FC2ブログ

アラモでのスピーチと憲法について考えたこと

トランプ大統領がテキサス州アラモを突然訪れて、30分くらいのスピーチをしました。

目的はメキシコに築かれた壁の視察と国境警備隊の方々をねぎらうことだったようで、今後の反乱法や戒厳令のことなどには一切触れていません。

また、これは一般人を前にしたスピーチではありませんでした。


そういえば・・トランプさんが就任してすぐ、「2016年頃にもメキシコ国境に壁を築く」という話が持ち上がったとき、「え? なんで~? 万里の長城じゃあるまいし~」(笑)と、私も思ったもんです。

実際に、ほとんどのマスコミが、「トランプ、頭がおかしいんじゃないの!」みたいな報道してましたし~。


しかし、あとになって・・メキシコ国境から多くの不法移民がおしよせて、犯罪(麻薬の持ち込み、児童誘拐&売買など)を持ち込み、さらに不法移民たちによって多くのアメリカ人が職を奪われていた、という事実を知りました。

この地域の人々にとっては頭を抱えるような問題だったのですが、今まで誰もこれに対処する人はいなかったわけです。

トランプさんが着手してくれたおかげで、国境警備にも力を入れるようになり、ずいぶん改善されたとのこと。

mexico wall

トランプさんは、誰も思ってもみなかった奇想天外なことをやってしまうので、最初は、え?と思うのですが、あとになって考えてみると、それが実に的を得ていることだったんだ~、と気がつかされる、そういったことが今までにも多々あり、これも、その1つでした。


さて、トランプさんのスピーチに話を戻します。

今回のスピーチで、
「次の政権で、この壁が壊されないことを祈る」というような発言をし、その後、はっきりと「バイデン政権になっても・・」
と言ってました。


これが、トランプ支持者には、えええええ~!ってことになってしまったようです。

もう、諦めてるんだ~と。

アラモにあるモニュメント
Alamo-San-Antonio-Texas.jpg


もちろん、トランプさんの真意はわかりません。

今では完全にトランプ陣営のTwitterもPerlarも封鎖されてしまってるし、一般人でさえトランプ側の意見はすべてシャットアウトですもんね~。

なので、真意はみなさんが、それぞれ想像するだけ。
情報は錯綜しさまざまに飛び交ってますが、どれが真実かを見極めることも難しい状況。


物事って・・

表に見えていること
表に見えないこと



がありますよね。

今、裏で起こっていることは私たちには、なーんも目にみえない状況です。


しかも、大手メディアビッグテック(TwitterやFacebookなど)も、さらに、今、アップル、アマゾン, マイクロソフトも完全にバイデン側について、Parlerを排除してしまってる状況。

言論の自由は奪われてしまってる状態です。 
それも堂々とまかり通ってしまってる。


そんな中、表に出ないこと、裏で起こっていることを、どう感知するかは、みなさん次第です。

●これはもう、トランプ陣営は諦めていてバイデン確定だ~。

●ウラで密かに何かが行われていて、敵方に知らせないようにしてる、油断させるようにしてるだけ。



トランプさんを支持する方々も、今や大きく2つに分かれてきたようです。


人間の心理って、つくづく面白いなあ~って思う。
目に見えることが絶望的な状況になってきたとき、そこで、どのように感じて、どのように行動するか・・の分かれ道。


これも、どちらが良いとか悪いとかではないと思います。

もう、バイデンで決まりだ~と思ってしまう人の方がネガティブで、まだ、ここまで来てもトランプを信じてる人の方が、おめでたい人(または、ポジティブ?)のようには見えるけど、

ネガティブな人だからこそ、ここで、次にくるリスクをどのように回避できるか?を事前に考えることが出来る人・・といえるかもしれません。

おそらくバイデン政権になったら、国境の壁を継続して作られることは無いでしょう。
もしくは壊されるか、警備員は極端に減らされるでしょう。

バイデンさんは、堂々と新政権に向けてこんな発表をしてますから。

非白人(ブラック、アジア人、ヒスパニックなど)と女性を優先して雇用を作り出す。
白人は後回し
不法移民もアメリカ国民として受け入れるそうです。

事実、パンデミックによる助成金を国民に配るのに、アメリカ人は一律600ドルで不法移民には1800ドル配るなーんて予算案を出したくらいですからね~。



もしも、バイデンで決まってしまった~!と思っている方は、いち早く、こういったリスク回避を考えて次の手を講じる方法を考えてくれるはず(笑)

もしも、やっぱ・ダメだった~と、絶望、落胆、怒り、哀しみに支配されてしまってるだけなら、それこそ、なーーんにもならないネガティブそのものですもんね~。

そんなことを思いました。



もう一つ思ったことは、「憲法」のこと。

最近、さまざまな憲法学者たちがさまざまな発言をしています。

そうゆうのを聴いていると、憲法の解釈の違いで、どのような法律も出来てしまうんだ~、 どのような事も出来てしまうんだ~と思いました。

どこの国でもそうですが・・最初に憲法があり、それによって法が作られていく。

憲法は絶対的なもの(憲法改正もあるけど・・それなりの手順もあり簡単なものではない)



しかし、○○の場合はどうするのか? では、XXの場合は?、なーんて細かい記述はありません。
あくまでも基本的な心構え・・みたいなもの(笑)

たぶん、それは聖書の存在とも似たようなもので・・・それをどのように解釈するかで変わってしまうものにもなる・・ということです。

bible reading

いくらでも拡大解釈だってできるし、いくらでもこじつけだって出来てしまうかもしれません。


結局、それを使うのはだということ。

もしも、公平な目を失ってしまった人や、悪意や憎しみを持つ人が憲法を盾にしてしまえば、どんな悪事ですら正当化出来てしまうという危険性もあるなあ、って思いました。


たとえば、ナンシー・ペロシ下院議長は、憲法修正25条を持ち出して、猛烈にトランプ大統領の弾劾をはじめてますね。


大統領が職務を全うに継続できないと判断された場合は罷免できる、というのが25条で、しかも、未来永劫に大統領に立候補も出来なくなる。・・・たぶん、これが狙いなのでしょうが・・

政治家であれば、常に公平な目で、国民の利益を一番に考えてアクションを起こすことが当然のことだと思うのですが・・

私には、前々から、このナンシーおばさんのベースにあるのは、憎しみ、他者への攻撃・・しか感じられないんですよね~。

私にとっては、とても嫌~なエネルギーを発散する人の一人。


こんな人たちに憲法を利用されてしまえば、民意も何もないところで世界は憎しみをベースに動かされてしまうことになりそうです。

そう、結局、憲法の解釈もまた、使う人次第なんだな~と思ったわけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、どうなっていくのでしょう。

もうじき結果は出ます。

私?

私は「おめでたい」タイプの人なので、トランプさんの続投を信じてますよ(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"