病気になる(これは私の個人的な日記)

ちょっと困ったことになった。
右目瞼の内側がずーーと赤く腫れていて、ちっとも腫れがひかないのだ。痛みはないんだけど・・。
これって、いつからだったかなあ? 


さすがにこりゃあ、眼医者さんにいった方がいいんかなあ? 
・・・目医者さんに行くのは初体験(日本にいた子供の頃でさえ行ったことがないのだ。)・・・怖いなあ!

怖い理由は2つ。
    ↓
●どんなこと、されるんだろう? 痛いかなあ? 目だよ、目!
●いったいお支払いはいくらかかるんだろう?

私の医療保険は目や鼻、歯医者はカバーされてない。


ドキドキしながら電話予約をする。
検査費用は25ドルだという。

それなら、問題ない。
だけど、もしも切開するとか手術なーんて云われてしまったら、5000ドル? 1日入院で1万ドルなんて云われたら・・、そのときは自分で治すことにして帰ってくれば、いいんだ!そーだ、そーだ!(←どうやって自分で治すんだ? でも・・本気)

と、決心を固めていくことにした(笑)
ちなみに、アメリカで一番多い破産の原因は「医療費による負債を抱えたためだそうだ。

そこそこの蓄えがある人であっても、もしも入院、手術ともなれば、xx万ドルの請求がくるんだから、時には車や不動産を購入するよりも大変なことになる。

さて、覚悟を決めていったのだが・・・。

診察時間は10分ほど。

実にあっけない!

「大丈夫、大したことではないよ!目薬と抗生物質を7日間続けてみてください。
処方箋を書くからこれで薬屋さんに行って購入してください。」


ほ、ほんとかよ~。

どうも何かのバクテリアによって炎症を起こしているらしく、涙腺が詰まり、流れがスムーズにいかなくなっているとかなんとか・・
(実際、詳しいところは英語の説明なんで完全には理解できなかった。 もっとも、日本語で病名を言われても知識ゼロの私にはわからなかっただろうけど。)


「それって、日本語でいうところの、ものもらい みたいなもんですか?」と質問しようと思ったけど・・アメリカ人の目医者さんが、「ものもらい」って言葉を知ってるとは思えないんで・・やめとくことにした。


もうひとつ、面白いことを教えてもらった。

ドクターが、笑いながら言う。

「あなた日本人なら、お米を食べるでしょう? 家にある?」

「はい、いちおう、買い置きのお米はありますが。」

「それならね、靴下の片方にナマのお米を詰めてよく縛ってね、それを電子レンジで温めるんだよ。
それを目に当てて温めると血行が良くなって、自然治癒力を向上させるし疲れ目も取れるよ。 やってごらん。」


片方の靴下ってこうやって使うだけじゃないんだ!!
    ↓
beaa65b9e50026974e6d635fb8b517d4.jpg


「なーるほど・・なずけて、ライス・トリートメントですね~。 やってみます!」
(笑)と、私。

そして帰り道、近所の薬屋に寄って処方箋を出したところ、
そこで、びっくり・・・

「えーーと、保険カードがなければ、両方で198ドルになりますが?」
・・と、薬屋さんが涼しい顔で言う。

ひええ? 19ドル80セントの間違いじゃないんの??(←間違いであるわけないだろ!)

まさか~、じゃ、やめます!とは言えない。。。
しかたなく、カードで支払った。。。。

そうだった。。。。
アメリカでは、薬代ほど不透明なものはない。

そもそも、もともとの薬の値段が不透明な上薬局によっても違うし、持っている保険の薬カードによるし・・
実に、複雑怪奇な仕組みになっていて、さっぱりわからん。

アメリカの医薬品、保険事情は、いったいどーなっとるんだ?
と、今さらながらチラッと思ったものの・・そんなこと今、考えるのもめんどくさい。


そして、家に帰りついた。

今度は・・・完全に風邪の症状になった。

あ~、さんざんな日だ。。。


実は、きのうから風邪の兆候はあったのだが、本日の午前中の外出(目医者、そしてスーパーマーケットの中にある薬屋で待たされてこと)で悪化したようだ。

くしゃみ、鼻水が止まらず、おまけに熱が出てきた。

今まで、風邪のときは風邪薬を飲まずに1日で治してきた私だが・・・どうも、今回は、そう、うまくはいかない気がする。。。

最近は疲れが溜まっていて、おそらく免疫力が落ちていたのが原因。
だからこそ、目が腫れるなんてことも起こったのかもしれない。

私たちが自覚しないだけで、日常、我々は多くの菌にさらされているのだ。
ところが・・・日ごろは、体のメカニズムがせっせと働いて、害になるものと戦い、せっせと排除してくれてしまうため、まったく気が付かない。

私の知らないところで、今までいくつもの戦いがあったことだろう。

私の体 Vs. バクテリア

ところが今回は、自分の不摂生のため、戦いは第二ラウンドまで持ち越され、ついに自分の自覚するところとなったということか。



うーーむ。

さてと~、
目のための抗生物質を飲んでいる以上、風邪薬は飲めない。(つーか飲む気もないのだが・・。)

そこで、特性ホットドリンク(レモン、ショウガ、ハチミツ)を作った。
こうゆうときは、すべてオーガニックの材料にこだわる(笑)

10-benefits-of-drinking-lemon-water1.jpg

特性ドリンクを飲んで寝ていると、体がかあっと熱くなってくる。
汗が出てくる。

あ、熱がどんどん上がっていく~。

そうか!
今、私の体は戦いの真っ最中なんだ!(なんだか、ちょっと快感!)


突然、日本にいる母から電話があった。

今、風邪をひいて寝込んでいるというと、

「あら、アンタ、看病してくれる友達も恋人もいないの?
病気のときは、つらいし寂しいものよ!
それにね、万が一、一人暮らしだと病気で死んでも誰にも発見されないなんてことにもなるわよ~。」


まったく~、なんて話題をするんだ?!
だから、どうしろ!って言うんだ!


「あのねえ、ママだって一人暮らしでしょ! 誰か親身になって助けてくれる人は傍にいるわけ?」

「いないわよ! 元気なときだって・・たまに話し相手が欲しくなって孤独を感じることだってあるわよ。
だからといってね、形ばっかりの友人に電話してみたところで決して楽しいとは思わないわ。
だったら、やっぱり一人の方がいいわね。 たとえ病気でも私は一人で治せるし、死ぬときは死ぬものよ~。(笑)」

「もう!その言葉、そっくりそのまま返すよ!
とにかく、私は寝るから、電話切るからね!」


相変わらず・・我が母親の言うことはよくわからん。。。



ふと、寝ながら考えてみる。

人は孤独を恐れる。
病を恐れる。
死を恐れる。



心身共に弱っているときは、とくに何かを恐れるものかもしれない。
また、何かにすがりたくなるものかもしれない。

でも、そういったときに他力本願ですがるものは、だいたいにおいてロクなことはない。

ふと、中村天風さんの言葉を思い出した。

tenpuu.jpeg

病める人は、その病から心を放してしまいなさい。病のとき、病を一生懸命に大事に考えていないと、病が癒(なお)らぬように思っているとしたら大間違いである。
病になったならば、病をむしろ忘れるくらいな気持ちになりなさい。病は忘れることによって治る。



なーるほどねえ。。。

そのとき、ベッドの上にネコがジャンプしてきた。

彼女の声が聞こえてくる。
「おい! 私のゴハンは!! ないんだけど・・!」


し、しまった~!
すっかり買い忘れてた!!


たしかに何もない!

こりゃ、買い物に行かなきゃなるまい!

またネコが言う。
「私も連れていけ!」

幸い起き上がってみると、ちょっとフラフラするものの十分運転はできそう。
車にネコを乗せて一緒に買い物に出る。



無事買い物を終えて帰宅すると・・またとたんに熱が上がってきた。

熱を出すことは健康に必要なことで、体内の毒素を出したり癌細胞を死滅させたりすることにもなり、
体を浄化してくれる。


なんかの本で読んだことがあったなあ。

そうかあ、
じゃあ、浄化された自分を想像して発熱は有難いものとして、これを楽しむことにしよう~♪



そこで、ふと思いついて、ベッドに行く前に午前中に買ってきた薬をインターネットで調べてみる気になった。

DOXYVYCLINE・・・抗生物質
FLUOROMETHOLONE・・・目薬


え??
両方ともオンラインで購入すれば、保険カードがなくても・・20ドル程度じゃんか!!
合計で40ドル?

まーーたく、いったい・・アメリカの医薬品、保険システムってどーなってんだよ!

そう思ったとたん、また、熱がかーーっと上がっていくのがわかった(笑)

いかんいかん。
これじゃあ、私の体は浄化にますます時間がかかりそうだ。。。

どうも私の場合、病気になると・・病の恐怖やら孤独感よりも、現実的なお金の問題から怒りに走る傾向がありそうだ(笑)
なんという、現実主義的志向の持ち主なんだろう。。。


発熱のだるさを楽しみ、浄化された自分を想像しながら、ベッドでゴロゴロすることにしよう~♪

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"