幽霊にも病気にも強くある方法

「なんだか、ずーーと肩が重いし頭痛がするし、病院にいってもなんとも無いって言われるけど、これって、霊障でしょうか?」

きのう、そんな事を言ってる人がいた。。。

さあ? 私には見えないし・・わかりませーん、と答えるしかない。


まあ、ちょっとした霊障なんて、よくあることでしょうからね~。
実は、私も、特大霊に憑かれたことのある経験者なもんで・(笑)←笑って、どーすんだよ!

どういったときに、霊障が起きやすいか?というと、

色々なケースはあるでしょうが・・・よくあるケースでは、ネガティブ状態がずーーと続いてるとき、体調不良で疲れてるとき、ヘンな場所に行っちゃったとき、など。

そもそも、霊なんて、そこら中にウヨウヨいるようだし、人混みの繁華街なんかにいけば、人間だけじゃなく、霊もわんさかいるようだ。

ぴゅんぴゅん飛んでたり、歩いてたり、しゃがんでたり・・まったく、うっとおしいたらありゃしない!
(見えないのに、なぜか、いるな~って気はする私)

そんなヤツらに構っちゃいられない。

最近は、幽霊よりも生きてる人間の方が、よーーぽど嫌な気を持ってて怖い人の方が多いので、なんだか幽霊たちについては、私は、ほとんど気にならなくなってしまった。

やっぱ、生きてる人間で、いや~な気を持ってる人の方が、ずーーと、気持ち悪くなることの方が多い。


さて、

そうゆうときは、どうするか?

幽霊がくっついてきたなあ、と思うとき、または、生きている人間で、イヤ~な人と接してしまったなあ、と思うとき、

その、どっちの場合でも、

私は、風呂に入る。

そして、とくに、首筋の後ろから肩を温めることにしている。

風呂に入らないときでも、シャワーだけの場合でも、やはり、首の後ろを熱めのシャワーで、いっぱい浴びるようにしている。

私の場合、シャワーは前より後ろから・・

心臓のある前よりも、後ろからの方が、熱いお湯でのぼせたり気持ち悪くなることもないからね~。

疲れてるとき、イヤな気がまとわり付いてたときなんかは、とくに、気持ちよく感じる。

あ~、癒されてる~、至福のとき!て、カンジです。



首ってのは、医学的にも大事な場所のようです。

風邪のときも、まずは、首を暖めること。 その他、さまざまな病気にも首を暖めることで快方に向かうこともあるようで、神経症やうつ病にも効果がある・・とも聞きます。


そうそう、風邪をひくと、私たちは、まず、風邪薬にたよりがちだけど・・・

あるドクターは、こんなことを教えてくれました。

「風邪薬は、風邪の症状を楽にさせるためのものなんだよ。熱が出たら、熱を下げるとか、咳を止めるとかね。
でもねえ、症状は一時的にラクになるけど、風邪薬を飲むと免疫力は低下するから、風邪が治るのに時間がかかることが多いんだ。
本当は、風邪薬は飲まずに、熱が出ても、体を暖かくして、とくに、首筋をうんと暖めて寝てるのが一番なんだ。
水をいっぱい飲むようにして、食欲があれば美味しいものをいっぱい食べて、何も考えずに寝ることだね。」


なのに、病院に行くと、ものすごーく薬をくれるんだよね。 とくに、最近はいっぱい薬をくれるようです。

とくに、日本はいっぱい薬をくれるんだとか~。

私の母などは、血圧の薬やら、血液さらさらの薬やら、便秘の薬まで、全部で9種類ももらってるそーです。。。
(母は自己判断で、よくなったら飲まないことにしてるんだそーですが・・)←だったら、貰ってくるなよ!

日本の場合は、病院では薬の売り上げは、重要な収入源だそうですから、仕方ないんでしょうかね。
(ちなみに、アメリカは薬屋と医者は、まったく別で、医者の処方箋を持って、薬屋に行って薬を買うだけなんで、いくら薬を出しても病院の収入にはならない。)


その話をしてくれたドクターは、自分は風邪をひいても、免疫力を下げる薬は飲まないんだそうだ。
薬を飲み続けると、どんどん免疫力がなくなるそうなんで・・。



風邪をひいたときは、首筋を暖める。
幽霊につかれたときも、悪い念を受けたときも首筋を暖める。


ネガティブな気というのは、病気も人(または幽霊)の発する気も同じ類のものかもしれませんね~。

両方とも、ですからね。。。



人混みの中に出かけて、風邪をもらっちゃったり、幽霊をもらっちゃったり、または、人の悪い念をもらっちゃう・・のには、くれぐれも気をつけましょう。

何かもらっちゃったかな~と思うときは、手を洗い、うがいをして、シャワーを浴びて首筋を暖めましょう。


そもそも、ふだんから、心身ともに健康で、免疫力もある状態ならば、ちょっとくらいの悪い気(幽霊も含めて)は、すぐに撃退できるはずなんですよね。 まあ、フツウは、ほうっておいても大丈夫な程度のものだと思います。


ただ、無理をしていて、心身ともに疲れてるときってのが、問題かもしれませんね。


私の周りのサイキックの人たちは、悪いものに入られないように、「常に気を高めている」って話です。
とくに、悪い場所に出かけなければならないときは、常に気を高めるんだそうです。

ホセも同じようなことを言ってましたが、健康だと強いオーラが出てるそうで、それがバリアにもなるんだとか。

下腹部(丹田のとこ)に自分の気を集中する。
頭の上に、金色の太陽をイメージする。


人によって、それぞれのようですが、ようするに、自分のパワーを上げて、こんなイメージを作るんだそーです。

bleach.jpg


イメージってのは、なかなか大切で、これって、ひょっとしたら、サイキックパワーの基本じゃないかなあ。


それでも、どんなサイキックパワーの持ち主であっても、疲れてるときは、病気になったり、霊障になったりしちゃうこともあるようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

数年前のこと。

私自身がすーーと不調だった時期があって、うつ病やら、それこそデッカイ霊に憑かれてたという時期があって・・そんな頃のことでした。

ある日、昼間、私の留守中に、ホセがやってきてウチに入ったとたん、すっごい大きな霊に憑かれてしまったことがありました。

ドアを開けて入るなり、

「ううう・・・辛いんだ~、俺は辛いんだ~!」

と、叫びながら、黒人の大男(もちろん幽霊さん)が、ずどーんと正面から、体当たり状態で、すぽっと入っちゃったんだそーです。

そこで、あら塩を入れた風呂につかり、じっくりと幽霊さんと話し、出て行ってもらうように説得していたが、なかなかしぶとい。
、「嫌だ~! 俺はどこも行くとこがないんだ~!」

と、大泣きされ、心臓をがしっと掴まれてしまった。

すると、胸に痛みを感じ、呼吸困難や吐き気、冷や汗・・・まるで、心筋梗塞の症状か?

「だめだ! 友達のところに言って、いっしょに説得してもらうことにする。」

と、彼は、フラフラ状態で、同じサイキックな友達のところに出かけていってしまいました。


翌日、すっかり顔色も良くなってやってきて、

「大変だったよ。二人がかりで話して、3時間はかかったかな~。
それにしても、心臓を掴まれたときは、死ぬかと思った。。。はっきり手が見えたもん。
もし、僕があのまま死んだとしても、急性心筋梗塞か心不全と診断されたのかもなあ。」

いやはや。 ご苦労なこってす。 まあ、無事でよかったけど。

二日徹夜続きで疲れていて、つい、油断したとのこと。


「だいたい、なんで、家にそんなヤツ、引き入れとくんだよ。」

「そんなこと言われても・・私、知らないし~。勝手に入ってきちゃったんじゃない?」

「いつまでもネガティブモードになってるアンタが悪い!さっさと治せ!」

「そーんなこと言われてもなあ。。。ヤツラはロックしてても入っちゃうからなあ。」

たしかに、この当時は、よくウチに進入されてました。


ひどいときは、狭い部屋に30体余りも入ってきてしまって、そうなると、まるで、黒い渦がごうごうとするようなカンジ。

あ、もちろん、私が見えてるわけじゃないんだけど、ホセがやってくるなり、

「うわあ、なんで、こんなにウヨウヨしてるんだ!
窓を開けて掃除しろ! ホワイトセージ炊け!」


と、大騒ぎの作業となったこともありました。

まあ、私は窓を開けて掃除をしただけで、ホセが気を高めて、バリアを作ったようでした。

・・・・・・・・・・・・

それにしても、しょっちゅう気を高めるってのは、疲れると思います。

また、サイキックの人たち、また、霊能者を職業としてる人たちなんかは、大変でしょうね~。
とくに、職業とされてる人たちは、常に、ネガティブなものにさらされる事の方が多いわけですから。

みなさん、それなりに、癒しの方法があるようですが、まずは、良く寝ること、と、言いますね。

悪い気に対抗するためには、心身ともに強くなっておく必要があるようです。


それと、自然の良いパワーをもらうことなんだそうです。

自然の草木、風、気持ちの良い空気、良い香り、心地よい音・・・・そういったものからは、逆にエネルギーをもらえるそうです。

自然治癒力も高まり、悪い病気にも、悪い幽霊さんにも、悪い人にも対抗できるようなパワーをもらえるんだそうですよ。


それには、また、そういったものを感じる力も、必要なんじゃないかな?



そういえば、サイキックの人たちは、すっごく敏感な人が多いような気がします。

たとえば、山に行くと、

「あ、ここは音が全くない。まるで、真空状態のように消えている。」

「ここは、空気の渦を感じる」

また、街中を歩いていても、

「あ、急に空気の流れが変わったね。」

「どこかで、沈丁花が咲き出したね。ここまで香りが流れてくる。」

などと、とても、鋭い!

とにかく、五感が鋭い。


たしかに、言われてみると、あ、そうだな!と感じることで、別に特別なことじゃないと思うんですが、

とかく、日常の中に、どっぷり漬かってると、

「きょうの午後の予定は、あそこに買い物に行って、車にガソリン入れて」とか、「あ、あの仕事、明日中にやっちゃわないと。」とか、「夕食は冷蔵庫にあれが残ってたから・・」とか、(笑)

そんな日常のことばっかりに囚われてると、気がつかなくなってしまってることが多い。

そのうち、だんだん鈍感人間になっちゃう。

彼らは、日常の中にいながらも、常にそういったものを敏感に感じるし、また、いいものを感じることで、いいエネルギーもいっぱいもらってるんじゃないかな・・・と、思うわけです。


たとえば、香りというのは、リラクゼーションとしても、最近は見直されてるし、アロマセラピーなんて病気も防ぐわけですもんね。

日本古来の、白檀・沈香・伽羅なんて香りを嗅ぐことで、アルファー波が増すことが.証明されているし、浄化にも魔除けにもなるケースもあります。
ただし、自然のもの、本物じゃないとダメなんで・・そうすると高いし、なかなか手に入らないんですけどね。

もちろん、森林浴なんて、手軽で最高のリラクゼーションです。

mori.jpg


最近、私は、原始的なハープの音にちょっとはまっているんですが、ハープの音ってのも、リラクゼーションのほか、魔除けとしても使われたんだそうです。(また、この話は別の機会にすることにしますが・・。)

そういったことを日常的に触れること、感じること・・・で、サイキックの人というよりも、おそらく、私たちすべての人にとって、癒し、浄化、魔除け、病気よけとしても・・・・本当は、大事なことなんじゃないかな?

ふと、そんなことを、つくづく思いました。


車の音をはじめ様々な騒音、ビルの中、そして、インスタント食品と加工食品を食べて忙しく働いて、家に帰るとTVの音

そりゃあ、何も感じなくなるよなあ。

そんな生活をしてる一般人が、霊感なんてないのも・・当たり前かもしれない。


ところで、食べ物ってのもすごく大事なんですよね。
ところが、日本は、とくに、食べ物に関しては、最悪な国のようです。
ちょっと、ここをご覧ください↓

食べ続けたら死の危険10倍!身近な危険な食べ物・添加物まとめ

添加物が、異常に多く許可されてる国、ほとんど食品に対する規制がない国。
たとえば、賞味期限が間違った提示をされたところで、法的には罰せられることがないとか。営業停止や販売停止処分にはならないそうなんで・・・そういえば、白い○人・・とかってお菓子、また売り出してますもんね。

なかには、他の国では毒物扱いされてるものまで、許可されちゃってるものもあります。

許可されてる添加物のリスト

日本・・・・・351品目
アメリカ・・・133品目
ドイツ・・・・・64品目
フランス・・・・32品目
イギリス・・・・21品目


ひええ、アメリカだって最悪な国と思ってたけど、日本は、その3倍近い。
まだ、アメリカの方が、ジャンクフードを頻繁に食べない限りは、安全かもしれません。

イチゴジャムにまったくイチゴが入ってないイチゴジャムだとか、塩素につけてミカンの皮を溶かしてしまった缶詰だとか・・。


最近では、多くのこういった本も出てるし、これだけの情報が出ているのに・・国がなにもしないってのは、ほーんと理解ができませんね。
これじゃ、まるで、日々ちょっとづつ毒を盛られてるようなもんですね~。

でも、一般的には、まだまだ、知らない人も多いのかもしれません。
そんなこと、TVで取り上げてくれるはずもないでしょうし・・・そしたら、ほとんどのスポンサーがいなくなっちゃうもんね~。


とにかく、食べ物をはじめ、すべてが、マイナス要因の中で生活してることが多いってことですね~。

そりゃ、感覚が鈍くなるわけだ~。

舌も匂いも耳も目も悪くなるんだろうなあ。


でもねえ、、、悪いものにさらされてるならば、なおさら、良いものを意識して取り入れてみるしかないですね。

そして、日常を少しでも離れて、まずは五感を取り戻すこと。

少しでも、良いものに触れること。

それが、心を癒し、免疫力を強くし、病気にも悪霊にも負けないことだと思いますね。


結局、自分の身は自分で守るしかないんでしょうね。

ときには、ドクターや薬よりも、自然のエネルギーをゲットする力を得たほうが自分で治癒させられるのかも・・・そんな気がします。

コメントの投稿

非公開コメント

最近私も「自分の意識や気持ち次第」と思いイメージをするようにしています。

それでも仕事柄(接客業で夜型)、イメージ初級の私には収まらないことも多々あります(^^;)

今朝も治りかけてた風邪がぶり返してしまい、その時こちらのブログを読んでいたので、これは即実践で最近聞いてるあやしい(^^;)音楽をかけ、セージを焚いて空気を入れ換え、塩入りお風呂に入りました。
音楽をかけてセージを焚いた時点で少しスッキリはしましたが、お風呂で体を温めるのも大事ですね。


原始的なハープ、私も聴いてみたいです!

Re: タイトルなし

美雨さん

風邪はいかがですか?

東洋医学においては、風邪は、疲労やストレスで体の抵抗力が弱くなったところに、皮膚から「寒(かん、冷え)や外邪(外から入り込む病因)が進入して起こると考えられている。・・・というのを読んだことがあります。

対処法は、首の後ろの大椎(だいつい)ってツボがあって、そこを暖めるといいそうですよ。眼精疲労にも効くツボだとか。

体を温め、悪いものには、すべて出て行ってもらう!ですね。(笑)

そうそう、これから、原始的なハープの記事でも書こうかなあ、って思ってたとこでした。
Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"