近所のトレイシーおばさんの生き方

799264731_e53a01970e.jpg



近所の友達、トレイシーおばさんから、突然、こんな質問をされちゃいました。
(この写真は、若いころだそうです!)
「ねえ、あんたの好みのタイプってどんな人よ?」

*トレイシーは、スパニッシュ系アメリカ人で・・年はたぶん、60半ばでしょうかね。。。すごい美人なんだけど、かなり太ってる迫力満点!
優雅な年金暮らしで、今は、旅行、おしゃれ、孫自慢、映画、ダイエットが、彼女のライフワークのメインになってる。いつも、とっても陽気で、いつも元気をもらえるような、お姉さま。
そうそう・・離婚しちゃってるんで、現在、彼氏募集中だって言ってた。


「好みって、それ、付き合いたい男性のタイプって意味?」

「うん。あんたの好みって、なーんか見えてこないんだもん。」

「そうだなあ・・20代の頃はねえ、バリバリ夢を持って働く人で、イケメンで優しくて、もちろん金持ちで~なんて、結構一般的に女の人が望むような事、自分も望んでたよ。」

「じゃ、今は?」

「うーーーん。。。。もっと根本的な事が大事になった気がする。
Just the way you are!ってカンジの人!」
注:あなたらしく、あなたのままでいるって意味です!

「はあ???あははは。。それって、ビリージョエルの歌じゃない、それって、どーゆうことよ!!」

「だからねえ。つまり・・・」


以下、私がトレイシーに説明した事↓

つまり、我々日本人は特に・・大人になり、社会生活をして、家庭を持ったりすると、すっかり、自分でも気がつかないうちに、枠にはまった生活をするようになってしまうもの。

たとえば・・・こんな事をしたら、年甲斐もないとか、みっともない!とか言われるし~、
また、社会に出て、課長や部長になれば、それなりの顔を作るし、父や母になれば、また、「父親」「母親」って、顔を作るようになるでしょ?
いつしか、自分でも、年相応に生きることや、世間的なフレームみたいな事が、当然て思い込むようになってしまって・・・・無意識にでも、そんな生き方をしちゃってる人って多いと思う。
なーんか、そうふう人たちって、キラキラしてないんだよね~。

私は、そうゆう人は、男でも女でも魅力を感じないし、
社会に出て働こうが、結婚して父や母をやっても・・それでも、自分のままで、枠にはまらず、なんでもやる人が好きってことかな。

・・・・・・・・・・
こーんな説明を、トレイシーにしたところ、彼女は、

「ふーーん。なんだか、わからん!
だって、自分が好きで、社会に出て働くわけだし、それは、自分で選んだ職業だし、結婚相手だって自分が好きで、一緒に生活したいと思って選んだ人で、子供だって、自分が欲しいと思って作ったんでしょ?そうじゃなかったって事? 
そうじゃなかったって事は、なーんとなく流されて生きちゃったって事?

私は、20代だから結婚しなきゃなんて・・考えなかったし、30代だから、子供がいなきゃとか、40代だから、家を持って出世しなきゃ・・なんて、考えてもなかったよ。世間に合わせるんじゃなくて、自分の生き方を世間に認めさせちゃえばいいだけよ。

私は、いつだって、自分がそのとき、一番好きな事を、望んだ事だけをやってるだけだもん。あとは、それに責任を持つって事だけで、ぜーんぶ、好きな事やってれば、いいだけでしょ!

世間に振り回されるだとか、それなりの顔をするなんて・・考えたことないなあ。

だいたい、アンタ、そんな事、言うまでもなく、あったり前のことでしょ!そんな生き方をしてるようなヤツは、問題外よ!」


ううむ。。さすが、トレイシーだ!

かっこいい生き方をしてる人だなあ。

やっぱ、男でも女でも、私は、こうゆう人が好きなんだなあって、いまさら、実感!

・・・・・・・・・・・・

でもね、こんな生きかたをスパッと出来る人って、以外と少ないような気がするんだよね。

この間、日本の女性雑誌を見ていたら、

結婚して子供が出来ても、女でいたい!とか、女を捨てたくないとかって、書いてあった。。。

やれやれ。

母とか女とかじゃなくて、「あなた自身でいること」じゃないかって思うのに。
結局、「女」とか、「母」とかって型にはめて考えるから、そんな発想をしちゃうんだと思うなあ。もちろん、男性だって同じ事。

いくつになっても、死ぬまで、自分のままでいること、周りに惑わされず、自分の心から望むことをしていける人が、Just the way you areだと思うなあ。

そんで、自分のやりたい事をやって、自分のルールを社会に認めさせてしまう人。

それにしても、やっぱ、トレイシーは、すごい

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"