言霊のコーランから懐かしいピアノ曲へ

どういうわけか、出かける先々で風邪を引いている人が多い。 

オフィスでも買い物先のスーパーでもみんなゴホゴホと咳き込んでいて・・・私も風邪をもらってしまったんだろうか?

体調不良のため、せっかくの数少ない連休の2日とも、私はベッドでゴロゴロと過ごした。
もっとも私の体調不良は、今年に入ってからなんとなく続いている。 

やばいなあ。 そろそろどこか壊れてきたのか!

まあ、何はともあれ・・休養するに限る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そこでベッドでごろごろしながら、世界のニュースなんかを見てたのだが、相変わらず血なまぐさいニュースは多いし、ちっとも休まらん!

なんだか多くの先進国が、イスラム教及びイスラム文化を否定する雰囲気が満ち溢れているような気がするし、嫌なカンジが漂う昨今。

そもそも、過激派やテロリスト手段のISISやボコ・ハラムがイコール、イスラム教というイメージが強くなりすぎて、ネガティブイメージを植えつけられてるんじゃないか?

正しいイスラム教ってのは、違うんじゃないかい!


そういう私もよく理解してないので・・まずは、原点ともいえるコーランを調べてみた。(←こんなことしてたら、ちっとも休まらんけどなあ。。。)


そこで、いくつかわかったことはあったんだけど、まずは、一番のポイント・・本日はこれだけにしておこう。
   ↓

●コーランは、現在のサウジアラビアで生まれたムハンマドが7世紀に神(アッラー)の啓示を受け、神がかり状態で話した内容を書き留めたものだ。
コーランとは元来、声に出して読むものを意味する。



ムハンマドさんは、まるで日月神示の岡本天明さんのごとく、神様の啓示を受けて伝えられたものだったんですねえ。

過去記事でアップしたもの↓
日本の予言書:日月神示(前編)

日本の予言書:日月神示(後編)


イスラム教ってのは、まず、一夫多妻で女性蔑視というイメージが植えつけられてるようだけど、コーランには、こんな要素は全くないそうだ。

そして、まず第一のポイントは、声に出して読むもの、というのが大事なんだそうだ。
しかも、言語はアラビア語

他の言葉に翻訳してしまったり、黙読したり、または教義を勉強するだけではあまり意味がないそうで、あくまでもアラビア語のまま声に出すのがコーラン、なんだそうだ。

現にイスラム圏を訪れた人の中には、街路で流れるコーランの響きに魅了されてしまった人や、または、アラビア語の授業で教師が朗々と読み上げたコーランを聴いたことで、すっかりはまってしまった人もいると聞く。

コーランのコンテストなどもあるそうで、人によって声によっても違うだろうし、中には、ほとんどアーティストの領域に入るようなものも多くあるんじゃないかなあ。

参考のため、1つだけ貼り付けときます↓


アラビア語が皆無な私には内容はさっぱりだけど・・・これを聴いている限りは、過激派やテロリストの世界とはまったく無縁なものに感じるけどね。


声に出すこととは・・・言霊という意味もあるのかもしれない。

また、音というものは、独自の周波数を持っている。

そこで、DNA修復には、528hzなんてのを思い出した。

過去記事↓
DNA修復のための周波数と現代の音楽

実際に、優れたコーランが、何ヘルツの声で読まれるのかはわからないけど・・音読することで魂のレベル、または、DNAにも作用するものがあるのかもしれない。

実は、
コーランからみたイスラム教、キリスト教、仏教、そしてゾロアスター教、ミトラ教との関連性なんてのもあって・・・そこのとこを詳しく書きたいところだけど・・・やっぱ、本日は体調不良のため、それは次回に回すことにします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、

そこで、不調の私は、DNAを修復してくれるという528hzのリラクゼーション音楽でも聴きながら寝ようかと思ったのに、やっぱり途中で飽きてしまった。

せめて420hzは避けて、久々にのーんびり、クラシックを聴いてみるかあ。

そこでYoutubeでクラシックを聴いていたところ、懐かしいピアノ曲を発見!

ショパンのスケルツォの2番・・・・これは、私が音大時代の卒業コンサートで弾いた曲だったのだ。

それなりに有名な曲なんで、多くのピアニストの演奏がアップされている。


ところが、なんとなくピンとくるものが無いのだ。
私だったら、絶対、こんな演奏はしないと思うものばかり。(←実力レベルが違うだろーが!)


すると、突然、まさに、これだ!という演奏を発見してしまった!

私が、ン十年前に表現したかったすべてを、このピアニストは見事にやってくれている・・・なんだか、久々にタイムスリップしたような、忘れてたものを思い出したような感覚で・・ひどく感激してしまった。

実は、当時、自分が演奏会で弾く曲は、いっさい有名ピアニストの演奏はあえて聴かないようにしてたので、私は今頃聴いたってわけなんだよね。。。



さらに、当時の私が、ひどく好きだった曲、ショパンのバラードの1番なのだが・・、やはり同じピアニストの演奏を発見!

やっぱり、この人はすごい!
私のやりたかった演奏をパーフェクトにしてくれてる!(←自分がテクニック不足で、表現したいことができなかっただけ。)


なんだか、自分の分身を発見したような気分だ。(←相手は、すっごい迷惑だろーが。)


まあ、クラシックなんぞ、まったく興味が無いって人もいるでしょうが・・参考までに、二人のピアニストによるショパンのバラードの1番を貼り付けてみます。

同じ曲なのに、それぞれ、まったく違った演奏だよー。
私が、感激してしまったピアニストはどっちか・・わかりますかね?(笑)

その1


その2



正解は、その1です。

マルタ・アルゲリッチというピアニストで、私の学生時代から有名な人でした。
Wiki マルタ・アルゲリッチ

若い頃の写真で、ちょうどこの曲を録音した頃かな。↓
argerichi.jpg

ちなみに、その2はフジコヘミングさんの演奏です。

フシコヘミングさんは、近年、日本人にはすごく人気があるので、ぜひ、一度は聴いてみたいと思っていたので、いい機会なんで、動画にアップしてあったものを片っ端から聴いてみたんだけど・・・正直なところ、私的には、がっかり。。。(←ごめんなさい。)
このアップした曲は、かなりな出来だとは思うんですが・・。うーーん。


当たり前なことだけど人の好みは様々だし、同じ曲を表現するにしても、これだけ違うんですねえ。


別に、クラッシック音楽に限ったことじゃないけど、人は皆誰でも、アーティストの才能って持ってるんじゃないかなあ。
ふと、そんな事を思いました。

たとえば、数字にめちゃめちゃ強い人がいたり、手先がひどく器用で1センチ四方の折り紙で鶴を折る人がいたり・・そういうったことでさえ、アーティストの才能の片鱗じゃないかなあ。

そこから、魂や心の奥深くに潜む何かを表現したくなり、表現するためにテクニックをますます磨いていくことで、自分の表現したいものがみつるのかもしれない。


たしかに、技術を磨かなけりゃ自由に表現だってできないし、それって非常にストイックな作業でもあるわけだよね。


しかし、1つが完成したとき、それは必ず大きな満足感となり、また誰かを感動させるものになるんじゃないだろうか。
感動させるということは、人と繋がるというこでもある。


生活のためでもなくお金のためでもなく、誰でも1つは、そんなものを発見し持ち続けたいものだなあ。
そして、必ず誰にでも、それはあるはず。

それこそが自分の世界であり、自身の信仰にも似た魂の世界なのかもしれない。


なんだか、久々にゴロゴロしながら忘れてた古い曲を聴いて、そんなことを考えていた。

自分の原点を思い出したような気もしたなあ。

あ、だからと言って決して、私が明日からピアニストを目指す気はさらさら無いけどね。(笑)

ただ、今だったら自分が表現したいものが的確に見えた気がする。

そのうち、ピアノでも買おうかな。。。(←おいおい!)

人に聞かせるためじゃなくって(当たり前だ!)、自分の原点を再確認するために。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"