魔除け厄除け防御の石を持つこと

天然石のブレスレットなんかを作っていて最近、つくづく思うことがある。

天然石、つまり、スピリチュアル的にいえばパワーストーンのことであり、念願成就のためのパワーストーンなんてのを自分のサイトにも書いてるわけだし、せっせと人に合わせてイメージして、その人の願いごとに合わせて作ってるわけなんだけど・・・

tigereye.jpg


本当に、願いごとなんて叶うもんかね?

おいおい!
今さら、そんなことを言い出してどーするんだ!


いやいや、これは決して天然石のパワーを疑ってるって話じゃなくって・・、問題は願いをかなえるためには何が肝心なのか!ってことなのだ。

まず一番大事なこと、そして一番最初にしなければならないことは、ネガティブなものを消すことじゃないだろうか?
ネガティブなものがある以上、願いごとなんて叶うわけはないのだ。


今さらながら、あらためてそんなことを思ってしまう。

たとえば、充実した仕事をしたい、生きがいをみつけたい、恋愛を成就させたい、金持ちになりたい・・なーんて、望みがあったとする。
その望みをかなえるためには、結局自分自身で何かに気づき、何かを変えようとしない限り成就しないものだ。

他力本願で願いが成就するなんてことはありえない。(←きっぱり断言できるもんね!)
いや、厳密にいえば無いことも無いのだが・・霊に繰られてたりするときはあり得ない話でもないのだが、そりゃまた別の話になるので、この場では触れないことにする。


人間てのは不思議なもんで・・よく神頼みをする。

hatumoude.jpg


受験に合格できますように!(←そんなの祈ってどーする。。。合格したけりゃ勉強すりゃいいだけだろ。)

良縁に恵まれますように!(←自分を磨いて自分で探せよ!)

家内安全、家族が仲良く暮らせますように!(←自分たち家族で話し合えよ!)

どれもこれも、みーんな自分の都合のいいことばっかりで、もしも、私が神様だったら、

いいかげんにしろ!
そんなもん、自分でなんとかしろ!


と、怒鳴りつけたくなるだろうなあ(笑) 

まあ、これって昔からの習慣みたいなもんで、一般人にとって神社仏閣というところは、なぜかこういった神頼みの場所という意識が強いようだ。

そのせいか、スピリチュアルを信じパワーストーン愛好家の人々でさえ、いまだにこういった意識でパワーストーンを買い求める人も多いらしい。

しかし、現状は・・・自分が願いを持った瞬間から、新たに何かに気づき、新たな道を歩もうとしない限り、ほとんど何も変わらないものだ。と、私は思うのだ。。。

そして、そのために一番大事なことは、まず、ネガティブを取り去ること。


怒り、嫉妬、不安、悩み癖、悲しみ、恐れ、ストレス、疲れ・・・これ、ぜーんぶ自分の中に生まれるネガティブなこと。

また、外部からも同様なネガティブな念を受けることだってある。
(自分の中にネガティブなものを持ってると外部からも受けやすくなる傾向があるらしいのだ。)

外部というのは、生きてる人間から怒り、嫉妬などを受けることもあるだろうし、死んでる人から(つまり幽霊たち)の霊障だってあるかもしれない。

これ、ぜーーんぶネガティブなこと。

このネガティブなことがいっぱいある状態では、希望へと導く石を持とうが、愛をはぐくむ石を持とうが、ちゃんと作動してくれないだろう。

これじゃあ、消化不良を起こしてる人が、いっぱい牛肉を食べてムキムキの筋肉をつけようとしてるのと一緒のことだ。
(なんか、ヘンな例えだけど・・。)

まずは、体も心も健康な状態、ニュートラルな状態に持っていくことが第一にするべきことなんだと思う。

と、すると・・・

パワーストーンの基本は、厄除け・厄祓い・魔除け・邪気除けなどなど、呼び方は色々だけど、
よーするに邪気を寄せ付けず、不運や災難から身を守るのが、一番の基本じゃないだろうか。


つまり、内外からのネガティブパワーを遠ざける、シャットアウトする、または、ネガティブパワーを封じ込めてしまう石ということだ。

本来のパワーストーンは、厄除けだったりお守りとして持つということからはじまっているようだ。

さらに、もっと古来からのパワーストーンを挙げるならば、数珠にいきつく。

41Omspx-i-L.jpg

数珠は、108つの煩悩から108個の珠で作られたものが基本だ。
もちろん、最近では宗派にもよって略式の珠数が少ないものが用いられるようにもなっているらしいが。

で、煩悩とは?
ひとことで言ってしまうと・・身心を乱し悩ませ智慧を妨げる心の働き(汚れ)を言うのだそうだ。

うん、まさに、ネガティブな念のことだね。
珠数を擦ることは、百八の煩悩をすり砕く意味があったのだそうだ。

そこで、今でも108つの数珠を使っている宗派というと、

曹洞宗・臨済宗
両方とも禅宗で、禅宗ではお念仏やお題目を唱えず、自己と向かい合う座禅を重んじている。
他の宗派のような作法や規定は存在しないかわりに、ただ、ひたする座禅をする。

zenmeditation.jpg


英語で、座禅は、zazen meditationと呼ばれ、ちゃーんとZEN寺もあります。
まさに無の境地を作り出すことで、ニュートラルな状態に持っていくことだね。

そして、密教系の宗派

天台宗

中国の天台大師を高祖とし、日本の伝教大師最澄を宗祖。
人はもちろん、動物、草や木でさえも成仏出来る、
「一切皆成(いっさいかいじょう)」を教えとする宗派。



真言宗

平安時代初期の僧、空海(弘法大師)を宗祖とする。
万物は大日如来を根本母体とし人もその例外ではない。
法神仏である大日如来と共に修行を積む事により、生身のままで仏となれる(即身成仏) と説く。



いずれにしても、まずは無の境地を作り、自分で何かを悟り(つまり気づき)を得ようとする人に、はじめて数珠を持つ意味が生まれるということだろう。


もちろん、どんな宗教にも属さない一般人だったとしても・・パワーストーンを有効に生かしたいと思うならば、

やはり、ネガティブを少しでも排除し、ニュートラルな精神状態に持っていき、さらに、自分をみつめることからはじめなければならない・・ということだ。


とくに現代人に一番必要なものは、

まずは、リラックスすること
ストレスを取り除くこと(魔除け・邪気除けも含めて)

それが一番必要な気がするのだ。

mala_lapis.jpg


必需品かもしれない。。。


そこから考えると、じゃあ、どんな天然石がいいのか?って話になるんだけど・・・

それは、もちろん、その人の状況、状態によっても違うので一概には言えないんだけど、一般的に魔除け、邪気除けといわれる石を挙ると、こんなものがある。

モリオン(黒水晶)
morion.jpg
名前のとおり、水晶の光を通さない真っ黒なヤツ。
邪気払いには、最強の石とされてるんだけど、ほとんど市場には出回らない幻の水晶なんて呼ばれるくらい希少な石なんで、よくわからないのだ。
ときどき、天然石モリオンなんて書かれて売られてるものもあるけど、一般的に手の届くような金額のものはほとんどが水晶に照射処理して黒くしたものだと思った方が無難。
とにかく、邪気払いもパワーはものすごく非常に癖が強いので、他のパワーストーンと組み合わせても他の石のエネルギーを吸い取られてしまうので、モリオンは単体で扱うべきものとも言われてるようだ。 癖が強いということは、もちろん合わない人も多い。
また、邪気払いといっても、石によってそれぞれ違い、中にはやさしく包み込んで浄化する石もあれば、近くきたものをシャットアウトしてガードする石もあるのだが、モリオンの場合は圧倒的な武力で鎮圧するような、まさに戦士のイメージのようだ。
いずれにしても、私は持ったことがないので、わからないんだけどね~。



スモーキークォーツ
smokey.jpg
これも水晶だけど、煙水晶とも呼ばれるグレーっぽい石。
特に破邪のパワーが強いと言われ、古代ローマやケルト民族の間では、悪魔祓いや厄除けのお守りとしてスモーキークォーツを使ったらしい。
また、大地と繋がるパワーを持つとされていて、不安定な心のバランスをとることにより、精神力を強めてネガティブな感情を緩和させる働きもある。



オブシディアン
golden.jpg
これはゴールデンオブシディアン↑

これは、火山活動により生成された天然ガラスで、大昔から矢じりにされたり、特にアステカでは、部族と共存していたようで、粉にして傷薬にも用いられていたとか。
もちろん、魔除け効果も強く、これも癖の強い石。 人の第6感に働きかけ人の想念を増幅する働きもあるようだ。
こっちはレインボーオブシディアン↓
rainbowob.jpg




スギライト
sugilite.jpg
紫っぽい石だけど、薄い色から濃い色まであり、黒っぽいものもある。
癒しの石、ヒーリングストーンとして有名だけど、とくに黒っぽいものは、強力に外部からのマイナスエネルギーを包み込んで浄化するようだ。



マラカイト
malakite.jpg
深いグリーンが落ち着きを感じさせてくれる癒しの石、安眠の石でありながら、悪い気を跳ね返すパワーも強い。
悪い人間を遠ざけ、悪い気を阻止してくれるパワーもあり。
とくに、うじうじと悩みがちな人には最適かも。



天眼石(ボツワナアゲート)
botuwana.jpg
アゲートというのは縞模様の石で特に目のように見える部分で、邪気を払うと伝えられている。
他にも、タイガーアイやキャッツアイ、ホークスアイなど、「眼」がつくパワーストーンは同様に魔除けの効果があるとされている。
「眼」には悪い気を跳ね返す力があり、同時に真実を見つめる洞察力に働きかけるのだそうだ。


シャーマナイト
syama.jpg
ネイティブアメリカンのある部族によって、邪気を払う石として使われてきた石。 とっても地味な石だが、他の石とは違った特徴を持っている。 持ち主の中に宿るダークな部分に自ら入り込み、浄化して消滅させる働きがある。
本来の石は、持ち主の意思・意識に同調して働き出すものなのに対し、ジャーマナイトは自身の意思を持っているかもような働きをするようだ。
これもまた癖を持つ石のひとつでもある。



ラピスラズリ
lapisbeads.jpg
深いブルーの色合いで、人気のある石であり、直感力や判断力、創造力など、内側のパワーや才能を開花させるとされる石であり、またお守りの石としてもパワーを発揮する、かなりオールマイティーな石。
しかしながら、なかなか癖の強い石で、合う、合わないもはっきり分かれる。
ときに、ラピスラズリは試練を与える石ともいわれて、あえてネガティブな出来事を運んできたりもするようだ。 
それをポジティブに乗り越えたものだけが持ち主としての加護を与えられるのかもしれない。



ラブラドライト
labra.jpg
グレーの地味な色合いの中にラブラドレッセンスの美しい輝きを見せる石。宇宙と繋ぐ石であり、創造力に働きかけるとしても有名だが、あらゆる邪気を優しく吸収して消滅させるという見事な働きもしてくれる。


いやあ~、まだまだいっぱいあるなあ。

その他にも、オニキス、ブラックスピネル、ブラックルチル、シルバールチル、ターコイズ、ガーネット、ダイヤモンドだってそうだし・・ああ、忘れちゃいけないのが、最大の浄化の石、クリスタルもあった。

それに、石だけじゃなくって、沈香、伽羅なんて香木も強力な魔除けになるし、黒檀、サンダルウッドもそうだった。。。
実際、数珠にはこういった香木が使われてることも多い。

まあ、ざっと魔除け石を見ると、黒系のものと癖がある石が多いことがわかる。

その中で、あまり癖がなく誰にでも合いそうなのは、マラカイト、天眼石などのアゲート系、それとラブラドライトってとこだろうか。

癖がある・・というのは、身に付けていると馴染まない感覚があったり違和感、頭痛、手のしびれを感じるなんてこともあるようだ。
ようするに持ち主の方向性と石のパワーが噛み合ってないってことなんだと思う。

パワーがそれほど強い石でないならば、多少合わなくたって違和感は感じないんだろうけどね~。
しかし、強いパワーの石、癖のある石というのは、持ち主と同調したときは大きなパワーを発揮してくれることも確かだ。


私は個人的には、癖のある石の方が好きで、なんだか暴れ馬に乗ってる気がしてくる(笑)

暴れ馬というのは得てして名馬が多いものだが、調教してもなかなか一筋縄ではいかないことが多いそうだ。
しかし、人と馬が一体となれたとき、それは素晴らしい走りを見せてくれるのだそうだ。(←おい!馬と一緒かよ!)

同じ魔除け、お守りの石と言われても、1つ1つのパワーの性質はそれぞれに違うし、持ち主によってもそれぞれ違うことだろう。

しかし、まずはネガティブを払いニュートラルな状態を呼び込み、一体となって素晴らしい走りを見せて欲しい。
あ、そうじゃないだろーが?


コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"