FC2ブログ

空売りっておかしくね?

「今夜あたり、鼠小僧がやってきてウチに現金を投げ入れていってくれないかなあ~」
とぼやいていた社長さんを思い出してしまった(笑)

資金繰りがいかなくて破産寸前のおっちゃんだった。
バブル期で大儲けしたあとに破産の憂き目をみるという典型の人だった。

no2_p01.jpg


鼠小僧って、時代劇の見過ぎ? 藁にもすがりたい気持ち?だったのかもしれないけど。(笑)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今、お金の問題で、ここ1週間くらい前から話題になっていることがある。

ニューヨークのウォール街の話なんだけど、それは、個人投資家 Vs.大手の会社のヘッジファンド


みなさんは株の空売りってご存じでしたか?


私は耳にしたことはあるんだけど、実際にどうゆう仕組みかはよくわかってません。


超簡単にいうとこうゆうことらしい。

株を持っているものは、

株価があがれば儲かる 株化が下がれば損をする

 これは私にもわかる当然のしくみ。


ところが、株価が下がれば下がるほと儲かる → これが「空売り」


どうゆうことかと言うと、自分が株を持ってないくせに、株を持ってる人から借りるというしくみ。

たとえば 一株10ドルの株を100株借りてきたとしよう。
借りるんだから、それには一定の返却期間はある。

そこで、さっそく、$10 x 100株 = 1000ドルを売って・・1000ドルをゲットする。


さてさて、その一定期間中に、その株価が下がったとする。
10ドルだったのが、5ドルに下がっちゃった場合・・・$5 x 100株 = 500ドルになる。

借りた人には500ドルを返せばいいわけで、しかもすでに1000ドルをゲットしてるわけだから、500ドル儲かった!というしくみ。

もちろん、これには手数料などもあるので、実際にはもうちょっと複雑らしいけど・・超簡単に言うとこうゆうことらしい。


株を持っていなくても、架空のものを「借りる」ってことで儲ける方法。


こうなるともう、投資目的じゃないね~。
ただのギャンブル。 目的は完全に儲けることってわけだ(笑)


とにかく、株価が下がれば下がるほど大儲け
逆に、読みがはずれて株価が上がっちゃうと大損する・・・というしくみ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そこで今回、何が起こったかというと・・
Game stopという会社がある。

gamestopshop.jpg

ゲーム機を扱う会社なんだけど、今の時代ゲーム機を買うよりもアプリをダウンロードしてしまうので、こいった会社は大きくはならない。
そこに当然に目をつけて株価が下がることを狙った大手のヘッジファンドたち。

ウォール街のヘッジファンドたちにとっては、個人投資家なんてゴミみたいな存在。
どうやったって、個人投資家がかなうわけはなく、むしろ彼らが損をすることで、連中を儲けさせてしまうことにもなってる。

こういった仕組みは以前のブログ記事にもアップしたことがあったね。
     ↓
同じ空間同じ時間軸で生きていても違った世界

アメリカのウォール街で働く人から聞いた話によると・・、大得意様企業は常に儲かるしくみで個人投資家は損するようなしくみに作られているということ。


ところが、今回は違った!


個人投資家がこぞってゲームストップの株を買いに走ったのだ。

買えば買うほど、株価は上がる!

1株8ドルだったゲームストップの株が、いきなり50ドルまで上がった!

しかしヘッジファンド側は、まだまだ余裕。

こちらの、Citron Capitalという会社のCEOは、「どうせまたすぐに株価はすぐに20ドルまで下がるさ!」という余裕の発言を発表。

andrew left

個人投資家をあざ笑うような発言。


これが逆効果になり、ますます大量の投資家が参戦。
みんなで買おうぜい!となってしまった。

1月25日の時点で株価は76ドル 翌日148ドル、さらにその翌日347ドルまで急騰。

その結果、Citron Capitalは30億ドル以上の損失を出してしまった。

もちろんCitron Capitalだけではない。 似たような大手金融会社の6-7社は壊滅的な損失を出してしまった。


ところが、話はここで終わらない。

株取引は、今やオンライン上でできる。
そのプラットフォームである、ロビンフッド(ほかにもあるが・・)が、制限を設けたのだ。

売ることが出来ても買うことができないようにしてしまった。
もっと酷い話もあって、いつのまにか強制売却されていたのもあったとか。



それって、TwitterやYoutubeなんかの、こういったボタンの一方しか押せなくなっちゃったような状態だよね~。

likeicon.jpg


強制的に市場操作しちゃったってこと。
しかも大手のヘッジファンドに有利にするように!


ん? なんか似てない?

ドミニオン機がトランプ票をバイデン票に変えちゃったことや、勝手にトランプ陣営のSNSを削除しちゃうこととか・・。



この、ゲームストップ株事件はさすがに大問題となった。

これでは自由主義経済ではなくなってしまうわけで・・しかも、大手の特定企業だけを守り、彼らに儲けさせるしくみになってる?としか思えないもんね~。


これは噂の粋を出ない話ではあるんだけど・・どうやら、ホワイトハウスの誰かがヘッジファンドと結託してプラットホームに圧力をかけてやったこととか。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こうやって、たとえ蟻んこみたいな個人投資家でも、一丸になれば、こんな大きなパワーにもなってしまうんだ~。

S0100061754361.jpg
https://bf-www.ebookjapan.jp/mall/yahooej/title/551042/b00162202612

いつも踏みつぶされてた大手ヘッジファンドにすら、大打撃を与えることにもなってしまうんだね~。


それと同時に、ここにも共産主義のやり方が見えてしまった事件だと思う。
完全に自由は封じ込められている!



以前にも何回も述べてきたことだけど・・私は共産主義はキライ。 あってはならないものだと思っている。


彼らの唱える「みなが平等の社会」は、言葉は美しいけど・・それは、物質面、お金だけしかみてないから。

平等の社会とは、「人の権限として平等」ということではないだろうか?


なーんとなく、お金を持ってる人= 悪い人というイメージが出来上がってしまってるようで、アイツは金持ちなんだから、いっぱい金を出させればいいだろ!みたいな風潮すら感じることがある。


「格差社会を失くすためには、金持ちから多くのお金を出させればいい」ってもんじゃないと思う。

なんだか、それだと・・貧乏人の僻みや妬みの上で成り立つ世の中になってしまう。
まあ、あえて共産主義社会というものは、人々のネガティブ感情を助長させて成り立ってるわけだけどね~。


金持ちでも貧乏人でも、さまざまな人がいるわけで、怠け者で努力を怠ってるがために貧乏になってる人もいるわけだし、逆に金持ちになれたのは、人一倍苦労を重ねた結果だったりもする。

もしも、裏で汚い数々のことをやって大金持ちになったのであれば、それこそ法で裁けばいいだけの話だ。



ところが、現在は法というものにも問題が多い。

The Law Is Used to Destroy Equality and Protect the Powerful
法は平等を破壊し権力者を保護するために使用される

まるでブラックジョーク?(笑)


ところが事実、そうなってしまっているところも多い。


「格差社会を失くすため」といって、収入に応じてお金持ちほど税金も多く取られるはずなのに、大金持ちさんたちは、ぜーんぜん平気な仕組みに作られている。

なぜなら、いくらでも彼らは多額の税金を払わなくてすむ方法があるからだ。・・・それもまた、彼らを守るために作られた法だったりする。


残念なことに、一般庶民たちは「収入が多い人ほど税金を多く払う=みんなを平等にする」という見せかけに法に、騙されているんじゃね?・・と思ってしまう。



今回のゲームストップ株事件も、その一例だと思う。

明らかに彼らを守る方へ動いたのだから。 それも今回はあまりにも露骨な方法だったけど!


昔は権力者が暴力で、金持ちの土地を奪ったり企業を盗んだりしたものだけど、今は「法」を使って奪っていく時代になっている。
やってることは、「法」という名を借りた、ただの暴力!でしかない。



そもそも、「空売り」って、どーなんよ?


Elon Musk(イーロン・マスク)さんという、アメリカの実業家、投資家であり、テスラのCEOでもある方が、先日言っていたのだけれど・・

イーロン・マスク Wiki 

elonmask.jpg

「家だって車だって商品があって売買するのに、空売りっておかしくね?」と。(笑)

私も彼の意見に賛成ですね~。


だって空売りって・・・会社の株価が下がれば下がるほど儲かるって。

これって、人の不幸に大喜びして大儲けしようとするしくみだもんね~。

そこには経済上の貢献も何もないわけだし、ただ、個人が儲けることだけに特化するってことだもん。


鼠小僧のようなアウトローを出現させる世の中や、鼠小僧の出現を喜ぶ世にしてしまったり・・これは、根本的に社会のしくみが間違っているということかと。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"