ユートピアの世界にするためには?(その1)

理想の世界ってどんな世界なんだろうね?

前回の記事、アンダルシアのマリナレダ村はユートピアか?をアップしてから、

つい、そんなことをずっと考えてる。。。


あの中でも、

その村を「共産主義者のユートピア」と呼ぶ者もいれば、「単なる共産主義のテーマパーク」と揶揄する者もいる。

とあったけど・・・たしかに、現在の資本主義、社会主義、共産主義傾向・・のどの国をみても、成功している国ってないように思えるよね。


じゃあ、まず、その前に理想の世界ってどういった世界だろう?

●誰もが食べることに困らず住むところがあって、日常が安心して生きられること。

●上下の差別、偏見もなく、誰もが自由に考え選択できること

まずは、基本的にはこの2つが一番大切なことだろうなあ。


じゃあ、政策としては、どんな政策がいいんだろう?

資本主義、社会主義、共産主義のいったいどの政策が一番いいんだろうか?・・・なーんてことを、私も知識不足の頭ながらも、一生懸命考えてみたこともあったけど、ここでまた、あらためて考えてみた。

UTOPIA.jpg


まずは、資本主義経済・・・私たちの世界は、ずっとこの路線だったわけだし。

資本主義経済ってのは、自由競争をその基本原理としているわけで、
現在の経済学じゃあ、健全な経済活動は自由競争によって成り立つ



と教えられてきたんだよねー。

でもねえ、現実を見れば・・貧富の格差や周期的な株価の暴落、

で、庶民は幸せになるどころか、ますます暮らし向きは大変になっていく。。。
日本もそうだけど・・年々アメリカの莫大な負債をかかえていく一方だからね~。


ところが、自由競争を基本原理とした資本主義経済社会なんだし、所得に差が出るのは当然だって考え方があるのも確かだ。

つまり、一生懸命学び働いた人が当然の権利として、それに見合った富を得るし、学ばない人や働かない人は貧乏であっても当然だってことだよね?

それならば、たしかに自業自得、本人次第ってことになるわけで・・それならば、私にも納得できる(笑)


でもね、現実を見ると、

貧しいまま見捨てられた人たちや、生まれながらスラムに生まれてしまった子供たちは、努力する場もなければ自分の能力を発揮する機会さえないわけで、

食べることにも事欠くようになれば、当然犯罪に走るしかなくなる。
で、犯罪が増えるってことになる。

そんなの昔からそうだけどね~。
最近は、もっと病んでる犯罪が増えて、ますますひどくなってる気がするのだ。


決して平等ではないのだ。


だからこそ、世の中金次第! と多くの人々が思うようになるのも・・・・まあ、当然の結果だろうねえ!



太平洋戦争後、せっかく経済成長を成し遂げた日本だって・・・ずうっと資本主義経済体制を維持した結果、
またもや、ここにきて、どんどん貧富の差は広がりつつあるわけだし、

その結果、今や社会や人間関係や人間そのものをも歪めてしまった。

病める社会になってしまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まあ、こんなことは、いまさら言うべき話でもないし・・多くの人が、すでにわかってることだと思う。

ただ、「多くの人」ってのは、多数を占める負け組と呼ばれる人たちが思ってるってことだ。(ここが問題だけどねー。)
rich.jpg

逆に一握りの勝ち組にとっては、そんなことは大した問題ではないはず。

だって、彼らはすでに十分恵まれてるわけだし、
おそらく、彼らは、自分や(または親や祖先)の努力の結果として得た富なんだから、恵まれて当然!て思ってるんじゃないかな。

勝ち組の大多数は、貧しい人ってのは、本人が馬鹿だったか怠惰な人間か、またはその両方だろう・・くらいにしか思っていないんだと思う。


でもねー、とっても大事なことを忘れてるんじゃないかな~。



それは全てのものは関係し合って存在しているということ

我々は一種の運命共同体として存在しているということ

たとえば、環境問題にしても・・・人間が見境なく資源を取りつくせば自然破壊が起こり、それは結果的に人類に影響してしまうし、

また、動植物にしても・・膨大な数の絶滅危惧種が出来ちゃったことも、目先の便利さを求める行為が原因したわけだもんね~。

一部の生物の一方的な繁栄をさせれば、絶滅種を招くってことだ。

世界はバランスで成り立っている。

これって人類社会だけを見ても同じなんじゃないかな。
一握りの人間が裕福で、大多数の人間が貧しいかぎりぎりの生活をしている限り、

全体として、社会は病んでいることになる。

その結果、全体の絶滅につながるような気がするのだ。

そう考えると、勝ち組だって、決して優越感に浸って安穏としていられないはずなんだけどね~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

格差ができれば、必ず数々の問題が生まれる温床になってしまうものだ。

たとえば、犯罪やテロリズムは貧困や心の傷から生まれるものなんじゃないだろうか?


そりゃあ、善悪で言えばテロも犯罪も悪に違いないだろうけど・・格差社会で差別された負け組たちの行き場を失った復讐という見方もできるし、
また、当然、こういった社会のひずみが招いてしまった結果、悪を生みだしてしまっている・・とも言えるんじゃないかな?


それは、国家間だって同じだと思う。
lie-by-lie-bush630.jpg

裕福な国は、富や権力、テクノロジーや軍事力を持っているのに、他方は貧困と食糧不足、失業者の増大と社会保障の欠如で喘いでいる。

こうした現実が人類社会を歪め、人間関係を歪め、個々の人格さえ歪めてしまってるってことだ。

そう考えると・・戦争が無くならないのも当然の結果なんだろうけどね~。


さらに、資本主義経済のもう一つの問題は、必ず周期的に株価の暴落が起こるということだ。

いくら有能な経済学者を集めて研究してさえ、未だにこれを回避する方法は見つけられないのが現状。

ノーベル経済学賞を受賞した学者たちが大手証券会社に雇われて、株価を予測し、売買に加わったりしても、
誰一人大暴落を予測できていないってのが現状のようだ。


資本主義経済をゆがめてしまった原因は、おそらく、投機!

投機といえば、つい、株か!と思いがちだけど・・不動産、通貨、債券などは当然のことながら、その他、さまざまな商品だって、今では対象になってるのだ。

穀物や貴金属、その他、絵画、盆栽、ペットに至るまで、数え上げればきりがないほどで、その時代時代の様々なものが投機の対象となってるのだ。

投機は完全に実体経済からは、遊離しちゃってる!

おまけに、今や

物を作り出すわけでもなく、サービスを提供するわけでもないんだもんね~。


ようするに、昼間から働かずに賭場に出入りしてる、ギャンブラーと同じ(笑)

onnatobakushi.jpg

しかも、今やそれはパソコン上で、完全にバーチャルな世界で莫大な富をゲットすることができるんだもんねー。

speculation.jpg


自ら何も生産することも無い人が、一夜にして億の金を稼いでしまうってことは、時間をかけて汗水流して生産してきた人のお金をごっそり持っていってしまうってことになる。

そりゃあ、どんな優秀な経済学者だって、見通しなんて立てられないはずだよねーー(笑)

資本主義自由経済を狂わせてしまうのは、おそらく、こういったことが大きな原因の一つだと思う。


むしろ、資本主義経済の社会においては、そりゃ、最大な犯罪じゃないか!って・・私は思ってしまうんだが~。
なんで、賭博がダメで投機ならOKなんだ??

しかし現状は、法律によれば、投機は賭博に属さない合法なもので、彼らは決して逮捕されないし、むしろ、そうやって大金を得てる成功者は、頭の良いエリートとされ、人々には賞賛の目で見られるようだ。

なんか、おかしくないか??

今や生産することやサービスを提供することで、お金を得るのでなく、お金がお金を生む時代になってしまったってことだよね。

それこそが、資本主義経済を狂わせてしまった原因だと思うんだけどね~。


まあ、現状は・・・

このようにして、貧富の格差を生み、勝ち組負け組の意識を作り出し、犯罪やテロを生みだし、どんどんネガティブパワーが満ちていき、病んだ社会は病んだ人々を作っていく。

残念ながら・・それが、現在に至った資本主義経済の実態のようだね~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

じゃあ、社会主義や共産主義なら、どーなんよ?

(長くなってきたんで、いったん切って、次にアップしますね~。)

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"