ネコで見る「気」の大きさ

また、子猫を飼うことになってしまった。。。
この子↓
2012-10-13_08-35-18_466.jpg

真っ白なメスで、面白いことに右目がブルーで、左目がグリーンの色。
そりゃ、子猫だし~、たしかに、かわいいよ!

こんな子に、小首をかしげで、じーっと見つめられたら、きっと、かわいすぎて・・メロメロになっちゃうだろう・・・とは思う。。。

しかし、現実は・・・


ターボエンジン並みの速度で走り回るか、ジャンプしまくってる。

平らなフロアーを、なぜ、ジャンプしながら走るのか?

意味不明

ストックしてあった、トイレットペーパーを持ち出して噛み千切り、観葉植物は押したおし、液体クリーナーをフロアーに撒き散らす。。。
(あ、私のせいじゃありませんよ!・・もちろん、ちゃんとフタはしてあったのだ!
なのに、あまりに激しく押し倒したせいで、キャップが破損して、液体がフロアーに撒き散らされた。)

デスクの上にまとめてあった雑誌類は、部屋中に撒き散らし、スケート遊びに興じた後、ちぎって遊んだらしい。TV画面にもアタック、テーブルにおいてあったはずの小物は紛失するし・・。

外出から戻ってドアを開ければ・・・まるで、ハリケーンの後のような有様だ~。

夜は・・・お腹の上でジャンプされて眠れないし~!

2012-10-13_08-26-18_818.jpg

・・・・・・・・・・

まさに、ハリケーンが過ぎ去った直後、ホセが、遊びにきた。(←超、潔癖症)

「うっ!・・・・・あの~、子猫って、こーゆーものなの?」(犬派の彼は、ネコを飼ったことが無い。)

「まあ、子猫ってのは、いずれも、いたずら好きだよね。。あはは。。。」

「こ、これは・・いたずら好きなんて、もんじゃない!破壊って言うんだ!」


「う、うん。まあ、この子は、子猫の中でも、かなりすごい方かも・・・。」
(私は、何度かネコを飼った経験があるが、たしかに、その中でも、ワーストワンと呼べる。)

「こいつは、かわいい顔をして、中身は、モンスターが入ってるんだ!
にゃんこ先生1号は、おとなしかったのに・・2号は、グレムリンみたいだ!」


そういえば・・昔見た映画、グレムリンを思い出すなあ。。。

・・・・・・・・・・・

11月に入ったのに、その夜は少し蒸し暑く、ホセは、扇風機をつけた。

はじめて見る扇風機に、興味津々のヤツがいる。もちろん、にゃんこ先生2号だ。

あっと言うまもなく、ヤツは、ぐるぐる回ってる扇風機にジャンプして押したおし、なおも、回る扇風機の上で暴れてる。

「ひええ~、あ、あぶない!こら!降りろ!」

私より先に、ホセが大声をあげて、回る扇風機から、チビ・モンスターを引っぺがした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その後が大スペクタクル、見ものとなった。

2号は、はじめて、大声で怒られたことを、いったい、どのように勘違いしたのか・・・?

部屋中を全速力で駆け抜けて行ったと思うと、ぴゅうーーと戻ってきて、ホセにジャーーンプ

ついでに、アターーック!

ネコパンチをお見舞いする!

「ひええ・・殴られた!」ホセは、攻防戦のために、赤いバスタオルで体を覆った。

すると、ますます興奮する、チビモンスター!

アターーク!ネコパンチ!

まるで、闘牛だ。。。

「おい、にゃんこ先生2号! 僕が悪かった。。。ゆ、許してくらしゃい。。

そこで、私が、おもちゃのボールを投げ込む。

やれやれ、ようやく、2号の気は逸れた。

今度は、夢中でボールを追いまわす。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ネコはね、犬と違うんだよ!怒っちゃダメ!命令口調は、なおダメ!」

「ううっ、まるで、逆キレされたみたいだ!」

「でも、にゃんこ先生2号は、非常に好奇心は旺盛だし、1号よりも賢いと思うよ。」


ブラインドを開けることを勝手に覚え、今は、いかに冷蔵庫を開けるかを思案中らしい。
いつも、冷蔵庫の取ってにジャンプして、開けようと試みている。

危険この上も無い。。。

「そういえば、にゃんこ先生1号は、掃除機が大嫌いで、耳をぺたってして怖がってただろ?水に濡れるのも嫌がっただろ? 2号には、怖いものって無いの?」

うーーむ、そういえば、ヤツの怖がった姿を、いまだ見たことがない。

掃除機をつければ、面白がって、掃除機にアタックしてくる。満足に掃除もできない。

バスタブのお湯も、面白いらしく、手をつけて、びしゃびしゃと遊ぶのだ。

人間に怒られたと思うと、アタックしてくるし~。

「うーーむ、今のところ・・怖がったり、しゅんとなった姿を見たことが無いなあ。」

「好奇心旺盛で、怖いもの知らず・・だから、こいつの気は、でかいのか・・。」

ホセには、人(動物も含めて)の持つ、固有のというものが、見えるらしい。

気とは、おそらくオーラのようなもので、生命エネルギーのようなものだと思う。

ホセは、暗闇でも、強い気を発するものは、感知できると言う。

「そんなに、にゃんこ先生2号の気は、でっかいの?」

「うん、1号の3倍は、デカイ!
だから、真っ暗闇でも、ヤツがどこにいるかわかるよ。1号は、気が薄いから、ちっともわからなかったけどね。」

「ふーん、私の気もわかる?」

「わかるよ。人それぞれ、気の波動が違うから、後ろから、こっそり近づいても、ちゃんと誰だかわかるんだよ。
でも、薄すぎると、わからないんだ。」

な~るほど。

まさに、気が薄い人、影が薄い人ってことかも。


「でもね、人間でも動物でも、気がデカイ方がいいってわけでも無いし、薄いから善くないって事でもないんだよ。それぞれの、持ち味みたいなもんかな?
それに、でっかい気を持つヤツほど、早死にするような気がするよ。薄い方が、長生き傾向があると思うな。
ほら、にゃんこ先生1号は、18歳まで生きただろ?」

「なーるほど・・。じゃ、2号は、長生きはできないかもね。」

「そうだね。でも、生きるって事は、長さとは関係ないからね。いかに、満足して幸せに生きられたかって事しかないんだよ。」


にゃんこ先生2号・・・本当の名前は、クッキー(COOKIE)

コメントの投稿

非公開コメント

凄い!!

GINGETSU様

こんにちは。
とうとうにゃんこ先生2号、いや、COOKIEちゃんを飼ったのですね!
やっぱり猫のいない生活は寂しいですよね。

し、しかしここまで元気な仔猫ちゃんは珍しいと思います。すごいです。
うちのミコちゃんもかなりで手を焼いていますが、にゃんこ先生2号には負けます。大きくなるまではハラハラが続きそうですね。

気の話を聞いて納得しました。
というのも、確かに、今まで実家で飼ってきたネコで
やんちゃで物怖じせず、迫力のあるネコたちは皆、短命だったのです(涙)

他のネコたちの影が薄れるような元気者ばかりがなぜか寿命が
短く・・・。やんちゃで可愛いかったので悲しかったです。

そして確かにおとなしい猫たちは皆長生きです。15年は超えています。

今、うちで飼っている二匹はやんちゃです・・・。でも、マンションの部屋飼いなので事故はないはずなので、あとは健康に気をつけなければと
思いました。

こうして気づき飼い主が気をつけることで難を逃れていきたいですね。

そしてなんだか人間にも通じるようなお話でとても興味深かったです。

Re: 凄い!!

Fumiさん

お久しぶりです~♪

やっぱり・・ここまで、すさまじい子は、珍しいんですね~~。
やれやれ。

ところで、Fumiさんのネコちゃんたちの話、興味深いですね。
元気いっぱいで、やんちゃの子の方が、短命で、おっとり型は、長生きだったという話。
なーるほど・・やっぱり、そうなのか~と、なぜか、納得!

そういえば、Fumiさんの話で思い出したんだけど・・今の2号とちょっと似たタイプのネコを、ずーーと前に飼ったことがあったなあ。
やっぱり白いメスで、3ヶ月位の子猫が、ある日突然、家の前に現れて、ずーーと2日くらいいるんで・・きっと、捨て猫だろうと思い、ウチで飼う事にした。

もちろん、やんちゃで、物怖じしないタイプ、しかも、不思議と近所の人気者になるネコで・・・ある日、一緒に外を歩いてたら、その子が、色々な人に声をかけられるのに、びっくり。

「あ、シロちゃんだ!こんにちは!」

「あ、にゃおん!どこ行くの?」

「マルちゃん、きょうは、お散歩?」などと・・。

名前も、勝手につけられてる・・・。それに、いちいち、返事をする、ウチの子(本名は、ユキ)

そのうち、TV出演までした事があるんですよ~♪(ただし演技無し。もちろん、ギャラ無しだったけ。(笑)


ただの白い日本猫で、しかも捨て猫だったのに、なぜか、非常に人を惹き付けるようなところがあって、きっと、今になって思えば・・でっかいオーラ? 強い「気」を持ってたような気がする。。。
当時は、私自身も、「気」の大きさなんて、考えても見なかったんだけど・・。

ところが、ちょうど6歳を迎えたころに、事故で突然、死んでしまったらしい。
私は、それも、見てなかったんだけどね~。(涙)

私は、それ以来、ネコは、絶対外に出さないようになりました・・。

「気が大きい」って事は・・常に、自分のパワーを全開にして生きてるってことなんでしょうかね?
逆に、「気が小さい」って事は、パワーを小出しにしてるんでしょうか?(笑)

人間も、そうかもしれませんね。

いずれにしても、残される側としては、どんな短命な子でも、少しでも長生きして欲しいものですね~。

いつも、ありがとうございます!

そうだと思います!

GINGETSU様

お返事ありがとうございます!

人気者で思いだしました。
確かに早く逝ってしまう猫達は皆が例外なく人気者でした。

最近逝ってしまった寅なんか、もう本当にいろんな人に惜しまれながら逝きました。

なんとか助かりますようにと皆が最後には御札やパワーストーンをぶら下げさせたり…。

こんなに人に思われる猫も珍しいねとよく話してました。
確かに気が大きいという言葉がしっくりきます。

だから人も惹き付けられるのかも知れませんね。

気を閉じてる猫と開いてる猫がいるのかも知れませんね。

猫達を見てるとなにかに気づかされる感じですね♪



Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"