幸運を招く物と風水について

つい先月、豪邸を購入した人が、
「引っ越してから体の具合が悪くなるし、悪い事ばかりが起こりはじめた。きっと、家のせいかもしれない!」
なーんて、ことを言っていた。。。

私は、家を見たわけではないし、特別に風水の知識があるわけでも、サイキック能力があるわけでもないんで・・確実なことはわからない。

ただ、家を買うときに、旦那様と大喧嘩をした日で、その日に奥さんが単独で決めてしまった物件だったとのこと。

うーーーん。そりゃ、ひょっとしたら、やっぱり・・なあ。。。

買い物するとき、とくに、高額なものを買うときは、気分のいい時にするのが、鉄則なのだ!!

いくら、喧嘩したあと気分転換したとしても・・それでも、無意識の中に、嫌な「気」というものは、くすぶっていることが多い。
完全に仲直りして、むしろ、喧嘩のおかげでお互いが理解できたし、お互いの愛情が深まったわ~と、いう状態だったら・・きっとよかったんだとは思うが。

しかし、どうも、そうではないらしい。
喧嘩してイライラした気分を、高価な買い物で憂さ晴らし・・・という状態に近かったみたいだ。

「風水の先生にたのんで、みてもらおうかしら? 占いがとっても当たるって評判だから・・。」

おいおい、風水は占いじゃないし~。

風水は、現状を見て、状態を判断する学問であって、未来の予測はまったくしない。
家相占いのような鬼門の概念もなし。

周りの環境や地形、家の環境、その人自身を総合的に勘案して受けている影響を判断するのが風水学。

ついでだから、ほーんの初歩の風水学を少しだけ ↓(私が知ってるのも、この程度。。。)

風水では、邪気は殺(さつ)といって、おもに下記の種類がある。つまり悪いとされること。
●頂心殺(ちょうしんさつ)
玄関の前に尖ったもの、電柱や大きな木、アンテナや煙突などがある。

●門冲殺(もんちゅうさつ)
家や部屋のドアや入り口が向かいの家の部屋のドアや入り口と真っ正面に向かい合っている。

●稜角殺(りゅうかくさつ)隔角殺
家に対して、他の建物の角が突き刺さって来るような配置や状態。

●路冲殺(ろちゅうさつ)
家に向かって道路が向いている、突き当たっている状態。T字路など。

●反弓殺(はんきゅうさつ)
カーブしている道路の外側に家があるような状態。(内側にあるのは、むしろ吉相)

●破財殺
玄関から真直ぐに歩いていくとさえぎるものが無くて、反対側に大きな窓や勝手口があり、そのまま出て行けるような作り。



別に風水の知識なんか皆無だったとしても、これは、居心地悪いだろうっての、ばっかりですね~。

これらは、悪い気が向かって来ると言われるものだけど・・・・道路のカーブに面して外側だったら、そりゃ、物理的にだって、いつ車が飛び込んでくるかわからないし、さぞや、塵や埃が舞むだろうなあってことにもなるし、よその家とドアが向かい合ってれば、そりゃ、なんとなく気まずいだろうし・・。

これは、今問題になってるらしい、東京、汐留の風景↓
tokyosiodome.jpg

つまり、健康面や精神面でも、あまり良くないだろうなあ~ってのは、素人目にも想像できますね。

また、最後の、破財殺ってのは、良い気があったとしても、通り抜けてしまうってことで、よくないことってされてます。
まあ、これなんかは、家具の配置や観葉植物などを置くことで、なんとかできそうですけどね~。

むかしは、風水学に沿って、家を建てたり、また、平城京や平安京、江戸の町も、ちゃーんと風水を基本に作られたって言われてます。

こういうのも、ちゃんと計算しつくされて建てられてるんですよね~↓
63899407_624.jpg
だんだんと、人間のカンも働かなくなってしまい、それを気にする人も減り、都市作りも家作りも、ほとんど風水的なことは無視されて作られてしまってるような気がします。

おそらく、ちゃんとした風水学の知識はなくても、通常ならば、まず、直感的にも、買わないだろうという家を買ってしまったりするのは・・・とくに、気分がネガティブモードのときは、ありがちなことかもしれませんね~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そういえば、以前、お買い物の注意:「物にも入る気」というタイトルで、ブログ記事を書いたことがあるんですが、ほ~んと、気をつけるに越したことはないですよ~。

●できるだけ、正常を保てる状態のときに、お店の雰囲気が気に入ったところで買うこと。
また、ネット販売であっても、そこのサイトを見て、好きかどうかで判断できるはず。

めちゃめちゃ落ち込んでたり、逆に舞い上がり過ぎててもダメでしょうし、ニュートラルな状態が一番!
常にニュートラルな状態でいないと、カンが狂うもんです。

●また、めちゃめちゃ安い!!とか、すっごく高すぎる!ってものは、注意かもしれませんね~。
とくに、激安商品ってのは、ワケアリってことが多そうですから。 高いってのも、知名度なんかで吊り上げられてる場合もあるし~。

なぜ、安いのか、なぜ、高いのか・・を、ちゃんと確かめた方がいいです!

たとえば、コストダウンするために、最近では、海外の発展途上国で、すっごい安い金額で作らせてるケースってのもありますからね~。生活苦であえぐ人たちが、ネガティブな気分で作ってたりすると・・商品にも、そういった気が入ってしまうようです。

もちろん、彼らが、「わーい。仕事がもらえてラッキー!この仕事好きだし~。」と思いながら、作ってればいいんですが・・・「こんな仕事量で、これしか稼げないんだ~。でも、飢え死にするよりマシさ~。」と、かなり、やさぐれた気分だったりして、しかも、それを、がっぽり儲けることしか考えない中間業者の手を渡って入ってきたものだったりしたら・・・

いくら激安でも、私は、絶対買いたくない商品ですねえ。

そういえば、数年前のこと、
これは、商品といっても、物品じゃないんですが、ある、現地の旅行会社のツアー商品のはなし。

ものすごい格安ツアーで、日本人の観光客を乗せた小型バスが、事故を起して問題になったことがありました。
たしか、死傷者も出たと思います。

ドライバーをしていたのは、若い男性のパートさんで・・・ほとんど不休不眠で運転してたそうです。

本来、こちらの規則では、4時間を超える運転には、交代のために二人のドライバーさんをつけることになってるんですがね~。

最近の、日系旅行会社のドライバーさんは、ほとんどがパートさんで・・時給はめちゃめちゃ安いし保障はないって聞いてます。
なので、そのドライバーさんも、少しでも長く働かないと生活できないから、多少無理してでも!と思ったのかもしれません。
一方、会社側は不景気だし、余分な人件費はカットして、文句を言わずに安い時給で働く人を募集する傾向が強いようで・・・しかも、激安にしないと、お客さんはこない。
激安商品を売り出すには、やっぱり、社員やパートを安く使うしかない・・・って、とこなんでしょうかね~。

そして、結果的に、激安商品に飛びついてきたお客さんが事故にあった、ということかもしれません。

つまり、商品には、それなりの妥当な金額ってあると思います。

スピリチュアル的に言うと・・・あまりにも安いものには、その商品に関わる人々の、不平不満や不幸な感情が入りやすいってことなんじゃないかな。 (もちろん、なんらかの理由で、激安商品になったとしても、みんなが幸せな気持ちで関わってこられた商品ならば、ちっとも問題はないし、むしろ、それなら、嬉しいんですけどね~。)


おまけに、いい加減な商品でも売っちまえばナンボのもんよ~!なーんて、悪徳業者の念が入ったものもかもしれません。。。

とにかく、そういったネガティブな気は、買い手にまで影響を及ぼしてしまうってことなんですね~。


逆にいい商品(つまり満ち足りた気分の人々の手を渡ってきた商品は、気分を良くさせるだけでなく、運のアップにもつながりますからね~。

ほーんと、物ってのは、侮れませんよ~。

とくに、人の念が入りやすいものは、絵画、彫刻、人形、宝石、パワーストーンなんかも・・そうですね~。

絵画、彫刻、人形などを購入して、家で飾るときは、とくにご注意ください。
値段を見て決めたり、知名度や宣伝にまどわされないように。
あくまでも、ニュートラルな気分で、自分の直感に従うのが一番!



そういえば、最近、有名になった「呪われた絵」ってのがありましたっけ。
ご存知ですか?

「もだえ苦しむ男」というタイトルの不気味な絵で、これを描いた人が絵の具に自分の血を混ぜて書いていてさらに絵が完成したときに自殺しているという恐ろしい曰くのある絵。
イギリスの、ショーン・ロビンソンと言う人が祖母の家の屋根裏で見つけたこの絵を家に持って帰ってから家の中で不可解な人影が見えたり謎の叫び声が聞こえるなどの怪奇現象が起きるようになったらしいです。子供は、階段から見えない手で突き落とされたこともあったとか・・。とにかく事故も頻繁に起こるようになり、ついに、心霊現象を信じなかったショーンさん本人も、この絵を手放してしまったとか・・。
   ここのサイトで絵がみられます↓
http://www.spookythings.iofw.co.uk/myths-and-legends/the-anguished-man/



とくに、絵や彫刻、人形なんてものは、人の念が入りやすいですからね~。
ネガティブなものだったら・・・そりゃ、もう、大変でしょうね。

そういえば、天皇国家を呪った崇徳天皇は、血で書いた膨大な写経を贈ったんでしたっけね~。
人間の血、髪の毛、爪なんてものは、とくに、念がこもりやすいって言いますからね~。
だから、呪詛になんか使ったんだろうし・・。

怖っ!

とにかく・・・物は、生産されてから、人の手から人の手へと流通して、エンドユーザーの手に渡るわけです。

ならば・・良い波動を出す人の手を通ってくるものだけで、身辺を固めたいものです。

幸運を招くもの、というのは、以外にそういったものかもしれません。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"