黄金虫らしき虫を発見して古代エジプトの神を調べてもまだ決心がつかない

この虫、いったい何?
知ってる方、教えてください!!
   ↓
kaganemushi.jpg

画像が悪いんだけど・・光沢のあるグリーンをしていて足もグリーン。


実は・・10日くらい前のこと、運転中にルームミラーをみたとき、
あれれ? なんか後ろの、リアトレイ部分に何かがあるぞ!と気がついた。

それが、なんとこの虫だったのだ!

ひ、ひえええ~ (←実は虫が大の苦手)


私の車はシボレーのインパラ、セダンなので、後ろ部分は割と広い。
そのため、ドライブ時には、いつもウチのネコのお遊びスペースになっている。

注: ドライブ好きのネコのため一緒に出かけることが多い。
運転席以外の空いてる場所はいつも自由に動き回るかバックシートで寝ていることが多い。
車は熟睡できるらしい。。


みつけたのは、ちょうど、下の赤マル部分で、ガラスにぴったりとくっつくような位置だった。

2011-Chevrolet-Impala-left-rear-view.jpg

それにしても、何事にも興味津々のネコが虫をほっとくわけもないんだけど・・なぜか無関心。

動かないし、すでに死んでしまっているからか?
虫を踏まないようにさけて、ボードに上ってはウインドーから車窓を眺めたりしている。

ネコが虫を取って窓の外に捨ててくれるなんてことは期待できそうもないだろう。


だからといって、

自分で取り除くなんて・・ぜーーたい嫌だ!
こうなりゃ、洗車サービスに行くしかない!

ここ、アメリカの私の住むLA地域では、家で自分で洗車をすることは禁じられている。(理由は水不足のためらしいが。)
そこで、選択肢は大きく分けて3つ

1.車に乗ったままでOKの洗車マシン
2.洗車スペースのあるところに行って自分でゴシゴシ洗う。
3.洗車サービス・・マシン洗いだけど、人がふき取ってくれて車内に掃除機をかけてくれる


虫をとってもらいたい一心で、私は3を選択したのだ。

ところが、終って車に乗り込むと、

なぜか、虫はそのまま!!

えーーー。

大事な虫コレクションかアクセサリーだと思われたのか、それとも雑な掃除機の掛け方で窓際の虫が取れなかったのか?

そりゃ、ないだろ?

もちろん、そこで文句をつけて、取ってくれ~!と言えばやってくれただろうが・・なんだか、それを躊躇ってしまった。。。

で、結局、虫は今もそのままになっている。


たかが虫のことで、なんだって話をこんなに引っ張るのかって?

前述したように・・私は大の虫嫌い、苦手、怖い!

とくにギザギザの足が6本あるヤツが・・・。
(まだ芋虫とかムカデとかなら・・ずっとマシなんだけどな~。 足はまったくないか、いっぱいあり過ぎるに限る)

そんな虫を連想させるような、エビも嫌い!(←まったく違うだろ!と言われるのだが・・)
だから、エビの形そのものの死体料理なんて恐ろしくて食べられない。当然直視することも不可能。

あの、ゴ〇〇〇なんて虫の名前は・・怖くて口にもできない!


うーーーん。。。

前回のブログ記事で、恐怖心を克服するなんてことを書いたものの、私にとって虫だけは例外なのだ。

私も長く生きているせいか、だいぶ成長したようで、病気も、無職、無一文、天変地異も・・もう、何が起こっても、人生なるようになるさ!くらいにしか思わなくなっった。
もちろん、どんな人も幽霊も怖いとは思わない。煩わしいやっちゃ!と思う程度(笑)

なのに、ギザギザ6本足の虫だけは・・・恐怖そのもの。
決して、クマちゃんのことをバカに出来ない私なのだ。(←前回のブログのワンコのこと)


こうなりゃ、もう、この虫を調べてやるぞ!

と、思った。(←この思考回路は不明)


都会生活をしていると、そもそも・・ゴのつく虫以外の虫というものを見たことがない。
リスはちょろちょろしてるし、スカンクも、オポッサムもいるのだが、虫はほとんど見ることがない。

しかも、メタリックグリーンの虫!足までメタリックグリーンの虫なんて見たこともない!


あ、ちょっと待てよ!

黄金虫というのは、たしか・・メタリックではなかっただろうか?

こんな画像をみつけた
   ↓
1091886390_l.jpg
中国語のカラオケサイトより

うっ! 画像をみるのも嫌なんだけど、これは、あんまり足が出ていないヤツだから、勇気を振り絞って画像を張りつけてみた。

色は茶色っぽいものからグリーンなどもあるようだけど、どれも光沢があるのを黄金虫と呼んでいるらしい。

そういえば、この、黄金虫の歌ってあったよなあ。

黄金虫は金持ちだ~という部分のフレーズは、なんとなく子供の頃に聞いた記憶がある。

この歌詞、金持ちだ~、だから蔵を建てるってのは、わかるけんだけど・・
飴屋で水飴買ってくる?ってのが、なんだか、さっぱりわからん歌詞だなあ。

と、思って調べ見ると、この当時は飴屋で水飴を買ってくるってことは、お金持ちの家の象徴だったそうだ。
しかも、それを子供に食べさせることができるというのは金持ちの象徴、そのもの。

なーるほどねえ~。

黄金虫 → お金持ち → そこのウチの子供は水飴も食べられるほどのお金持ち

というイメージの歌らしい。

つまり、この歌にあるように、日本では昔から黄金虫は福を呼ぶ虫とされていて、縁起の良いものとされていたようだ。


じゃあ、海外ではどうなんだ?

なんと、黄金虫は英語でscarab
英語で発音すると、スキャラブだけど・・これは、どうやら、

あの、スカラベのことらしい。

スカラベといえば、古代エジプトでは聖なる虫とされていたはず。

6th-egyptian-scarab-5-638.jpg

スカラベがどんなシンボルだったかというと、上の紙にも書いてあるように・・

regeneration 再生
creation 創造
transformation 変容
renewal 復活



そして、こちらはツタンカーメン王の胸飾りにされていたもの。
   ↓
_41907776_pectoral_bbc_203.jpg
BBC Newsより

おお!真ん中の黄色い石・・まさしくこれは、天然石のリビアングラスだ!

日本では通常、リビアングラスと呼ばれるけど、正式名はLibyan Desert Glassで、強力な霊的防御やカルマの解消の石と言われているもの。




スカラベは、また、神様でもあるのだ。
Khepri.png

なんとまあ、頭がスカラベそのものじゃないか!
この神様の名前は、ケプリ(Khepri)

wikipediaによれば、このように書かれている↓

太陽神、ラーの一つであり、日の出を表わす。
これは、タマオシコガネが丸めた獣糞を自分の前で転がしながら運ぶ様が、太陽の運行を象徴すると考えられたためである。
また、その糞の玉からはタマオシコガネが生み付けた卵が孵って生命が出てくることから、タマオシコガネは自分自身を創造する太陽神を象徴するものとされた。
時には、糞玉のように太陽円盤を転がして進むタマオシコガネそのものとしても表現された。



古代エジプトでは、朝のヘプリ、真昼のラー、夕刻のアトゥムと呼ばれたのが、太陽神の三形態で、そのうちの一つだったのだ。

古代エジプト人は、どうやら、フンを丸くまとめて転がしているフンコロガシを見て、
「天体を転がす」、つまり、「太陽の運行を司るもの」と考えたようだ。

さらに、フンコロガシが自ら転がしていたフンの中から誕生するのを見て、
なんと、何もないフンの中から生まれてくる=神秘なる再生、または太陽を転がして死から再生と考えたらしいのだ。


あ、黄金虫=フンコロガシ・・だったんだね~。(←今、はじめて知った)

古代エジプト人たちは、死後の世界というものを信じていたわけだし、生と死、そして復活ということを身近に感じてた人々だ。

だからこそ、死者の書というものがあって、それは死後、どうすればいいのか?が書かれた手引書だったそうなのだ。
だからこそ、ミイラにして、死者の書も一緒に埋葬したということだ。

そうすれば、死んだあとも困らない。 
どうすればいいのか指示書どおりにすればいいわけだからね~♪

興味があれば、こちらはエジプトのファラオが死後するべきこと
      ↓


しかし・・・古代エジプト人が、いくら生死に関心を持っていたとしても、

フンコロガシ(黄金虫)が、神秘なる再生、または太陽を転がして死から再生、太陽の運行を司る、と連想するとは・・・!


現代人からみれば、ただ、フンを転がしてる虫としか見えないだろうに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

虫は、死者の魂を乗せる、ということを聞いたこはないだろうか?

かつての日本でも、そのように言われていたらしいのだ。

とくに、日本では、蛍、蝶や蛾など。
また、その他の昆虫も。

さらに、世界中の地域によっては、鳥も。


誰かが死ぬとその魂をのせて鳥が飛ぶとか、また、蛍や蝶などに魂を乗せて死者がお別れの挨拶にくるとか。

whitebirds.jpeg


こちらのヒーラーに聞いたところでは、昆虫や鳥は、哺乳類と違って強い自我を持たないので魂を乗せやすいのだとか。


ネイティブアメリカンは、蛇やクモ、テントウムシなどにも、それぞれのシンボルを持っていたし、ただ嫌われ者の害虫として簡単に殺したりはしなかったそうだ。


ふう。。。

それはわかるが・・。

結局のところ・・私の虫恐怖症は治らない。

それと・・・あの、車の中の虫が何かもわからないし、どうやって外に出そうか?
それが問題だ。

覚悟を決めて何かで、そっと摘まんで・・土に埋める?

あーー、まだ決心がつかない。。。

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

たんのさん

お久しぶりです。

これ、カメムシ!だったんですね~。
イラストのカメムシ、かわいい!(イラストだと私の苦手な足さえもかわいく見えます(笑)


形がどうもコガネムシとは違うな~と思ってたんだけど・・これですっきりです。
カメムシにもメタルグリーンの種類があるようで、しかも彼らは暖かいところを好むらしい。

きっと、それで車の中の日当たりが一番いい場所に入ってしまい、そのうち・・お亡くなりになってしまったのかもしれません。

匂いを出す前にお亡くなりになったようで車中に匂いはありませんが、ネコは、なーんか嫌な匂いを感じて触らなかったのかも、ですね~。

本当にありがとう!!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

たんのさん

コガネムシの歌については、私も調べているときにその説を発見しました!
もう、びっくり!e-262
でも、あえて・・聞かなかったことにしようと(笑)

さらに、カメムシだとかタマムシとか・・他にも説があるようなんだけど、一番、それがインパクトがある説として取り上げられたんじゃないかとかとも、言われてるとか。 
実際のところはどうだったんでしょうかね?
どんな思いで作詞したのか・・ぜひ、ご本人にお聞きしてみたかったところです。


それにしても洞爺に引っ越されたとか。
以前、関東で開業されているお医者さんが、なるべく遠くに離れることを強く主張していたことを思い出します。
それでも、ほとんどの方は、離れられない → 信じたくない → だから信じない、そのため、住み続けるている人も多いとか。

たんのさんの柔軟性は素晴らしい限りですe-420

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

たんのさん


うわあ、そ~んなことがあったんですか~。

ご主人は、ひょっとして一般の方よりも強いサイキック能力をお持ちなのかもしれませんね。
そういった方には、顕著に出るようですから。


それにしてもご無事でほーんと良かったです。
相手が強力なパワーの持ち主だったりすると、ホワイトセージくらいじゃ効き目がないようです。
中には水晶だって効き目がないというケースもあるみたいです。

でも、それは、かなり稀なことなんで・・だいたいは水晶で大丈夫みたいですよ。

危険が迫ったときは、
水晶を身に着けて心をニュートラルな状態に入れること、ひどく恐れたり取り乱したりしないこと、そして自分のパワーをおへその下、丹田に集めて全体にバリアを張るようなイメージを強く念じること・・と私も教わりました。

もっとも、そんな状況になる前に逃げられるなら逃げるか、危険なもの、危険な場所にはかかわらないことが一番ですよね~。


バイクの持ち主の方が、もしも、とっても鈍感な方の場合はあまり現象が出ないとも聞きますが・・それでも長くそのバイクに乗っていれば徐々に悪い方向へ行くという話です。
また、悪いものを引き付けてしまっているというケースもあるようなんで・・ご無事を祈るのみです。


それにしても・・自然の中に身を置く生活って、やっぱり大事ですね~。
私もできるだけ早くそんな生活をしなきゃ!って思ってます。

たんのさんのステキな生き方を見習わなきゃ!

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"