味覚と先入観の関係

つい先日のこと、日系のスーパーマーケットに、3日間のお仕事に出向いた。

日本からのメーカーが来て、食品のデモンストレーションをするために、商品のサンプルを配り、お客さんに商品の説明をする・・という仕事。

日系スーパーといえど、お客は、色々な人種が来るので、なかなか面白いのだ!
それに、私も新しい商品を試食できるし、中には、あ!と思うような興味深々の商品があったりするので、わりと楽しい仕事でもある。

・・・・・・・・・・・・・・・

日本からやってきたメーカーの人について、英語圏のお客さんたちには、通訳をかねて商品説明をして、サンプルを試食してもらう。

まずは、バルサミコ・・・それも、リンゴ100%で作ったバルサミコだった。

一口味見した瞬間、ふあ~と、りんごの香りが広がり甘酸っぱさのも残る。
従来のぶどうで作ったバルサミコよりも、軽やかで、そう、まるで、草原を吹き抜ける甘いりんごの香りを思わせるような・・。(←ちょっと褒めすぎ~!)

「これ、すっごくいいですよ。りんごの甘酸っぱさがしっかり残ってる!
料理にもジェラートにも最高かも。」

「ほんと!そうでしょう。そうでしょう・・・!」と、メーカーのおじさんも喜んでる。

「さて、どうやって、お客さんにサンプル出しましょうかね?
 イタリアンブレッドを小さく切って、それにちょっとつけて食べてもらうってのは、どうですか?」

「あ、それがいい!そうしよう!そうしよう~♪」


。。。。。。。。。。。

お客さんにもなかなか好評


そこで、しばし、私は別のセクションに行き、他の商品を手伝って、また、しばらくして戻ってくると・・・そこには、大ベテランのヨシコさんが、私の代わりにおじさんと一緒に、サンプルを配っていた。

ありゃ! 


さっきのりんごのバルサミコにどうやら、オリーブオイルも混ぜたものが置いてある。

それを、ぱくっと、パンにつけて食べてみた。

ありゃりゃ! ちっとも美味しくないぞ!
オリーブオイルのオイリーな味がじゃましてしまって、リンゴの香りがさっきよりしなくなってる。。。

食べた後に、オイリーな感覚が残る。

こりゃ、いかんだろ!

balsamic-italian-dressing_01.jpg


「なんで、オリーブオイルを混ぜちゃったの?
バルサミコだけの方が、ぜんぜん風味もよかったし、美味しかったのに~。」
・・と、メーカーのおじさんに尋ねると、

いきなり、大ベテランのヨシコさんが、割って入ってきた!

「バルサミコをパンにつけて食べるときは、必ず、オリーブオイルと一緒にしなきゃいけないのよ!」・・と、ヨシコさん。。。

「いや、必ずということは無いと思いますよ。もちろん、ドレッシングとしてオリーブオイルと混ぜて使ったりもしますが・・この場合は、バルサミコだけの方が美味しいと思いますよ。
オリーブオイルの種類によって、相性もあると思うけど、私は、このオリーブオイルなら、バルサミコだけの方が、いいと思いますけど・・。」
・・・と私。

「何言ってるのよ!これは、バージンオイルって書いてあるオリーブオイルなのよ!」

あのさあ、バージンオイルって書いてあるからって、すべてが美味しいわけじゃないし、産地や料理による相性ってのもあるんだよなあ・・。

ヨシコさんは、続けてまくし立てる。。。

「それにね、本場のイタリアでは、バルサミコとオリーブオイルを一緒にしたものにつけて食べるものなのよ!」

「いや、別に、必ず一緒にしなければならない・・という事ではないと思いますけど・・」

「あなたね、イタリアに行ったことあるの!私は、行ったわよ!イタリアでは、そうやって食べるものなのよ!!



はああ???

イタリアに行った事があるとかの問題じゃないんだけどなあ。
いかに、美味しく提供するかって事なんだけど。。。


「私は、一度も、行ったことないですよ!」

ほーっら、見たことか~!って、顔をするヨシコさん。

ちらっとメーカーのおじさんを見ると、ぜーんぜん、この会話に無関心の様子。

あんたんとこの商品なんだよ!
どっちが、美味しいか、自分の舌で確かめたんかい!


それとも、本場イタリアでは・・のヨシコさんの説明に納得して、「本場イタリア風」に提供することに決めたのか・・。

私のモチベーションがずるずるずる~と、盛り下がっていくのがわかる。。。

さっさと、別のセクションに行って、他のメーカーのおじさんの商品を手伝うことにしてした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人間て、面白いなあ!って思う。

たとえば、ヨシコさんのような人は、おそらく味覚よりも先に、「本場のイタリアの食べ方」を優先する気持ちが強いんだと思う。
(私は、イタリアでは、すべての地域でそういった食べ方をしてるのかどうかは、知らないが・・。)

本場イタリアの食べ方だから、だからこそ、味だって美味しいのだ・・という心理なんじゃないかな?

したがっていくら食べ比べてみても、彼女の先入観がある限りは、やはり、彼女の脳は、オリーブオイルと混ぜた方を美味しいと認識してしまうことだろう。

同様に、オリーブオイルでも、バージンオイルと明記してあれば、それは、高級品であり、美味しいものだ・・と彼女の脳が判断してしまうことになるんだと思う。

強い先入観は、オリーブオイルの産地による味の違いを楽しんだり、食材との組み合わせの面白さを楽しむことを許さないのかもしれない。

うーーん、それこそが、人生の楽しみでもあるのになあ。。。
美味しいものを食べて感動することってのも、素晴らしい感性のひとつなのになあ。。。

・・・・・・・・・・・・

私の友人の1人、超ビンボーな男で、高級ワインを飲んだことも無ければ、もちろん、キャビアやフォワグラなんてものも、全く知らないって人がいた。

急に、彼のことを思い出した。

もちろん、彼は、そういった食材やワインに対する一般常識さえ、まーーたくなし。

たまたま、タダ券をもらって、彼と高級ワインの試飲会に行ったことがあった。
(なんで、そんな男と一緒に行ったのかは忘れたのが、たまたま、彼しか都合がつかなかったんだと思う。)

fine_vintage_wines_to_accompany_dinner.jpg


そこで、びっくり!

彼は、ワインの良し悪しをちゃーんと、舌で感じてるのだ。しかも、一般人には到底わからないような微妙な香りや味までも感じられるようだった。

「あれ~、こっちは、なんかワカメつーか、海草みたいなのが、ごっくんと飲んだあとに来るぞ!」
なーんて、おかしな表現をするのだが・・。

そこで、ワインセラーの専門家がびっくり

「素晴らしい!なかなか、普通の人には認識できないんですよ!
あなたは、相当ワインを学ばれた方のようですね。この最高級のピノ・ノワール種ワインの、ロマネ・コンティは海草の香に近いものがあって・・・云々。」


「は? ピノなんとかロマンスとかって??何、この人のしゃべってる事、俺、さっぱりわかんねえよ!英語わかんないし~。」と、本人は私にささやくのだが・・・私も、彼の舌には、びーーくり。


まったく、先入観の無い人の方が、素直に味覚が脳に届くんだろうなあ。。。

だから、むしろ子供の舌の方が、一番確かと言われるのかもしれないね。


そのビンボー男は、かなり楽しかったようだった。

「俺、きょうは、すっごく楽しかったぜ!あんなに外国の酒にも、いろんな味があるんだなあ?」

「外国の酒って・・ワインって言えよ!!ったく~。」

「あ、そうそう、ワインね! 俺、あのワカメのやつと、ばあちゃんちにあった夏の樽の匂いがするワインが好きだったなあ・・。」

 
ボキャブラリー不足のために、ヘンな表現をするヤツだが、彼は、ちゃんと最高級のワインを指していたのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本来、味覚とは、そういったものなのかもしれない。

五感で感じる事が先なんだろう、と思う。

知識でさえ、時には先入観となって、素直な5感を狂わせてしまうものかもしれないなあ。


感じることが先に来て、知識や頭で考えることは、その後でいいのかもしれない。。。

私たちは、まず、先入観や既成概念を捨てないと、ほんとうに楽しめるものも無くなってしまうのかもしれないね。

これは、味覚だけに限ったことではないけどね。


ヨシコさんのおかげで、色々な事を考えさせられる日だった。


コメントの投稿

非公開コメント

確かに

バルサミコだけの方が美味しそうですよね?(;^_^A
ヨシコさんの思い込みでオリーブオイルが入っちゃったんですね!

ビンボー男さんのワインの感想のところでは、久々に大爆笑でした!でも高級ワインは『ワカメ』っぽいかも。。。ですね(;^_^A

Re: 確かに

ようこさん

こんにちは。
あのバルサミコは、まさに、りんご~って風味があって美味しかったですよ~!
だから、残念だったなあ!

あのビンボー男、どーしてんのかなあ?今じゃ、すっかり連絡先もわからなくなっちゃったんだけど・・ひょっとして、「超金持ち、はげ、デブ親父」になってて、偉そうに、ワインの能書きを滑らかにしゃべるようなヤツになってたりして・・(笑)

うーん、長年、高級ワインに縁が無い生活だったんで・・ワカメっぽいのが想像つかないなあ(笑)
また、試飲だけでもしてみたい!・・と思ってる私です!


> バルサミコだけの方が美味しそうですよね?(;^_^A
> ヨシコさんの思い込みでオリーブオイルが入っちゃったんですね!
>
> ビンボー男さんのワインの感想のところでは、久々に大爆笑でした!でも高級ワインは『ワカメ』っぽいかも。。。ですね(;^_^A
Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"