FC2ブログ

信じるものを持つ人と無神論者

最近つくづく思うのだけど・・やっぱ、信仰は大事だよな~ってこと。


なんでそんなことを考えたかというと、こちらの記事から。
   ↓
公明・山口代表「根拠なければ」 ウイグル対中制裁に慎重姿勢


ウイグルの綿花畑
uyglurcotton.jpg


今や、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリアなどといった国々が先導して、ウイグル問題をジェノサイドと捉えて、CCPべったりだったことから距離を置き、むしろ制裁を科すというような動きになってきている。


なのに、日本としての立場は、いまだはっきりしていない。

そこに持ってきてこの発言かよ!


証拠が無いって~

なんだか・・昨年のアメリカ大統領選で、山ほどの選挙不正を行いながら、証拠がない!の一点張りを押し通した民主党と大手メディアのことを彷彿とさせる発言だなあ~(笑)


たしかに日本では、ジェノサイドを調査する専門の調査部門が存在していないのだろうけれど、(←なんで公に作ろうとしないのかも不思議だけど)、それならば、諸外国の専門チームに加わるか、または情報を共有すればいいことだと思うのだが・・・。


そうしようともせずに証拠がないだって~!

この工場の写真みただけだって、まるで強制収容所にしか見えないんだけど・・
skynews-uighur-muslims-xinjiang_5025420.jpg
https://news.sky.com/story/top-brands-urged-to-ditch-suppliers-implicated-in-uighur-forced-labour-12034743


要するに、中国さん(CCP)と仲良くしておきましょう・・という姿勢なのだろう。

だって、中国さんのおかげで日本の経済が回ってるんだから・・というのが最大の理由なのだろう。



それを言ったら・・ほとんど世界中がそうなんだってば!


ここ何十年も、先進国と呼ばれる国々・・欧州諸国、アメリカもカナダもオーストラリアも、中国さんから儲けさせて頂いてきたのだ。

その裏では、少数民族を奴隷のようにこき使って大量生産させて商品を売りさばいてきていたのだけれど、どこの国でも、それは見て見ぬフリを続けてきたのだ。

私の知ってる限りでも、少なくとも10年以上前から行われてきている。

Uyghurs-for-sale.jpg


アメリカだって見て見ぬフリだった。 ずーーと中国さんと仲良くしてきたからね~。 オバマ政権までは!

ようやくトランプ政権になって、マイク・ポンペオさんが主導してCCPの悪事を暴き、世界に向けてジェノサイド発言を公にしたことによって、もはや、どこの国でも見て見ぬフリが出来なくなったのだ。


ウイグルだけじゃなく、チベット、モンゴル、香港、台湾に対してだって、どれだけCCPが彼らを不当に扱ってきたことか・・そういったことさえも、今まではほとんどニュースで取り上げることさえなかったのだ。

tibet issue




それを堂々と表に出したのは、唯一トランプ政権だったわけで、これは画期的なことだ。


そのおかげで、今や多くの国で「無かったこと」に出来なくなってしまったのだから。


もちろん、中にはこういった人たちを筆頭に、

jijiandson.jpg

いまだに儲けさせて頂いてる企業や政治家さんたちの中には、こりゃ困ったもんだよな~!なんとか以前同様にCCPと仲良くしたいよな~と思ってる人は多いだろうけど、公になってしまった以上、もはや民意が許さない。



だからこそ世界の動きが変わりつつあるのだけど・・日本はどうした?


こんな世界の状況下でさえ、対話を通して中国さんと仲良くしましょう!な~んて、堂々と発言しちゃう政治家さんがいるってだけでも・・日本はヤバイんじゃね?・・と思ってしまったのだ。。。


少なくとも、アメリカの議会では、心の中ではそう思ってる議員さんがいたとしてもそんな発言が公然と出来ないのが現状だ。

なのに、日本の中では、いまだ平気でこんな発言すら出来ちゃうんだ~・・・ということに唖然としてしまった。


そういえば・・

つい最近のこちらのブログ記事にもアップしたけれど、おジジ政権の甘ちゃんたちが「話合えばわかる!」とばかりにCCPと会談を持った結果がこれだったもんね~。
    ↓
アメリカとDQNの会談 in Alaska

公明党の山口さん?だっけ? これを知らんのかね?



問題は、ただの利権争いだとか、意見の相違なんて次元ではないのだ。

そもそも、ジェノサイド(大量殺戮)を平気で行うような人と、マトモな会話ができるわけないつーのに。


やれやれ😥

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここで思ったのだ。

誰だって、いきなり経済的に苦しくなるのはイヤだ!

それでも、それを承知でNOと言える人と言えない人の違いはどこにあるのだろう?と。



それは精神性の、信仰を持つ人か持たない人かの違いではないだろうか?と。


「信仰」というと、なんらかの宗教団体に属していて、毎週教会に通ったりドグマに忠実に従ってるみたいなイメージもあるけど・・そうゆう意味ではない。

また、怪しげな宗教だったり、過去の歴史の中では政治と結びついたり、洗脳ツールになったりしたのも宗教の一面だけど・・もちろん、そういった類のものでもない。


かつての日本人のように、とくに何か1つへの信心がなくても、「八百万(やおよろず)の神」がいて、目上の人々から厚い道徳心を受け継いできていたり、また、スピリチュアルや自然神を信じるということも、「信仰」の1つだと思う。


Kasa-jizou.png


信仰、それは精神世界を持っているということだ。



逆に、無神論者というのは、神なんか存在しない、目に見えないものは存在するわけないという考え方。

もちろん、だからといって無神論者のすべてが悪いって話ではない。


ただ、無神論者の傾向として・・・あなたは何を信じますか?となったとき、精神世界を持たない人は、信ずるものが「お金と権力」になってしまうことが多いのだ(笑) (もちろん、そうじゃない人もいるけどね)


そりゃあ、無神論者だっては信じているだろう。

家族や恋人や友達には愛を感じてることだろう。

しかし、それ以外の人に対しては、どーでもいい!って傾向がある。



まして、世界の裏側に住むような民族のことなんかどーでもいいし~、そんなことよりも、ウイグル綿のシャツや、モンゴルのカシミヤセーターが安く手に入るんだったら、そっちの方がラッキー!って考える人が多いのだろう。

muji.jpg


つまり・・

ジェノサイドの証拠が無いからという理由をこじつけてでもCCPと仲良くとか、国際問題にさせてはいけない・・ということのウラには、


ウチラが安全で儲かればいいもんね~。 よその国なんか知ったことか~!といった考え方がベースにあるということだ。

これこそ、典型的、ステレオタイプの無神論者の考え方ではないだろうか?



現在の日本は、だんだん、こういった考え方が増えてきてしまってるのかもしれない。


昔々の日本人のような・・命をかけても正義を通すとか、武士道は惻隠にあり・・みたいなのって、すでに死語なんだろうなあ~。

惻隠については、ずいぶん前のブログ記事ですがこちらを。
    ↓
武士道・騎士道:惻隠(そくいん)の情





以前の私は、日本人が一番精神性が高い民族だと思ってたんだけどなあ~。

逆に、今やキリスト教圏の人たちの方が「信ずるもの」を強く持っているらしい。


結局のところ、人(他人)を幸せにしたいと思えない人は自分にも幸せは訪れないってことなんだけど、その摂理を知ることができるのは、なんらかの「信仰」と呼べるものがベースにある人なのだろう。



あなたの魂は信ずるものを持ってますか?と、みんなに聞いてみたい。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"