自殺とセロトニンの関係

うわっ!もうダメ~、死ぬっきゃない!ああ・・死にたい!なーんて、真剣に思っちゃったことあります?

私は、あります!うつ病経験も、おまけに霊障経験も!

なーーんて、別に声を大にして言うことじゃないんだけど・・。

なぜ、人間は、うつ病になったり自殺願望を持ってしまったりするんだろう?

そのときの脳は、どうなってるんだろ?

と、いう事で、よくよく調べてみると、やっぱ深い関係があるんですねえ。

その原因は、セロトニンさんでした。

・・・・・・・・・・・・・・

セロトニンとは、脳の中にある一つの神経で、非常に心に影響するもの。

ま、簡単に言ってしまうと、「幸せの神経」、ハピネスの神経、覚醒のときに私たちの心と体を癒してしてくれる神経。快の神経。それがセロトニン神経。(寝ているときには働きません。)

セロトニンが不足してくると、さまざまな心の病気を引き起こすそうです。

うつ病・自殺傾向
パニック障害
過食症・拒食症
慢性疲労症候群
自閉症
キレる子供、
乳児突然死症候群


これ、みーんなセロトニン欠乏の状態。

セロトニンさんは、ハピネス感情を促進してくれるだけでなく、脳内麻薬様物質・・麻酔とかいろんなかたちで脳の中に痛みを抑える働きもあるそうです。

活性化すると痛みを抑える。そういう働きをして、自律神経を適当に調節してくれる。
(つまり、肉体的痛みさえ、和らげてくれるってのも実験済みだそうです。)

でも、快の感覚だけじゃ、もちろん人間は生きていられませんよね? 痛みの感覚や不快感があるからこそ、それを感知して、避けようとする行動が生まれるわけで・・・。

そこで、ざっくり大きくわけると、こんなふうになってるようです。↓

●ドーパミン神経(中脳腹側皮蓋)快の情動回路・薬物依存症

●ノルアドレナリン神経(青斑核)不快なストレス反応・不安

●セロトニン神経(縫線核)平常心・中庸

img.jpeg



一番最後にこのセロトニン神経(緑)が入って、あとの二つの神経は赤と青。
非常に単純で、快の神経と不快の神経。

快の神経はドーパミン神経・・・食欲、性欲、いわゆる気持ちがいいということと関係がある。生きているものには重要な部分。

もう一つは、不快はノルアドレナリン神経
あらゆるストレスを受け入れて、それに適切に対応する。

ストレスがないことを考えるのは実は大間違い。
ストレスに適切に反応できるこの神経のおかげで、大やけどをしても、痛みを感じることができるわけで・・・つまりは、脳内の危機管理センターの役目を持っている部分。

この3つがバランスよく機能してくれれば、もちろん、何の問題もないんだけどね。

・・・・・・・・・・・・・・・

ところが、最近多い話で・・セロトニンが欠乏してしまうと、色々な心の病に向かってしまうってわけだ。

たとえば、キレやすい子供
動物虐待する子供・・なんて事件もあったけど、あれも、セロトニン欠乏症の症状なんだそうだ。

たとえば、ある実験で、
セロトニンを不足させたマウスとラットを一緒にすると、マウスは執拗にラットを攻撃し始め、最終的には、殺して食べてしまう。

通常のマウスは、手でちょんちょんと、ラットを一発2発殴る程度でやめてしまうし、決して殺して食べたりはしないそうだ。

むむ!

そうすると・・セロトニン不足が招いた殺人事件だって、かなりあったのかもしれない。


・・・・・・・・・・・・・・

または、別の出方をすると、自殺願望に向いてしまう。

脳は体から十分な情報が得られないとうまく機能しなくなっていく。

もしも、体からの情報が絶たれてしまうと、脳は自分で情報を作りはじめる。

そして、今度は、脳は自分の想像を本物だと認識してしまう。

その想像が恐ろしくてグロテスクなものほど、体は脳からの過酷なインプットを避けるために、無感覚状態で居続けるようになる→これって、かなりひどいうつ状態。

こうした状態になると、頭で考えたイメージが体の生きようとする力よりも強くなっていく。

頭脳のイメージが、体が本来持っている生きようとする力を凌駕してしまって、つまり自殺願望になっていくわけだ。


そう、こういったものを避けるには、セロトニンさんの助けが必要。

・・・・・・・・・・・・・・・・

じゃ、どうしたら、セロトニンを増やせるのか?

●セロトニンは太陽が好き。
外に出て、太陽を浴びること。
(ま、熱中症にはならない程度にね。)

●リズム運動が大事。
リズム運動というのは、わりと日常にある運動が多い。
歩くこと、水泳、ダンス、子供のハイハイもリズム運動。
(自閉症の幼児には、ハイハイをいっぱいさせるそうだよ。)

(そうそう、60~80歳のフラダンスをやっている人を対象に、セロトニンを図ったら、フラダンスを始める以前と比べて、断然、セロトニンが増えたというデータがあるそうです。)

●噛むことが大事。
(たとえば、チューインガムをよく噛むこと。または、よく話すこと・・・これも同じ効果があるそうです。)
大リーガーの選手たちが、チューインガムをよく噛んでるけど、あれば、ちゃーんと意味があり、トレイナーにも進められるんだそうですよ。)

●呼吸法が大事。(座禅)
ゆっくり大きく鼻から吸って、ゆっくり10数えながら吐き出すこと。腹式呼吸・・・それを集中してやること。座禅とまったく同じですね。


こういった事を、1日30分程度で構わないそうです。
むしろ、やりすぎはダメ~!

・・・・・・

こうやって見ていくと、

ずーーとウチに中にこもって、運動もせず、ゲームに熱中して、人との会話もせず、食事はざっと流し込むだけ・・の生活を続けてたら、ぜったい、セロトニン不足になっていくのが、よーっくわかるよねえ。。。

もちろん、ゲームが悪い!ってわけじゃあ、ありませんよ。
私だって、ゲーム大好きですからね~。

・・・・・・・・・・・・・・

それにね、自殺したからって・・けーーしてラクにはなれないそうですよ!!

私は、自殺しちゃった人と話せませんけどね~。

話せる方に伺ったところによると・・ずっと、ネガティブなドロドロを引きずったまま、自分同様に不幸になる人間を、ニタニタ笑いながら待っている幽霊さんとか、後悔して泣いてばっかりの方とか・・誰かに助けを求めてさまよってる方とか・・・大変なようです。

死んでしまったら、セロトニンだって増やせませんからね~。

私は、死んでまで、うつ病をわずらって、さ迷うのはイヤだ!って思いましたね。。。

コメントの投稿

非公開コメント

Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"