原発ホワイトアウトに見る過渡期

原発ホワイトアウトという本が出版されて話題になっているらしい。

o0640048012707786142.jpg


どうゆう内容かというと・・・

まず、作者は、若杉冽(れつ)さん。
東京大法学部卒、国家公務員1種試験合格、霞が関の省庁勤務−−公にされた素性はこれだけ。

9月に出版した小説「原発ホワイトアウト」(講談社)の内容は、原発再稼働にひた走る経済産業省と電力業界、政治家を結ぶ闇のトライアングルを描き、霞が関からの「内部告発」として波紋を広げている。

もちろん、あえて、小説という形をとって出版してるけど、

電力業界の政治献金で飼い慣らされた与党政治家と業界幹部、両者と軌を一にする経産官僚が原発再稼働に向けて暗躍する姿を描き、また、登場人物は仮名ながら、原子力利権について赤裸々に書いてあるんで、一目瞭然として、誰のことかわかるそうですよ。(笑)

先日、著者はインタビューにも応じたそうですが・・・ある記事からの内容を抜粋しておきます。
だいたい、どんな内容か想像がつくでしょう。


「現実世界は原発再稼働に向けて着々と動いています。一方で私は、電力業界のずるさや安倍(晋三)首相の言う『日本の原発は世界一安全』がウソなのを知っている。私は公僕です。そうした情報は国民の税金で入手したとも言える。もちろん国家公務員として守秘義務もある。だから小説の体裁を借りて『みなさん、このまま再稼働を認めていいんですか』と問いかけたかった」

(「モンスターシステム」と呼ぶ巨大な集金・献金システム)
「これは私が見聞きした事実を基にしています。東京電力福島第1原発事故後、東電の経営状況を調べた国の調査委は、東電が競争入札にした場合より1割強、割高な価格で業務発注していたことを明らかにしました。私は昔は2割だったと聞いていますが」。

電力会社は資材や施設の修繕工事などを、随意契約で相場より割高な価格で業者に発注する。業者は割高分の一部を加盟する電力業界団体に預ける。団体はその預託金を政治献金やパーティー券購入に充て、「大学客員教授」などのポストを買い、浪人中の政治家にあてがう。
業界団体「日本電力連盟」に"上納"される預託金は年間400億円。これで業界に有利な政治状況をつくり出す、というわけだ。

(公正であるべき官僚は)
 「上層部ほど電力業界にねじ曲げられている。退職後の天下りポストが欲しいというのもありますが、一番の理由は出世です」

(新規制基準の「穴」)
「欧州や中国で導入されている最新型原子炉は炉心溶融に備え、溶けた核燃料を冷却する『コアキャッチャー』という仕組みがある。抜本的な安全策ではないが、万が一の際にかなりの時間稼ぎができるのです。これが日本の新規制基準では無視された。電力業界や役所、原子炉メーカーも高額の費用がかかるから国民に知らせない。今や世界的に見ても日本の原発の安全性が劣るのは明らかです」

(毎日新聞 2013/10/14 風知草)
原発は、送電線の中継鉄塔が倒壊するだけでメルトダウンに至る可能性がある。鉄塔を守れという議論は2011年の事故直後からあった。
原発につながる1000本以上の鉄塔は今も無防備のまま放置されている。

アメリカは核兵器と原発の維持管理に同じレベルのセキュリティーを施している。

原発従業員の徹底的な身元調査、思想調査、武装警備員による厳戒にもかかわらず、原発や関連施設の敷地に部外者が侵入してしまうことはある......。



20131027-02.jpg


実は、私は、この本は、まだ読んでいません。

アメリカでは、もちろん、すぐに手に入らないし・・というよりも、あえて読まなくても、おそらく真実だろうな~と思えるし・・・おそらく、じっくり読んだところで、多くの読者が言うような、ええええ!!!というような、ショックは受けないと思う。

あ~、やっぱりね~!・・・と思うだけで・・・新たな大発見が出来るわけでもなさそうだし、それに、あまり、いい気分になれるような内容でもないでしょうから。。。

それよりも、現官僚でありながら、これを書いて出版した人がいたってことが、なんか、嬉しい気分ですね

最近、秘密裏に行われていたことが発覚するってことが多いですよね。

CIAかNSAの、各国首脳の電話を盗聴していたことが明るみになったり、
元CIA「情報漏洩事件」

これは、オバマさんも知らない、ブッシュ大統領時代からやってた・・CIAかNSA諜報活動だったと思うんですけどね。。。

まあ、これだって、あ~、やっぱりね~!ってカンジでした。。。

当然、我々の個人情報なんて、知ろうと思えば、なんだってすべてわかっちゃう時代ですから。

Google Earthで、自分の住所を入力してみたら、ちゃーんと自分のアパートが見えるし、画像を拡大してみると、窓も大きく見えるし、駐車場においてある私の車まで・・ナンバーまで、ちゃーんと見えましたから。

プロフェッショナルな人々が、最新テクノロジーを駆使すれば、そりゃ、なんでもOKでしょう。


原発ホワイトアウトの著者の方が語ってましたが、

「官僚の世界でも、本当に、腐った人間は1パーセントで、ほとんどの99パーセントの人間は、そりゃおかしいんじゃないの!と思ってる。ところが、出世が絶たれてしまうとか、遠くに飛ばされてしまうとか・・そういった理由から、口をつぐんでいるしかないという現状」

なのだそうです。

これは、もちろん官僚やら政治家、司法の世界だけじゃないですからね~。

近年、もっとも最悪なのは、マスコミの世界。

そりゃそうでしょう。

一番、国民に対して大きな影響力を持ち、あやつることができるわけですからね。

大手新聞社、朝日、読売、毎日は最悪、TV局も同様だそうで、唯一、まだ、真実の記事を書くジャーナリストがいるのは、東京新聞くらいだ!・・と言ってる人がいました。

私は、読み比べてみたわけでもないんですが、まあ、そうかもしれませんね~。

真実を語りたければ、ジャーナリストにはなるな!って時代なんですね~。
ジャーナリストってのは、スポンサーに関わることは一字一句書けないし、まして、政府の批判に繋がることも、しゃべっちゃいけないのだ。


もちろん、自費で海外に飛んで、命がけで真実を伝える取材をするカメラマンや記者の方々もいますが・・そういった方は、とにかく、資金が足りない。常にビンボー!

おまけに、当然、政府批判に繋がることは、大手マスコミに取り上げてもらえないんで、命がけの苦労のワリには、ますますお金にはならずに、挫折しちゃったり・・そうすれば、ますます、彼らの厄介払いができたってことにもなるわけですよね。

それよりも、政府ににらまれれば、消されちゃうってことも、ありえるわけで・・・。
国民に、それなりに影響力のある大物ならば・・ですけどね。

アラファト議長のポロニウム暗殺説 証拠が見つかる!
という記事も最近のこと。

こちらのブログにも、載ってました↓

アラファト議長暗殺の証拠を確認

権力+大金を動かせる人ならば、いまどき、病死や事故死にみせかけて人を殺すなんて、実に、簡単なことみたいですよ~。

アメリカでは、昔からある、CIAの手口ですから。
日本だって、同様。


なんだか、だんだん、嫌~な気分の話になっちゃいましたね。。。


だけど、世の中、ヘン?って思うことが多いのは事実。

もちろん、原発問題やら政治にまつわることだけじゃなく、
抗がん剤をはじめとする、ワクチンや定期健診、日々の食事、食品添加物に至る話だって、危険がいっぱいの中で、私たちは、なんとか、生きてるわけです。やれやれ。。。


そうそう、以前、私のブログでも書いたような記憶があるんだけど、一番高い抗がん剤のペグイントロンは、なんと1グラム、3億とか、飛行機が買えちゃうお値段ですよ。


しかも、がん細胞が確実に死ぬよりも先に、抵抗力をなくす、猛毒。
看護士さんは、完全装備の格好をして抗がん剤を注射器に移すんだそうで・・。
その抗がん剤で、ロックフェラーはどれだけ稼いでいるのか??


ほんとは、原発に代わるエネルギーだって、がん治療やエイズ治療のための安全で安価な薬だってワリと簡単に出来るはず。

なのに、その情報を握りつぶし、阻止している一握りの人々に、多くの人々はすっかり丸め込まれてるってわけね~


くれぐれも、大手新聞社の記事を読んで、TVを見て、政府筋の発表だけを鵜呑みにしないでくださいね~。
もちろん大病院も、薬品会社も、食品会社も、鵜呑みにしちゃだめですよ~。


じゃ、何を信じたらいいの?・・・って、話になるんだと思うですが、


真実は、自分から求めて取りに行くものだと思うんですよ。
自分で情報を集めて、自分で見極めるものじゃないかって思うんですよね~。


そうそう、お買い物するときと一緒で、たとえば、ウールのセーターが欲しいと思ったら、買いにいくでしょ。

この際、羊さんから糸をつむいで、そこからすべて自分で作るって人は除いて・・おそらく、多くの人は、買うんだと思う。

買うとき、手にとって確かめ、店員さんの説明を聞いて、それを信用して買うか、有名ブランドの名前で買うか、キャッチーな広告に魅せられて買うか、たしかに、人それぞれ。

だけど、本当に、自分に合ったもので、品質のいいものをゲットしようと思ったら、色々吟味して、最終的には、自分のカンを最大限に働かして買うんじゃないかな?


おそらく、それが、一番、間違いなく「正しいもの」になるんだと思う。
正しいセーターをゲットできるコツ。

真実ゲットも、きっと、同じようなものだと思うのだ。


自分から進んで求めて、冷静に判断し、自分のカンを最大限に働かしてみれば、どれが真実か?なんて、きっとわかるんだと思う。


そして、真実を見極めれば、「自分は、この状況で、どうすればいいか」って、きっと見えてくるって思うのだ。


だからといって、別に、すべての人が、無理に「悪」と戦う正義の味方やヒーローに、ならなくてもいいと思うけどね~。(笑)


ただ、それを、見極められるか、ただ、鵜呑みにして流されてるのかでは、きっと、生き方にも、大きな違いが出てくるはず。


世の中、世界中が・・・がらっと変わっていくような過渡期を感じる・・昨今。


国民一丸となってオリンピックを盛り上げよう~♪なーんて、話だけに惑わされてしまうと・・・それこそ、誰かさんの思う壺になっちゃうので、操り人形だけは、なりたくないもんです。




コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"