感性ってなんだろう?

感性ってなんだろう?

前回の記事、日本語の特異性と感性の必要性の中で、

日本語はとくに感性を鈍らせたらダメかも。。。
感性欠乏症にならないように!


なんてことを書いたのところ、

知人からメールをもらった。

「そういえば・・感性って言葉もまた色々な意味があるような気がする。
感性を豊かにする方法な~んて、日本では最近はそんなセミナーもあるくらいでね、やたら感性って言葉は使われるんだけど、感性って具体的には、どういったことだと思う?」



うーーむ、たしかに・・・感性という言葉も、時と場合によって、いろいろと使われるよなあ。


感性という言葉を英語にしようとすると、具体的にその意味を把握してから英訳しなきゃならなくなる。

たとえば・・

「感知する能力」「アーティストの鋭い感性」なんて時は、sense
五感や第六感もsense

「感じる力」は、sensibility
相手の感覚を鋭く感じ取ってしまうのも、sensibility

「知性と対照される感情的な感性」ならemotion

ファッションセンスで使われるような、感性になると・・taste


まいったなあ。。。
日本語だと、こういったものすべてが、感性という言葉で言えちゃうわけだから。


やれやれ。

やっぱり日本語は、聞く方もまた鋭い感性を使って、その意味を把握しなきゃならないってことだ。


考えてみると、感性というのは、心だけじゃないようだ。
肉体も心も含めて、感性が働くか働かないか、があるそうだ。


★五感(第六感も)がフル活動していること

マイケル・ジョーダンというバスケの名選手がいたが(←引退してるけど、ちゃんと今でも生きてる)、彼は決してアメリカのバスケ選手として大きい方ではなかったそうだ。

dank.jpg

何が抜きんでていたかというと、「感覚の鋭さ」がダントツだった、と聞いたことがある。

シュートするときの距離感、ジャンプの高さ、スピードを、まるでコンピューターライズされたように計算して無駄なく実行してしまう。
だからこそ、これだけの名選手と言われるようになったのだという。

もちろん、それに伴う身体能力や鍛錬は言うまでもないけど・・・そんな選手はいくらでもいるわけだしね~。



もうひとつ、今度は食べ物に関する例をあげてみよう。

知人で健康オタクの人がいて、「キャベツは多くの栄養素を含んでいるんのよ!」と言って、頻繁にキャベツを食べていた人がいる。

しかし、彼女は大の料理嫌いで、コンビニの千切りキャベツを常に使ったそうだ。

洗わずに使えるし、とっても便利なそうだ。(←こっちではそんなものは売ってないんで、私は知らないのだが・・)

「コンビニキャベツなんてやめた方がいいよ~」と、多くの人に注意されてたらしいけど、本人はキャベツには栄養があると信じて疑わない(笑)


あるとき、別の友人が、同じコンビニのキャベツを食べたところ・・・

「なんだこりゃ! なんだか嫌な臭いを感じる! それに・・ちっともキャベツの味も香りもない!
こんなもの食えるか~!!」


となったそうだ(笑)

こうゆうものらしいね。
           ↓
n503826.jpg


調べたところによると・・

サラダ用にカットしてある野菜は、カットした後に殺菌消毒のために「次亜塩素酸ナトリウム」の水溶液に漬け込みしてから水洗いを何度も繰り返して処理したもの。 だからきれいで長持ちする。

加工品としての野菜(コンビニサラダ等)、カットフルーツは、ほとんどがこの処理が行われている。




あらら~、 この際、防腐剤やら添加物のことは別にしても・・それじゃあ、栄養素だって抜けてちゃって食べても味気ないだろうなあ。


しかし・・人によって、これほど違うのだ。


匂いや味の悪さを感じた人は、もちろん、「次亜塩素酸ナトリウム」の水溶液だとか、そういった処理方法なんかは、まったく知らなかった人だ。

ただ、鼻と舌で、嫌なものを察知しただけだ。

なんとまあ、感性の鋭い人と鈍い人の違いだろう(笑)


いやいや、それって、感性の鋭い人っていうよりも、むしろ、本来あるべき姿のフツウの人なのかもしれないよ。
正常な人って気がする。

ところが最近は、感性欠乏症(鈍くなっちゃってる人)の方が多くなっているんだろうなあ。

だから、この人みたいに、「匂いがヘン? ちっとも味がない。」なーんてことに気づいただけでも、鋭い人になっちゃうんだろうなあ。


次に、よく使われる心の感性


★独自の想像力を持ち、また創造性を持つ

ちょっと個性的で人とは違う独特の雰囲気を持っている人・・・そんな人達を「感性豊か」といわれている事が多いそうだ。



ということは・・・


没個性的でみんなと同じ雰囲気を持っている人 = 一般人

ということになるねえ(笑)

たぶん、こっちの方が多数だってことなんだね~。



やれやれ~。


こちらのサイトにあったことから抜粋するけど
   ↓
感性が豊かな人に共通する「8つの特徴」

想像力が無限に広がっている
人とは一歩違う創造力がある

その人オリジナルの表現ができる

自分の心に浮かんだ事に正直である

子供のような純粋な心を持っている

物事を色々な角度から見る事ができる



こんなことは、全部ひとつのことだろうに・・・。

正直な自分自身の魂(心)でいられるかどうか?


もしも自分自身の魂(心)に素直な生き方をすれば、当然、だれもが個性的で人とは違うアイデアや意見を持つことだって、当然のことだ。

そっちの方が自然のはずだし、上にあげたような感性豊かな人なんていっぱいいることになる。

特別、豊かな人じゃなくて、これもまた、ごく正常で自然な状態だと思うのだが。



人って成長して大人になると、なぜか・・世間一般に合わせようとする意識が働くようになる。

もちろんそれは良いことには違いないんだけど・・・


なぜか度が過ぎちゃって、自分のコアな部分に背いてまでやっちゃうんだろうなあ(笑)


で、いつしか・・みんなが世間と同じようになろうとして、そういった世間さえもを作り出しちゃう!

なぜか、とくに日本人の場合はこの傾向が強いかもしれない。



結果的に

没個性、
みんなと同じ考え方、みんなと同じ服装、みんなと同じ行動。


そっちが圧倒的多数になってくると、

そうしないと、出る釘は叩かれる?みたいな風潮が出来上がる。


みんな心の中じっと我慢して世間と合わせてるんで、異質な人をみると叩きたくなるのだろう。
自分だって我慢してるんだぞ!という・・意地悪な気持ちになって叩きたくなるのかもなあ。

figure_derukui.png


で、叩かれないためにも、こうゆうことになる。
    ↓
hqdefault.jpg

ひえええ!
怖っ!



ところが、日本人から見れば、就活における当たり前の光景なんだろう。

でもね・・海外の人から見れば、ものすごく異質で怖いものに見えるのだよ。
もとは日本に住んでいた私ですら、異様に思えるんだから・・。


そもそもみんな人種が同じところに持ってきて、同じような髪型で同じような服装だと、さらに海外の人には同じに見えちゃうようだ。

大量生産のロボットみたいで、超怖い! そうだ。。。


だけど・・もっと怖いことは、自分が気がつかずに、そういった世間の意識に飲み込まれてしまうことだ。

まるで、幽霊にとり憑かれたように、自分がなくなってきちゃうこと。

iinoda.png

と、思い込んでしまうようになること

こうなると、完全に「感性欠乏症」という病気だと思う。


あ、ちなみに・・バカボンのパパは「これでいいのだ!」ってのは口癖だけど、こういったタイプじゃないからね~。
知らない人のために、ちょっと注釈を入れるけど・・むしろ、真逆なタイプ。

bakabon.jpg

ほら、ね!(笑)


無難に生きるため、世間一般に合わせてりゃ間違いないって思ってるうちに、

世間との軋轢に思い悩んだり鬱病にかかったりしちゃう人もいるけど、それは、まだまだ軽症なので治癒するのも早いかもしれない。


ところが、完全に飲み込まれちゃうと、

自分の頭で考えることや感じることを放棄するようになっちゃう。


そりゃあ、世間を見ながら、それに合わせてればいいんだから、自分自身の頭や心に問う必要もないからね~。

お天気ニュースで、今日は寒い日です!
って言われると、あ、きょうは寒い日なんだって思う。
(ほんとうは暑がりかもしれないのに・・。)


先日のブログ記事じゃないけど、TVでこんなシーンをみると、

sorry.jpg

あ、あいつらは悪いことしてたんだ!
でも、誠心誠意誤ってるから、良しとしよう・・と漠然と思ったりする。


自分から発するものが、どこにもなくなっちゃうのだ。


そうなると病気!
感性欠乏症。


でもなあ・・

現状がそうゆう風潮になってるんだから、感性欠乏症が増えるのも、当然なんだろうなあ。


食べ物だって、「洗わず切らずに食べられるキャベツ」があるわけだし・・マスコミの報道も、教育も、仕事も、政治も・・
すべて、そんなものに囲まれているんだもんね~。

そりゃあ、なるかもなあ。


だから逆に、感性!を豊かにしよう、鋭い感性、なんて言葉がもてはやされるようになってしまったのかも。
それだけ、病気が蔓延してしまったということなんだね~。


もうひとつ、感性の中には、

★人や動物の思いを感じとる能力

本来、人の心の動きや感情の流れを敏感に感じ取る能力を持っているわけで、なんとなく相手の声のトーンや顔色から、深い悩みを感じ取ったり、悲しみをキャッチしたりする能力を持っているのだが、感性が希薄になってしまった人には、言葉に出して示されない限り、何もわからないってことになってしまう。

ペットなどの動物だったら、もっとわからないだろうし、草花が枯れそうになっていても・・きっと気がつかないだろうなあ。


おっと・・

「空気を読む」って言葉があったね?

だけど・・これは、常に良いこととは言えない場合もあるようだね。

むしろ・・自分が出る釘にならないように早めに察知して、場の雰囲気に合わせようとして「空気を読む」ってケースも多いらしいのだ。

これだと、周囲に合わせて自分の感性を封じ込めるためにもなりかねない(笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、

一番大事なことは、やっぱり感性だと思う。
今まで述べてきた、すべての意味で感性、ということだ。


最初に感性ありき! なのだ。


それから自分の感性を表現するためや、また人間関係を築いていくためのコントロールとして使うものが、理性なんじゃないかな。

ま、そういってしまうと・・理性も感性から発してるものといえる気がする。

決して、理性  vs. 感性 ということではないと思うのだ。


感性が欠乏している状態で、理性や知力・知識を総動員したところで・・

まさに、馬の前に荷馬車をつないじゃうようなもの(笑)
(英語の熟語に、put the cart before the horseってのがあるけど・・それを思い出したのだ。)

Cart.jpg

なーんの意味もない!
本末転倒ってことだ!(笑)



さらに、感性がちゃんと働いているってことは、

★インスピレーション

も働くことになる。


インスピレーション、第六感、直観、直感、霊感、感性・・・ある意味、とっても似たところがあって区別できない部分も多い。



結局のところ、 一般大衆の情報だけに耳を傾けていて、コンビニの千切りキャベツを食べても何も感じず、暑いか寒いかさえも鈍感になり、目に見えるタスクだけに日々を追われてしまっている生活をしていたとしたら・・・

インスピレーションなんて、やってこないだろうよなあ(笑)


感性とは、自分の五感を正常にして、常にコアな自然体を意識することじゃないかなあ?
そして本来、私たちが当然誰でも持っている能力のはず。


もちろん、人によって興味の対象だって違うわけだから、音に敏感な人、味、色に敏感な人、実に人それぞれだし、興味の対象以外には、まーったく興味を示さないって人もいるわけだけど・・・

それでも五感というのは、すべてと連動しているものだってことも忘れちゃいけない気がする。
五感だけでなく、脳にも心にも魂にも・・・すべてが一体となって働くもの。


だとすると・・・

いくら、私は食べ物なんかどーでもいいんだ!って人であったとしても、

このキャベツを食べても、なーんも感じないとしたら・・・・
      ↓
n503826.jpg


そりゃ、感性欠乏症がはじまっているのかもしれない。

他の見直しもした方がいいのかもしれないね~。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「なんで感性って大事なんだと思う?」と、私はあえて、友人に聞いてみた。(笑)

「そんなこと当たり前じゃない! 感性がなければ幸せも感じないもん。
病気にだってなるかも。」

「そうだよねえ、みんながバカボンのパパみたいになればいいのにね~。」

「そうだ@!そうだ!」


それから、私たちは、天才バカボンで盛り上がった。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"