エボラ関連のニュースと恐怖心について


エボラ関連の記事で、ガーナ在住の男性がエボラの大流行はやらせだ!と断言した記事が掲載されてます。

こういった話は、前々からいくつもネット上で目にしていたんですが、中でもこの記事はかなり、論理的で説得力のある文なので、掲載したいと思います。

すでに、ちゃーんと、立派な翻訳文を載せてくれているサイトを発見しましたので、そちらのサイトから、転写させて頂きます。

ガーナ在住の男性、ナーナ・クウェーム氏がここ数日、インターネット上を騒がせています。

次の情報は多くの人に広げられる必要があります。エボラ熱の大流行が本当は何なのかを知る必要があるのだからです。エボラについてのヒステリー状態の背後に隠されたアジェンダについて、世界が知るべき時が来ています。

クウェーム氏がガーナ国内で何が起こっているか、次のように話しています。

「西側諸国の人はここ西アフリカで起こっていることを知る必要があります。

彼らは嘘をついているのです!!!

『エボラ熱』というウィルスは存在せず、『感染』したりなどしないのです。

赤十字がこの4つの国にある病気を持ち込みました。理由は4つあります。

そしてこの病気に感染しているのは赤十字から治療と注射を受けた人たちだけなのです。

リベリア人とナイジェリア人が国から赤十字を追い出しているのはそのためで、真実のニュースを伝えているのです。

最後までよく聞いてください。

     ここからどうぞ↓
ワクチンを受けた人だけが『エボラ熱』に」 ガーナからの叫びとエボラ偽旗作戦の結論


原文はこちらを↓
Ebo-Lie: Man Living In Ghana Confirms Ebola Is A Hoax! - See more at: http://www.spiritscienceandmetaphysics.com/ebo-lie-man-living-in-ghana-confirms-ebola-is-a-hoax/#sthash.ZuVEmUYT.rIh6cqIP.dpuf


●新しく発見された石油資源を獲得するため。
●シエラレオネは世界でも最大のダイヤモンドの産出国、そこからダイヤモンドを採掘するため
●ワクチンを強制的に受けさせるため
●数え切れない何百万人もの人を恐怖に陥れるため

うーーむ。
たしかに~。

経済破綻を起してしまってるアメリカにとって、まずは、金の成る木は必要でしょうね~。

石油にダイヤモンド鉱山に、ワクチン摂取による医薬品会社のボロ儲けか~。


ここで、

なぜ、医療チームでなく、3000年の兵士を送ることになったのか?
なぜ、エボラの大流行しているとされている国から、出入国が簡単に許されているのか?

なーんとなく、こういった疑問もすっきりしてしまうところが、怖い!


それに、たしかに・・エボラの発生は、国連のワクチン促進運動とほぼ同時だったのも不思議だった。

その疑問すらも、すっきりしてくるのが、ますます怖い!



少し前にも、CDCがエボラ熱ウィルスの特許を持っている〈2009年にすでに、とってる)って記事を読んだときも・・
*CDCとは、アメリカ疾病管理予防センターのこと・・・つまりアメリカ、そのものです。

ええ? どーゆうことよ??

なんで、特許なんてあるんだ~?

・・・・と、嫌~な、きな臭い匂いを感じたのもたしか。


特許があるってことは、エボラのワクチン開発などの時に順調に事が運ぶってことだからね~。
ワクチンを全国民に接種させれば、ワクチン開発に投資した投資家は儲かるし、CDCは救世主としてアメリカのヒーローになるのは明白。。。

なんだか、エボラそのものの病気よりも、その裏に潜んでいる人々の思惑の方が、ずーーと怖いし、気持ち悪い。


まあ、これは、私自身が個人的に感じたことに過ぎません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

なので、もちろん、この記事こそが真実だ! なーんてことを・・声高に叫ぶつもりは、ありません。

つーか、仮に、真実であったとしても、我々一般庶民が真実の証拠を掴むなんて、ぜーーたい無理でしょうからね。

ただ、常に、アメリカ政府(大手マスコミ)の発表だけを鵜呑みにしてるのって、どーなんよ?

と、思ったもんで、いちおう、問題提起として載せたまでです。

現に、アメリカにも、まだまだ、そういった人は多くいて、「えー? やだ~。、もしもアメリカでエボラが流行しちゃったら外も歩けないじゃない? すぐにワクチンを作ってもらわなきゃ!」、なーんて言ってる人もいました。


もちろん、日本も同様かもしれません。
TVのニュースや、大手新聞の発表しか見たことがない、知らないって人も、まだまだ多いのかもしれません。


ところが、このエボラの件だけをとっても、世界各国のニュースを見ると、それが、たとえ、政府の公式ニュースであったとしても・・・・・、世界中の報道には、個々に違いがあります。

その点、最近は世界中の記事を翻訳してブログに載せてくれる人も多いんで、とっても助かりますね~。


こういったものを、色々と見ていくと、なーんとなく、自分の中で輪郭がつかめてくるような気がするもんです・・・。

まあ、何事も、そうかもしれませんね~。

色々な方向から、ニュートラルな気持ちで眺めて見るってのは、今まで見えなかったものまで見えてくることがありますから。


そういえば、エボラが空気感染するのかしないか?って話でも、こんなのがありました↓

世界保健機関(WHO)は、6日、「エボラ熱、空気感染せず=ウイルス変異は臆測」との声明を発表した。

反対に、英紙・デイリーメールは、「エボラ・ウイルスが突然変異すると、空気感染する可能性がある。そうなれば、感染力はずっと高くなるだろう。」




声明を発表する・・・って、すごいですねえ。 
言い切っちゃうんだ~。


昔は、世界保健機関(WHO)やら、赤十字なんてのを、私も、若い頃は、ただ信じてた時代もありました。
もちろん、その当時は、NHKのニュースだって信じてたし、まさか、日本で報道規制なんてないだろ?と、思ってたもんでした。

ところが、今では・・・
イギリスの新聞「Times」がNHKの内部文書を暴露!日本政府がNHKに南京大虐殺や慰安婦などへの言及禁止を指示していた

なーんてのが、イギリスの新聞で報道されちゃったりするんだよね~。
まあ、そうだろうなあ~、ってことで、いまさら、驚きもしませんが。。。悲しいことに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そういえば、昔、霊感商法だとか、怪しげ~なビジネスが流行ってた時代があって・・・(あれ?今でもかな?)

そういう商売では必ず、

まず、恐怖を煽る、ってのが常套手段でした。

そして、次には、有名人などを使って宣伝する、マスコミで大々的に宣伝しまくる


それが、手っ取り早く、人々を洗脳して、売り上げを伸ばす方法ってわけですね。


恐怖感、不安感ってのは、一番、つけ込まれやすい。

人間のひとつの弱みかもしれませんね~。


恐怖感、不安感は、人の心を閉ざし、無知な状態にしてしまうものかもしれません。

また、真実を知るのが怖い、嫌なことは知りたくない!と思う心は、すでに、恐怖感に支配されてしまっているような気がします。

どんな辛いことでも嫌なことでも、真実を見ようとしない限りは、明るい未来はきませんもんね~。


そうそう、幽霊に憑かれるなーんてのも、恐怖や不安をかかえてるとき、ネガティブになっているとき・・なんだそーです。

サイキックな方々が言うには、

明るく元気でいる人や、冷静に道理をみつめられる人には、まーず、幽霊さんも寄ってこないんだそーですよ。

つまり、相手が幽霊さんだろうが、悪徳商法だろうが、国家の陰謀だろうが、彼らは、ものの見事に餌食にされちゃうことになる!

bill-gates.jpg

おぞましいニュースばっかりが流れている昨今、

エボラや、テング熱やら・・・・そんなパンデミックなニュースに、恐怖を煽られる前に、今一度、色々な方向から眺めて見たいものです。

一番信用ができるのは、きっと、ニュートラルな状態から生まれた、自分自身のカンだけかもしれません。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"