言葉の乱れをDNAサイドからみると

きょう、NHKの大河ドラマ、「真田丸」というのを、初めて見た。
こちらアメリカでも、日本語放送を入れている人はTVで見ることもできるのだが・・・私は、もっぱらパソコンの無料動画サイト専門だ。

1回目と2回目を続けてみた感想
   ↓

なかなか、面白かった!!

●武田勝頼さんの存在がカッコ良かったこと。・・いつもだと、
信玄公の2代目として偉大な父と比べて見劣りする存在、長篠の戦いでも血気にはやって惨敗とか言われていて、いつもカッコよく描かれたことがない人・・・とくに信長サイドの物語が多いから無理はないんだけどね~。

●「心配するな!武田は大丈夫だ!」とみんなの前で断言する真田パパ、そのすぐ後、息子二人の前で、「武田はもうダメだな。」と、けろっと言う。 息子たち、ええ~! さっき言ったこととぜーんぜん違うじゃん!・・という顔をする。 こういったテンポの笑いの部分がいくつかあり。

●それぞれの武将の伏線がいっぱい・・

 ◆北条氏政さんが、ゴハン食べてるシーンだけ登場するんだけど、味噌汁?を2度かけて食べてる。
これは、有名な味噌汁2度がけ逸話からだろうなあ(笑)
詳しい意味は、こちらの下の方の逸話のコーナーに載ってます↓
北条氏政


 ◆石川数正さんは徳川の重心、家康さんが、武田家臣の裏切りによって武田滅亡に追い込んだという報告を聞いて、うちは大丈夫かなあ?と心配すると、「徳川にはそんな裏切り者はおりません」と堂々と発言・・・だけど、言った本人が後々裏切ることになるという歴史上の有名な話。

 ◆本多正信さんは、いつも鷹の面倒をみている・・もともとは身分の低い鷹匠だった人、一度出奔して出戻ってから家康さんに参謀として重く用いられるようになった人。

こういった伏線となる部分が、短いシーンにさりげなく入れられていて、面白いなあ!って感想だった。
まさに、これが・・三谷幸喜さんらしい持ち味なんでしょうかね~。

ただ、もうひとつ思ったこと・・セリフがほとんど現代語!

それと、真田一家が苦難の旅の最中に最大のピンチに見舞われたとき、駆けつけてきたパパ、真田昌幸に奥さんが抱きつくシーン・・・・たしかに、これは戦国の武将の奥方は絶対しないような行為。

つまり、かなり現代風にアレンジされてるってことなんだけど・・・それでも違和感がなくって面白かった!
きっと、それは・・脚本も演技も良かったということじゃないかな。

なので・・このドラマ、もうちょっと続けてみてみようかな、というのが私の感想。



sanada.jpg


言葉・・たしかに忠実に再現するとしたら、能や狂言になっちゃうだろうし、それじゃあ、ほとんどの人が理解できなくなっちゃうわけで、それじゃあ、ドラマの意味がなくなっちゃう。
時代劇であっても、当然、そこらへんはアレンジするのは必須かも。

ただし、だからといって時代劇をすべて現代人の感覚で置き換えてしまったとしたら、それは時代劇とは呼べなくなってしまうので、そこらへんのところは難しいところだし、また、そこが脚本家の腕の見せどころかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・

言葉ってなんだろう?

最近は、ネット言葉だとか、若者言葉だとか氾濫してるし、日本語の乱れなんてことも言われてる。

あ、そんなことは、今に限ったことじゃないなあ(笑)

私が小学生の頃でさえ、「最近はら抜き言葉が多くて、日本語が乱れてる!」と言われてた時代。
「これ、食べれる?」 「あの映画、観れる?」  てな具合に。

言葉なんて、どんどん変わってくものだよね~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前、たまたまNHKの番組だったと思うんだけど・・かなりなお年の、元アナウンサーとかいう女性がゲストに呼ばれていて、

「最近の若いアナウンサーは言葉の使い方がなってません! 一般的に言葉が乱れてます!
昔は・・・で、こうゆうときは、・・・・・と言ったものです。
それと、人を誉めるときは、たとえば、お洋服を上手に誉めてあげても、必ずその方に対しても良くお似合いですよ!と付け加えることなんです。」

なーんてことを、偉そうに、上から目線で言ってた。 (←私にはそう見えた。)

それを聞いてる人も、ははあ、なーるほど、おっしゃるとおりで・・と頷いて、まさに、ゆる~いカンジで場を合わせてるだけ!って番組だった。(←完全に私の独断と偏見)

その元アナウンサーのおばさんが、どうゆう人かは知らないんだけど・・・少なくとも、私は嫌だ!と思った(笑)

そんなおばさんに、「お召しになってらっしゃるお洋服、とても良くお似合いですわよ。」なんて言われるより、
「おーー、カッコいい!」
「すてき~」
「わお!いけてる!」
・・・と言われた方が、嬉しい気がする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それと・・・

たまたま、産経ニュースで、こんな記事を目にしたんだけど、

安倍首相、民主党は「天にブーメランを投げているようなもの」 衆院本会議の答弁で

boou.jpg


この、ブーメランという言葉は、日本では最近、よく使われる言葉なのかな?(←アメリカ生活の長い私には、日本の最近の言葉がわからなくなりつつらしい。)

実は、まだ日本から来たばっかりという女の子にこんなテキストメッセージをもらったことがある。

毎日遅くまでバイトで働いてそれから勉強してる彼女に、「遅くまで働いて勉強して、それじゃあ睡眠不足でしょ!体に気をつけるんだよ」という私のメッセージに返してきたのが、
「その言葉、ブーメランだよん。」
のひとこと。

なんか、がーーん!と、嬉しい気分になった。

私もまた、遅くまで働いて家であれこれやって睡眠不足の生活をしてたときだったんで、それを心配してくれたんだな!と。

きっと、「ご心配ありがとうございます。しかし、あなた様もまたお仕事や・・でお疲れのご様子・・・」などと返されるよりも、すぽんと、「その言葉、ブーメランだよん。」が、私の心の底に響いたのだ。

短くてすぽんとはまる言葉、そして心ある言葉。



うーーん、安部首相のブーメランは・・それってなんか違わないかい?


boom1.jpg



そもそも言葉には、正しいとか間違いというものは存在しないと思うのだ。
真か偽かで判断する数学の世界であれば、正しいか間違いは存在するけど、言葉はまったく違う世界のものだ。

常に変化し続けている。

古い言葉が正しいとは言えないのだ。 

たとえば、万葉の時代は、東はひんがしと発音したそうで、そのもっと前は、「ひむがし」だったとも。
もともとは、東が太陽の昇る方向であったことから「日向かし」と呼ばれていたのが、だんだん呼びやすい方に変化していったのではないか!って話だ。

hinngasi.jpg


たしかに、ひむかしよりひんがしの方が言いやすい。
食べられるより、食べれるが言いやすいのと同じかも。


また、この時の「む」という発音は、現在の「む=mu」とも違う発音で、どちらかというと「ん」に近く、ローマ字表記するならば「m」だったそうだ。

そもそも、昔の「ん」には、「む」に近い「m」と、完全に「ん」の「n」の2種類の発音があったそうだし、

室町時代では、現在の「は・ひ・ふ・へ・ほ」が「HA・HI・HU・HE・HO」ではなくって、「FA・FI・FU・FE・FO」っぽい発音だったようだ。

さらに、都が西の京から、東の江戸に変ったことで、西と東では方言的な違いもある。

保健所を、東では「ほけんじょ」と発音するが、西では「ほけんしょ」と濁音がつかないのがフツウだとか・・
名字にしても、「山崎さん」を東では、やまざきさんと発音するが、西の出身の山崎さんは、やまさきさんと発音するという話も聞いたことがある。

さらに、ネット社会の現代では、どんどん新しい言葉が作られるのも当然の成り行きだと思うのだ。

どれが正しいか!というよりも、

いかに気持ちが伝わるか? 
自分の心からの思いをいかに言葉にして伝えられるか?

ということだろう。

さらに現代は、ネット言葉として短く早くわかりやすくというのも加味されてるのかも。


ただし、それにはもちろん、発信者と受信者の問題もある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前、私がアメリカのお店でバイトをしていたとき、当たりくじの抽選を手伝ったことがあった。

ある日本人の年配の男性が、そのくじを当てたとき、

私も大喜びして、「わあ!やった~! すっごい!」と、そのおじさんに言ったら・・・あとで、失礼な言い方をする人だ!と店長にクレームしたそうだ。

私、何がいけなかったんだろう?

タメ口?
相手は、お客様だった・・つまり、敬語を使わなきゃいけなかったってことかな?

ところが、同じシチュエーションで、同じことを言っても、アメリカ人のお客さんだと喜んでくれて、大いに盛り上がることの方が多い。(←おそらく、知らず知らずアメリカナイズされてる・・?)

つまり、発信者がいくら心にネガティブな感情を秘めてなかったとしても、受信側がそれを不快に感じることもあるということだ。

だからこそ、少なくとも公の場では、一般的に正しいとされる常識的な言葉を使いなさい、ということかもしれない。

「その言葉、ブーメラン」をやめて、「ありがとうございます、私もまた・・で、お言葉を返させて頂きます。」 とか、
「すっごい!」をやめて、「よくお似合いになっていらっしゃいます。」とか。

たしかに無難だ。
それで、怒る人はいないだろうけど・・あまり、嬉しいと思う人もいないかもしれない。

ん?

でも・・それでも、やっぱり、私は私の言葉を使おうと思う。
私が私でなくなってしまうのは嫌だからなあ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

心理学者ヴィゴツキーの「思考と言語」(1934年)、という古い本だけど、

言語は深くDNAと結びついているという。

なぜ、幼子は文法も知らずに、言葉を覚えてしまうのか?
そして、言葉を使って考えることをはじめ、それを相手に伝えようとする、言葉は思考と伝達の手段だと言う。

その現実をそのコトバで一般化して呼ぶ思考活動であるというのだ。
言葉を使うたびに、我々はその言葉が対象を指し示すのに正しいかどうかを確認している。

たとえば、たんぽぽという言葉を覚えてそれを使ったとき、黄色い野に咲く花を思い浮かべ認識し、相手もまた、同じものを思い浮かべて認識することで、はじめて伝わるということになる。

dandelion.jpg

単純にモノの認識だけでなく、発信者の花に対する思い、その愛らしい花、香りまでも伝えて、受信者は、それをその愛らしさと香りの情感さえも受け取ることができる。

まさに、発信者と受信者を結ぶものだ。 どちらかがミスってしまえば伝わらないということにもなるが・・・。

そして、それは2歳ごろから自然にできるようになっていく。
さらに、コトバの意味は、経験を重ね成長を続ける自己の内部で変化し発達していくそうだ。

なぜ、できる?

それは我々の言語がDNAの文法を真似しているから。
言語の文法は、DNAの遺伝子情報と同じ文法に準拠しているからこそ、
体や心は何も考えずにそれを使いこなせるということではないだろうか。


まあ、ここで、DNA塩基、アミノ酸、ポリペプチドとだんだん長くなっていく遺伝情報がタンパク質で三次元化するとか、
塩基はプリン塩基であるアデニン(A)とグアニン(G)、ピリミジン塩基であるシトシン(C)とチミン(T)の四種類あって・・とか、それがどうして、文法と同じなのかという説明は、ここで省くことにする。 ますます長くなるだけで、私自身も専門的なことがよくわからない部分もあるんで・・。


すでに、こんな時代から、分子生物学でも、こんな研究がされていたということだ。



そして近年、さらに研究は進み、
DNA は「言語と同じもの」であり、「言葉が体に直接響く」ものということもわかっているらしい。

https://quantumpranx.wordpress.com/dna-can-be-influenced-and-reprogrammed-by-words-and-frequencies/

DNA は言葉と振動の影響で頻繁に再プログラムされているものであり、
たとえば、X線で損傷を受けた染色体を修復させることが可能であることも証明しているようだ。

言葉と振動・・それによって、壊れたDNAを修復することさえもできる。
つまり、我々の健康にも、大きくかかわってくるものと言える。

そういえば、DNA修復のための周波数と現代の音楽にも、周波数とDNAの関係について書いたこともあったことを思い出した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何気なく使ってる言葉・・・これ、大切なんだね~。

DNAサイドからみれば、日本語の乱れや正しい言葉使いを気にするよりも、心のこもった言葉、人を感動させる言葉の方が、ずーーーと大切だってことになる。

発信する側も受信側も、たまには間違うこともあるだろうけど、そうやって学びながら常に変化していくのが言葉だ。
自らの思考と伝達方法のために。

やっぱりアリだな!

時代劇が現代語になることも、私がやった~!と年配の人に言うことも。(←おい、おい!)

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"