ホピ族の世界の滅亡説

250646273_1779fc0f5b_m.jpg


たまたま、アメリカの先住民「ホピ族」について興味を持ってしまって、ここんとこ、ずっ~と調べ物をしていた。

結局、自分のWEBページにも載せてしまって、挙句の果てにはホピのシルバーアクセサリーまで販売するショッピングサイトまで作ってしまった!やれやれ・・。何やってんだろ、私は・・・。ビジネスになるとも思えないし、あんまりする気もないくせに~結構、夢中になって作ってしまった。。。(あ~疲れた~。)

まあ、私の努力の成果として、「ホピ族について」と彼らアーティストが作製したものをちらっとでも、見てやってください。

ホピ族の神話世界
銀の月ショッピングサイト


何がそんなに面白かったのかって言うとだね~、彼らの生き方と神話の世界なんですよ~。

昔は、先住民なんてものは、原住民と同じで文明を知らずに生きてる人々って思いこんでた。だいたい、掘立小屋か穴に住んでて汚いし~裸同然のかっこだし~。病気になっても薬も無いし、怪しい草でも食べるか、も~と怪しいシャーマンに祈ってもらうなんて気持ちわる~!

・・・まあ、子供の頃は、ずーーとそんなふうに思ってたんだよね。。。

そうそう・・そう言えばちょっと前に、ハンク・ウェルスマンという人類学者の書いた本で「スピリチュアル・ウオーカー」と言うのを読んだ。

それは、本人の実体験をつづったものなんだけど、なんでも・・著者のハンクは、まるで先住民のシャーマンのように、ある日突然、幽体離脱のような体験をするようになってしまい、5000年後の未来にタイムトリップしてしまう。

そこでは、もう、すでに現世界は滅亡してしまっていて、生き残った人たちは原始さながらの生活からスタートして生き抜いている話だった。

なんでこの世が滅亡してしまったかというと・・大洪水か津波によって陸地は水没してしまったらしい。
現在のアメリカの地形もかなり変わってしまっていて、アメリカ中西部のシエラネバダ山脈の西側らしきところはが残ってるようだった。
ロサンゼルスも、消えちゃってるようだし、もちろん、日本は、話にも出てこなかった。
全部水没しちゃうのかなあ?

そこの世界では、「昔はアメリカ人という民族がいて、繁栄した文化を持っていたらしい。」という神話となって語られている。もちろん言語もすっかり変わってしまっていて、英語は、古代語として多少残っている程度になっていた。

         。。。。。。。。。。。

そこで、ホピ族の話に戻るけど、ホピ族というのは、私が、頻繁に出かけていたアリゾナのフラグスタッフからも2時間程度のところの居留地に、今も、ほそぼそと住んでいる。

彼らは、戦いを嫌い、痩せた土地に、トウモロコシを植えて自給自足の生活をしていた部族だ。
ありとあらゆる自然のもの、空、大地、月、太陽、動植物にも精霊が宿っているとして、創造主と共に敬い感謝して生活することが、彼らの生き方だった。まさに「無為自然」な生き方。

病気になれば、薬草を煎じて飲み・・その薬草の知識も驚くべきものがあったようだし、また、医者の代わりには、メディスンマンとかシャーマンと言われる呪い師に治療をお願いしたようだ。

私が、子供の頃、きもちわり~オドロオドロした怪しい人と思ってた彼らは、おそらく現在で言う、気功師であり、超すぐれた霊能者だったんじゃないかと思う。
たちどころに、病人の滞った悪い気が見えて、治療する為には、自分を媒介として太陽や自然の気を取り込み、病人に新鮮な気を注入することで治療を施していたようだ。

お香をたいたり(ホワイトセージ?)太鼓を叩いたり踊ったりする事でトランス状態を作り出し、自分の顕在意識を消し去り、トランス状態を作り出すという意味があるようだ。それによって自然の気を取り込むことが出来たようだ。・・・・別の表現をすれば、「大地の精霊と太陽の精霊に祈りを捧げ、まじないによって悪霊を取り除いた」って事なんだと思う。

何にも知らない昔は、なーんで、あんなんで病気が治るもんかね~?だから、未開人つーヤツは、迷信しか信じないし困ったもんだ・・と思ってたけど、本当は、彼らこそ、我々よりも、ずーーと深くを知る人々だったんじゃないかって、今になって思えてくる。

ホピには、古代から何世紀にも渡って、門外不出の神話と予言が語りつがれてきている。
(一連の物語になっているんで、古い部分は、神話と呼んで、また起こって無い部分を予言と呼んでるに過ぎないんだけどね。)

私たちにとっては、ただの「神話」に過ぎなくても、彼らにとっては、真実の物語であり、また、真の歴史書でもある。

驚いたことに、それによると・・私たちの世界は、火山の噴火や大洪水によって3度も滅亡を繰り返しているらしい。今回は、4度目の世界で、しかし、それもまた・・だんだん滅亡の時期が迫っているようだ。(そういえば、マヤ歴でも、2012年滅亡説が出てるよね。)

確かに、ここらへんの地盤沈下も毎年、はなはだしいし、すでにニューオリンズあたりの土地は、海面すれすれになってしまっている。世界中でエルニーニョ現象は起こっているし、天変地異も起こり始めてるのも事実。

長年に渡って、高度成長期に伴い、人間は資源を掘りつくし、石油も電気もまるで無尽蔵かのように使ってきてるわけだし、大地も海も汚し放題で動植物も殺しまくって、遺伝子操作までしてるし・・そりゃ、生態系は崩れるし南極の氷は溶けるだろーし、エルニーニョが起こって、いずれは・・また、ホピの神話と予言書の如く、大洪水で世界は死に絶えるのも当然だろうなあ。

別の言い方をすると、「偉大なる神の怒りを買い、人間へ罰を与えて世界は滅んだ。」って事になりそうだ。

別に、神様が罰を与えなくったって・・長年に渡って、すべての人間がこんな行為を続けていたら、原因と結果の、因果関係として、いつかは滅亡するのは必須でしょう。

このままいっても、水位はどんどん上がり続けてるし、LAあたりでも気が付いた頃には、ほんの数カ月でマヒ状態が起こるでしょう。たぶん、真っ先に輸送手段がストップして、食糧もなくなって、電気もガスも止まって連絡網はなくなるし、食糧もなくなればスーパーマーケットに暴徒が押し入り、パニック映画さながらになるでしょうね・・・。水位が下がっているところに、南極の氷が全部溶けちゃって大洪水に津波がくれば、ほとんど全滅。
やっぱ、高い山脈の一部が残るだけかもしれない。。。

じゃあ、どうすりゃいいんだ~?

だからと言って、資源の無駄使いをやめて、今さら文明を放棄して、全員がホピ族のように、自給自足な生活に戻れってのは無理。

せっかくここまで進んだ文明を全部捨てちゃうなんてもったいない。
ここまで過去の人たちの努力の賜物があったわけだし、・・・だいたい、私は、PCゲーム大好きで、新しいパソコン欲しい~6コアPCも欲しいし、IPatが欲しいんだ~!

なのに、ぜーんぶ諦めて、トウモロコシの栽培して牛の世話して、精霊の声を聞くだけの生活なんて嫌だ~。←完全に文明の悪にとりつかれてる。

じゃあ、どうすりゃいいんだ~?

せめて、このままの文明を維持しながらでも、すべての人が、スピリチュアルな心は持つことが出来れば、第4世界は、まだ維持できるんじゃないだろうか?

つまり、いくら金儲けになるからって、がんがん資源を掘り起こしたり、必要以上に動物殺しまくったり、森林を伐採しちゃったりって、しない事なんじゃないの?
せめて、ほんのちょっとでも、ホピ族の精神を持つってことじゃないかね。

そして1日に、ほんのちょっとの時間でも、太陽の光を感じたり、草の匂いを嗅いだり、花を見て季節を感じることが、せめて、自然を感じられることなんじゃないだろうか?

ほんのちょっとでも、自然を感じるって事は、限度を知ることでもあるからね。

儲けるのも大事なこと、・・だけど、度を過ぎてしまえば、いつか、自分も破滅し地球も破滅させ、すべてを消滅させてしまう。・・・それを、ホピは、何世紀もの昔から、すでに知っていたんだと思う。

私たちは、今頃、エコロジーって言葉を知ったような気がするのに。

そういえば・・人間は、「第3の目」が退化してしまって使えなくなって以来、自然に宿る精霊の声も聞こえなくなり、動物の声も聞こえなくなり、ひたすら、物質文明におぼれていった。・・という記事を読んだことがある。

過去は、みんなこういった能力を持っていたんですね~。
他の事に気を奪われて使おうとしなくなったから、退化してしまったんだろうけど。
その結果、ますます、目に見える事しか信じなくなってしまったんでしょう。

自然に目を向けて、もっと五感で感じることが出来るようになれば、いつか誰でも、精霊の声を聞いたり感じたりできるようになるのかも。

そうすれば、自然と共に、ホピのように、共存して生きられるはず。地球も滅亡しないはず。・・そう、思うのだが。

ところで、エコロジーってのは、「地球に優しく、地球を守ろう」って言われるけど、「地球のありとあらゆるものと共存して調和して生きること」なんじゃないだろうか?


コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"