アイスランドのズーイズムそしてシュメール文明

アイスランドでは、国民の人口の1%にあたる3100人が、ズーイズムという宗教に改宗したのだそうだ。
それも数週間のうちに、バタバタと改宗してしまったという。

iceland2.jpg


ズーイズム??
Zuism

聞いたことないなあ。


実はこれって、古代シュメール文明まで遡る宗教らしい。
つまり、古代宗教ということになる。

シュメールといえば、古代メソポタミア文明のおおもととなったものだ。
さまざまな技術を持ったシュメール人たちが、各地に散らばってそれぞれの文化を築いていったのがメソポタミア文明
たとえば、ワインやビールだって、メソポタミアでシュメール人により作られた後、各地に広まったのだそうだ。


http://matome.naver.jp/odai/2133443625964048301から抜粋↓

紀元前3800年頃、どこからかシュメール人と呼ばれる民族がやって来ると、信じられない大変化が起こった。
文明の一大ブレークとも言うべき現象が起きたのである。メソポタミアの地は、わずかの間に、前例のない大繁栄を記録した。
そして、空前とも言える政治権力が打ち立てられたのである。
それは、美術、建築、宗教は言うに及ばず、社会機構、日常の細かな慣習から楔形文字の発明に至るまで、それらは、すべて、彼らシュメール人の成せる画期的偉業であった。
世界最初と言われる船や車輪つき戦車なども、この頃、シュメール人によってつくられたのである。
この後も、彼らは、エリドゥ、ウル、ウルク、ラガシュと言った高度な都市国家を次々とつくり上げていった。
それらは、都市としては世界最古のもので、今日、我々は、この文明をメソポタミア文明と呼んでいる。



メソポタミア文明が世界最古の文明で、それがシュメール人に伝えられたというならば、人類すべての文明の元を築いたのは、シュメール人と言えそうだ。

しかし、シュメール人は民族系統がまったく不明。
どこから来たのかわからない。
実にミステリアスな人々らしい。

彼らは自らを「混ざり合わされた者」と呼び、自分たちは「アヌンナキ」という神々の集団によって作られたと信じていたそうです。
また、「アヌンナキは金を採掘するために他の星から地球へとやってきた」と信じていたともいわれており、シュメール人の古代神話を「アヌンナキは金を採掘する労働者を求めていたので、遺伝子操作によってシュメール人を作り出した」と解釈する「古代宇宙飛行士説」支持者もいるとのこと。



sumerian-gods.jpg
シュメールの神々たち↑(みんな肩幅が張っていて目が大きくて特徴が似てるね)

まあ、ここで、宇宙人説が浮上してくるんだけど・・
この話は、また別の機会にするとして・・。

serpent-gods-9.jpg
この神様、なんだか、爬虫類系宇宙人ぽいかも↑(やっぱ肩幅が張ってるけど)

シュメールの有名な神といえば、

Enlil(エンリル)・・シュメール統治にあずかる最高神
Enki,(エンキ)・・世界の創造者であり、知識および魔法を司る神
Ninhursag(ニンフルサグ)・・大地の女神
Nanna(ナンナ)・・シュメール人の都市ウルの主神、月の満ち欠け、暦の神
Utu,(ウツ)・・太陽の神、火
Inanna(イナンナ)・・シュメール神話の金星の女神、後のアフロディーテ、ビーナスとされる。


こんなところが、有名な神様(一説によれば、これこそが宇宙から飛来して人間に知恵を授けた人々ってことになる。)


で、今回のアイスランドの宗教の件に戻ると、
ズーイズムの神とは、怪鳥ズーのことだそうだ。
   ↓

メソポタミア、シュメール文明の、獅子の頭を持つ嵐を呼ぶ怪鳥。アンズー、またはズーとも言う。
人間よりひときわ大きく、高い山や木に好んで巣を作る。
アンズーは元々神殿などを守護していた霊鳥であった。しかし神々の王になりたいという欲望から、シュメールの大地と大気を司る主神エンリルより『トゥプシマティ』という書版を奪い、そのまま王権を確立させようとした。
この粘土版には天の法が記されてあり、これを手にした者は万物を支配する呪文を唱えることができ、真の世界の支配者となるのだ。
アンズーを恐れた他の神々は、ニンギルスという狩猟と戦争の神に運命を託した。
苦戦したニンギルスだが、四方からの風の攻撃によってアンズーは翼を折られ、地に落ちたところで捕まってしまう。
アンズーは『トゥプシマティ』を奪い取られたあげく、そのままニンギルスの神殿の守護獣にさせられたのだった。
http://xn--ehqs60c2gs6ptzjh.jp/akuma_jiten/page027.html



sumerian (1)

え?
なんか、怪鳥ズーって・・なーんとなく悪いヤツっぽくない?


なんで、そんなものを信心する??

そもそも、こういった古代宗教の信者というのは、少なからず、古代文明や自然崇拝者とか、呪術や神話志向者や歴史ファンタジー愛好家なんかが多そうな気がする。

ところが、どうも、アイスランドのズーイズムは、これとはまったく違うようだ。

どうやら、宗教税に反対するためにズーイズムを選んだということらしい。

宗教税を取る国というのは他にもあり、オーストリア、スイス、スウェーデン、デンマーク、ドイツ、フィンランドなども宗教税(教会税)が徴収されているらしい。

アイスランドの場合、各自がまず所属宗教を届けなければならないそうだ。
そして、他の税金と共に宗教税を納め、国は税金の中からその宗教への補助金が支払われるシステムになっている。

一人当たり73ユーロ、ドルで80ドルというから、日本円では1万円位の計算になる。

iceland.jpg


アイスランドでは、ルター派のプロテスタント(国教会のアイスランド福音ルーテル教会)が多いらしいが、他にも40宗教がリストに載っていて、そこから16歳以上の人は、自ら選んで申告するシステムだそうだ。 
その中でもズーイズムは、あまりにもマイナーなんで削除されるって話もあったくらい。

そりゃそうだ。。。聞いたことなかったもんね。

で、もしも無宗教の場合は国に払うことになるそうだ。

どうも、こうゆう、無宗教の人は認められないみたいだね↓
tumblr_nz1ntyh8sq1t111x1o1_500.jpg


ズーイズムは、もちろん教会制度もなければヒエラルキーもないし教会活動すらない。
そこで、ズーイズムの代表者(いちおう、代表者ってのがいるらしいが・・。)は、教会活動がないので受け取った金を払い戻すと言っているそうだ。(まあ、なんと生真面目な・・・。)

なるほど!
たしかに・・税金逃れをするには、ズーイズムはいいかも。
しかし、彼らは宗教の登録制度と税金の廃止を目的としているという話だ。

そうなると、税金逃れというよりも、宗教税システムに対する抗議パフォーマンスと見た方がよさそうだね。

その一方では、教会活動すらしていないようなズーイズムなんて宗教は、偽宗教だと言う人たちもいるらしい。

じゃあ、宗教って何なの?ってことになる。

教会活動をして信者を集めてお布施を増やすことが教会のありかたであり、それが宗教だとすると・・それって、なんだか宗教っていうより、ビジネスに近いような気がしちゃうのだが・・。 ま、いいか~!i今さら、ここでそんなことを言っても仕方ないもんね。

日本だって宗教法人は非課税だし(坊主丸儲けなーんて言葉も昔からあるくらいだしね~)、もちろん、アメリカも同様だ。
その一方で、中小企業の経営者たちは高い税金を支払うのに必死だ。
アメリカで起業したものの、売上に応じて払う税金は、かなり莫大なものだ。

それが、宗教法人となれば免除されるってのは、本当にすごいことだ!
(こちらで、アカウンティングの仕事をしていたせいで、私も身にしみてわかる。。。)

なぜだか、宗教というだけで、これほどの恩恵を受けているということになる。

もちろん、つつましい生活をしている宗教家だっているだろうけど、儲ける気になればがっぽりと儲けられるシステムになっているのは確かなことだと思う。

たしかに・・ここらで宗教のあり方を見直す必要があるかも。
もちろん、宗教税というシステムも!(日本の場合は、宗教法人だけどね。)


そこで、アイスランドで白羽の矢が立ったのが、超マイナー宗教のズーイズム・・ということだったようだ。


それが、なんと、偶然にも・・人類の文明発祥といわれるシュメールに結びついてるってのが、ひどく面白い。

古代文明発祥の地、シュメールはここにあったらしい。
      ↓ まさにペルシャ湾の北、紀元前3000年頃から都市国家が誕生し1900¥年頃には滅亡してしまうようだが・・。
sumer_akkad.jpg

そして、現代の地図でみると
Arabian_Sea_map.png

まさにペルシャ湾岸、イラクを中心にイラン、そしてアフガニスタンやサウジアラビアの北の方
さらに、現在のシリア地域あたりにまでシュメール人は住んでいたらしい。


もう少しズームアウトした地図を載せると↓
siria-map.jpg

まさに、現在ではアメリカには目の敵にされて戦争の絶えない国々ばかりだ。
シリアは、赤マルで囲った場所、まさに、ここもシュメールの地だったはずだ。。。

遠い昔、紀元前3000年前、ここには世界一の文明があった場所、文明が発祥した場所
そして、今、一番悲惨な場所ともいえる。

なんの因縁か~。
まるで、人類は自分で自分の首を絞めてるような気がしてくる。滅亡へ向かって・・一つの文明をまるで終わらせているような・・ 

紀元前3000年なんてのをみていると、キリストなんてまだまだ新しい歴史って気がしてくる。
キリスト教が誕生して、たったの2000年あまりだもん。
それ以前には、少なくとも、さらに3000年の月日があったということだ。

な~にが、宗教税だ! なーにがルター派だ!って気がしてくる(笑)

参考↓
Icelanders are rekindling an ancient religion to avoid paying taxes

Icelanders flocking to the Zuist religion

What Is Zuism? Icelanders Convert To Religion Worshiping Sumerian Gods To Get Tax Rebate

Ancient Origins

http://www.wildsidz.com/beth/index.php?screen=gilgamesh

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"