科学でみる3次元、4次元世界の住人


先日の、宇宙と宇宙人の話に、ちょっと関連して、

3次元、4次元、5次元~ 多次元って、どーゆうものだろうって、あらためて考えて見ました。

もちろん、数学、物理学、量子力学といった、ある程度ベースとなる知識の無い私には、よくわからないことも多いのだけど、それでも、なーんとなく自分なりに解釈してみたいな~と(笑)

まず、この世の中が3次元であることは、もちろん誰でもわかってることだよね。
アインシュタインの相対性理論では、時間と空間を同列に扱って、この世界を4次元としてるけどね。。。

ややこしくなるので、ここでは空間の部分だけ取りあげてみましょう。

まず、○○次元の定義ですが、簡単に言っちゃうと・・・その場所を特定するのに必要な要素の数って、ことですね。

たとえば、○○街、○○番地、XXビルの3階と住所を言ったり、北緯,南緯,東経,西経の組み合わせで,地球上のどんな場所の位置でも表せる・・・これは、3次元の私たちが使う方法。



0次元というのは、
1次元は、 基準点から何メートル何センチというように、一つの要素を決めれば場所は特定される。

2次元は、
2本の線は直角に交わることができるし、XとYという2つの要素を決めれば場所は一つに決まる。

3次元は、立体
3本の線が互いに直角に交わることができる。場所を決める要素は、X、Y、Zの3つ。

4次元は?
理屈上では「4本の線が互いに交わる世界」ってことですね?
残念ながら、3次元世界の住人には、具体的に想像することはできないでしょうけどね。。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そこで、ちょっと面白い話。

それぞれの次元に密室を作ったとして、そこに、どうやって進入するかってお話。


0次元は、もう、そのままだからほっとくとして(笑)・・

1次元世界での密室は、線上の2箇所に仕切りを作れば完成。
この2つの仕切りの間には、同じ1次元世界の住人は侵入することができなくなってしまう。(図1(b)
完璧~

ところが、2次元世界の住人から見ると、図の矢印方向から簡単に侵入できちゃう
(下の図みてね!)

同様に、2次元世界の密室 図1(c)は、3次元世界の住人は、図の矢印の第3の方向から簡単に侵入可能。

って事は、・・・、我々の3次元世界で、どんなに完璧な密室を作ったとしても、4次元世界の住人にとっては第4の方向はガラ開きで、自由に出入りできてしまう、って事になる。

おそらく、4次元というのは、時間の概念や、アインシュタインの相対性理論では、質量や重力といったものも考慮に入れている。

たとえば、時間の壁を飛び越えることが出来れば、当然、進入できちゃうって事になるもんね~。

タイムマシンで密室を作る直前の時間にそこに飛べば、かーんたん


stfig01.jpg
Personal Petit note bookからの画像

ここらへんに来ると、ほとんどの人が、SFの世界って感じてしまうでしょうね(笑)

しかし、次元が1つ上がれば、その1つ下の次元には簡単に進入できる、簡単に行かれるって事は、ちゃーんと、理論上でも説明はつくってことだね。

なーるほど、よく言われる、アセンションってのも、そうゆう意味だったか~と。

・・・・・・・・・・・・・・・・


ところで、今、わかりやすくするために、1次元として直線、2次元として平面を示したわけだけど、

1次元の世界がぐにゃぐにゃ曲がった線であっても構わないし、もしかすると、環のようになっていて、どんどん進むと元に戻るような世界でも構わない。

でも、「ぐにゃぐにゃ曲がる」といっても、それは2次元や3次元の世界の住人には容易に描くことができるけど、当の1次元世界の住人には、自身のいる世界が曲がっている状態を想像することは不可能でしょうね。

同様に2次元世界は、例えば球や円柱の表面のような曲面でもいいわけで、でも、それは2次元世界の住人には、絶対想像できない


そうすると、全く3次元の世界でも同じことが言えるはず。


この3次元空間が曲がっている状態、というのは、我々には想像できないし、もちろん、見えない、感じない!

でもね、「想像できない」から、それが「実際には存在しない」ということには、ならないよね。

現に、アインシュタインの一般相対性理論では、質量があると空間が曲がり、その空間の曲がりによって、通常は万有引力として扱われている現象が説明されてるわけだからね~。

つまり、具体的な形は描けないし、想像もできなくても、「現象としては、すでに認知できている」ってことですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・


ギリシャの哲学者、プラトンの著書「国家」の中に、こんな「たとえ話」が載ってる。

洞窟の中で、囚人たちが子供のころから拘束され壁に向かって座り、後ろからの光を受けてできた影を見ていたとする。彼らは振り返ってそこに何があるかを見ることができない。

そのため影の世界が現実であると思うようになる。私たちも、このようにして世界を認識しているのかもしれない。



プラトンは、囚人が後ろを振り返って、影をつくっている物体を見ようとしない限りは、物事の本当の姿は見えない。そして、真実に近づくことはできないと説いてる。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今、私たち3次元の人間は、空間の中に広がる、この世界を認識している。その色や形も。
そして、人が生き、自然のあるこの世界を理解している。

でも、さらに大きな視点で「光と影」を考えた場合、この空間自体が「影」になってしまうような、大きな世界がそこにあるのかもしれない。


その可能性に、科学者たちは早くから気づいて研究するわけだし、だからこそ、子供のような好奇心とロマンが、科学の出発点になる・・と言われる所以でしょう。


逆に、常に、3次元世界の常識で判断しようとしてしまう凡人には、絶対、見えてはこない世界ってことですね。。。

新しい世界を知るには、まず、「3次元の常識を捨てて見る」ってことが、第一歩。

それは、私たちにも言えることって気がしてくる。。。

コメントの投稿

非公開コメント

詳しい!

GINGETSU様

こんにちは。

とにかくGINGETSU様の探究心には脱帽ものです。

私だったら知りたくても難しくなって投げ出したくなるような
内容なのに、しっかり突き止め、しかも私なんかにもよくわかるように
説明してくれてすごく勉強になります。

「影を作っている物体を見ようとしない限りは物事の本当の姿は見えない」というプラトンの言葉には激しく納得です!

そこで必要になるのはやっぱり「深く考えること」ですよね。

しかし今回辞めることになったローマ法皇の顔が怖いと常々思っていた私はこれまた激しく納得しました。

権力を悪用する人間は最も小人だと思います。

No title

fumiさん

こんにちは。

そうですね~、考えるって大切! 
だけど、左脳を使ってじーーくり考えてるだけでも、ダメなのかも~って最近は思うようになりました!

アインシュタインがよく言ってた言葉で、直感とか、子供のような好奇心が大切って事が、なーんとなくわかってきた気がします。

きっと、そこから出発しない限り、影をみたまま「考える人」になっちゃうのかもね。。。それじゃ、まずいし~(笑)

あ、そうそう、あのローマ法王の顔、怖い!ってやっぱ思った?
私も・・です!! 見た瞬間、怖いし、なーんか、いや~なカンジが漂ってるって思った(笑)

殺されたって疑惑のある法王の顔は、実際は、かなりの革新派だったようだけど、とっても、優しい顔の見えるんだけど・・。

人って、つくづく顔に出るんじゃないかな~!って、自分で、ブログをアップしながら・・・私も思ってました。。。

No title

GINGETSU様

お返事ありがとうございます。

そうですね~。確かに考えすぎるといつの間にか最初の自分の直感から離れていく場合が多々あります。

「本当はすんごく嫌なんだけど○○すべきなのかなぁ・・・」と考え
揺らぎ始めたら、いつの間にか自分を大事にしない行動をとるはめに
なったり・・・。

直感とか好き嫌いとか感情はやっぱり大事ですね!
そしてきちんと考えられるようになるためには「見極める目」を
養うべしですね!

殺された疑惑のある法皇の顔は、今の法王とは対極にある
顔に私も見えます。やわらかさがあるというか・・。

顔は内面を表しているのかもしれませんね~~。


No title

fumiさん

私も、以前は、
「本当はすんごく嫌なんだけど○○すべきなのかなぁ・・・」って事が、すごく多かった気がします。

でも、きっと嫌なことは、やめるべきなんじゃないか!・・って、最近は、ずーずーしく思えるようになった自分がいます!

顔に現れるって、ほんとですね~。
私、自分でアップしながら、びっくりしたもん!
うわっ!怖っ!って。(笑)
Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"