主義者が同じく車でテロを起こせば、ものすご~く早く「テロリストは撲滅してやる!なーんてコメントを出すのに
今回はかなり時間がかかってから、ようやくヘイトスピーチとヘイトアクションを非難するコメントを出した。

しかも、とーーっても歯切れの悪いコメント
トランプ大統領は、「様々な側面がある」などと曖昧な表現を使った。
ヘイトと偏見のさまざまな側面(hate and bigotry on many sides)」だとか「both sides」なんて表現を使ってコメントした。

州司法長官は「こんなの『様々な側on many sides』じゃないだろうーが!
レイシストと白人優位主義が引き起こした一方的なテロ行為だ!!と怒り心頭。

やっぱトランプ大統領は、白人至上主義者やネオナチ側なんだ。
だから、はっきり非難をしないで、非難をぼかして喧嘩両成敗にでも持ってくつもりなんだ!

ってことを言い出す人が多くなった。



「トランプ政権はナチズムと白人至上主義を公然と支持している!」
「影響力を持つ立場にいながら沈黙を保つことじたい、共犯者も同然だ!」

といい、ますます炎上!!!


白人至上主義者サイドは、

「お前を大統領にしてやったのは白人の米国人でラディカルな左翼じゃないんだからな!それを忘れるな」とネットに書き込んでたり・・

あげくの果てには、この事件そのものが、トランプを引き摺り下ろすために仕組まれた偽旗事件じゃないかとか・・

・・・・・・・・・・

アメリカにはいまだに白人至上主義やら人種差別は存在している。
その有名なグループは下記

クー・クラックス・クラン (KKK)
アメリカ・ナチ党
ホワイト・アーリア・レジスタンス


88983622.jpg


などなど。


もちろん今では人種差別はいけないことになってるので良識ある人間は公の場では絶対にそういった発言はしない(笑)
しかし、心の中に根強く隠し持ってる人がいるのも事実。


それを堂々と公言することを憚らないのが上記にあげたような白人至上主義グループ。
彼らは南部を拠点にしてるだけに、この地域では頻繁に事件が勃発することになる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そもそも、バージニア州シャーロッツビルというのはバリバリの南部、

もともとは多くの黒人奴隷の売買をしていた地域だ。
ところが、南北戦争が勃発(1861-1865年)(今から150年の昔の話だけどね~。)

Civil-War-1863-for-iPad.jpg


南北戦争とは、綿花のプランテーションに黒人奴隷は無くてはならない存在だった南部に対し、北部連合のリンカーンが起こした戦争。

まさに風と共に去りぬの時代、あの人々の世界だった。。。

21a1c4369b38329f6e2550bba6aca833.jpg

伝統を重んじ風雅で上品な南部人に対し、北部人は粗野な田舎もの丸出し、で、南部人は北部人をヤンキーと呼んでた(笑)
それがアメリカのヤンキーのはじまり。


南北戦争の結果はご存知のとおり、北部が勝ちリンカーンは奴隷解放を行ったことで、まるでリンカーンを人徳者のように思ってる人も多いかもしれないけど・・(←人徳者は政治家にはなれないのが常(笑)


まあ、そこらへんの話は置いといて・・・とにかく北部が勝利したせいで、北部(つまり、ヤンキー)がアメリカ全土を支配することになった。

それが現在のアメリカ合衆国だ。


ところが南部人のすべてが、北部に心から服従したわけではないだろう。
ま、日本の歴史でいえば・・徳川政権に形の上では服従したものの、虎視眈々とチャンス到来を待っていた長州藩みたいなものだったのかも(笑)


彼ら南部人は南北戦争中の英雄、南部軍の将軍、リー将軍の銅像を建てたくらいだから。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BBE%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%BC%E5%83%8F

14637c3f6badd287e2c2962aad736776.jpg

他にも、こういった南部の英雄の銅像がいくつも残っているそうだし、いまだに南部旗まで掲げているところも多くあるそうだ。
ディキシークロスとよばれてるんだけどね・・いまだに南部X字軍旗を愛する人が多いとか)

nannbuhata.png


ところが・・さすがに2016年になると、リー公園にある、リー将軍の銅像を撤去しようとすることになった。


それが、そもそもの事件の発端。


白人主情主義の右翼団体やらKKKなどがリー将軍の銅像の撤去を反対して抗議運動をおっぱじめた。

すると、こんな事件が発生
     ↓

2017年7月8日、クー・クラックス・クランのロイヤル・ホワイト・ナイツはリー将軍像の撤去に対する抗議運動をシャーロッツビルで行った。
抗議運動に参加した団員約50人に対し何百人もの反対勢力が押し寄せた。
駆け付けた警察は催涙ガスを使用し、23人を逮捕した



そして・・・今回のこの事件に至ったというわけだ。

・・・・・・・・・・・・・

一見、人種差別者が引き起こした犯罪と見えなくもないけど・・本当にただそれだけだったんだろうか?


ある一部の人々が言うように、これは偽旗作戦?なーんて・・・見方もできなくもないのかも。。。

トランプ政権打倒が目的なのか、また別の目的があるのかはわからないけどね・・。

2015年11月に起こったパリのテロ事件だって・・また、ISの存在だってアメリカが仕立てた偽旗作戦
って話はよく耳にする。



いずれにしても一般人がこういった真相を掴むチャンスなんてほとんどないわけで(笑)
事実はわかりようがない。



だけど・・・一部の権力を手にする人であれば、こんな偽旗作戦を起こすことだって十分可能だ。

となると

白人至上主義の人種差別者やISメンバーなどをバックで操る存在がいて、彼らを偽旗作戦に利用してるだけかも・・・なーんて、まるで映画のストーリーさながらなことを考えてみる(笑)


恨みや憤り、復讐心など・・ネガティブ感情を抱えた若者は、実に利用しやすい駒になってくれることだろう。

ましてや、トップに立つ人物がサイコパスだったとしたら、ものの見事に彼らを扇動し洗脳し、世界を思いのままに動かそうとすることだろう。

・・・・・

現在のネオナチの元祖といえば、もちろん、ナチスだ。


悪名高いナチス
悪の権化のイメージの強いナチス


それもそのはず・・

第二次世界大戦中に、ナチスの強制収容所で殺害されたユダヤ人は600万人だっていうんだから・・・ものすごい数だ。
当時の日本の戦闘員と民間人を合わせた死者数が300万人だったって聞いたことがあるけど、それをはるかに上回ってしまう。


ナチスといえば、強制収容所、毒ガス、ユダヤ人600万人、ホロコースト ・・・と聞いただけで、「ナチス=悪」「ヒットラー=悪の化身」をほとんどの世界中の人々がイメージしてしまう。


戦後、東西ドイツともにナチスを全面否定してドイツの歴史から抹消してしまったくらいなんだから!

つまり、
ナチスの歴史は、ドイツの歴史ではないということだ!
あれは、あくまでもナチス・ドイツの歴史ってことらしい。



ナチス党が政権を奪取してからヨーロッパを征服し滅亡するまで25年。
それをドイツは見事に抹消してしまった。(抹消したつもりらしい。)


現在のドイツでは公の場でナチスを称賛することはもちろん、ハーケンクロイツを掲げることもできない。

それは道徳上の問題じゃないのだ!  
それ以前に法で処罰されてしまうそうだ。



学校で子供たちが挙手をするときは、人差し指をあげるのがルール。(ドイツだけでなくフランスも同様だとか・・)

friedrichshafen-germany-23rd-nov-2016-pupils-of-the-seventh-grade-hab70r.jpg


日本のように手をまっすぐあげてはいけないのだ。 それだと、ナチスの「ハイルヒットラー」と紛らわしいものになってしまうから。

そこまで気を使ってるのだ。


/////////////

しかし、当時のドイツ国民は熱狂的にヒットラーを迎えたんじゃなかったっけ?

第一次世界大戦の負債を抱えてボロボロ状態だったドイツ(翌日カフェでコーヒーを飲もうとしたらトランクいっぱいの紙幣が必要になったとか・・ものすごいハイパーインフレ)餓死者も大勢出ているような状態だった)


そんな状況下で、民衆はヒットラーをドイツを救うヒーロー出現と思ったはず。

当時は、子供も大人もハイル・ヒットラーをしてるし・・
00womenHit3.jpg


事実、ヒットラーはスピーチの天才で、がっつりと大衆の心を鷲づかみにしたそうだ。

Hitler leaves meeting 1922


刺激的で誰もが復唱できるような歯切れのいい短い言葉を繰り返すことにより、人の心を突き刺し心を動かしてしまう技を持っていたという。


さらに・・ヒットラーの映画を制作して国民にアピールしたそうだ。 
それも、プロが手がけた素晴らしい出来の映画だったという。


そうやってドイツ国民を盛り上げ、苦境のドイツを救おうとしたことも事実だろう。


しかし・・


ヒットラーの最大の罪といえば・・・やっぱりユダヤ人抹殺が第一にあげられる。

そんなにもユダヤ人が嫌いだったんか??


いや、彼はただ感情的にユダヤ人を嫌ってたというだけでなく・・・優生学的にもユダヤ人は抹消すべきと思っていたようだ。
真剣に、そう信じてたようだ。。。


それによって、まずヨーロッパ全土の大改革しようとした。


つまり・・人種分類をもとにした、当時の「新世界秩序」の実行であり、世界をアーリア人の国にすることが目的だったようだ。


ナチスによる人種分類
      ↓
1.金髪・碧眼のアーリア人(北欧系ゲルマン)・・・最も優れた民族、世界を支配するに値する
2.ラテン人(南ヨーロッパ)・・アーリア人よりは劣る民族
3.スラヴ人(東ヨーロッパおよびロシア)・・・かなり劣等な民族なので奴隷とする予定
4.ユダヤ人・・・完全抹殺




ところで、アーリア人とゲルマン人って、どう違うの?


アーリア人とは9000年前の発祥地で特定される人々で人種としての存在ではなく、曖昧で抽象的な概念。
なお、ゲルマン人はアーリア人の一派とされ、ドイツ北部、デンマーク、北欧、イギリスに住む人々でDNAによっても特徴づけられている。




今現在の私たちから見れば・・狂ってる!と思うけど、当時はヒットラーやナチス親衛隊だけでなく・・ドイツの一般市民ですらそれを信じてユダヤ人を迫害しまくった人だって多かったのだ。

しかも子供だろうが容赦なかったという。

もっとも相手を害虫くらいにしか思ってなかったわけだし、完全抹殺するつもりだったんだから、そりゃ、どんな残虐非道もできたことだろう。


これがドイツの歴史(←私はそう思ってるんだけど・・)


なのに、それをドイツ人の歴史から抹消するって、これじゃあ、ただ臭いものに蓋してるみたいな・・。(笑)



だからといって、ドイツ人を悪者扱いするのは大きな間違いだろう!

もちろん、ヒットラーだけを悪者にするのも大きな間違いだと思う。



そんなことを言えば、

ヨーロッパでは2000年にわたってユダヤ人迫害の歴史があったわけだし、
15世紀の奴隷貿易でポルトガル人は大儲けしたし、
南アフリカのアパルトヘイトでは大量虐殺だったし
カンボジアのポル・ポトも大量虐殺、
オーストラリアは白豪主義で多くのアボリジニを殺害したり、
アメリカは黒人奴隷制度を極めただけじゃなく、多くのネイティブアメリカンを抹殺してきた。



それでも、ナチスがユダヤ人を虐殺した数には及ばない・・だからナチスが一番悪い?


おっと・・問題はそこじゃない!


数字なんて結果論に過ぎないのだ。

もしも、1千万人を簡単に集められて一回で殺害できるとしたら、みんな躊躇なくやってのけただろうから・・。



それに・・たった一回の原爆で、広島40万人長崎20万人を殺害したのは、どーなん?ってことになる。。。
数年がかりじゃなくって、一瞬だったわけだし・・

しかもこれは、一般市民も子供も見境いなく殺したわけなんだし。



じゃあ、なんでドイツだけ悪者にされる? 
なんで、ヒットラーだけが悪者にされる?


答えは簡単・・・戦争で負けたから。(日本にも勝てば官軍って言葉があるくらいだし・・)


・・・・

うう!

そんなことを言ってしまえば・・世界に正義はない!ってことになるだろーが!


Yes!

そのとおり! 権力の前には正義なんてない。
サイコパスが実権を握ってしまえば正義や人命なーんてものは、実に軽~いもの。


そして、そんなサイコパスに実権を握らせてしまうのも・・・いつも我々国民なのだよ。。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、日本はどーなんだろう?

欧州や中東、またアメリカと比べて、テロは少ないし人種差別もないし・・日本はまだまだ平和な国だ!と思っている人は多いのだろうか?


ヘイトスピーチやヘイトクライムには縁が無い国だと思ってる?


去年だったか・・

相模原障害者施設殺傷事件というのがあったけど、これも無差別殺人だったし・・
犯人は障害者がいなくなればいい!と思って犯行に及んだと聞いた。

このニュースを見たとき、
これって、まさに選民思想や人種差別と変わらないなあ!と思ったものだ。


たぶん、シャーロッツビルで無差別殺人を起こした犯人とほとんど変わらないような気がする。


KKK団員だろうが、ISだろうが・・どこの国のどこの団体に所属して、どんなイデオロギーを掲げようと、心に潜むネガティブな怒りや狂気を発散させてることにはかわらない気がしてしまうのだ。


まさに、それがヘイトスピーチになり、ヘイトクレイムにつながっていく。


そういえば・・国会答弁の野次なんて、まさに低俗なヘイトスピーチに聞こえるしなあ~(笑)



世界中のどこにでも、ネガティブさというものは存在しているものだろうし・・・また、こういったものを秘めてる人たちほど、サイコパスな人物・国家といったものに支配されやすくなることも、確かだろう。




それでもまだ日本人は従順な民族だけに、過激なヘイトクライムに突っ走る人は少ないとも言われている。

ただ・・ここで・・ちょっと新たな問題が持ち上がる(笑)

従順な民族だけに、信じやすい、騙されやすいという欠点もあるという。


●メディアが発表するニュースを鵜呑みにしやすいそうだ。(自分で考えて選択するというメディアリテラシー教育が出来ていないってことらしい)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いきなり話は変わるけど・・(笑)

ユウェナリスという古代ローマ時代の風刺詩人が、面白い言葉を残している。
Decimus Junius Juvenalis, 60年 - 130年

45752.jpg


彼の『風刺詩集』第10編には、こんなことが書かれているそうだ。

幸福を得るため多くの人が神に祈るであろう事柄は富・地位・才能・栄光・長寿・美貌だ。

それを一つ一つ挙げて説明した上で、

いずれも身の破滅に繋がるので、こういった願い事はするべきではない!

と諌めた内容の詩を書いている。




ユウェナリスはこの詩の中で、

もしも祈るとすれば 「健やかな身体に健やかな魂を願うべき」としているのだ。

強健な身体に健全な魂があるように・・・と願うべきなのだと!



健全なる精神は健全なる肉体に宿る!なーんて格言?をどこかで聞いた覚えがあったけど・・(笑)

それに、体育会系の部活では、よくこんなことが言われてた記憶があるけど(笑)

本来の意味は、だいぶ違うものだ(笑)


原文はラテン語だが、その日本語訳はこちら
         ↓

勇敢な精神を求めよ。死の恐怖を乗り越え、
天命は自然の祝福の内にあると心得て、
いかなる苦しみをも耐え忍び、
立腹を知らず、何も渇望せず、
そして、ヘラクレスに課せられた12の野蛮な試練を、
サルダナパール王の贅沢や祝宴や財産より良いと思える精神を。

私は、あなたたちが自ら得られることを示そう。
必ずや善い行いによって平穏な人生への道が開けるということを
『風刺詩集』第10篇356-64行)
デキムス・ユニウス・ユウェナリス(Decimus Junius Juvenalis, 60年 - 130年)





そして、ユウェナリスは、もうひとつ、パンとサーカスという言葉も残している。

これは、権力者から無償で与えられる「パン(=食糧)」と「サーカス(=娯楽)」によって、ローマ市民が政治的盲目に置かれていることを指摘したそうだ。

このサーカスというのは、現在のサーカスの意味じゃなくって・・競技場で行われた競技のこと。
現代でいえば、スポーツ観戦のようなものだろうか。


B001806.jpg


こちらが、その部分の日本語訳

我々民衆は、投票権を失って票の売買ができなくなって以来、
国政に対する関心を失って久しい。

かつては政治と軍事の全てにおいて権威の源泉だった民衆は、
今では一心不乱に、専ら二つのものだけを熱心に求めるようになっている―
すなわちパンとサーカスを…

ユウェナリス『風刺詩集』第10篇77-81行




国民というものは、食べるのに困らず、娯楽さえ与えておけば、政治にも関心を示すこともなくいくらでも御しやすい・・・ということらしい。

別名、それを愚民政策と呼ぶそうだ(笑)


徳川政権時代にも、「百姓に学問など全く不要だ」「ただひたすら農耕に励んでさえいればよい」として、

農民を「愚民」「頑民」と呼んで政治的的発言をさせないように、学問(読み書き)を禁じて、身分制を厳格にする制作愚民策が取られていたこともあるそうだ。


そうそう、近代でも・・実際に3S政策というのがあったようで、この3Sとは、スクリーン・スポーツ・セックスで、多くの人たちが特に好む3つの娯楽の頭文字なんだそうだ。


これさえ与えておけば、国民は余計なことは考えない、
おバカなままでいてくれて・・
施政者はとってもやりやすくなるってことか~。



うーん。。


しかし、つくづく思ってしまうのだ。

それって・・紀元前のローマ時代からあまり変わってないってことじゃないだろうか?


ユウェナリスさん、君の言う事は現代にも十分通用するぞ!



せめて、自ら愚民にならないようにしよーよ~!
みんな、賢くなろーよ!


「賢く」って言うと、「賢い=学校の成績が優秀」と勘違いしちゃうような愚民がいっぱいいるんだよなあ。。。



私たちが神頼みするときも・・

もう、自分のための、富・地位・才能・栄光・長寿・美貌なんか祈るのは、やめちゃおうよ!



紀元前のローマ時代から、誰もが自分本位に生きてるなんて・・・
紀元前のローマ時代から、ちーっとも進歩してないなんて・・

あまりにも悲しすぎる。。。
あまりにも情けない。。。


せめて、自分のために祈るならば・・

「健やかな身体に健やかな魂でいさせてください!」

と祈るべきかも。



もっとも、私は神頼みはしないことにしてるけど・・(笑)

神社や教会で祈るときは、「きょうは良いお天気ですね~。 では、お元気で!」
とだけ・・神様に言うことにしてる。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"