加速する時間の感覚から織田信長の感覚

ここ最近、ずっと思ってることがある。

なんだか時間の流れが異様に早くなってる気がする!

そんなことを言うと、
「そりゃあ、年をとったからだよ!」・・なーんて言われてしまいそうだけど(笑)

たしかに、それはおっしゃるとおり!

だけど・・それだけじゃなくって、なんだか現実的に時間が早くなってしまってる気がしてしかたない。
(現実的に・・って言い方もヘンだけどね。)


それで、なんだか気になってしまって、ここのところ・・時間の流れのことばかりを調べていた。

下記の1と2は、前々からの疑問点でもあるけど・・。
       ↓
1.子供の頃は時の流れが長く感じるのに大人になると短いのはなぜ?

2.昔の人の方が老けて見えるのはなぜ?

3.なぜ、今、時間の流れが急速に早くなってるのか?(←これは私が感じてるだけかもしれないけど。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.子供の頃は時の流れが長く感じるのに大人になると短いのはなぜ?

小学生の頃の夏休みってのは、まるで・・この夏が永遠に続くかと思われるほど長く感じていた。
なのに、社会人になってしまうと、あっと言う間に過ぎてしまう。




それは多くの人が感じていることだろう。
もっとも、最近の小学生は夏休みでも塾や習い事に超多忙な子供も多いらしいんで、ちょっと違うのかもしれないけど・・。

同じように感じてる大人は、もちろん日本人だけじゃなさそうだ。
why does time feel faster when you get older? なんて、ググってみるといっぱい出てくるから(笑)

また、同じ1時間であっても・・嫌いな単純作業を続けてるときは長~く感じるけど、親友と話が盛り上がってるときは、あっと言う間に過ぎてしまうというのは、誰でも同じだろう。

実際の時間と脳が感じる時間には違いがあるということだ。


なぜ、大人になると時間が短く感じのか?

それには、ちゃんと説明がつくそうだ。
脳が処理する情報量によって時間の感じ方が違うというデータがある。
脳が処理する情報量が多いほど時間も長く感じる。

つまり、子供の頃は、毎日が新しい経験が多かったため脳が情報をひとつひとつキャッチしていく必要がある。
それに対し、大人になると日々のルーティーンが多くなるため、脳が新しいものと認識しないでスルーすることになる。
(新たに情報収集する必要がないということだろう。)

たとえば、私は車通勤してるんだけど、通勤途中のことなんてあまり覚えてない、つーか、ほとんど記憶がなかったりする。
気がついたら着いてた!みたいな・・・(笑)

まさに、通勤はいつもと同じ道でいつもと同じ光景なので、ほとんど脳が情報収集してないってことらしい。

ところが・・素っ裸でフリーウェイを走ってる超デブがいたとか、ピンクフラミンゴの群れをみたとか、赤と黒の縞模様のUFOを目撃したとかだったら、きっと脳が活発に情報処理をはじめるため、その日の通勤時間は長く感じることだろう。
(←あり得るか?)

なので、もしも、時間の流れを子供の頃のように長く感じるようにしたければ、

新しい場所を訪ねる

新しい人に会う。

新しいことをはじめる。

新しい学び、読書、活動など


なんでも、新しいことをするようにすればいいようだ。
または、日常のことであっても、視点を変えて・・普段注目しなかったようなことに着眼してみるだけでも長く感じるという。



2.昔の人の方が老けて見えるのはなぜ?

これは・・・実はよくわからない。

たしかに、昔の映画、写真なんかを見ると、20歳だとしても、とーんでもなく大人に見えてしまう。
悪くいえば老けてるってことになる。

そういえば、サザエさんのマンガにも驚いたことがある。

サザエさんの年齢:24歳
タラちゃん:3歳
マスオさん:27歳
波平:54歳
フネ:50歳



そして、こんな画像をみつけたのだが・・こっちなら納得なんだけどね~。
20111102013322b24.jpg

大人は現代と比べて老けて見えるし、子供はより子供っぽくみえる。
サザエさんの初版は1947年だったそうだ。

つまり、これだけ現代では、年齢の感覚にズレがあるってことだろう。



昔の人は老けて見える・・・それもまた、こちらのアメリカ人たちも同じだろうか?

こちらのプロムの写真を比較してみよう。
*プロムというのは、高校卒業のパーティーでドレスアップしてカップルで出かける習わしがある。

1950年代
C096v1.jpg

1970年代
3618866912_817c812ceb.jpg
男がみんな長髪だった時代↑
2015年
-2bcb7c5097dd6e16.jpg

これも2015年だけど・・
landscape-1431530407-cd8e2c6305dfef9f.jpeg
    ↑
おい!これって本当に高校生かよ!


うーん。。。

アメリカの場合は人種もさまざまだし、もともと超老け顔の人と超童顔の人もいるんでなかなか比較は難しい。

しかも、とくに女性は、髪形や化粧によってもルックスは違ってみえるわけだから、なんとも言えない部分はあるけど、やっぱり現代の方が子供っぽい(若々しい?)かもしれない。

ついでに、もうひとつ、去年のプロム写真
Northridge-prom-Andrea-Nine.jpg

若っ!!つーか、どう見たって子供や~!

で、なぜか?というと・・まあ、色々と説はある。

●スキンケア、ヘアー製品による違い、昔は整形手術も少なかった等
●アメリカでも、ティーンの間では「大人っぽく美しい」より、「かわいい」が好まれるようになってきた
●苦労の度合いが違うから。


苦労の度合いかあ。

たしかに、昔は日本でも15歳で嫁に行ったり12歳で元服なんてことも不思議じゃなかった時代だ。
早くから、親離れしなきゃならないし、一人前な大人として一人で生きていかなきゃ!って自覚は強かったことだろう。

つまり、現代人よりも自力で早く大人にならなきゃならなかった=苦労は多かった・・ということだろう。
そういえば、競走馬のサラブレットも早く大人の自覚を持たせるために1歳で親と離してしまうそうだ。


一説によると、苦労する=老けるという説もある。


米国科学アカデミーに掲載されたノースウェスタン大学からの論文によると、

そのタイトルは、まさしく「社会的貧困層の若者では、自己統制は心理的社会的状況の改善をもたらすがエピジェネティックな老化を早める」

社会的に苦労し、それをがんばって成し遂げてきた人(社会経済的問題を自己統制で乗り越えた若者たち)の方が、白血球の「メチル化DNA」をゲノムレベルで調べた結果、細胞の老化度が高い。
特に、克服した困難が大きいほど老化度が高い。https://welq.jp/11209



という測定結果が出ているそうだ。

心理的ストレスは、細胞の老化を早める!

しかし、一概には言えないだろう。
貧困のため酷い苦労をして成功した人の中にも、非常に若々しく、しかも苦労知らずの上流家庭出身のように見える人もいるから。

それって、ストレスも跳ね返してしまうほどの、よっぽどの強靭な精神持っていたってことかもしれない。


さらに、老化の原因には、日焼けや運動量などもあげられる。
長時間 屋外で日焼けする職業(たとえば、農業・漁業など)の人ほど、老化現象は大きくなる。
(ん? 昔の人は、いっぱい日焼けしたし運動量も多かったといえるかも。)


それと・・・もうひとつ。
これは、ただ私が個人的に思うことに過ぎないのだが・・・

●寿命も関係してるんじゃないだろうか?

gn-20150731-03.gif

1947年は、男が50歳、女が53歳(←まさにサザエさんくらいの時代?)
2014年が、男が80歳、女が86歳

うわ!30年も伸びてる。。。


世界の主要国の平均寿命推移をみると、
1610.gif
黒が日本、ちなみに赤がアメリカ

日本は、世界に誇れる長寿国ということだ。
(ただし、介護を必要とする人が多ければ、それはちっとも誇れることじゃないけどね。)


そういえば・・きのう、信長協奏曲というドラマをまとめて全部見たのだが、こんなシーンがあった。
     ↓
ningen.jpg
現代の高校生が戦国時代にタイムスリップしちゃって、信長になっちゃうストーリー。

これは、信長が唯一好きだったという幸若舞(こうわかまい)の敦盛 (あつもり)の一節を踊ってるところ。
信長の映画やドラマには必ずと言っていいほど登場する有名なシーン。
敦盛 (幸若舞)

現代の高校生の信長は、♪人間だいたい80年~♪と、歌いながらムーンウォーカーっぽいステップをするんだけど・・家臣に、「殿、人間50年ですぞ!」とつっこみをいれられてたっけ。(笑)

本当はこっちだよね↓
3214_img.gif

社会が安定し餓えることがなくなり、医療が進歩したため、寿命が延びたと言われてる。


この時代の人たち、いや、正確にいえばつい30年前までも同じだったと思うけど、

私たちが80年かけて、学び成長し老いて死を迎えるというプロセスを、50年で成し遂げていたのかもしれない。

凝縮した50年

だからこそ、早く老けていったのかもしれない。
(ただし、早く老けることや寿命が短いことと幸せの度合いということは、また別問題だけどね~。)

そんな気がするのだ。



3.なぜ、今、時間の流れが急速に早くなってるのか?(←私が感じてるだけかもしれないけど。)

これについては、実のところ、もっとわからない。

年神様と物理学的「時」の流れを考えるという、今年のはじめのブログ記事にも書いたんだけど、

●現代物理学には、時の経過という概念がない。
●時間は流れず、単に「存在する」だけ。
●哲学者の中には、時間の経過という概念それ自体が無意味なことであり、時間の河や流れという表現は誤解に基づくものにすぎないと論じる人もいる。



そもそも、私たちの時間の概念はいつでも、時計を中心に回ってる。
朝7時に起きて9時から仕事して12時から1時まで1時間ランチ・・・なんて具合に。

ところが、それを決めたのは人間であって、神だとか自然の摂理ってわけではない。
それはたしかに、社会の秩序には必要だったろう。

でも、私たちは時間といえば、時間=時計が示すものと常識として思いこんでしまっている。


アインシュタインの特殊相対性理論は、もう1世紀も昔だった。

●現在という瞬間に絶対かつ普遍的な意味はない。
●同時性は相対的なのだ。
●ある座標系からの観測では同時に発生した2つの事象が、他の座標系では相前後して生じたように観測されることがあり得る。



これをわかりやすくするために、よく引き合いに出される例がある。
    ↓

正確に1秒間に1回、高さ1メートルでバウンドし続けるボールがあるとする。

二人の人にそれを持たせ、

ひとりは地球上で静止してそれを持つ。
もうひとりは同じものを持って光の速さで飛び立つ。

ここでボールの軌跡を見ると、

地上で持っているボールの軌跡は単に上下に1秒間を繰り返しているだけ。

光の速さで移動してる人のボールは、上下のバウンドすることに移動が加わることで、
上下ではなく斜めの「へ」の字のように、ながーいジグザグの軌跡になる。

さらに、バウンドしているボールのスピードをみると、

光の速さで移動してる人から見れば、常に普通にバウンドしているように見えているけど、
地球の人から見ると、ながーい軌跡に見える。

さらに、地球上のボールと比較すると、飛び立ってから光の速度に近づくにつ
れボールのスピードが遅くなり誤差が出てくる

これは相対性理論で動いている物は動いていない物より時間の進み方が遅くなると
いう現象


そうすると、若返りもタイムマシンも理論的に成り立つことになる?(笑)

こんなことは、もう百年も前に言われてたことで、今ではさらにアインシュタインの説にも改良・修正点もみつかっているそうだ。

しかしながら、多くの一般人は、いまだに、

時間はどこでも一定で変るわけないもん。
光のスピードを超えるなんて絶対、ありえない!
そもそも、ここは地球だし~。


と、そんなことを、常識として漠然と思ってるんじゃないだろうか?


しかし、現実にUFOがやってくるということは、その問題をすでに彼らはクリアーしてるからだ。

それは、彼らのテクノロジーが恐ろしく進んでいるということだけでは無いような気がする。
おそらく、地球人も相応のテクノロジーをすでに持っているんじゃないだろうか?

もしも、クリアー出来ない問題があるとしたら、常識的にあり得ない!という視点が問題なだけかもしれない。

そんなことあり得ない!と思ってしまえば、それは絶対にあり得ない!わけだしね~。

たぶん・・・常識や従来のタブーを打ち破って、視点をどんどん変えていかないと、私たちの進化も頭打ちかもしれない。

時間の問題もそういった一つかもしれない。


『プレアデス”メシアメジャー”からの黙示メッセージ』村中愛  ヒカルランド出版、こちらの本にちょっと興味深いことが書かれている。(私いはよくわからない部分もあるのだが・・。)
     抜粋↓

これより先、地球時間と宇宙時間が交差する。
時間交差のために時間は急激に短縮され加速される。
現在の地球時間はおよそ24時間帯で作動するが、これより先は時計の針は変わらず24時間を指すが、実質は短縮されていく。ま大まかな時間帯は2003年で24:00→23:30になり、30分短縮。
2004年以降の時間短縮は次のようになる。

2004年 24:00→21時間30分
2008年 24:00→20時間50分
2012年 24:00→19時間30分
2016年 24:00→18時間00分
2020年 24:00→16時間30分
2024年 24:00→13時間30分
2028年 24:00→13時間10分

今誰もが転生する時期に来ている。
すべてから解き放たれた魂は再び人間に生まれ変わり、地球に降りて来る。
そして宇宙次元を手にして生きたいものです。



2016年 24:00→18時間00分に時間が短縮されてる?

よく・・わからないが、たしかに私の時間の感覚は、まさにそんな感じだ。

「短く感じるってことは、アンタの寿命が尽きる寸前かもな」(笑)
と、ホセがジョーク?を言ってたけど、あながちジョークじゃなかったりして・・。

それとも加速して地球が宇宙の彼方に瞬間移動しちゃうとか(笑)

結局、わからんものはわからん。


ただ・・・

織田信長が唯一好きだったという舞踊、幸若舞の敦盛
   ↓
思へばこの世は常の住み家にあらず

草葉に置く白露、水に宿る月よりなほあやし

金谷に花を詠じ、榮花は先立つて無常の風に誘はるる

南楼の月を弄ぶ輩も 月に先立つて有為の雲にかくれり

人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり

一度生を享け、滅せぬもののあるべきか

これを菩提の種と思ひ定めざらんは、惜しかりき次第ぞ



人間五十年からのあとを、現代風にいえば、
「神や仏と違って、人は短い一生が決められてしまっていつかは死んでいく定めだ。
(神や仏、または運命に)定められたtことはいえ、悔しいことだよな。」

また、もうひとつ、信長さんが好きだった小唄というのがある。

死のうは一定 偲び草には何をしよぞ 一定語りおこすよの

「死ぬことは決まったことだ。 私が死んだ後人が私を思い出すには何をしようか。人は私をきっと思い出してくれるだろうよ」

この二つは、信長の座右の銘?みたいなものか。(笑)

どっちにしても、を強く意識してるわけだし、ニヒリズムやら死生観みたいなカンジではあるけど・・

実に、ポジティブ、前向きな発想だ(笑)

一生の時の短さ(死)を意識しているからこそ、せいいっぱい生きたい!ということだから。


いずれにしても、瞬間の連続を生きるということだけかもしれない。


それにしても、信長協奏曲のドラマは歴史の史実と上手にマッチさせてたし、お笑い部分も含めて良く出来てたなあ。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"