モノを持つということ、そしてムヒカ大統領のインタビュー

あと2週間で、携帯電話の契約が切れるというときになって、いきなりWifiがまったく繋がらない、Wifiを感知しない・・という現象が起きた。

そこで、不要と思われるアプリをアンインストールしたり、もともとのプレインストールされてるアプリまで消してみたり、Wifi リペアーなるものを使ってみたりしたんだけど・・・どうやってもダメらしい。
おそらくデバイスが壊れた? のかもしれない。

契約は2年ずつだし、もちろんそのときになれば、新しい機種に買い替えてまた新たに2年契約をすればいいことなんだけどね~。

私はそうやって、今までもずーーと携帯(正確にいえば、スマホ)を使い続けてきた。。。

「ねえ、最新の機種だと、今、定価でいくらするの?」

と、ホセに聞いた。

「ちょっと待って・・・えーーと、、、」と、彼は、片手でスマホをいじりながら答える。

「定価ね・・・たとえば、iPhone 6S 64GBモデルだと、ここでは、749ドルって出てるなあ。」

749ドル~!!
日本円に換算すると・・・・今、1ドルが120円だとして、120円 x 749 
= 89880円
iphone-7.jpg

↑ちなみにこれは、iphone-7、まだ販売されてないけどね。



たしかに、2年間の新契約を結べば、これよりも安い価格で買えるだろうし、もっと古い機種であれば、かなり安いか、または無料なんてものもある。
だが、なぜか、消費税は定価に対する金額を支払わなければならないのだ。

とすると・・結局、どんなに安いもので妥協したところで、200ドル程度はかかるという計算になる。

そして、なぜか、だいたい2年くらいたつと、必ず不具合が生じるのだ。


まあ、長持ちしないってのは、スマホに限ったことではないだろうが・・・。

そうやって、どんどん消費、購入させるシステムが作られてるってのは、今さら言うまでもないんだけどね。。。

そんなことは、よくわかってる。。。

しかし、現状では、

スマホが無ければ、仕事にも社会生活にも支障をきたす。

周囲のみんなが持ってる。

新しい機種がでれば欲しくなる。


私も、今までそうやって、ずーーと2年ごとにアップグレードして買い替えてきたのだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ずっと以前だったけど、これは、アメリカに住んでる、12歳の娘を持つお母さんの話だ。
お嬢さんが、あるTVゲームを欲しがっていたそうだが、それはかなり高額なものだったので、NOと言ったそうだ。

しかし、
「どうして? 私だけダメなの? クラス中のほとんど持ってるんだよ。持ってない子は、みんなの話題にもついていけないし、つまはじきにされちゃう! なんで、私がそんな寂しい思いをしなきゃいけないの!」

と、彼女に言われ・・・そして調べてみると、たしかに、ほとんどのクラスの子供たちが持っていたそうだ。

で、結局、かなり高額なものだったにも関わらず、買ってあげた。

という話を思い出した。


そのときは、ばかばかしいとは思ったものの、

こうやって、私が2年ごとにケイタイを買い替えてることも大差ない気がしてくる(笑)


そうやって、大人も子供も、どんどん消費させられて、企業を潤わせ、一部の富裕層を作りだすことに貢献していくんだよなあ(笑)

で、多くの庶民たちは、

そういったものを買うために働かざるを得ない。

家のローン、車のローン、子供には少しでもよい教育をするため良い進学校へ! 
さらに数々の商品、などなど。


それが幸せになることだと信じて、

ずーーと働き、気がつけば老人になっていく(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

そういえば、ウルグアイのムヒカ大統領が、日本のTVインタビューに答えている動画があった。
今年の3月だったかにリタイアしてるので、元大統領と呼ぶべきか。





2012年の私のブログ記事にも、ムヒカ大統領のことはアップしている。
  ↓ 過去記事
ムヒカ大統領のスピーチ



おそらく、この動画をみるまでもなく、そのことに気がついてる人たちは多いと思う。

私もそうだ。

しかし・・・私はそれに対して、どういったアクションを起こしたんだろう?

義を見てせざるは勇無きなり

そんな言葉が脳裏をよぎる。。。

・・・・・・・・・・・・・・・

「ねえ、もうじきケイタイの契約期間が終わるよね~。
ホセのケイタイも調子悪くなってきてるし・・どうするの? 」

「今さら無理して高い最新機種を買うつもりはないね。 もっとも、そんなお金も無いけど・・。
毎年、新しいものを追いかけたところでキリがないよ。 
でも、仕事上ケイタイを持たないわけにはいかないからね(笑)」

「そりゃそうだけど・・・それでもさあ、2年くらいで壊れるし、そこで一番安いケイタイに変えたとしても200ドルはかかるってことだよね~。
それを考えると、私たちの生活ってなんなんだろう?」

「うん、じゃあ、ケイタイを必要としない生活を心がけることだよ。
どうせ、電気なんて・・災害が起こったりしたら、使えなくなっちゃうんだからさ。」

「じゃあ、そんなときは、ホセにどうやって連絡をとればいいのかなあ?」

「テレパティック能力を鍛えておけ!

telepatic.jpg
↑映画、美しき緑の星から

僕は、ニャンコセンセ(ウチの耳の聞こえないネコ)とテレパシー会話ができるようになってから、他の犬・ネコたちとも、テレパシー会話ができるようになってきたぞ。」(←かなり自慢げ)

「そ、そりゃあ~、キミは、もともとサイキックなんだから、出来るだろうけどさあ

「誰だって、鍛えればできることだよ! 
とにかく、物は最低限にして、何があっても、モノに依存しないことさ。」


たしかに、その心構えだけでも、違うだろう。。。

もういちど、よく考えてみよう。
私のするべきことを!

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"