FC2ブログ

アメリカ版ステータスを持つDQN常識、そして日本も。

少し前にも、日本ではDQN(どきゅん)って言葉があるんだってね~、という話をしたことがあった。 個人的には、これ面白い言葉だな~と思う。

軽率、粗暴で常識がなく知能が乏しい人で、平気でそんな行動をしちゃう人を指す言葉。


でも、本当にそんな人いるのかなあ~。少なくとも私の周りでは見当たらないけど・・でも実際に存在していて、しかも、そうゆう人が増えてるから、そんな言葉が出来たんだろうなあ、などと思っていた。



ところが、頻繁に国会ニュースを見るようになった頃から、DQNの存在をたくさん発見することになってしまった。。。

もっとも私が見ているのは、アメリカのことばかりなので最近は日本のことには疎くなっている。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つい、最近発見したDQN


それは、こちらのインタビュー映像からだった。

先日行われたトランプ大統領の弾劾裁判の後、(当然ながら、この茶番裁判は無罪判決になったのはご存じのとおり) トランプさんの主任弁護士のMichael van der Veen (マイケル・ヴァン・ダー・ビーン)さんが、CBSからインタビューされたのだ。

インタビュアーは、CBSのアンカーウーマンのLana Zak(ラナ・ザック)さん。 左の方だ。



マイケルさんは、次第に怒り出し、ついに耳につけていたマイクをはずして下にポイしてしまったのだった(笑)

彼が何に対して怒ったのかは・・もちろん、これは前回のブログ記事にも書いたとおり、民主党側が作り上げてきたフェイクビデオを証拠として持ち出したこと。


39276396-9259303-image-a-2_1613313394182.jpg

彼は、このように言いながら怒っていた。
    ↓

「彼らが騙してもOKだ」という元で設定された斜め上からの質問、それがあなたの質問だ! 騙してもOKなんてあるはずないだろ!
「そんなのほんの少しのことだ。」 「公正を期すための、それはTwitterのチェックに過ぎない」と、これがあなたの言ったことだ。



マイケルさんが怒り出す前に、アンカーのラナ・ザックは、捏造された日付のことを言ってましたね~。 「2021年ではなく2020年のものを挿入したのは・・」と。 でも、そんな日づけのことくらい些細なことじゃないですか~!とまでは言い切ってはいないんですが・・・でも、マイケルさんは、きっと、そのように捉えのんでしょうね。


最後にマイケルさんが一番言いたかったことは、ここに集約されてたと思うのだ。
    ↓
'You gotta live by your words,  That's the problem – the media has to start living by the truth. And not try to create a narrative.'

「あなたはあなたの言葉で生きなければならない。 それが問題なのです。
メディアは真実によって生き始めなければなりません。そして、物語を作ろうとしないでください。」



こちらから、このCBSのライブビデオがみられます。
CBS NEWS Live

こちらは、Daily Mailの記事
Veen puts on whiny voice to MIMIC CBSN anchor Lana Zak before ripping off mic after accusing Dems of doctoring trial evidence and HER of downplaying it




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この裁判は、1月6日の出来事についてなんだから、トランプさんが1月6日にスピーチした一連の流れの映像を証拠として出すべきだと思いませんか?


そんなこと、当たり前のことじゃないすか~!
議論の余地もないほどに、しごく当然なこと って思うのですが・・

実際には、あちこちを切り貼りして、しかも去年のTwitterから引用したり、ひどいのは・・トランプ以外の人のTwitterまでもがトランプ言として使ってたり、そうやって「過激、好戦的なトランプ像を作り上げる」という、いわゆるイメージビデオにしちゃったというわけ。


もう、それが発覚した時点でこんな裁判で票決をとる必要すらなく、無効になって当然かと思う私なのですが・・


でも、彼らからみれば、

そーんなフェイクくらい、どーでもいいじゃん! なんでそれが悪いん?

と思ってる人が大勢いたってことだね~。


このインタビュアの、ラナ自身がどう思っていたかまでは私にはよくわからない。 しかし、そのように思ってる人が大勢いるので、彼女はその人々の意図を組んで、こんな質問をマイケルさんにぶつけようとしたのかもしれないですね。


フェイクなんてどーでもいい! それよりも、悪党のトランプを弾劾できればいいんだよ!

・・・というのが彼らの真意だったんだな~、とつくづく思ってしまった。


これでは、そもそも裁判する意味なんてないし、トランプさん自身が言ってたように中世の「魔女狩り裁判」と同じ趣旨のものだね~。

GettyImages-517332192-764117e.jpg


あちゃ~!こんなにもいっぱいいるんだ、DQNたちが!


そしてDQNになってしまった人と正常な人の常識は180度違ってしまうので・・まともな裁判なんか成り立つはずもないし、たぶん、いくら話し合いをしたところでムダだろう。


zyousiki.jpg
http://ibispaint.com/art/146430248/

「常識」とか「前例」って言葉・・・実は私自身、苦手なんだけど(笑)

そんな私でも・・・正義と公平性だけは、根源に持ってますよ~。


あ、そうか~、DQNというのは、正義も公平性も持ってない人たちのことだったんだ~、
どこまでも自分のため、自分の感情のままに行動しちゃう人たちのことだったんだ~ と、あらためて思ってしまった。


マイケルさんがブチ切れた気持ち、よーくわかる!
彼の常識下では、ありえないような質問されてるわけだし、しかも、ぜーんぜん通じないわけだから。
常識も世界観も、なにもかもが別世界の住人!



そうやってみていくと、DQN代表の、ペロペロおババ様、自称大統領、自称副大統領など・・よーくわかるね~。

どこまでも自分中心で、自分の好き嫌いだけで行動しちゃう人たちに、ダブルスタンダードなーんて言ったところで屁の河童のはずだ~。

henokapa.jpg



人には、自分を守ろうとする気持ちや、好き嫌いという感情は誰にでもあると思う。


私はもともとミッチーオヤジがキライ
   ↓
Mitchell McConnell
ミッチ・マコーネル(Mitchell McConnell)・・共和党の上院議員で上院議会リーダーでもある人。



トランプ政権のときは、ヘコヘコしてトランプさん支持のように見せかけていて選挙のときはトランプさんに応援演説までしてもらって票を獲得したくせに・・

現在の自称大統領の元では、「今回の弾劾裁判は違憲になるのでやるべきではない」と言いながら、トランプ無罪になるやいなや、こーんなことを発表しちゃうヤツ。
   ↓
「たとえ無罪になっても彼には暴動の責任がある。 選挙に負けた腹いせを行い、暴徒を扇動したことには疑いがない。
彼は、一般人として、今度は刑事裁判にかけられて裁かれるべきだ!」



彼の頭の中にあるのは保身しかないんだろうな~とは思うけど・・・メッチャ、やり方が汚い汚い。。]


いざというときのために、「大統領の弾劾は違憲になる」という発言を残しておいて、今度は民主党ディープステートを喜ばせるような過激発言かい(笑)


私は、おババ様やおジジ、おカマ(カマラのこと)よりも嫌いかも!・・・いや、キライというよりも気持ち悪さかなあ~。


でも、どんなにキライで気持ち悪かったとしても・・

マイケルさんが受けた被害のような・・脅迫電話やメールを送りつけたり、家の窓をたたき割ったり、みたいなことをしようとは思わないし、また、フェィクまでして弾劾しようとは思わない。

あくまでも正当な裁判の上で裁いてやりたい!って思う。


それが、一般的、フツウってことじゃないかな?(最近は一般的とかフツウの定義もよくわからなくなってしまってるけどね~)


まあ、そんなわけで、このように、アメリカにはいっぱいDQNたちがいます!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし、ひょっとしたら日本も同じかもしれませんね~。

最近は、だんだん日本のことが疎くなってしまってる私ですが・・


Yahoo Japanにあった、こんな弾劾裁判の記事を読んだ。
    ↓

無罪で終わった弾劾裁判によって、トランプの熱狂は終わるだろう




読んでび~っくり!

@@@これこそ、フェイクやんけ@@@


あまりにも、びっくりして、この著者のプロフィールまでチェックしてしまったくらい。

インファクト」編集長。アメリカン大学(米ワシントンDC)フェロー。1991年一橋大学卒業。放送大学大学院修士課程修了。NHKでテヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクに従事し、政府が随意契約を恣意的に使っている実態を暴き随意契約原則禁止のきっかけを作ったほか、大阪の印刷会社で化学物質を原因とした胆管癌被害が発生していることをスクープ。「パナマ文書」取材に中心的に関わった後にNHKを退職。近著に「コロナの時代を生きるためのファクトチェック」、「ファクトチェック・ニッポン」。他に「NPOメディアが切り開くジャーナリズム」「トランプ王国の素顔」「トランプ報道のフェイクとファクトなど著書多数。



大変立派な経歴をお持ちの方で、しかも・・ファクト・チェックまで専門にしてる方だって~?


そもそも、彼は時系列で1月6日に起きたことをあげているのだけれど、これまたヘン!


しかも、極めつけはここかも!
   ↓

04:17PM トランプ大統領はホワイトハウス前で収録したと見られるビデオメッセージをアップ。その中には、「家に帰る時間だ」と支持者に議会から出るよう求める言葉も含まれていたが、乱入者に「I love you」 と呼びかけその労をねぎらう内容だった。



ひゃああ・・トランプさんが暴動を起こしてくれた人たちに労をねぎらった!って(笑)


これ、完全にDQN目線で書かれた記事だ!
もう、池上彰さんどころじゃないっす。emoji:e-351]


以前、ご紹介しましたが、この日の時系列が一番正確に書かれているのは、Youtubeのカナダ人ニュースさんの動画です。

私自身も、トランプさんが当日行ったスピーチやTwitterの内容のすべてを、時刻と照らしあわせて検証してみた結果、実に正確だなあ~と感心してしまったくらいの内容だった。。。


それなのに、これほど立派な肩書を持つ、しかもプロのジャーナリストの方が、こんな記事を書いちゃうんだ!
これは完全に、公平さを欠いたプロパガンダともいえる記事かと。


ああ、日本にも・・私の想像以上に多くのDQNがいるのかもなあ~と思ってしまった。。。

しかも、「それなりの肩書を持つ立派な人」の中にこそ、多いのかもしれない。



マイケルさんが言ったように・・

「あなたはあなたの言葉で生きなければいけない」

それに尽きるかもしれませんね。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"