あらためて資本主義世界を考える

現代文明の特徴は、高度なテクノロジー資本主義でしょうかね!!

何をいきなり・・そんな事を唐突に言い出すのかと言うと・・

先日、家にあった古い本を読み返していて・・十二国記(小野不由美)という「異世界ファンタジー小説」なんですが・・。

TVアニメにもなったんで、ご存知の方もいるかもしれませんね。
(あ、これ、アニメはNHKだったせいか・・イマイチですね。本の方がお勧めです。

とにかく、ファンタジー小説の世界と現実世界を比べて、なーんか、色々と考えてたんだよね。。。
(↑私も、ヒマだよねえ・・いやいや、仕事が山積みなんですけど~)

61J7XY4GR9L.png


私たちの住む世界、資本主義って?

この際、超単純に言ってしまうと・・「お金もうけを中心」とした物の考え方に基づいて社会が動いていくシステムといえるかも。

私たちも、仕事して会社からお金をもらって、そのお金で何かを購入する、常にお金がつきまとう生活ですもんね。


じゃ、そのプラス面とマイナス面をあらためて考えると、

プラス面:基本にある「競争原理」・・・みんながそれぞれ「お金もうけがしたい」と思ってお互いに競争しあえば、様々な分野で、人々の能力が発揮され、その結果として社会が進歩する。

いろいろな企業が競争しあえば、より良い物が安く手に入ったり、より良いサービスが得られるようになる。

それが社会の進歩につながる。

たしかに、これは、いい事だと思う!



うーーん、じゃあ、ここで言う「社会の進歩」とはなにか?って、ことですよね?

日本でも、また、私の住むアメリカにおいても・・それは資源をたくさん消費して、科学と技術の力で、より楽で便利な生活をしよう」という文明じゃないかな。

もちろん、私も・・便利でラクなの大好き!IT機器はとくに新しいの好き!


ところが、ここからマイナス面が出てくることになる。


マイナス面:

●たくさんの資源を浪費すれば、たくさんの公害が発生する。⇒それは地球の環境汚染にもつながる。

●お互いに競争でお金や資源を奪いあうため、必ず「泣きを見る」人がでてくる。

もちろん、資源やお金が無限であれば問題ないんだけど、それって・・当然限られてますからね~。

なので、誰かが得をすれば、必ず誰かが損をするのは当たり前。


会社レベルで言えば、ある会社が「もうける」ということは、ほかの会社が「損をする」。

個人レベルならば、誰かが「大学受験に合格」すれば、別の誰かが「落ちて浪人する」。

ようするに、勝組と負組を作る機構になってるってことね!


そうすりゃ、誰だって負組は、嫌だもん!

自分の知力(体力も?)すべてを駆使して勝つこと!に専念するようになるのは必然。



当然、「自分だけは競争に勝とう」「自分だけはお金もうけしよう」と考えて争う。
負けていく人のことなんか、考えてられないもん。

やった~! 私は、勝ったのだ!勝組だあ!!


負けたヤツは、能力と運が無かったんだから、仕方ないだろ!


精神性も、大きくそっちの方向に傾く。


そして、現状は、多くの負組みの上に、勝組は存在する



しかし・・ここでまた、勝組にも、問題が生じる。


私は、この世の中すべてが、循環の法則で成り立ってると思う。


資本主義の基本は、たくさんのお金が使われ、たくさんの資源が消費されなきゃならない
そうしないと、うまく立ち行かなくなっちゃう仕組み。

多くの負組みを作ってしまうってことは、当然、ビンボーな人がいっぱいになるってことだ。
モノを買えない人が多くなる。

そうなれば、不景気風がぴゅーぴゅー吹いて、みんなが、お金を使わないように節約しはじめる。
  ↓
そうすりゃ、物が売れない。
  ↓
すると、物を売っている会社も作ってる会社も困ることになる。
  ↓
工場は、物をつくっても売れないからつくらないようにする。
すると、そこで仕事をしていた人はリストラになる。

物を売る会社も、儲からなくなるんで、やっぱ従業員をリストラする。
  ↓
すると、失業した人たちは、当然、お金が無いし物を買えない。
ますます、負組みが増える。ますます、誰も買わなくなる。
  ↓
そうすると、ますます、会社は、商品が売れなくなり、倒産に追い込まれていく。
最終的には、勝組だった人まで、たちゆかなくなる。


どんどん、どんどん、悪い方に向かってしまう。


最終的には、勝組も負組もなく、滅亡に向かうってことですね。


まあ、これが、不景気の嵐が吹き荒れてる現状ね~。
その上、政府も負債をどんどん抱えて・・


これは、世界の経済も同じような状態で、資本主義経済のもとでは、どんどんお金が使われ、物はどんどん消費されないと成り立たない仕組みになっている。


で、手っ取り早い方法は?、一番大きくお金を使う方法は?

戦争なんですね~。

gulfwar.jpg

あの湾岸戦争ではいったいどのくらいのお金が使われたか、アメリカの軍事専門家が分析したところによると、湾岸戦争の初日に米軍が使った戦争の費用は、少なくとも670億円にのぼるとか。
たとえば、アメリカ国防総省は、巡航ミサイルを100発以上発射したと発表している。
これは1発あたりが1億6000万円だそうだ。

消費という点で考えれば、戦争ほど、素晴らしい消費は無いでしょうからね~。


同時に、多くの人たちが殺されたりケガをして苦しむ。

ああ、これって、大幅な人口削減もできるってことか~。
人口の増加は、深刻な問題ですからね。・・・近い将来、食物もなくなるでしょうから。


資本主義の社会では、しょっちゅう戦争を起こしていないと、世界中が不景気になり、にっちもさっちもいかない状況になる。


多くの戦争は、大義名分や正義なんて、私は、なーんも関係ないことだと思ってますよ。


目的は、第一にお金!

どれだけ、わが国に利潤を生むか・・・少なくとも、そうやってアメリカは戦争を起こしてきたわけですからね。


ちょっと面白いたとえがあって↓

「地球という金魚鉢に、何匹の金魚が住めるか?」

という、地球を金魚鉢にたとえた例があるんですよ。

金魚鉢には、水が入れられ、金魚や水草、藻などが入っている。

この大きさの金魚鉢の中に「いったいどのくらいの金魚を飼えば、水があまり汚れることもなく金魚がいつまでも元気でいられるか?」・・・つまり、人口問題を考えるってことね(笑)

あまりにもたくさんの金魚を飼いすぎると、水の中の酸素がたりなくなるばかりか、金魚自身が排泄するフンで水が汚れて、金魚が全滅してしまう。

この金魚に「どの程度のエサを与えればよいか?」
あまりたくさんのエサを与えすぎると、金魚がそれを食べきれなくて、水が汚れてしまう。



地球と人間は、金魚鉢と金魚の関係とも似てますね~。

ということは、私たちは、まず、考えなきゃならないことが、少なくともこれだけあるってことです。
   ↓

「どのくらいの数の人間が住めるか」

「そのためには、どの程度の森林が必要か」

「○十億人の人間を養うためには、どのくらいの食糧が必要か」

「そうした食糧を生産するための土地がどのくらいあるか」

「空気はどの程度きれいでなければならないか」

「そうした空気を維持するためには、どの程度の汚染まで許されるか」

「全人類が幸せで文化的な生活をするために、どの程度の資源を使ったらよいか」

また、「資源の残りはあとこれくらいなので、その範囲内で文化的な生活をするためには、このような方法が良い」とか、
「文明生活を続けるためには、どの程度の資源をつかい、その結果どの程度の環境汚染が起こるか」などなど。



私たち人間は、最初は、高度なテクオロジーに憧れ、ただただ「便利さ」と「楽をしたい」という欲求のために、がんがん突き進んできたと思う。

つまり、最初は、たぶん、みんな知らなかったのかも。
文明開化だとか、高テクノロジー、科学の時代って、単純に考えてただけかも。

だけど、途中で、みんなが、「あれ?こりゃまずいんじゃないの?」「地球の資源て大丈夫なの?」
「大気汚染で体が悪くならない?」
・・・と気がついたはず。


気がついた時点で、上にあげた問題を真剣に考えて、すぐに、対策をとらなきゃいけなかったはず。


なのに、私たち人類はこのような単純な問題にすら、目を向けずに、見なかったことにして、どんどん、突き進んでしまったんでしょうね~。


なぜ?

まあ、自分の生きている時代は、少なくとも大丈夫だから。
だから、このままいっちゃう! 少しでもお金儲けて、楽しく暮らしたいもんね~。


というのが、本音でしょうかね。。。

ありゃりゃ、典型的な資本主義的な考え方、つまり、自分のことしか考えてないってことね。


まあ、色々と理由はつけられるでしょうが・・・、

人のことなんか知ったこっちゃない! 
地球の資源なんて知ったこっちゃない。
まして、未来の人なんか知ったこっちゃない!


それが、ベースにあるってのは、否定できないでしょう。


以前、ある会社では、こんな販売促進マニュアルがあったんだそーです。↓


●消費者に、どんどんモノを捨てさせろ。そして新しいものを買わせろ。
●消費者の購買意欲を煽るようにして、競争で買わせろ。
●記念日を多く儲けて、プレゼントを買わせるようにさせろ。



実に、お見事な目のつけどころです!
まさしく、資本主義経済をリードする業界になったことでしょうね。

そして、それを見習った多くの企業が、そして個人個人が、この現状を作ってしまったことでしょう。


いまだに、バレンタインデーのチョコを買いに群がる人々なんかを見ると・・あーあ、しっかり企業戦略にはまってる・・・と私は思ってしまうんですが・・。

valentine.jpg


人がやることをマネさせる心理、流行にのらせる心理。作られたおしゃれ感覚を植えつける心理・・お見事です。
それだけ、多くの人々が、自分の頭で考えたり、オリジナルプレゼントを作りだすことが出来なくなってるってことですね。
企業側に、依存してしまった心理状態~ですね。

これもひとつの洗脳でしょうね~。


・・・・・・・・・・・・・

こういった多くの過去の人々のせいで、私たちのがあるわけで・・・

そして今でも、似たようなことを続けてるわけで・・・。


その先には、破滅しかないのに、やめられない現状。


あ、中にはこんな事をいってる人もいますよ!

「この地球は、近い将来ダメになるのは見えているから、だから、宇宙に目を向けて、地球に似た惑星に、移住させる計画を立てている。」と!

うむむ。

もちろん、それだって・・お金持ちの勝組だけが、移住できるってことでしょう(笑)
そして、また、地球と同じことを、新しい星でやりはじめるだけ・・??


または、こんな計画もありみたいですよ!

「核廃棄物は、海に流すか地中に埋めていても限界があるから、ロケットで飛ばして宇宙に廃棄する」

おいおい! それって、宇宙なら、どんなゴミを捨てても大丈夫って発想ですか~??

ウチの庭がいっぱいだから、よその大きな庭なら、大丈夫だろう!ってことと同じじゃない?
今のところ、宇宙人や宇宙の神様が出てきて、怒られる心配もなさそうだし・・・てこと?
見つからなきゃいいや!ってこと?

そもそも、その発想があったから、これだけ地球をダメにしちゃったんじゃないのかい??

うーーむ、なんだか、そんな解決法しか思いつかない人間が・・情けない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

では、どうすりゃいいんでしょうかね?

意識改革しかないでしょう。

まず、一人一人が知ること。愚かに操られるだけの人間にならないことですよ。

そして、この世の中すべてが、循環の法則で成り立ってるってことを知るべきなんじゃないかな?

公害を作り出せば公害に殺され、自然破壊すれば破壊した自然に殺され、必要以上に金儲けしてしまえば、いずれはお金によって滅びる。

つまりは、自分ひとりの問題じゃないってことですね。

1人の人間も、多くの人間と共になりたっている共同体に属していて、同時にそれは、自然の中で成り立ってる。
動植物もすべて含めた自然の中



個人=人間全体=自然=地球=宇宙
個人≧人間全体≧自然≧地球≧宇宙
  ↑
*そして、これらは、循環してる。

おそらく、それに気がついてないから、自分の一生だけが良ければ、それでいいや!・・と考えてしまうんじゃないかな。

私個人的には、輪廻転生ってのを信じてるんですよ~。


自然界に循環の法則があるならば、おそらく理論的にも輪廻転生は有りえると思う・・・。

そうすると、たとえ、その人の一生が、散々自然破壊して公害を作り出して、そして自分だけは安全に長寿を全うできたとしても、必ず、今度は、自分が作り出してしまった、最悪な世界に生まれ変わる・・・んじゃないかと!

そうゆうのを、カルマって呼ぶのかもしれませんね。。。

また、決して個人レベルだけじゃなくって、個人も多くの人々の一部であって、自然の一部であって、同時に、1人でもあるという関係。カルマというのも、きっと同様。

聖書にある言葉で、「目には目を、歯には歯を!」ってあるでしょ?
あれは、一般的には、やられたら、やりかえせ!って勘違いされることが多いんだけど、本当は、過剰防衛を防止するためのものらしいのだ。

つまり、目をつぶされたら、相手の目だけをつぶせ。
足を折られたら、相手の足だけを折りなさい!


それを、もうちょっと拡大して考えると、カルマの法則になるのかも。

自分がやったことは、自分に同じように帰ってくるという。

・・・・・・・・・・・・

循環の法則、そして、こういったカルマの法則、輪廻転生を考えると、

今、自分が生きてる間が無事なら、それでいいんだ!とは、もう、考えられないはず。

自分を含めて、人類全体、動植物全体のことを、すべての人が考えない限り、おそらく、同じことを繰り返してしまう気がする。


私は、同じことを繰り返すのは、う~んざりだし、早く、次の進歩した先が見たいんだよね!
人間には、それだけの能力があるはずだもん


それには、このままで、どんな政策を打ち出しても無理だと思う。

結局、人間すべての精神性を大きく変えなきゃね~。


そんなのいまさら、無理・・・このまま世界が滅亡すりゃいい!って人もいるけど、
私は、それが、いまさら無理・・だとは思わない。

それに、滅亡したって、また同じことの繰り返しじゃたまらないよ~


ケンブリッジ大学の物理学者ルパート・シェルドレイクさんて人がいて「形態形成場」理論てのを提唱してるんだよね。

数が集まった時にそれがある臨界値(閾値)を超えると、突然異なった質のものが生まれる。

「ある臨界点を過ぎると情報というものは一挙に拡がる」

「あることを真実だと思う人が一定数に達すると、それは万人にとって真実となる」といった現象ね。


ならば、1人でも多くの人が、気がつけば、世の中は簡単に変わるはず。


今、私たちに出来ることは、意識改革。


それにね、カルマを消す方法は、「無償で人のためになることをする!」ってことだけじゃないようだよ。
覚醒すること・・・らしい。


現実的にいえば・・もしも、お金も権力もたっぷりある人ならば、それを、良い世の中を作るために、使うことでしょうね。
もしも、ビンボーな人ならば、まず、自分で考えること。洗脳されないこと。
必要以上に求めないこと。何が、本当に必要かを・・知ることなんじゃないかな?

・・・・・・・・・・・・

今、私のできることとして、少なくとも、企業の戦略には、乗らないようにしている。

バレンタインデーチョコは、昔から買わない!
面白いアイデア商品がいっぱいあったりするんで、お店の見学には行ったりするけどね・・・。

自分で、あっと驚くプレゼントを手作りする。

もしも、「え?こんなのイヤだよ!フツウの人たちのような、プレゼントが欲しいよ~!」という男は、はじめから相手にしない(笑)

(もっとも、欧米のバレンタインデーは、男性からプレゼントをもらうんだけど・・なんで、日本は逆になったんだろう?
女性客にお金を使わせるための策略だったのかな?
おまけに、お返しの日?ホワイトデーなんかも作っちゃって・・・すべてが経営戦略か??
うーーむ、日本の商売って、アメリカ以上だよね。)


・・・・・・・・・・・・・・


最近、私のパソコンが調子悪い!
ケイタイもそろそろ、契約期間が切れる。

そこで、店で、ニューモデルを買ってくるのは・・やっぱやめて~。(←ただ、お金が無いだけ?)

そこで、ホセに頼んでるんだが・・。

「パソコン欲しいけど、買いたくないんだよ!だから、作ってくれる?

かくかくしかじかで(色々、きょう思ったことを説明)経営戦略に載せられるような、無駄と思える買い物はしないで、しかも、スペックもいいやつね。完全オリジナルね! それを作って!」

「いいけど!お金を使いたくないなら、まずLinuxだな。ディストリビューションは、Ubuntu? いや、お金をかけたくない人なら、Damn Small Linuxか。CUIにしよう!」

は? はあ???CUIってなーーーに??」(←すでに意味不明になってる。。)

「CUIとGUIの区別も知らないよーなヤツに、使えるのか?
基本的なコマンドがわからないような人は、高いお金払って、WindowsかMacでも買うしかないんじゃない?」

ムかつく~ぅ!

あ? しかし・・それは、すでに、WindowsとMacの経営戦略に載せられてるのかも~。
ほんとは、パソコンが普及する前に、私たちは、もっと勉強してパソコンを使うべきだったのかも。

きっと、そういった小さなことすべてにおいて、私たちがちっとも頭を使わなくていいように、そして、お金をいっぱい使えば、より便利さが買えるように、なってるんだろうなあ。

新しいパソコンを買っても、すぐに古くなる、せいぜい数年しか持たないで壊れる。。


より軽いメモリで十分動くLinux、しかもフリー(無料)で、オープンソースなソフトウェア。(←その程度の事しか知らないのだが・・。)

だけど、そんなの、マニアックなヤツラし使わないよ!・・と思ってる。
特殊なヤツラじゃなきゃ、難しいものと思い込んでる人も多い。

でも・・・せめて、ホセ程度の知識があれば、みんなが、使ったはずだもん。

つーか、みんなが、古いパソコンに自分でインストールして作ってしまえば、大きく市場は変わってたはず。
マイクロソフトなんか、あんな大企業にならなかったはず!

小学校の授業にも、コンピュータークラスを入れとけば、今頃、みんながプログラミングが出来るようになってれば、絶対、安くて便利で軽い方選んだはず。
(子供の頃から、学ぶと結構、簡単らしいのだよ!)

消費者を家畜化しろ!
無知なまま、操れ! 消費させろ!
・・・の戦略に、のってしまったんだろうなあ

やっぱ、みんなで賢くなろうよ!

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"