子供のサイキック能力と松果体の関係は?

きのうの記事の冒頭で、政治家の不倫なんてニュースをみた話をしたのだが・・・
その政治家さんって、イクメン議員とか呼ばれてた人だったんですね~。

イクメンの話はいちおう知ってたんだけど・・その人だったんか~。( ←おい! リアルタイムニュースみてたんじゃないのかよ!)

私はどうも・・政治絡みのニュースを見るのが好きじゃない。
ほとんど、うーーんざりさせられるようなことばっかりだから・・。

まあ、この議員さんに限らずだけど、嘆かわしいことに、「政治家」を職業だと勘違いしてる人が多いような気がするのだ。

私は、政治家というのは、我々一般人が会社勤めをするような職業とは違う種類のものだと思ってる。

職業じゃなくて使命

「日本という国を一番に考える」という使命を担っている人々。

だからこそ、一般市民は彼らに高い税金を払って養い、彼らに生活の、そして国のすべてを託す。

そういった根本的なものが・・どんどん消えてきてる気がしてしまう。

だからこそ、政治家というポジションを腰かけに利用する人やら、育児休暇を取っちゃう議員やら・・・。
まさに、会社に雇用されてる一般人同様、サラリーマン感覚に見えてくるんだよなあ。

明治時代の政治家さんたちじゃないけど・・国のために命をかけるって人がいない!(←あたりまえか~)
でも、「本来、そうあるべきもの」だと、私は思うのだ。

だからといって、不倫が原因で失脚させられるってことは、なーんか違うって気がする。
そんなことよりも、もっと問題なのは、堂々と育児休暇を申請したこと、それを許可した側について考えるべきじゃないのかなあ。

そういった問題意識にフォーカスしないで、ゴシップ記事みたいな内容を作り上げてしまう、マスコミにも、うーーんざり(笑)

まあ、もっとも私は詳しい事情は知らないので、このコメントはここまで、ということで(笑)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

きょうは、まったく別の話で、
「子供って小さいときは、すっごく霊感のような能力が強いのに大きくなるとなくなっちゃうんだろうね?」

って話をまた聞いたので、そちらの話題。

とくに驚くべき話でもなく、こういったことは昔からよく聞いている。

以前、ホセがあるパーティーに出席したときも、食事中に天井に近い壁に幽霊の男がへばりついて、じっとこっちを見てたことがあったそうだ。

その出席者の中で、まだ小さな男の子が母親の膝に抱かれていたそうだが、そこ子だけが、壁のその場所を指さして何かをしゃべっていた。

まだちゃんとしゃべれない幼児語だったんで、ホセにはわからなかったそうだが・・

母親によれば・・

「さっきからこの子、あそこにおじちゃんがいるとかって言ってるのよね。」(笑)

その会場で見えていたのは、ホセを除いて、おそらくその子だけだったようだ。


さらに、幼児は母親が妊娠中に、次に生まれてくるのが弟か妹かもわかるという話もあるし、また母親のお腹の中にいたときの記憶がある子もいるようだし、

さらに、前世の記憶を持って生まれてくる子の話も何どか聞いたことがある。

psychicchildren.jpg


だいぶ前の動画だけど・・・これもアメリカのサイトにも掲載されていた有名な話だ。

   ↓

前世の記憶を持つ子供(1/3)

前世の記憶を持つ子供(2/3)

前世の記憶を持つ子供(3/3)

しかし、そういった子供たちも成長とともに、サイキックのような能力が消えてしまったり、忘れてしまったり・・・ということも多いようだ。

なんでだろうね?

と言われたとき、私は、ふと、あることを思い出した。

大人と子供の違いは、なんだ? と考えたとき、

松果体も関係してるんじゃないかな、と思ったのだ。

pineal.jpg
脳の中央部分にある、豆粒ほどの小さな器官↑

子供の松果体は大きいが、それが思春期になると縮小してしまう。
大人になるほど、どんどん縮小していく。



という事実。

1960年代に、松果体にはメラトニンの生成機能があるということが発見されている。

で、メラトニンとは、動物・植物・微生物で見られる天然の化合物のことで、どういった働きをしているかというと、

●太陽と関わりがある (太陽を浴びるとメラトニンの量が減少する)
●睡眠と関わりがある(睡眠をさそうホルモンの一種ともいわれている)



つまり、メラトニンは昼に減少し、夜に増えることで、眠りを誘い、人の持つ体内時計の機能、生体リズムが調整されるってことらしい。

睡眠というのは非常に大事なことで、ある実験結果によれば、食事を与えて睡眠を与えないマウスと、睡眠を与えて食事を与えないマウスでは、食事を与えて睡眠を与えないマウスの方が先に死ぬそうだ。



当然、昼間太陽光を浴びないような生活を続けるとメラトニンがうまく分泌されなくなって、不眠症などの睡眠障害はもとより、 DNA の保護の役割もあることが記載されていて、

メラトニンが減少するということは、

DNA そのものがダメージを受ける → さまざまな病気を引き起こす原因となる。・・・・ということになるようだ。


そして、松果体が機能しなくなるということは、当然メラトニンという物質の分泌が減るわけで、
それはまた、
DNA そのものがダメージを受ける → さまざまな病気を引き起こす原因となる



そこで、松果体が小さくなる、機能しなくなるのは、なぜ? 


その原因は、石灰化

老犬を保護して思う、松果体とアルツハイマー
   ↑
ここでもアルツハイマーとの関係をちょっと書いたんだけど、

最近のいくつかの研究では、アルツハイマー病や他の認知症において、松果体の石灰化の程度が非常に高いことを示した。
松果体の石灰化はまた、アルツハイマー病の病因に寄与し得る、結晶化阻害剤の非存在とも関連していることを示す。


https://en.wikipedia.org/wiki/Pineal_gland

と、Wikiにもあるように石灰化というのが原因。

そして石灰化の原因としてあげられるものは、

●フッ素
●過剰な薬剤投与
●砂糖や人工甘味料や食品添加物など


などと言われてる。

事実、フッ素を水道水に混入しだしたアメリカでは、今から20年以上も前から、40パーセントの人が石灰化してしまってるというデータがある。

当然、アルツハイマーはアメリカでは以上に多い。

これは、今後の予測グラフでもあるんだけど・・・よく調べてみると、フッ素混入時期あたりから、かなりぐーーんと多くなっているのがわかるのだ。

ADACgraphNewAD.jpg

松果体が石灰化する原因は、フッ素だけじゃないでしょうが、・・・とにかく、化学物質などの蓄積と共に石灰化していくことは間違いなさそうだ。

つまり、ボケるということは、年のせいじゃない!とも言えそうだ。

しかも、最近では大人の松果体が石灰化するだけでなく、子供にも石灰化が多くみられるようになってきたそうだ。
子供の多動症、学習障害との関係性なども言われはじめた昨今、しかし・・なぜかその研究はあまり進まないという話だけどね・・・。

赤ちゃんといえども、すでに体内にいるときから、化学物質にさらされているわけだし・・・
現代に生きる母親がどんなに気をつけたところで、電磁波にさらされ、化学物質は蓄積されてしまっているわけだから、命が宿った瞬間から危険ははじまるのかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、今までは体の健康上に及ぼす影響についてだけど、

もうひとつ、松果体には人の精神に及ぼす影響についても、多く言われている。

松果体は第3の目をつかさどるもの
松果体は真実を見ることができる


それは、デカルトの実体二元論(簡単にいえば、魂と体の二元論)も、シュタイナーもまた、松果体が重要な役割を果たすということを述べている。

もちろん、科学的な証明には至ってないようだが・・。

しかし、ここで仮に、「松果体は真実を見ることができる」とするならば・・・

これだけ松果体が石灰化が進んでしまって機能しなくなってきたってこと = 現代は真実が見える人間がいなくなってきたってことになる。

真実を見る・・ということは、さまざまなことが含まれると思うけど、

たとえば、子供が、大人が感知できない世界を感知できること。

それも、ひょっとしたら松果体にあるのかもしれない・・・と思ったのだ。


さらに、チャネリング

ニューエイジ系が好きな言葉だけど(笑)、高次の霊的存在・神・宇宙人・死者などの超越的・常識を超えた存在とコンタクトをとること、とろうとすること・・を言うんだろうか?


ググってくるだけでも、チャネリングの方法なんてのがいっぱい紹介されている。

しかし、あえて高次の存在にアクセスしようとしない人の方に、無意識でチャネリングしてる人が多いんじゃないだろうか?

びっくりするような作品を作り上げる人たち、映画、小説、絵画などのアートの世界では、よくみかけるけど・・

ぜったい、こんなの思いつかないよな! ってすごい作品に出会ったりする。
そして・・・それを見た人は魂を揺さぶられる。そんなのフィクションだってわかってるくせに。。。。

作者に聞くと、突然、なぜかアイデアが降りてきた、と言う人も多い。

まさに、神が舞い降りた~

神からの指令~


言葉はなんとでもつけられるけど(笑)、それこそチャネリングかもしれない。

しかし・・・多くの人々は生活するのに必死だ。

家のローンに車のローン、カードやチェックの支払い、子供の学費に追われて、さらに仕事に没頭する。
もちろん、好きな仕事ならばいいが・生活のために無理して我慢を強いられることだってある、それが現状。

この世に「生きてる」人は少ないのかもしれない。
生活している人はいっぱいいるのに。


どう考えたって、それじゃあ・・上から誰も降りてきてはくれない。
いや、降りてきたことさえ気がつかないだろう。


松果体を石灰化させないことは、ひょっとしたら現代人には一番大事なことかもしれない。

太陽を浴びること(とくに朝日)
睡眠をとること。

実に、基本は当たり前過ぎるほど当たり前なことだ。

睡眠をとる・・ということは、私の知人のヒーラーがよく言っていた言葉だ。
ヒーリングでひどく疲れ切ったときは、ひたすら寝ることですべてよくなるらしい。
寝ることは、別次元にアクセスすることであり、すべてのネガティブを癒すことにもなるそうだから。



これは、有名はホルスの目 ↓
eyes.jpg

この目は、真実を見通す第3の目を表しているそうだ。

きっと古代エジプト人は、現代人に見えない世界を見ていたのかもしれない。。。
彼らの松果体は、きっと、バンバンに大きく健康だったことだろう。



こちらのNikonの記事にちょっと面白いものがあったので、どうぞ↓
第3の目_Nikon

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"