9-11とノストラダムスの予言書

Mt-Vesuvius-Volcano.jpg

きょうは、9月11日なんですね~。
こちらでは、毎年、9-11の問題をTVで目にするけど、日本では、今は、それほど関心はなくなっちゃってるのかもしれませんね。

2001年9月11日、この日は、私は、まだ日本に住んでいて、たまたま深夜、TVを見ていました。
突然の、臨時ニュースが入り・・びっくりして見ていると、当時のアメリカ人のボーイフレンドから電話がかかってきました。

彼は、ものすごく興奮したような声で、これは、テロだ!
こんなひどいのは、見たことが無い。ノストラダムスの予言のとおりだ!
・・と電話口で叫んでました。

ノストラダムスか。。。彼ならすでに、起こるべきして起こった惨事を知っていたでしょうね。

・・・・・・

しかし、その前に、これが天変地異ではなく、人の手でなされたって事と、それにまつわるヘイトクライムを考えると、非常に腹立たしい気分で、むかむかしてくるんだよね~。

ところで、このテロの首謀者が、オサマ・ビン・ラディンでも、アル・カイーダでも何でもなく、アメリカ政府(当時のブッシュ)の自作自演だったという説があるのを知ってますか?

たしかに、この直後、ブッシュは、見事なスピーチで盛り上げて、戦争に突入させてしまい、イラクを、さっさと滅ぼしちゃったわけですからね。。。核なんて、なーんも出てこなかったのに~。


当時は、アホなブッシュのおかげで、アホなアメリカ国民は、愛国心の名のもとに、アメリカにいるイスラム系の人々に暴行を加えたり、殺したり、大変な騒ぎだったそうです。
たしか、市民権を持ってるモスリムの女学生が、いきなり暴漢に襲われて半殺しにされるって事件もあったはず。

当時すでに、アメリカに住んでいたホセは、ロサンゼルスでも、何度も戒厳令がしかれたり、何かの暴動のたびに、大変だったそうです。

アメリカって国は、未だに、根強い人種偏見の消えないところがありますね~。
つい最近も、モスリム系の学校に、そこの住民がずっと反対していて、誰かが放火して全焼させたという事件があって、まさしく、これもヘイトクライム。

おそらく、犯人で無くても、多くのそこの住民は、
「燃えちゃって、ザマーミロ!アラブ系なんか、いなくなっちゃえ!」って思ってたんでしょうねえ。
そう思うと、そら恐ろしい気がします。

Hate crime,『憎悪犯罪』)とは、人種、民族、宗教、性的志向などに係る特定の属性を有する集団に対しての偏見が元で引き起こされる口頭あるいは肉体的な暴力行為を指す。


9-11が、仕組まれたものかどうかは、おそらく真相解明はむずかしいでしょう。
昔のケネディー暗殺同様、国家機密の陰謀なんて、なかなか真相を突きとめられるもんじゃありませんからね。

結局、こういったネガティブパワーは、どんどん膨れていくだろうし、まして、国家を動かすトップの人間が、さらにネガティブなものを持っている場合、多くのネガティブパワーを扇動して増大させてしまい、結局、9-11のような悲劇を生むんだと思います。

それは、まさに、ネガティブな気を持ってる人に、同じ波長のネガティブパワーの幽霊たちがやってきて、取り憑いて、もっと巨大なネガティブに支配してしまい、どんどん、悪いものを取り込んでいく姿とも同じみたいですね。
それが、個人であっても、国家であっても、同じなんだと思います。
最終的には、滅亡の道をたどるだけ。

ただ、国家を考える時、やはり、トップに立つ人間によって、大きく、良くも悪くも、動かされてしまうのは、
事実だと思います。・・・ただ、それを選んでいるのも、私たち国民、一人一人でもあるんだよね。

決して、自分は関係ないって事じゃないはずです。この世に生きている以上、すべての事は、影響しあい、それによる原因と結果によって、現象は起きるって事ですから。

もしも、日本が、アメリカが滅びるとしたら、それは、私たち一人一人もまた、何かの原因を作っているともいえそうです。一人一人が、何もしないという事もまた、それは、ある1つの結果へ向かって、動いていくわけですから。

・・・・・・・・・

ノストラダムスは、予言書を詩で綴っているし、当時の暦や、表現上の問題などを考慮に入れて、読解していくのは、かなり大変なことで、事実、たくさんの本も出版されています。

ノストラダムスについて、友達のShioriさんが、こんな事を教えてくれました。
これは、彼女が最近、読んだ本にあった内容です。

いつの年かはわからないんだけど、9月25、26、27日の3日間でイタリアのベスビオ火山が大噴火を起こし、イタリアは壊滅し、その周りの国や人々も最悪の被害を受けるらしい。

その前に、日本でもかなりすごい地震が起きて、日本も相当ひどい状況がくるらしい。


ベスビオ火山が大噴火を起こす前に、その兆候となる出来ごとは、世界で起きてて、その噴火後も、連鎖で、いろいろな大陸が地震や噴火で、地球規模でひどい状況になっていく。

空から救助は出来なくて、アメリカの潜水艦や大きな軍艦が救助に来たりするけど、空には、何か別の見たこともない物体が、たくさん集結しているらしく、どうやら、それは、UFOのようらしい。

ローマ法王も大変な状況にありながら、国から逃げずに、人々を扇動してるらしく、そのせいで、逃げ遅れてる人たちがたくさんいて、状況は狂気の世界になっていく。


以上です。

このまま行けば、いつか、世界は滅んでしまうようですね。






コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"