異常気象と風が吹けば桶屋が儲かるについて

私の友人のご夫婦は、海釣りのツアーに行くのが好きで、頻繁に行っているようだ。

近所のSan Pedro(サン・ペドロ)港から船が出て、半日釣りを楽しむことができるとのこと。

「どんな魚が釣れるの?」

「色々釣れるよ。カレイなんかは、一回で40~50匹は釣れたかな。」

「そりゃ、すごい!」

アメリカで、カレイというのは、FLAT FISH(フラットフィッシュ)と呼ぶ。そして、ヒラメも同じく、フラットフィッシュと呼ぶので、厳密には、どっちだか、わからないんだが・・・よーするに、カレイかヒラメがいっぱいとれるんだろう。

「だけどね、去年あたりから、海の温度が急激に変化してしまって、めっきり釣れなくなっちゃったんだよ。何か、海にも異変が起きてるってことが、ひしひし感じるよ。」

「そうだね~、異常気象に、地震に、野生動物の大量死に・・そういったことが、今まで起こらなかった地域で起こったりしてるもんね。」

「それに、深海魚が、海面近くに出てきてることが多くなって、深海ですら異変が起きてるんだと思うよ。」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

数日前に、イエローストーンが噴火する?なんて、ニュースも、いくつかのサイトで読んだばっかりだ。
            ↓
地底に眠る超巨大火山「スーパーボルケーノ」、地球を脅かす可能性

イエローストーンの異常 「CNN:噴火の兆候か?動物が逃げ出してる

まあ、起こりえない話じゃないだろうし、そりゃ、イエローストーンが噴火でもすりゃ、私も生きてる可能性もないだろうし、地球上も大きく変わってしまうことだろう。

また、オゾン層の破壊、地球寒冷化の予兆やら、太陽の磁場に異変など、様々な異常の記事も多い昨今。

たとえば、以前からよく耳にした、オゾン層の破壊

05_aurora.jpg


そもそも、オゾン層とは、どういったものかというと・・

はるか昔は、もともと地球には、オゾン層が存在しなかったんだそうです。
そのため、太陽からの紫外線が地上に降り注がれ、生物は生存できない状態だった。

やがて、オゾン層ができたことによって紫外線がカットされ、生命が誕生し、現在のような地球になったのだそうだ。

オゾン層は、地上20~30kmのところにある。
それを地上にもってくると約3mm(1気圧)の厚さしかなく、まるで、レースのカーテンのようなものでありながら、それが、地上すべてのものを紫外線から守ってくれている。

では、オゾン層が破壊されると、どうなるのか?

オゾン層は、太陽の日光に含まれている紫外線をカットする。有害な紫外線に直接あたってしまうと、皮膚ガンや白内障・失明、免疫低下によるエイズなどのウィルス性の病気にかかりやすくなることが判明している。

さらに、生物細胞の遺伝子(DNA)にも影響を与えてしまう。
今、世界中で皮膚ガンや白内障にかかる人が増加し、日本でも7倍に増えているそうだ。
20年後には、オゾン層は2/3が減少し、最悪の事態になると言われている。


そのオゾン層を破壊しようとしているのは、紛れも無い人間なのだ。

原因は、フロンガス

フロンガスは、世界中で冷却のために利用されている物質で、温室効果は二酸化炭素の数千倍もあるそうだ。
そのために、車のエアコンや、冷蔵庫、家のエアコンなどのいろいろな冷却のために利用されている。

しかし、これらの廃棄物は、オゾン層破壊物質のひとつとなり、とくに、廃棄する際には、フロンガスが多く放出されてしまう。


フロンガスは、空気よりも重いため、ゆっくりとオゾン層へと近づいていく。
オゾン層に到達するのは、20年後とも言われている。

注:炭酸ガスやフロンは、実は空気よりも比重は重いのです。 では、どんどん地上に溜まるのではないか?なぜ、はるか上空のオゾン層にまで到達してしまうのかということになります。 地球温暖化の原因とも言われている炭酸ガスは赤外線を吸収する性質を持っています。 つまり、地球上に、赤外線のカバーがかかっているという状態にしてしまうのです。 地上の放射熱を宇宙に逃がせなくなっているための温室効果が地球の温暖化を引き起こしています。メタンガスにも同じことがいえます。
オゾン層破壊物質であるフロンに紫外線が当たると、塩素ラジカルという物質が生成され、これがオゾンと反応すると、一酸化炭素と酸素が生成されます。
さらに、一酸化炭素はオゾンと反応し、今度は塩素ラジカルプラス2つの酸素分子が出来上がってしまいます。 あとは塩素ラジカルの分子量がどんどんふくれあがり、オゾンの分解が促進されていくということです。 塩素や塩素ラジカル事態は空気の比重よりも重いのですが、紫外線は地表にも届き、 地表からは上昇気流に乗り、容易に成層圏まで到達できてしまうのです。


そこで、現状では、フロンガス自体は、禁止され、代替として利用できる代替フロンを利用している。
しかしながら、この代替フロンは、フロンガスと比べるとオゾン層破壊への影響が、比較的弱いガスというだけに過ぎない。



原因がわかっても、フロンガスを減らすようにしかできない私たち。
今の科学では、オゾン層は、増やすことができないし、使用をやめるわけにはいかない私たち。

どうやら、20年前のフロンガスの悪影響を受け続けていくってことのようで、このままいけば、いづれは破壊されるしかないんでしょうね。

現在では、車も家電も、リサイクル法が導入されフロンの処理も行われている。
しかし、「家電を捨てるのにお金を払うのはイヤ」という考えで、不法投棄する人も後をたたないし、まあ、不法投棄しようがしまいが、多少のオゾン層の破壊を遅らせることはできる・・というだけの違いで、結果は破壊へと向かってるんでしょうが・・。

本来、開発者も、地球環境や私たちの身体によくないというものは、売らない、作らないようにするべきだったのに。
そして、利用者も、その実態も知らずに「便利」というだけで購入してきた結果が、今ここにあるってわけだね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうそう、地球寒冷化の予兆? 太陽の磁場に異変というのは、去年から言われてたんだけど、ここのサイトにもあったように、磁場がおかしくなってるらしいのだ。
        ↓
「太陽に元気がない」 地球寒冷化の予兆? 太陽の磁場に異変

n-JAXA-large448.jpg

本来は、北極南極がポールシフトを定期的に起こしつつ、左図が本来の姿なのに、現代は、右側のようになってしまうようです。

なんで??

ところで、なんで地球温暖化が地球寒冷化を起こすのか?

地球温暖化とは「地球全体の平均気温が均等に数度上がる」ことではなく、「平均気温の上昇で従来の気候システムが変化し、予期せぬ異常気象が増える可能性が大きくなる」現象なのだそうです。

そうすると、局地的な寒冷化の頻繁な発生もありえるってわけですね。

(1)まず、温暖化によって北極海の氷が解ける。実際、このところ特に夏の海氷面積が縮小している。

(2)海氷は太陽光の反射率が海よりも高いので、その面積が縮小すると、従来よりも太陽の熱を吸収しやすくなる。
さらに海氷は海から大気への熱伝達を遮断する“断熱材”としても働いているが、海氷面積が小さくなることで大気への熱放出が増え、北極海周辺の大気が暖まる。

(3)大気が暖まると、そこの上空で気圧が高くなる。

(4)偏西風帯のジェット気流がスカンジナビア半島北東、北極海の一部「バレンツ海」付近で北側に押し上げられ、その反動でシベリアから中国大陸に向かって、南側に大きく蛇行する。

(5)蛇行によってシベリア高気圧を強める作用が働き、強い寒気が中国大陸から日本列島に南下しやすくなる。

 注;もちろん、気候システムは多くの要素が複雑に関連し合って成り立っているので、北極海の海氷の減少だけで冬の寒さが説明できるわけではない。


■地球規模の「熱塩循環」に注目

「温暖化によって逆に寒冷化する」という学説がある。

この説の根底にあるのが、「熱塩(ねつえん)循環」「グローバルコンベヤーベルト」などと呼ばれる、地球規模の海水循環だ。

海水の密度は、海水温と塩分濃度によって決まる。海水温が低いほど、そして塩分濃度が高いほど密度が高くなる。密度の高い海水の塊は、深海に沈み込み、深層水となる。

このコンベヤーを動かしている“エンジン”は、前述の通り、表層海流と深層海流の密度の差だ。
温暖化によって北極海など北半球の海氷が解けて塩分濃度が下がると、海水の密度が下がり、水塊の沈み込む力は衰える。エンジンのパワーがなくなっていくわけだ。
それには海水温の上昇による密度低下も、拍車をかけるだろう。

0222_7.jpg
こうして熱塩循環が減速し、やがてストップしてしまう可能性があるという。

欧州は、表層海流として赤道付近から運ばれてくる温かいメキシコ湾流の恩恵を受けて緯度のわりに比較的温暖なわけだが、ここが寒冷化してしまうというシナリオである。<日系テクノロジーオンラインより>



まあ、実に色々なことが、複雑に絡み合いながら現象が起こってるわけですね~。

火山の噴火、地震、津波、異常気象、海の異常、動物の大量死、太陽の異変、ポールシフト異常、オゾン層の破壊などなど・・・すべてが絡み合い、すべてが影響しあってるかもしれません。

まさに、複雑なメカニズムを考えると、「風が吹けば桶(おけ)屋がもうかる」式のものみたいですね。

そして、いずれも破滅に向かってるのは確かかもしれません。

現代の人間の生活を維持することが、地球を破壊することになるってわけで、しかも、それをもう、やめられない。

ということは、遅かれ早かれ、やっぱ・・・滅亡でしょうかね?

そんなことを言うと、

いたづらに危機感を煽るな! 
人を不安に陥れるようなブログはやめろ~!

・・・と、嫌な顔をされる方も多いのかもしれませんが、でも、やっぱ事実だと思うし~、口当たりのいい事ばかり並べ立てても、つまらないですからね~。


今、私たちにできるとすれば、

せめて、サバイバルグッズくらいは用意しておこうか!

ということと、心の準備だけはしておこう!

って、ことくらいでしょうかね。。。


まあ、私は、たとえば、イエローストーンが噴火して、あっと言う間に死んだとしても、それも仕方ないかな~と、心の準備はできてます。

最期の瞬間までは、いちおう生きよう!とは、するつもりですが・・・。

ただ、せめて生き残った人たち、これから新しい世界を築いていく人々には、ぜひ、同じ間違いを繰り返さないようには伝えたいですね~。

・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、2011年の東日本大震災も大災害で、多くの人が亡くなったわけです。

でも、私は、遠い外国に住んでるわけで、テレビ画像で見ているだけでした。

おまけに、あの大惨事でも、私の周りには亡くなった人も災害に合った人は一人もいません。


しかし、一方、生き残った方でも、親兄弟や恋人を亡くされた方もいるわけですよね。
想像を絶するような経験をしてしまった方もいるわけですよね。

ところが、私のように身近に被害に合った人なく、ただテレビを見てたような人たちというのは、結局他人事に感じてしまうって方が多かったんじゃないだろうか?

本心は、あ~よかった!

私じゃなくて。私の家族じゃなくって。私の恋人じゃなくって・・・よかった~。

被害にあった人は、大変だなあ。かわいそうに~。

・・・と思ってしまった人の方が多いんじゃないかな。


それでいて、神妙な顔をして、口では、心からお悔やみ申し上げます。ということを必ず言う。
また、それを言うのが礼儀みたいなところがあって、言わなきゃ失礼に当たるんでしょうけど・・。

でも、私は、それが、ものすごーーく嫌~なカンジがして、気持ち悪いつーーか、白々しいつーか・・。

なので、今まで、一切、「被害に合われた方、お悔やみ申し上げます!」って言葉を使ったことがない。


なんなんでしょうねえ。


私が、ただ、おとなげない・・だけかもしれませんが・・・心に無いくせに、形だけその場をスルーさせられる言葉ってのが、キライなんだよね~。(うーーん、口当たりがいいだけで、ちっとも味の無いワインみたいなもんかね。)


逆に、私が被害に合って生き残った側として、そんな言葉をかけられたら、

「経験したことの無いオマエに、何がわかるんだあ!」と、きっと殴りかかってるかもなあ。(←やっぱ、おとなげないヤツだよなあ。)


たしかに、経験してない。

だけど、経験してなきゃ人は何もわからない・・・つーのは、これは、すべての人に当てはまるわけじゃないと思う。

なんの経験もなく、自分は幸せな場所にいたとしても、わかる人はわかると思う。



そして・・・おそらく、わかる人とは、強くイメージができる人なんだと思う。それは、想像力と言ってもいいかもしれない。

自分の経験してない恐怖、辛さ、痛みがわかるということは、自分に起こってないことでも、イメージする力があるから・・だと思うのだ。

多くの人が、現実の自分を離れて、他人の経験をイメージができるようになれば、

自ずと、その被害者にどんな言葉をかければいいのか、また、今後、自分はどうすればいいのか?

ということが、見えてくるんじゃないかと思うのだ。


もちろん、東日本大震災に限ったことではない。

世界中で起こっている災害や、戦争、そして難民についても同様だろう。

そして、地球の破壊、滅亡に向かう現状も。

今、遠いところにいる自分も、「風が吹けば桶(おけ)屋がもうかる」の一つにしかすぎないんじゃないかなあ。

そう、すべてが影響しあっている、ってことで、それは、私たち一人ひとりも例外でないような気がするのだ。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"