憲法9条の改正からコスタリカを思う

安部政権の安全保障政策ってのは、なんだか、気持ち悪いというか、そら恐ろしいものがありますね。
憲法第9条の改正、つまり、すごいスピードで、軍事的政策が進められていってるってわけですね~。

アメリカは、それに「大賛成している」って記事もありましたが、果たして本当にそうなんだろうか?
そりゃ、もちろん自分にとって大きくプラスになる人たちは、賛成するでしょうが・・。

さまざまなアメリカの記事を流し読みした限りでは、
むしろ、日本のナショナリズムに対して危惧してる人が多いように思う。
日本が軍事力を持つことで、日中関係などにも、感情的な緊張を生む・・という記事もありました。

つまり、無防備でいる人には、まわりの人も自然と仲良くできたのに、突然、武装して武器を持つ人がやってくると、「やばい!いざってときのために、こっちも完全武装だ!」
って、心理が働くってことなんでしょうね。

それで、お互いが緊張関係になってしまう。

今や、アメリカだけでなく、憲法9条の改正については、世界が注目してるようで、「あれれ~、日本、大丈夫なの?どーなっちゃうのよ~!」という目で見てるようです。


憲法第9条は、もともとは敗戦国だった日本が、アメリカに押し付けられた憲法だった・・という話もありますが、実際のところは、よくわかりません。

ただ、押し付けられたにしろ自主的だったにしろ、第9条に関しては、私としては、唯一と言っていいほど、優れた部分だと思ってました。

徹底した平和主義と「戦力の不保持」、「交戦権への否認」ですから。

多くの先進国の中にあって、これを憲法としているってのは、むしろ、素晴らしい!
むしろ、徹底して、諸外国に、その平和理念をアピールすべき立場だったんじゃないかって思う。

それを、いまさら改正しちゃたら、日本も、先進国の欧米諸国と同じになっちゃうじゃないですか~!
まさに、同じ穴のむじな・・・ですよ~。

ああ、まさに、そうなろう・・としている人たちが進めてるんでした。。。

私の友人の中には、もう、日本は、いっそのこと、アメリカの51番目の州になっちゃえばいいんじゃない?

なーんて、言う人もいます。

それじゃ、デフォルト危機を抱えて経済的にも沈没しかかってるアメリカが沈むとき、日本も一緒に沈むんですねえ。


そもそも、湾岸戦争やイラク戦争のときに、
日本は多国籍軍(実態は「アメリカ軍」だけどね)にお金だけ出して、人員は一切出さなかったことから、世界的にも批判されたことがありました。

あのときも思ったんだけど、なーんで、国民の税金を使って、お金出してやってんのに、文句言われなきゃなんないんだよ!


ほんとは、もっと、ちゃんと主張すべきだったんじゃないですかね?
憲法9条の理念である、戦争には参加しないスタンスを。 
そして、戦争のためにお金は出さないけど、人々を救うため、負傷者や、現地の被災者に使うためなら、どーんと出しましょう!と。


方法は、色々あったと思います。

まあ、しかし、お金出して、そんな非難を受けるってことは、外交ってヤツが、めっちゃくちゃヘタなんでしょう。

はっきりと意見を述べることもできず、いつも、多数に追従してるような人って、結局のところ、パシリにされちゃったりするだけでしょ?
国際間も、似たようなものかもしれません。


そもそも、「戦争すること」の目的ってなんだと思います?

儲かるから

安部政権が推し進めるとおりになれば、当然、武器輸出もできるようになり、一部の企業は、がっぽり大もうけするでしょう。

さて、その反面、アメリカの要請があれば、自衛隊を地球の裏側にまで派遣して、その国の人々を殺傷しなきゃならないわけで・・・つまり、国民に命のやりとりをさせるわけですよね。

すると、死傷者への保障、精神を病んだ人へのケアーも不可欠でしょう。
さて、国が、どこまで、やってくれるんだろうか?とも思いますが・・。
さらに、自衛隊は今でも人員不足なんで、徴兵制も復活する可能性大でしょう。


スピリチュアル的な面は、この際無視して考えても、戦争参加により、国民がより豊かになるとは思えないんですけどね~。

ある日本政府高官の方が、「集団的自衛権を確立して地球の裏側まで行く」って言ってましたが・・・、

そもそも、自衛権は、他国から脅かされたときに、自国を守るためのもの
地球の裏側まで行っちゃったら、それって、自衛じゃなくって、武力行使じゃないんか!!・・・と、私は思うんですが・・。

そもそも、国連には、国連憲章51条に、集団的自衛権ってのが規定されてるんだけど、あくまでも自衛だけの意味で、「武力行使」や「武力による威嚇」を禁止してるんですよね。

しかし、現状では、イラク戦争のような武力行使をしてるわけだし、そもそも、国連安保理事会ってのは、常任理事国の5カ国が、みーんな核保有国だし、戦争をしかけることで大きくなった国ですもん。

なんでも、アリなんですかね。。。

そういえば、安部首相は、「積極的平和主義」って言ってましたが・・・それって、何? 
こういった政治家さんたちの言葉て、意味わかないですね~。


昔、太平洋戦争に徴兵された・・というジイさんが、こんなことを言ってたのを思い出しました。
「僕は、射撃の名手で、常に射撃隊の前列だった。はるかかなたに、敵が見えると、銃を発射するたびに、敵がくるっと回りながら、倒れていく。
まるで、百発百中のゲームをしてるように楽しくなっていくんだ。
戦争は、自ら興奮状態にして、わざと狂気にもっていくんだよ。
みんなが、そうだった。。。みんなが狂うことで、自分を保っていたんだ。 あれは、すでに地獄なんだよ。」

その後、何十年たっても、うなされる悪夢を見続けたんだそうです。

あーあ、なんだか、重たい話になっちゃいましたね。。。


ところで、コスタリカって国をご存知ですか?

84_map.jpg

日本よりも小さな国で、しかも、日本よりももっと徹底して、軍隊を全く持っていません。
(かわりに警察は、自衛として重武装してるそうで、もしも戦ったらかなり強そうって話ですが。)

2008年の、国連の会合で、非常任理事国のコスタリカが提案したのは、
軍事費とODA(政府開発援助)を絡めて、軍事費を減らし、代わりに環境や教育に多く支出している発展途上国に対して積極的にODAを出そうというガイドラインでした。

国立公園・自然保護区の総面積は全国土の1/4で、2002年には憲法に「環境保障」と題する章を追加して、政府をあげて、エコロジーの関心度は非常に高い国です。

84_graph01.jpg

そういえば、手塚治虫の「火の鳥」のモデルとも言われているケツァールなどカラフルな鳥類も多く見られる国です。

507c.jpg

けっこう、かわいい顔してるんだよね↓
Quetza.jpg

コスタリカの、太平洋側のココ島は、世界遺産に指定されているらしく、映画「ジュラシック・パーク」の舞台にもなったんだですって。

日本政府は、常に、世界の大国ばかりを意識しているように思いますが・・・
たとえば、国連常任理事国、(アメリカ、イギリス、フランス、ロシア、中国)・・・・などと手を結ぶよりも、

もっと、小国でありながらも、確立したスタンスを持つ国々と手を結び、彼らと共に、別の角度から、大国に大きくアピールしていった方がいいんあじゃないかな~と、ふと思いました。

少なくとも、翳りあるアメリカに同調してるようでは、やっぱ、一緒に沈むだけだと思うからねえ。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつも興味深い話を取り上げてくれて楽しみにしています。


そして初めてのコメントであれなんですが・・・

自衛のために軍隊を持つのは”普通の国”が当たり前にしていることです。日本が普通じゃないんだと思いますよ。
アメリカと安保を結んでいなければとっくに他国に侵略されてると思います。
世界のほとんどの国が軍隊を持っています。
持っていない国も自衛のための軍事力を隣国(同盟国)に頼っている国がほとんどでしょう。
だから堂々と「日本は軍隊を持つな」とは言えないのでしょう。
今日本人は日本を、”自分の国は自分で守る普通の国”にしたいと思っているんです。

武力の放棄がコスタリカにできて日本にできないのは当然です。
コスタリカがどんな国なのか詳しくないのですが、国の規模が違いすぎます。
他国から見れば日本は宝の山です。
金融資産なり、地下資源なり、最先端技術なり、奪ってでも欲しい物をたくさん持っていると思います。
そして一番には地政学的にみて日本が重要な位置にいるので、隣国(どことは言いませんが笑)の軍事的圧力を真正面から受けなければなりません。
日本が豊かでなくても、位置的に隣国から狙われるのは必然でしょう。
戦争しないためなら、日本人が無残に殺されようが侵略の限りを尽くされようがかまわないなんて誰も思いません。

戦争をしたいと思っているのは一部の人だけでしょう。
儲かるから戦争したいと言えるのは、アメリカや、武器輸出で儲けているフランスのような国くらいなのではないかな・・・と思います。
私は、第二次世界大戦(大東亜戦争)は日本にとって避けることのできなかった日本を守るための戦いだったと思っています。
決して儲けるために戦争したわけではありませんし(その前の戦争はちょっと疑問ですが)、その頃のような”普通の国”になろうとしている日本を、ナショナリズムに浮かされていると言われるのはダブルスタンダードも甚だしい気持ちです(外交ってそんなもんですね)。

今日本に『日本を見直そう』という風潮があるのは、日本人が自虐史観を見直して、日本人としての自信と誇りを取り戻そうとする自然な働きだと思います。
スピリチュアル的なことは詳しいとは言えないのですが、ここ2~3年はそういう年回りになっているとどこかで読みました。

現実とスピリチュアルのバランスをとるのは難しいです。
日本にはその理想を実現する国になってほしいと思います。

Re: No title

コメントをありがとうございます。
また、率直なご意見をありがとうございます。

そうですね~、現状として、国を守るための目的として、自衛隊を持つことは必要かと思います。

しかし、自衛隊と軍隊と、いったいどこが違うのか?という問題は、過去にもいろいろと言われてますが・・・私としては、自衛隊は国を守るためのものであり、軍隊は自衛目的だけでなく他国への侵略も可能なもの・・として線引きしてます。

まあ、言葉なんて、どっちだっていいんですが・・しかし、今回の憲法第9条が改正されてしまえば、公然と「軍隊」ということになり、他国に出向いて侵略戦争の片棒をかつぐことだって可能になってしまう、という点に危惧があります。

もちろん、今すぐに、そんな事はするつもりがないでしょうが・・しかし、一部の戦争大好きな政治家さんたちによっては、その方向に傾いてしまったり、または、アメリカ政府に依頼された場合は、それもNOと言えない事態になるのでは?という気がしてしまいます。
なんせ、安保条約がありますからね~。

イラク戦争の時のように、「悪の巣窟を攻撃するため、正義のため」というプロパガンダで、多国籍軍を送り込めば、日本も必ず、行かざるをえないと思います。

ところが、過去のアメリカの戦争を見てみると、そのほとんどが、侵略戦争です。
実に、見事な大義名分をかかげて、熱いスピーチで、「リメンバー・○○」というプロパガンダをかかげて・・・それは、アメリカ国民ですら、一致団結させて戦争に向かわせてしまったものです。

しかし、ようやくアメリカの一般国民も、そういった事実に気づきはじめたようだし、また、アメリカの軍部内でさえ、政府のそういった意向には、反対を唱えるものが多くなってきているようです。
政府の意向で自由に軍隊が動かせなくなってきているようです。つまり、多くのアメリカ国民が、「もう、戦争は嫌だ~!」というところにきてるんでしょうね。

なので、このタイミングで、日本が憲法第9条を修正するってことは・・なーんとなく、日本が肩代わりさせられるような気もしてくるんですよね~。
単なる私の杞憂に過ぎなきゃいいんだけど・・・。

それに、私は、安保条約があるから、アメリカが守ってくれる・・・とは、あんまり信じてません。

私が、日本にいた頃は、ニュースや政治座談会などでも、「今、アメリカでは、・・・」「アメリカ政府は・・」といった、アメリカの話が多かったように思いますが、こちらでは、ほとんど、日本の名前すら出ることがありません。
中東やロシアなどの、国連の理事国などの名前はあがりますけど・・あ、あと、キューバなど、南米の国々ですね。
つまり、日本なんて、ほとんど眼中にないのか?ってカンジで、ちょっと、それにはショックでした。。。


もちろん、大統領など、定期的に日本訪問はしてますが・・それすら、こっちでは、それほど、ニュースにもならないんですよ。
安保条約って、日本に多くの米軍基地を作り、彼らが、太平洋の足がかりにちょうどよかったから・・そのために利用しただけのものなんかな~。と、思うこともあります。

今後は、アメリカは経済破綻も迫ってるし、他国を守ってあげるような余力も無いって気がします。

なので、日本は自力で国を守る、その心づもりは大事でしょうね。
そのためには、やはり、自衛隊、国境警備隊、湾岸警備隊などは必要かもしれませんが・・それは、軍隊とは別だと思います。

世界には、軍隊を持たない国がありますが、その理由は、●他国とほとんど対立がないため、危険にさらされない、または、●経済的理由で軍備にお金がかけられない・・というような小国かと思います。


日本の明治以降の戦争については、私は、非難するつもりはないです。
鎖国からいっきに開国し、世界に遅れをとっていた小国、日本は、清のように占領されないようにと必死だったと思うし・・占領されなかったのは、まさに、当時の有能な政治家さんたちのおかげです。

また、太平洋戦争は、たしかに、追い込まれた末の戦争でしたから。
そういえば、アメリカは、キューバも同じ方法で追い込んで、戦争になったんでしたっけね~。


コスタリカについては、たしかに、エコに力を入れる小国で、軍隊を廃止した国ですが、ちゃんと非常時には、警察が軍隊同様の働きができる体制になってるそうです。まだ、行った事は無いんですが・・。

私は、個人的に・・・日本も、それでいいんじゃないかな、って思ってます。


とにかく、世界中の方々に「軍隊を持つことは、普通の国が当たり前にしてること」という常識を、変えていって欲しいなあ、と、つくづく、思います。

また、そんな時期にきているような気もします。

No title

すみません、思わずコメントします。

私も集団的自衛権には反対です。今の日本はお国のためにわざわざ他国の諍いに加わり、国民の命が犠牲になることを良しとするほど愚かではありません。

戦争でどれだけの人々がこの上ない苦しみを味わったかを、日本人は我が身のように感じており、今の平和はその方々の犠牲の上に成り立っていることをきちんとわかっています。

今の日本人は良い意味での豊かさも経て、人の痛みにきちんと心を馳せることができる人々が大半です。

近隣の大国や事故の多い国のように、命が軽い国々とは違います。

外交に失敗し、攻撃を受け、日本を守るために自衛隊が戦ったというのなら国民は納得すると思いますが、勝手に今の政治家たちが反対を押し切っての能動的な参戦の末の犠牲を飲めるほど、今の日本人は野蛮でも愚かでも遅れてもいません。

今の日本は格差社会と言いますが、他の国の格差とは雲泥の差で、国全体は物心両面がほどほどに満たされている稀な国だと思います。

そんな今の日本で、国のためにしかも首相や閣僚が勝手に解釈を変えて他国に国民を送り、もし殺されでもしたら・・・。

その時の日本人の反応を今の首相たちはあまりにもわかってない。
自分たちの外交能力の低さをもっと直視し、日本がどうしたらうまく世界で平和を伝えていけるかに挑戦してほしいです。

その知恵と気概と根性のある人間にしか、もう政治家にはなってほしくありません。

命が犠牲になることを良しとする政治を見逃すわけにはいきません。
もっともっと頭と心をフル回転し、とにかく知恵のある外交で乗り切ってほしいです。綱渡りでもいいからとにかくバランスをうまくとれる外交をしてほしい。

そのために今まで多くの悲しみと犠牲があったのだから。
息子たちを持つ母親として強くそう思います。

Re: No title

fumiさん

お久しぶりです。
そして、コメントありがとうございます。

日本人は、平和ボケしてるとか愛国心が無いとか、言われてたし、私も以前は、そうだよな~!と思ってましたが、こちらに移住してからは、「間違った愛国心を持って、戦争しちゃう国よりも、よっぽどマシ!」と、思うようになりました。

アメリカは間違った愛国心を持った人が多く存在する国だったんだなあ~、と気がつきました。

たとえば、9-11の直後などには、「決してテロを許さない!我々の手でアメリカ国民を守るのだ!悪をつぶすのだ!」みたいな、実に、みごとなスピーチを大統領がぶちかました結果・・一般国民は、一丸となって熱くなり、愛国心?を掻き立てられて、戦争を受け入れてしまいました。

また、行き過ぎた人々は、アメリカ国内にいる罪も無い中近東の人々を暴行したり、殺傷事件も多発しました。

それって、愛国心とは違うだろ!って思うんですが・・・とにかく、政治家さんたちのスピーチは、実に見事なんです。おお!って感動させちゃうようなパワーがあるんですよね。
それで、国民は洗脳されちゃうとこもあります。また、洗脳されやすい単純な人が多いってことかもしれませんが。
たしかに、この点は、スピーチが苦手な日本の政治家さんとは大違い。


それでも、ここにきてやっと、多くのアメリカ国民も、戦争を回避したいと思う人々が多くなってきています。

なのに、日本は、いまさら、なぜ、逆の方向に行っちゃうの?・・・・と、思いましたね。


日本のように、先進国でありながら「軍隊を持たない、戦争に加わらない国」と憲法で定めていることは、実は、どこの国よりも、一歩リードしてる事なんじゃないかな。

まして、原爆を2度も落とされた国ですから、むしろ「世界に向けて軍縮、どこの国も自衛目的のみにするべし」ということを強くアピールしていっても、それには、とても説得力が出るはずです。

まして、今、アメリカの一般国民は、「戦争はもうしたくない」・・という気風になってますからね。

今こそ、チャンスだし、ぜひ、そのスタンスを世界にアピールして同意を求め、世界中を変えていくことが出来れば、と思ってたんですが・・・・。

なのに、まーーたく、逆方向に行こうとしてる。。。

これは、戦争する気のなくなってるアメリカ人の代わりに、日本から充当するように、しくまれた事なんじゃないかな?って気がしました。

安部政権は、それに気がつかない大バカなのか、または、彼ら(戦争をさせようと企む、一部のアメリカや世界の勢力)に加担してしまっているのかもしれません。

一般国民を巻き込まない戦争なんてありませんからね~。
そして、常にトップの人間は、高みの見物ですから。

そんなにやりたければ、一般庶民を巻き込まず、戦争の代わりに、彼らだけで「金網デスマッチ」でもやればいいじゃん!と思いますよ。

明治時代ごろの政治家さんは、本当に、日本を考えて行動していた人たちが多かったんだと思います。
それが、たとえ、間違った方向に行ってしまったとしても、命がけで日本を守ろうとしていた政治家さんたちには、頭が下がります。

現在は、日本の政治家をみても、むしろ、ドロドロしたものを感じますからね。

日本だけでなく、きっと、どこの国の国民も、一部のそういった人々に操られてしまっているような気がします。
私たちが、一番に戦わなければならないのは、彼らであり、まず、彼らを引きずり降ろすことじゃないのかなって思います。

それが、愛国心じゃないかな、とも思います。

貴重なご意見をありがとうございました。

No title

お返事ありがとうございます。覚えててくださり、嬉しいです。

命がかかわるこの大きな問題について考えるとき、実際に海外を飛び回っていない私は、自分の周囲だけを見て視野狭窄になっていないか、自分は偏っていないかを検証するのに、Gingetsuさんのように実際にアメリカに住んで、体感している方からの情報はこちらこそとてもありがたいのです。

アメリカがこうなんだから仕方がないだろ!と、今の日本人は恐怖を煽られてばかりでとっても嫌です。

恐怖に駆られて何かを起こしてうまくいったためしはありません。
それは過去の歴史で実証済みです。

これからもGingetsuさんのWORLD WIDEな視点による様々なテーマについての発信を楽しみにしてます!



Re: No title

Fumiさん

世界の状況を知ることってほんとに、難しいですよね。
私は、今は、アメリカにいるので、アメリカの状況はわかっているとは思うものの、それだって、住んでいる州に限られたものかもしれないし、逆に、日本のことは、疎くなってしまってると思います。

おそらく、みんなそんなものかもしれません。

だからこそ、それぞれの海外特派員が冷静な目で取材して、報告してくれたものが大事なんだと思うんですが・・最近は、それすら、報道規制によって、真実が伝わってないこともあるんじゃないかな、と思うことも多いです。

Fumiさんから頂くコメントは、なーるほど!と新たに気づくことも多く、とってもありがたいものです。
今後とも、よろしくお願いしますi-80


初めまして

過去ブログにコメントしてよいのか分からなかったのですが、どうしても書きたいことがあってカキコさせていただきました。
最近日本では憲法改憲派が過半数を超え、改正されるかもという瀬戸際に来ていますが、急に改憲反対に目覚めて自分でもブログをはじめました。
スピ系の方はどのように思っていられるのか気になり、検索したところ、銀の月さんを見つけ読ませていただきました。
そしたら、書かれた内容が「コスタリカ」以外、似ていて驚きました。
まさに同感です!!
他にテロのページも読ませていただき、そこへの投稿でもよかったのかもしれませんが、自分のブログに上げようか迷っている内容があるので、ぜひアドバイスをいただけると嬉しいです。
(以下「案」です)

以前のブログで、パレスチナのテロ志願の子どものことを書きました。
自爆テロリストを英雄視しているかぎり、憧れを生み、同じ道をたどるものが出ます。
ただ、彼らを「犠牲者」だとパレスチナの子どもが感じることができれば、もはや英雄ではなくなります。

逆の発想で、もし、自爆テロリストが世界中で「純粋な気持ちを利用され、世界に脅威を与える道具にされてしまった哀れな犠牲者」だと認識されたら、どうなるのでしょうか。
実際、彼らの一部は自由意志ではなく、完全な教育によって上層部の人間の爆発ロボットとなっているのです。
許せない行為ですが、私達はテロリストではなく、テロリストに仕立てた背後の人間を抗議すべきです。
巻き込まれた本当の犠牲者やその家族には到底受け入れられない概念だと思いますが、洗脳された自爆テロリストに憐みの声が寄せられたら、上層部の人間や、自爆志願者はどのように感じるのでしょう。
自爆テロリストに対し、「かわいそうな〇〇(名前)、私たちはあなたの死も同様に悲しみます」というメッセージを添えて花がたむけられたら。
「最後まで戦う」と言うかわりに、「ともに平和に生きることを強く望む」、というメッセージを世界中で送り続けたら。
彼らを動かしている一部の人は、自分たちが正しいことを誇示し、世界に脅威を与え苦しめることが目的です。そのために罪のない一般人を狙います。
そして今の世界は彼らの思うつぼになっています。
憐れむことは彼らの意図をくじくかもしれません。
脅威を与えたい彼らの願望を、打ち砕くのです。
彼らのテロの意味をなくさせるのです。

ただ、そういった国々では報道が規制され世界の情勢について知らされないこと、さらに、自爆による殉教を神様が喜ばれていると教えられているのが非常に大きな壁です。

ただ非難し、敵視して戦う姿勢を見せてもテロはなくならないばかりか火に油のように見えます。テロを世界からなくすにはどうしたらよいのか、私なりに考え書いてみました。

はじめてにも関わらず、長くなってすみません。
よろしくお願いいたします。
Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"