ソウルメイトの定義

ソウルメイトって何?

そりゃ、日本的に表現すれば、会うべきして出会った、赤い糸で結ばれた相手だよ。・・・と、聞いたことがある。

なんとまあ、ロマンチックじゃないですか~!

・・・・・・・・・・・

cats and dogs


ところが、ロマンチックに欠ける私には、そうは思えないのだ。(笑)

たしかに、とっても縁のある相手だとは思う。それは確かでしょう。

ただ、ソウルメイトが必ずしも、男女とは限らないし、また、必ず、この世でたった一人の人とも限らないと思うのだ。

たぶん、赤い糸で結ばれた結婚相手ってのは、英語で表現するところの、The right man / womanって方が近い気がする。

ソウルメイト(soul mate)は、読んで字のごとく、魂の深いつながりのある相手

魂レベルで、自分を成長させてくれる相手であり、または、共に大きく成長していかれる相手。

それが、必ずしも、自分の夫や妻とは限らない。

どんなに、夫・妻として優れていたとしても、ソウルメイトは別にいる場合もあるし、また、夫婦である場合もある。

・・・・・・・・・・・・・・

ずっと前に、読んだ話だが、

ブライアン・ワイズ博士が、ある女性患者のヒプノセラピーの治療をしているとき、その人の前世が浮き彫りになってしまった。

ところが、同じ時期に、たまたま、もう1人、通ってきていた別の男性患者が、なんと、その女性のソウルメイトであり、何度も生まれ変わり、二人は前世でも、強くかかわってきた相手=ソウルメイトだった・・・て、事を、ワイズ博士が発見してしまう。

日本語訳では、『魂の伴侶-ソウルメイト』ってタイトルで、出版されてると思う。


・・・・・・・・・・・・・・・・

これは、男女のケースだけど、こうやって、必ず、誰でもソウルメイトには、この世で出会う

ちゃんと、偶然の形で、出会いが用意されてる。磁石が引き合うように、出会っちゃうんだそうだ。

だから、偶然てのは、必然なんだけどね~。



しかし・・それを、どれだけの人が気がつくのかな?

中には、せっかくの出会いを、ちーーとも気がつかず逃しちゃったり、自分から、捨てちゃったり。。。

博士によれば、そういった事も多々あるんですって。



どういったときに、逃してしまうか!というと・・
自分(若しくは相手が)、ある思いに凝り固まってたり、気持ちに余裕が持てなかったりするとき。


たとえば、女は絶対年下で、家事が出来る女じゃなきゃならない!って固執しすぎてる男性とか(笑)

せっかく何かの縁で、ビジネスパートナーになりそうな人だったのに、数字を見て、この企業は上場してないから、ダメ~っ、一流大卒の社長じゃなきゃダメ~って、切っちゃったり。



それって・・本当に自分の魂に、自問自答して、出した結論だったんだろうか?

以外に、常識や社会通念だけを見て決めちゃってる場合も多いんじゃないかな?


そうすると、大事なソウルメイトを逃してしまうことになるんだそうだ。

とにかく、縁あって知り合った人はすべて、何か、必ず意味を持つ人
それさえ、わかっていれば、自分からソウルメイトを捨てちゃうことは無いんだそうだ。。。


だけど、会った瞬間、あ、この人は、僕のソウルメイトだ!って、確信できる人は、なかなかいないんじゃないかな?

それでも、何か、ほんの少しだけど・・かすかにだけど、あれ?って感じるものはあるはず。

その程度で、いいんだと思う。


・・・・・・・

じゃあ、ソウルメイトと出会えば、それで、ハッピーライフか?って言うと、これまた違う。

世の中そんなに、甘くないもんね~


むしろ、そこからが、新たな試練の始まりなんじゃないかね?

その試練を二人で超えたとき、はじめて、大きな充足感=幸せ、が訪れるんだと思うよ。
それは、他のどの相手よりも、とっても大きな充足感になる。


たとえば、ソウルメイトの夫婦の場合は、

はじめに、お互いに、魂レベルで、ぴぴ!とくるものがあって結婚しても、山あり谷ありの苦労が待ち構えてるって事だ。

だって、ソウルメイトって、お互いに成長するためのものだもん。
日々、何も起こらず、ラクさせては、もらえませんよ~!


何か不幸なことや苦労がいっぱいあって、そこで、その夫婦のどっちかが、「あーーもう、ダメだ~!」って、諦めて、別れてしまったら、・・・・たぶん、そこで終わちゃう。

ところが、不幸の中でも、お互いに派手にケンカしながらでも、絶対別れないで、がんばる夫婦っているでしょ。

そんで、いつしか二人で乗り切っちゃう!


たぶん、別れずに乗り切った時には、二人とも、何かを学び、大きく成長してるんだと思う。

あ~、僕たち、よくここまでやって来たよね~。って大きな充足感、幸せでいっぱいになる。


そこで、はじめて、僕らは、やっぱ、本当のソウルメイトだったんだ~!って、確信できるものかもしれない。

いいですね~

・・・・・・・・・

ところが、もしも、途中で、苦労に押しつぶされて別れちゃったら?

きっと、そういうのが、カルマとなって、また、次の世でも生まれ変わって、出会って・・・またも、同じように、二人で苦労を乗り越える試練が待ってるんじゃないかね?


で、また二人が、その世でも諦めちゃったら、また、来世で・・・と延々と続きそうだなあ。。。

もう!だったら、今回限りで、1回で終わらせちゃおうよ!・・・と、短気な私は思ってしまう。


だいたい、そんな事やってたら、さっさと次のステップに進めないじゃないか~(笑)

次のステップ? それは・・、きっと二人で、大きく、世の中に貢献することが出来るのかもしれないなあ。。。


・・・・・・・・・・・・


これが、私の考える、ソウルメイト

みなさんは、そんな相手と、すでに出会ってますか?

出会ってたら、何があっても投げ出さず、二人で何かを作ってくことですね~。


もしも、まだ、出会ってないぞ!って思う方は・・・常に、気持ちをニュートラル状態に保って、楽しみに待つことですね。

すべての人に、必ず出会いがあるのは、たしか!

・・・・・・・・

私?

うーーん、もちろん断言は出来ないけど、ひょっとしたら?って思える人はいますね。。。

だから、このまま流れに任せながら、途中で投げ出さず、私の、飽きっぽさと持ち前の短気を克服しつつ、ずっと見つめていきたいと思ってますね。

相手には、

「私は、何度も同じカルマを繰り返すのはゴメンだ!だから、今回1回限りで決めてやる!どっちかつーと、私は、短距離ランナー向きなんだよね!」・・・・と、宣言してあります。

きっと、何のことだか、さーーぱりかも・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ソウルメイトと出会っているならば、何かに妄信的になってたり、心が何かに強く捕らわれない限りは、ちょっとやそっと何か起こったろころで、離れるもんじゃないみたいですよ~

だって、磁石で引き寄せられるようなものだからね。

コメントの投稿

非公開コメント

ご縁

いつも楽しく読ませていただいています。

根性無しの自分が、どんなに苦しくてもなぜだか投げ出さない関係は、
やはり縁が強いからなんだろうなぁとよく思います。

偏った考えや執着は、その縁の真の意味を
見えなくさせてしまうんだとブログを読んで思いました。

心をフラットにしたら、関係の本当の意味が
わかるのかもしれませんね。
そしてそれがソウルメイトに気づくきっかけになるのでしょうね。

Re: ご縁

Fumiさん

こちらこそ、いつもありがとうございます!

> 根性無しの自分が、どんなに苦しくてもなぜだか投げ出さない関係は、
> やはり縁が強いからなんだろうなぁとよく思います。

これ、私もまったく同感です(笑)
縁って、本当に不思議なものですね。絶対、いつもの私だったら、とっくに投げ出してるだろう・・と思うのに、それでも、投げ出せない関係ってあるもんですね~。

そういった関係は、きっと無理に投げ出してしまえば、お互いに不幸なのかもしれませんね。

自分のソウルメイトは、いつ確信できるものかは、わからないけど、どんな鈍い私でも、きっと死ぬ前には、わかるんじゃないかな~と、気長に楽しみにすることにしてますv-119
Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"