老犬を保護して思う、松果体とアルツハイマー

これは、ホセが仕事先のオフィスで犬の散歩に出たときの話だ。
ホセのオフィスビルは、犬はOKとのことで、犬同伴でくる人もいる。

犬好きのホセは、ときどき飼い主に代わっては外に連れ出しておしっこさせたりしてるらしいが、その日は飼い主の女性と一緒に外に出た。

犬の名前はクマ。

小型犬でモコモコした犬だが、かなりのおじいちゃん↓(イメージ写真)
kuma.jpg


2人と1匹(クマ)が少し歩くと、そこで別の1匹の犬がさ迷っているのに出くわした。

足元がおぼつかない。
よろよろと歩いている犬だ。
クマよりは少し大きなテリア種の雑種

近寄って見ると、目に膜が張ったように白い。
白内障を患ってるらしく、おそらく目はあまり見えてないだろう。
老犬だ。

おまけに、臭っ!

犬も加齢臭ってあるんだろうか・・と、ホセは思った。

「どこの犬かなあ。」

「この足取りだし、それほど汚れてはいないから、たぶん、この近所だと思うな。」

「じゃあ、私、あそこにいる人たちに聞いてくる。」

通りの向こうに、3人のヤンキー風の若い男たちがたむろしている。(もちろん、アメリカ版ヤンキー男だが・・。)

a08713-0.png

こっちは日本のヤンキー↑

stock-vector-boy-illustration-graffiti-style-230112403.jpg
アメリカのヤンキー↑

「お、おい!!」

ホセが呼びとめるのも聞こえてないのか、彼女は臆するところもなく、さっさと通りを渡ってしまった。(←超行動力のある若い女性)


ホセは彼女が戻ってくる間、老犬に話しかけてみた。
もちろん、テレパシーで。

去年あたりから、ホセは犬やネコとテレパシーで話せるようになった。

しゃがんで、犬の頭をなぜながら話しかけた。

うっ! 臭~い!
あとで、手をゴシゴシ洗わなきゃなああ。。。(←超潔癖症)

ホセ 「おい、オマエ! 家はどこだ? どっから来たんだ?」

犬はされるがままになっている。
ひどく大人しい犬だ。

老犬 「ん~ん? わかんない。。。」

ホセ 「わからないのか・・じゃ、オマエ、どこかへ行くつもりだったんか?」

老犬 「ん~ん・・・んん・・わかんな~い。」

やれやれ。

そこへ、彼女が走って戻ってきた。

「あのね、どうやら、あっちの一角にある家じゃないか!って。 みんな親切な男たちだったわよ。」

「そっか~。 じゃあ、行ってみるか。」


二人と二匹は連れだって教えられた場所まで歩き、彼女はそこでまた、すぐに聞き込みを始める。

「あのね、あそこの家じゃないか!って。」

彼女は、すぐ近くの家を指さした。

そこの家まで行き、彼女は、とん、とん、とんとドアをノックする。

誰も出てこない。

ホセ 「おい、オマエんち、ここか?」

老犬 「ん? ん~ん・・そ、そうだったかなあ? そんな気もするけど・・」

彼女は、もっと強くノックする。 どん、どん、どん。

やっぱり誰も出てこない。

そこに、ポリスが二人通りかかった。

「おい!おまえたち、何をしてるんだ!」
と、質問された。

彼女が早口でポリスに説明する。
「・・・・・でね、どうやらここの家らしいって聞いたんだけど、ノックしても誰も出てこないのよ、困っちゃうわ。」

「よし、まかしとけ!」

ポリスの一人がノックする。
どん、どん、どん。

もう一人のポリスは、窓に回り、スポットライトで照らしながら家の中の様子をうかがう。
そのポリスが戻ってきて、ドアのところにいたポリスに何かを耳打ちする。

すると、今度は大音量でノックをし続けた。

どん、どん、どん、どん、どん、どん、どん・・・

ひ、ひええ~!!

と、びっくり仰天して、ひっくりかえってしまうクマ。

大きなノックの音に驚いて、直立不動で立ち上がり、そのまま後ろにばった~んだった。


「えっ!! ひょっとして失神状態? クマってこんなに臆病なの?」 と、ホセ。

「そう、食い気だけで生きてる犬、あとは、超臆病の役立たず!」と、彼女。

ようやくクマを落ち着かせて起き上がらせたが、まだ、足腰がフルフルしている。


そしてようやく、家の中から人が出てくる気配。

内側のドアが開かれ鉄縄網のドアごしに顔が覗いたと思うやいなや、今度は大きな犬が3匹、

内側の鉄条網のドアにジャンプして吠えまくった。

うおん、うおん、うおん・・・・

ひいいい!!

またも、クマ、直立不動で立ち上がり、後ろにばった~ん。

二度もするか!


大型犬3匹を家の中に押し込め、出てきたのは中国系の男だった。

ポリスがその男と話したところ、やはり、その老犬は、ここの家の犬だったことが判明した。


その中国系の男、何匹も犬を飼っていて、その老犬は大人しいので、いつ出ていったのかも知らなかったという。。。

なーんとなく胡散臭げで怪しげな男だったが、まあ、とりあえず一件落着。

老犬は無事、家に戻れたって話だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<<その夜、私の家にて>>

「その老犬さあ、ほんとに・・ボケ老人の徘徊と変らなかったんだぜ。 おまけに、超臭いの。。。あれ、加齢臭かもなあ。」

「犬も年をとると加齢臭になるのかなあ。それに最近はさあ、人間だけじゃなくってペットたちの寿命も延びたけど、ボケちゃったり、半身不随で寝たきりになっちゃったり、また、癌になるペットも多いんだよね~。 なんでだろうね?」

「ペット用のペットフードだって、保存料なんかケミカル物質がたっぷりだからなあ。それに水だって、おそらく水道水あげてる家が多いだろうからなあ。」

と、ホセが言う。

そうなのだ。

水道水、とくにアメリカは要注意。

水道水にはフッ素が混入されているのだ。

フッ素は脳の、松果体に蓄積され、アルツハイマーを引き起こす要因になる、という研究結果もある。

ディーン・バーク博士( Dr. Dean Burk )などは、その草分け的な存在で、
アメリカ国立がん研究所の所長を務めた人だったが、その後、生涯を通して水道水フッ素化への反対を主張し続けた人だ。

フッ素化は他のいかなる化学物質よりも早く、より多くの人の癌死の原因となるものだ。・・・・1970年代に、すでに彼はこういった主張をしていた。


その後、何度もさまざまな学者から論文が出されていて、
それを、超簡単に要約すると、どうやら、

フッ素が、松果体に入り、そこで石灰化がおこる。


ということで、

松果体の石灰化がおきると、癌だけでなく、アルツハイマーの大きな要因ともなっている・・と最近の研究ではさかんにいわれるようになった。

これは老人だけでなく、すでに子供のうちにも、だんだん石灰化してくるのだそうだ。


まだ、日本の水道水にはフッ素は入れられてないとは思うが、歯磨き粉は、ほとんどフッ素配合というのが多いんじゃないかなあ。
アメリカも同様で、フッ素入りの方が断然多い。
虫歯予防にはフッ素入りが良い・・・ということが通説となっているからね。

さて、果たして本当に虫歯予防にいいのだろうか?
そして、フッ素配合を使うことで松果体の石灰化の影響は、どうなのか?


何事も、ちゃんと自分で調べてみるのが一番!
そして自分で信じる道を決断するが一番!


とくに、お子さんをお持ちの方は調べてみた方がいいかも。


私が、ざっと、さまざまな論文を自分でわかる範囲でみた結果、どうも・・フッ素配合で虫歯予防するよりも、松果体の石灰化の方が怖いんじゃないか、という結論に達して、今では私はフッ素配合はみがきは使ってない。

(まあ、私くらいの年になったら、今さらフッ素配合であってもなくても、どーってことないかもしれないけど(笑)
それでも、不要なモノを混入されて、それをいいなりに使い続けるってことが、なーんかイヤなのだ。)


それで、今私が使ってる歯磨きはこれ
    ↓
article-1048309-025BD51000000578-244_468x639.jpg
fluorideというのは、フッ素のこと

たぶん、日本でも探せば、フッ素が入ってない歯磨き粉って売ってると思うよ。

もちろん、水道水は濾過機を通して使うし・・本当は、すべてクリスタルカイザー(ミネラルウォーターのブランド)にしたいところだけど、水代がかなりかかるんで、さすがに、すべてはしてないけどね。


さて、松果体というのは、昔から色々と言われているんだけど、現代の科学をもっても完全には解明されていないようだ。
松果体とは Wikiより

古くから哲学者は松果体には重要な機能があると考えていたようで、神秘なものとされていたとか。
現にデカルトは松果体の研究に費やし、そこを「魂のありか」と呼んだそうだ。

ヨガにおいても、そこに6番目か7番目のチャクラが存在するのでは?という説があったり、テレパシーをつかさどるのではないか・・とか、とにかく解明されてない分、色々な説がある。



現状では年々、アルツハイマーが増えていく。
だんだん若年層ですら、発症するとも聞いている。

20120416-1.jpg

世界の認知症有病数は現在、およそ3,560万人に上る。
2030年までに2倍の6,570万人、2050年までに3倍の1億1,540万に増えると予測されている。
認知症は世界中で増加しているが、半数以上(58%)は低・中所得国に集中しており、この割合は2050年までに70%以上に上昇するという。


世界の認知症発症数 2050年には1億人を突破 WHO報告書 より

半数以上(58%)は低・中所得国に集中ということは・・たぶん、「お金ないし~、そんなこと知ったことか!調べるのめんどくさいし~。」という意識の人たちなんだろうか?



今、アメリカでも、もちろん他の国でも、フッ素反対!の運動が起こっているところも多くなってきた。

noFluorideAprilBaer.jpg
こちらは、オレゴン州ポートランドのフッ素化合物反対運動の様子 ↑

ポートランド、ここらへんの住民は教養層が多く、リベラルな都市としても有名な場所だ。
いちはやくこういった運動が起きる。
そういえば、ここは住民によってヘンプ(大麻)解禁も行われたところだったなあ。

もっとも、教養層といっても・・・大学出だとか、ましてや貧富の差なんて関係ないんだけどね。・、
いかに、自分で物事を知ろうとするか、そして、判断することを人任せにしないってことが教養だと思ってるから。

それが、我が家の子供やお年寄り、そしてペットたちを守ることだと思うのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

きゅうに、臆病ワンコ、クマのことを思い出した。

「あ、ところで、クマはその後、大丈夫だった? 恐怖で2度も倒れちゃったんだから、ショックのあまり、様子がおかしくなかった?」

「いや、オフィスに戻ってゴハンあげたら、ぺろっと食べて、もっと出せ~!ってぴょんぴょん跳ねてたよ。
ゴハンを目の前にすると、アイツはどんなことでも忘れられるみたいだ。」

「そりゃあ、ある意味ストレスを溜めないってことだし・・すごいヤツだね。」

コメントの投稿

非公開コメント

歯磨き粉と水道水

私の住んでいた町の水道水にもフッ素が添加されていて、出来るだけ水はタンクで買っていましたがタンクで毎回水を買うのも大変ですし、皮膚からもフッ素は吸収されてしまうようなのでシャワー浴びても吸収してしまいます。全てを避けることは実際不可能でした。

でも出来るだけ少なくしようと歯磨き粉はオーガニックのものに変えました。その時、私が使用していたのは此方です。これは少し高いのですが味もすっきり感も結構良かったです。
http://www.vivawoman.net/2012/09/smiling-with-jason-powersmile-fluoride-free-toothpaste/

こちらもまあまあ良かったです。
http://greenbeaver.com/product/frosty-mint-toothpaste/

帰国してからはこれらの歯磨き粉を購入するのは難しくなったので、日本で購入できるフッ素フリーの物を探したのですが、日本人はあまり気にしていないのか商品のバリエーションが余りありませんでした。フッ素が入っていない物は他の添加物ラウリル硫酸Naが入っています。

シャボン玉石けん歯磨き粉は値段もそこそこでフッ素フリーです。ただフレバーやすっきり感は海外の物と比べると酷く乏しいです。只今使用中ですが。

そこで自分でホームメードで歯磨き粉を作って使用しています。http://www.diynatural.com/homemade-toothpaste/

塩を入れすぎて辛いのですがスッキリします。皆さんお試しを。

P.S. 結構幾つかの町を移動して暮らしたのですがフッ素が添加されている水道水を使用している町の人たちと、それが無い所の町の人では言い表すのは難しいのですが、雰囲気が違っていたと思います。添加されている町の方が人々が従順でおとなしい感じがしました。店のショーウインドーも柵が無く、バンダリズムも無い感じでした。他の町では破壊行為は結構見れました。本当かどうかわかりませんが元々、ナチスが収容所で人々をコントロールしやすくするために使用したとどこかで見たことがあります。出

Re: 歯磨き粉と水道水

マックスさん

情報をありがとうございます。

たしかにフッ素は皮膚からも吸収されるようだし、濾過した水では当然取ることではできないそうですね。
水は日々のシャワーでも使うものだし・・。

ところで、このオーガニックの歯磨き粉は良さそうですね~♪
以前、Whole Foods Marketというオーガニック専門スーパーで、オーガニック歯磨き粉を何度か購入したことがあります。
たしかに味も全然違ってたことを思い出しました。

それと、手作りっていいですね。
ベーキングソーダと塩とペパーミントなら簡単に手に入るし、今、家にヒマラヤのピンクソルトとペパーミントのエッセンシャルオイルもあるし・・。

さっそく試してみます~♪

そういえば・・以前、ある歯医者さんが、「歯磨き粉で磨くのはほとんど意味がないんだぞ!歯垢を取るために磨くんだかから何もなくてもいいし、つけるんだったら無添加の塩だ!」といってたことを思い出した。。。

フッ素入り水道水の地域と入って無いところでは、雰囲気が違うというのも興味深いことですね。
フッ素だけに限らないかもしれませんが、ケミカル物質を多く摂取し続けていると、大きく脳の機能にも関係し人々の行動にも表れるってことは確かなようですから。

さて、手作り歯磨き粉、さっそく試してみます。
楽しそう~♪

ありがとうございました。
Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"