カレーライスから食物を考えてみると

「久しぶりにカレーが食べたくなった~。」

「作ってあげてもいいけど、米がないよ。」

「あー、そうだった~。米をずっと切らしたままだったなあ。」

「カレースパゲッティーか、カレーうどんにする?」

「うーーん、それもいいけど、私のお腹は、でっかいビーフの入ったライスカレーが食べたいって言ってる。」


ほとんど家で食べる食事は、スパゲッティーかパンか麺類だったので、しばらく米を買いに行くことすら、忘れてた。

あまり、米食には執着しないのだが、やっぱり、カレーライスは米だよ!

「最近は、ビーフも米もすっごく高くなったなあ。」・・・ホセが、妙に所帯じみた顔で言う。。。

「あ、そういえば、そうかも。」

以前は、大きなTボーンステーキが6ドル程度で買えたはずなのに、今ではセールでも20ドル近くはする。
リブアイのちょっとよさげ~なヤツだと30ドルはするかな。(←肉の値段だけはよく知ってる私)

「米は、僕がアメリカに来た頃は、20パウンドで3ドルくらいだったのに・・・今では、セールで買っても10ドル以上するもんなあ。 肉だってでっかいリブアイ・ステーキが3ドルほどで二人分買えたんだぞ。」

おいおい、君がアメリカに来たって・・いったい何年前の話だ?

まあ、それでも、肉も米も、ひょっとしたら日本よりは、まだ安いんだろうか?
たしか、米10キロでさえ、中レベルで4000円~5000円とかしてたような。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アメリカの米が安いわけは、日本のように水田で米を作らないからなのだ。
そう、田植えとかしない。 きれいに、1つ1つ植えるなーんて手のかかったことはしない、つーか、出来ない!

一般的には、米は畑で作る。(もちろん、あえて水田で作る日系人ファーマーもいるらしいが・・。それはかなり少数派。)
4-agrochemica_rice_fields.jpg

でーっかい土地を、トラクターで耕した後、小型飛行機で種を撒く。
その後、トラクターで道を作る。 そうすると、トラクターの通ったところは種が芽を出さないんで道ができるってわけだ。
育ってきたところで、また、飛行機で農薬を撒く。

とうもろこし畑と同じような作り方。

cornfield1.jpg

手間がかからない分、コストも安いってのがアメリカのとうもろこしや米。
安く大量に出荷しなければならないアメリカで、広大な畑を水田にして田植えなんて不可能な話だろうなあ。
だから、いきなり、空から種を撒く。

そういった土地の事情を考えると、なーるほど! だから、穀物は遺伝子組み換え(GM)が定着して行きやすかったってこともあるんだろうなあ。・・と、つくづく思う。

そして、今ではこういった穀物は、アメリカから日本に、大量にトウモロコシや大豆などを輸出しているんだそうだ。
ここ10年で、とくに飼料用などは4割増しになっているらしい。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO76794270Y4A900C1TJP001/

つい、先日も、モンサント社の話を・・最新の不気味なニュースってタイトルで記事にしたばっかりだったけど・・・やれやれ。

じゃあ、遺伝子組み換えをやめて、オーガニックや有機野菜の方がいいのか?と言うと、そういうわけでもなさそうだ。

有機農産物とは、農薬や化学肥料は原則として使用しないって、決まりはあるにはあるのだが・・・国際基準に準拠した30種類の農薬の使用は認められているんだよね~。
なので、必ずしも「有機=無農薬」ではない。




それに、アメリカでは、水耕栽培で作られた野菜などは、比較的オーガニックの認定は受けやすいんだそうだ。
水耕栽培というのは、土を使わず、水の中に栄養分を入れて栽培する(その栄養分ってのもなあ~。何だろうね~。)
太陽光は不要で、LEDライトを使って管理しているのだそうだ。


土と太陽と水の自然の恵みをたっぷり吸収して育つのが、正しい植物の育ち方だと思うのだが・・・今や、違うんだねえ。

まあねえ、まったく農薬や殺虫剤を使わない、化学肥料を使わないってのは、素人目に見たって、無理な話だろうからね~。
膨大な手間がかかってしまって、そして収穫は・・・どのくらいだろうか? 2割程度?
「奇跡のりんご」の例を見ればよくわかるもんなあ。 まあ、あれは雑草を抜かないことで、自然の中の虫や鳥に害虫を食べてもらったんだったが、収穫はどのくらいなんだろう? 10パーセントにも満たないという話もあるが・・。


そういえば、私が幼稚園児の頃は、田舎に行くと、まだ肥溜めってのがあった。
私は、ちょうちょを追いかけていて、そこに落ちたことがある。 なので、よーーーーく知ってるのだ。(←知ってどーする?)
恐怖の肥溜めは、なんと、肩の深さまであったし、悲劇的災難だったのに・・誰にも同情されず、臭い!ドンくさいヤツ!と親にまで言われた。。。(←トラウマ)


まあ、そんな話はどーでもいいんだけど・・つまり、当時の作物は、完全無欠のオーガニックだったということはわかる。
だから、オーガニックなんて言葉も誰も使われなかったんだろうけどね。

今は、オーガニック、有機農法、なんて言葉を聞くと、よさそうに思えるけど、果たしてどーでしょう??

酸化防止剤無添加ワインなんてものは、むしろ危険って話もあるよなあ。
何かを無添加にするならば、代わりに何かを加えなければならないわけだからね~。

最近は、耳障りがよくて、優しくて、良さそうなものほど、落とし穴が潜んでるような気がする

・・・・・・・・・・・・・・・

そういえば、遺伝子組み換えって、植物だけじゃないって知ってましたか?

家畜も、あるんだけど(特に豚)・・・・なんと、もあるんですよ! 遺伝子組み換え蚊てのが!!

もともとは数年前に、マラリアやテング熱を撲滅しようとして、オスの遺伝子組み換えの蚊を大量にブラジルで放ったそうです。
オスは人を刺さないですからね~。
そして、オスが交配することにより、メスも不妊にさせて、オスもメスも自滅させてしまう・・という狙いだったんだそうです。

ここに詳しく載ってます↓
http://wired.jp/2012/07/27/gm-mosquito/

でもなあ~。生態系を無理やり変えてしまうことによる弊害はまったくないんだろうか

遺伝子組み換え蚊が、もしも、1匹でも生き残って交配して生まれてきた蚊が死ななかったら?
それは、どんな蚊になるんだろう?


それが、突然変異して巨大化して最強の蚊になって人間を襲う・・ってのは、よくあるSF映画のパターンだったね
昔は、似たような映画をいっぱい見たような気がする。

でも、・・・・なんだか、そういった映画の世界が、今現実になりつつあるような気がするのだ。

マッドサイエンティストみたいな人が作りだした生物に人類が襲われる。・・・そんな映画の世界が、なぜか身近に感じてしまう。。。


そして、つい最近では、こんなことも言われている↓
テング熱を広める遺伝子組み換え蚊

そもそも、テング熱でメディアは大賑わいのようだけど、実は、それほど驚くべきことでもなくって、日本でも、ここ数年、200人を超える患者が出ているんだそうですよ。 いずれも渡航した後に帰国してから発症した人々だそうですが。

115.jpg
70年ぶりのテング熱といってるけど、実は毎年デング熱の感染者が出ている件から引用

なのに、不思議だなあ?
なんで、今年はこんなに報道されまくって公園を封鎖する騒ぎにまでなってしまうのか・・。

代々木公園で捕獲された蚊は、遺伝子組み換え蚊? それとも 自然蚊?
それは、どうやって、どこからやってきたんだろう?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水と土と太陽・・・これが私たちに要素な3要素だったわけなんだけど、

すでに、水はまっさきに、汚染されまくりだろう。

日本で54基の原発が稼動していた時に、冷却水として海水を利用し、しかもそれを原発の周りの海に排出し、その排出量は1基につき年間3600万トン。




もちろん、今でも最終的な行き先は海でしょうからね~。(←海はゴミ捨て場かよ!)

深海魚がやたら浮上した状態でみつかったり、岸を埋め尽くさんばかりの大量の鯨やイルカの大量死なんかも、ひょっとしらら、何か関係あるんじゃないかなあ~。

それにこんなクジラが、たて続けに発見されてます。

こちらは、カリフォルニアで↓
siamese_whales_05.jpg

結合双生児と言われる奇形のクジラ。 まだ赤ちゃんのクジラですが、発見されたときは、生きていたんだそうです。
その少し前も、メキシコでも発見されてます。

今、海で何か起こってるんだろう?

いや、海だけじゃないか~。
土地も汚染されて住めない地域はあるし、太陽だって・・太陽フレアやら、謎の行動パターンに入っているらしいのだ。

そうなると・・土も水も、安全なものは、もはや存在しないのかもしれませんね~。
私が肥溜めに落ちた時代とは、ほんとうに違うんだなあ~。(←また、思い出してしまった。。。)

それでも、私たちは生きてかなきゃならないわけだし~。

人口の急激な増加、その人口増加ゆえに、人類は破滅する・・とも言われる。

なんだか、嫌なことだけど・・・私たちは街をドライブしながら動物愛護法を考えるの記事に書いたような、商業ベースに乗せるために、大量に増やされたペットたちと、ある意味においては同じかな~、なんて思ったりして・・。

高いお金を出して飼われていったペットと売れ残ったペット・・・・どうせ、すべてのペットが幸せになる仕組みは出来てないわけで・・。

人間も、寿命は延びたものの、薬や医療によって生かされてるだけなのかもしれない・・と思うときがある。
生かされることと生きることは違うからね。

・・・・・・・・・

私もホセも、なんだか、売れ残ったペットか捨てられたペットって気がしてきた。(←なんだ、そりゃ!)

それでも、生きてかなきゃならない。

だったら、自分を信じて、直感的にいいと思うことをし、好きなものを食べるのが一番!
きょうは、カレーライスと思ったら、カレーライスを食べるべし! (なんでそこに戻るかなあ。)

「カレーのルーなんて、MSGいっぱい入ってるじゃない! 大丈夫なの?」
ホセは、体はアレルギーだらけで、精神は神経質で脅迫神経症気味のヤツ。

「カレーはいいんだ! 辛さでMSGは感じないから。それに、僕は、どうせアレルギーも多いし、長生きできるとも思ってないから美味しいと思うものを食べるんだ!」

長生きするよりも、日々を楽しく充実して生きたいと思うようになった、今日この頃。
私も、同感だ!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

読んで無性にビーフカレーが食べたくなってしまいましたi-239
よし明日はうちもカレーにします!

肥だめ、美しい都市、江戸の知恵ですねi-189
そんな循環型のシステムが田舎に残っていたなんて
現在ではうらやましい~と思えてきます。

肥料は運ぶことを考えて、大と小の桶を分けて用を足したとか。
なので女性でも立ちションしてたそうですよ。


うちの子供もアトピーで、MSGなしのしょうゆか塩か味噌味ばかりの
シンプル&手抜き料理ばかりになってしまいました・・。
楽なのでいいんですが。


シュタイナーのバイオダイナミック農法とか
農薬なしでちゃんと栽培できるみたいです。
アルバートハワードさんがインドでそんな方法を見つけて
はじめは学会で絶賛されるんですが、その後なぜか批判され支援金を
止められ。。


もう野草でも食べようかなi-265って最近では思ってきました。

銀月さんやホセさんは感が鋭いから
ペットというより野生な感じがしますが。

Re: No title

たんのさん

今思えば、私にとっては、忌まわしい肥溜めも、完全なオーガニックの表れだったんですよね~。

シュタイナーは、本当にすごい人だったんだと思います。
あんな昔の人だったんですが・・子供の頃から、かなりのサイキックだったようでアカシックレコードにアクセスも出来た?というような話も残ってます。

いずれにしても、未来を見通していたんだろうし、また、あらゆる分野において天才的な人だったようですから。彼の研究を推し進めることができていたら、たぶん、もっと違った世界になってたでしょうね~。

それにしても、添加物の少ない食事ができるのは、ひょっとしたら、子供さんのおかげかもですね~♪

No title

アカシックレコード。タイムリーです。
ちょうどそんな本を読んでいました。

どうもアカシックレコードってそんな敷居の高いものではなく
どんな人でもみんなアクセスできるようです。
例えそれがサイキックや特殊な能力を持たなくても。
悪用しようという心を持っている人であっても。

だから、時の権力者やその能力を持った故に得をする輩が
自分の私利私欲のためにアカシックレコードという
存在を隠してしまった経緯があるようです。

如月マヤさんの本でアクセスの仕方が書かれているのですが・・。
“リラックス”が一番大事で。私の一番不得手なものでi-202
しかも夢と覚醒のはざまなので。
試してみてはいるもののいつも寝てしまいますi-195
良かったら銀月さんもトライしてみてください~。

Re: No title

たんのさん


アカシックレコードにも、自分でアクセスできるものなんですね。

夢と覚醒の狭間・・・というのは、すべてのポイントになってるんですね。
実は、私のwebにも、天然石のパワーの発揮のさせ方で、「パワーストーンは、ただ着けているだけよりも夢と覚醒の狭間で自分の気を回して石にも気を入れてあげることで、より発揮する」なんてことを書いてるんですけど。。(笑)
私も、気持ちよーくグーグー寝ちゃいます。

座禅やメディテーションなども、おそらく同じようなことだと思うんですよ。
顕在意識を潜在意識に落とし込むことで時には幽体離脱も出来るんだとか。

今夜もトライしてみます~♪
Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"