FC2ブログ

環境問題は大事だけど・・

若い頃の自分を振り返ってみると・・いやあ、私ってダメダメだったな~と思うことがいっぱいある。

もう、赤面ものだ(笑)

気分に任せて行動しちゃったり、すーぐ投げやりになっちゃったりイライラしちゃったり、人の為にと言いながら結局自分の為だけだったり、人間中身が大事と言いながら見かけに騙されたり・・と。



この前、「パリ協定」についてちょっと調べていて・・(←なんで、こんなのを!と、ここで突っ込まないでくださいね)


昔の私だったら、「うんうん!こりゃあ、いいことだ~!世界中が地球の環境を守るために立ち上がったんだから~」と、思ったかもしれないなあ、と自分で苦笑してしまった。。。


パリ協定というのは、簡単に言えば、地球の環境保護政策で、2016年に正式署名されたものだ。

地球温暖化を防ぐこと、それには二酸化炭素(CO2)の排出をしないようにすること

これを国際的に行うことを目的として、2020年以降パリ協定の下で、今世紀後半には世界全体の温室効果ガス排出量を実質的にゼロにすること、「脱炭素化」を目指したもの




その前にも、京都議定書というものがあったのだけど、そっちでは参加国は先進国だけだったのに対して、パリ協定は多くの200か国だったか?を含む点が、大きな違い。


もちろん、私だって地球の自然環境を良くする!ことは最も大事なことだと思っている。

大気汚染なんて・・とんでもないもん。

これは霧じゃないよ~! 大気汚染で太陽まで遮られてしまってる。。。
pm25china.jpg
ゴリミー 大気汚染】北京のPM2.5濃度は日光を遮るほどの濃さ!WHOが安全と認める限界値

日本にも昔は、空気汚染や工場排水が原因で、水俣病とかイタイイタイ病、四日市ぜんそくなんてものもあったけどね~。


でも・・これって・・

CO2を削減すること」だけじゃないんんじゃね?

と私は素朴な疑問を持ってしまったのだ。



だって・・

大量に捨てられたゴミだとか

shutterstock_426187984-e1530157233846.jpg
海洋ごみ排出ワースト1位は中国,2位はインドネシア


海に捨てられたゴミの山は海流に乗って、このようになる。
      ↓
great-pacific-garbage-patch-featured.jpg


で、このあたりの海が、酷いゴミの山になってるらしい。
    ↓
garbage area


そりゃあ、海洋生物だって・・どんどん死んでくがな~。

TOC_Entangled_Turtle_by_Francis_Perez1-960x540.jpg



もちろん、陸地のゴミ問題だって至るところにある。



貧しい地域では、ゴミを漁るしか生きていけない人たちだっているわけで・・

5ad8ef0819ee8623008b4656-w1280.png

こんな生活をしている子供たちは、とうぜんながら病んで死んでいく。



そんなことを考えたら、なんで・・パリ協定ってCO2を削減することだけなん?と思ったのだ。


ほんとに、自然環境を考えるなら、もっと先にやることあるんじゃね?

しかも、地球温暖化の原因がCO2だけにあるとは思えないのだ。


CO2だけが悪の権現なんすか~!


石炭、石油も自然からの恵みのものだ。

なのに、最近では悪者呼ばわりして、目の敵にしちゃう人までいる。



悪者に代わる良いモノは、こういうものなんだとか。

3d97f911-594f-4257-880c-d9aa1c6da22d.jpg

Solar-panel-array-rooftop.jpg

たしかに、太陽や風のパワーに着眼点を向けることは悪くない! 


でも、これだって問題はある。

★風車でエネルギーをゲットするには、常に強風が吹いているような地域でなきゃならないし、太陽にしたって、日が差さない地域や季節だったら、どうにもならないのだ。

★さらに、遠くの地域から、太陽パワーや風パワーをゲットして送電線を引いてくるとなると・・それまた何かと問題は山積みになる。


★おっと、その前に・・現在、石油や石炭精製に関わっている人々の雇用が大幅に失われることになる。

莫大な失業者を出すことになる。



こういったすべての局面から考えても、パリ協定は本当に正しいものなんだろうか?・・という疑問が出てきてしまう。


トランプ大統領は就任してすぐに、パリ協定には懐疑的だったし、2019年には脱退を果たした。

脱退したのは、アメリカが初だ!



いつものことながら、トランプさんは「地球の環境を考えないのか?」 「アメリカの経済発展しか考えないのか」と批判を受けた。

こちらのNHKの記事でも、猛批判してましたね。
地球温暖化 パリ協定脱退の波紋」(時論公論)




みーんな、「私たちの未来」、「地球環境」、「地球に優しい」・・という言葉にがんじがらめにされてしまっていて・・やめます!とは言えないのだろうなあ(笑)



でもねえ・・、アメリカは毎年パリ協定のために毎年約1000億ドル払ってるんだよ!!



で、毎年約1000億ドルの、そのお金はどのように流れているのかね?

先進国から集めて、発展途上国に渡すそうだ。


ん? みなさん、中国は先進国だと思いますか? それとも発展途上国だと思いますか?


ご本人は発展途上国だと言い切ってます!

世界第二位のGDPを自ら誇る中国さんが!・・です。
   ↓
中国は先進国か、それとも発展途上国か「先進国という地位は受け入れられない」=中国

まるで・・自分の都合によって「私ってまだ子供だもーん。」と言い、手のひら返しで「私はもう子供じゃないからね!」というクソガキみたいなものかと(笑)



で、こちらの記事にもあるように、
    ↓
中国はパリ協定で米国を弱体化させる=専門家


パリ協定は、まさに中国さんにとっての「打出の小槌」のようなの。

utide.jpg


環境にやさしい「先進国」のイメージを世界で確立し、発展途上国として大金ゲットして、しかも、世界の国の経済を悪化させて、さらに、風車やらソーラーパネルを大量生産して世界に売り込めるってわけなんで・・・・こりゃ、一石四鳥?



CO2の排出量だけみたって、中国は断然トップの1位なんだよん? それもアメリカの倍かよ。。。

Global_emissions_country_2014.png


その上、中国の大気汚染は世界でも有名な事実だよね~!

そっちこそ、まずどうにかしろよ~! (←絶対、やる気ないだろうけど・・)



こーんなパリ協定のために、大事な1000億ドルを支払えるか!・・・・私もそう思っちゃいます。


おそらくは、このカラクリに気づいて、そう思ってる国はまだまだあるはず。

でも、「環境に優しい先進国」のイメージを崩したくないため、または、世界からの批判を恐れて脱退できない!って国もあるはずかと。


しかも、アメリカの民主党は、環境問題の「グリーンニューディール政策」だとか、「パリ協定」には超積極的ですもんね~。


極左の、怖~いおねえちゃん、通称AOC(アレクサンドリア・オカシオコルテス)は、猛烈な活動ぶりをみてもわかるとおり。
   ↓
image_asset_81207.jpg

彼女の、地球保護政策は、多くの若者に支持されている・・つまり、若い世代に超人気な議員さんなのだ。


もちろん、自称大統領も!

で、結局、おジジの大統領令で、またもアメリカはパリ協定に再び参加しちゃったというわけ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私には、この「パリ協定」の問題もまた、現在の「コロナによるロックダウン問題」とも共通してるような気がしてくる。


ロックダウンもマスクも強制的に義務化してしまい、「命を守るため」の美しい理由をあげてるけど・・私には、調べれば調べるほど、そこに明確な科学的根拠がみつからないのだ!


それでも強引に進めようとする人がいて、それに同意しない州知事はメチャメチャ叩かれるというのが現状。

いやいや、それは州知事だけじゃない! 学者さんでも一般人でも、反対意見を唱えるだけで叩かれてしまう!

「命を守るため」 「地球のため」のシュプレヒコールの前には、みんな口をつぐんでしまうしかなくなってしまう。。。

そこにいくと、この、サウスダコタの知事、クリスティ・ノエムさんは、凄いと思う。(先日のブログにもアップしたとおりだけど)

kristi-noem-file-ap-jef-190503_hpMain_2_16x9_1600.jpg


頑として屈しなかったのだから。

今では、これに倣って、NO マスクの州も増えていっている。

Map_Which-states-require-mask_v03_DAP_1595447674501_hpEmbed_25x14_992.jpg


つい先日、テキサス州もアメリカ15番目の州として、NOマスクの州の仲間入りをした。 

Texas to join 15 US states without statewide mask mandates


テキサス州知事グレッグ・アボット( Greg Abbott)さんは、
   ↓
texas gov

「マスクをすること、ソーシャルディスタンスをとること、手洗いなどは、個人の判断でするべきだ。 法によって強制し、それをしなかった者に罰金を科すようなものではない」と述べている。



これに対して、おジジは、「テキサスはクレイジーだ! ネアンデルタール人思考だ!」と大批判して、この「ネアンデルタール人思考」って言葉が、今アメリカでは大炎上してる(笑)

joe-biden-0304211.jpg
https://www.salon.com/2021/03/04/republicans-pounce-after-biden-slams-neanderthal-thinking-of-gop-governors-repealing-mask-mandate/

たぶん・・おジジは現代の科学に沿った考え方をしなさい!アンタの頭の中はネアンデルタール人並みだよ!とでもいいたかったのではないかね?(笑)

で、結構、俺サマって旨い表現するよな~と悦に入ってるらしい・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あ、そうそう・・もう1つ、面白いグッズが流行ってるそうな~(笑)

グレタちゃんの、how dare youステッカー

howdareyou.jpg

これをね、たとえば、車のこーんなところに貼るんだそうな~。

How-Dare-You-Greta-Thunberg-gas-door-funny.jpg

How dare you!というのは、アンタ、よくもそんなことができるな!!って意味。

ね! なんか、ピッタリでしょ!(笑)



まあ・・グレちゃんは子供だし~、それもマトモに中学にも行ってなかったんだろうし~、CO2が環境破壊の悪者と思いこんじゃってるとしても罪はないかな~? きっと本人は真剣に地球のことを考えてるんだろうしね~。



私もまた、子供の頃や若い頃だったら、グレちゃんみたいな発想に走ってたかもしれないのだ。

一方しか見えずに突っ走り、思い混んでしまい、自分で多方面から考えてみようとさえしないような。


でも、結局それは自分の首を絞めることになる。
愚かモノは、邪悪なモノに利用されることにもなりかねないし~。
どんどん、意図しないうちに泥沼にはまっていくことにもなりかねない。



クリスティ・ノエムさんのような、何物にも屈しない勇気は大切だけど、その前に、ちゃーんと方向を確かめることも大切なことなのだ。


それは、私がようやく大人になって学んだことでもある(笑)



<<参考>>
日本のサイトにも、ちゃ~んとこういった意見もありました。

地球温暖化で何が悪い?

CO2は温暖化にほとんど寄与していない。



Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"