FC2ブログ

感情の表現者

最近になって気がついたことがある。

「ねえ、なんで韓国ドラマが好きになれないのよ~?」と、ある人に聞かれたからだ。

理由は単純・・私にはさほど面白いとは思えない、心を動かすものがないからでしかないんだけど(笑)
(もっとも多くの韓国ドラマをみてるわけじゃないんだけどね~。)


私にとっては感動するものがない・・でも、それはなんでだろ? と、ここであらためて考えた。



ちょうどそんなときに、ある人から、バイオリニストの動画が送れれてきた。

韓国人のバイオリニスト、若くて美人だし、テクニックも凄いと思う。 ジヘ・パク(Ji-Hae Park)さんというバイオリニスト



一番最初のパフォーマンス曲、ビバルディのストーム(夏の3楽章だったかな?)は、私のお気に入りのひとつ。

超クールな曲だ!

彼女の演奏を聴いて、おー! カッコいい!・・・と思うんけど、何かが違う!



そこで、ふと気がついた。

それは生の感情なのだ。  

もともと、バイオリンという楽器は、悲哀、哀しみなどを表現する楽器とは言われたりするくらいに人の感情に密接にリンクしやすい。


彼女の演奏を聴くと、それがあまりにも、ストレートでエモーショナル。 

なんか、生の感情過ぎてしまうのだ。・・・・・たぶん、それが、なんか違うよなあって、私が思ってしまったとこなんじゃないかな、と気がついた。


別に私だってエモーショナルな曲がキライなわけじゃないし、そういった演奏スタイルだって決してキライじゃない。


でもね・・それがどんな深~い悲しみであったとしても、そこに少しだけ別のものが入っている方が私を感動させるらしい・・ってことに気がついたのだ。


少しだけ別のもの・・うーん・・・うまく言えないんだけど、

ロミオとジュリエットの中の有名なセリフで 別れのシーンで、Sweet sorrow(甘い悲しみ)って表現があるでしょ?

ただ悲しいじゃなくって、甘い悲しみね(笑)

たぶん、日本語でいうとこの「切ない」に近い感情じゃないかな?って私は思ってるんだけど・・。


えっと、有名なこのシーンの、ジュリエットちゃんのセリフ。

acsi2fio68l31.jpg

全文ではこうなってるんだけど・・
68b091717dcd109da47dd242c6b04fca.jpg

たぶん・・恋に落ちた経験がある人なら、わかる感情じゃないかな(笑)



どうやら、生一本の感情では、私を感動させないってことらしい(笑) 生一本は酒に限るのだ、たぶん。
  ↓
kiipponn.jpg
https://tanoshiiosake.jp/6660




エモーショナルな曲や演奏で、私が好きなものを紹介しておこう。



アストル・ピアソラ(Astor Piazzolla)アディオス・ノニーノ(Adiós Nonino)という曲。

ピアソラは、お父さんが亡くなったとき、ニューヨークでビンボーしていて会いにいけなかったそうな。
そこで、お父さんのために作曲して捧げた曲だと言われてるんだけど・・


深い悲しみの中にも深い愛も感じない? 旅立った人への感謝、冥福を祈るやら・・さまざまな深みのある感情

こうゆうのってうまく言葉に出来ないものなんだけど・・音楽はすべてを表現してくれるよね~。



で、たぶん私の心を捉えるのは、

深い悲しみといった、ネガティブ感情の中にも、希望だったり愛が宿ってるようなものとか

強い怒りの感情の中にも、同胞や友を思うパトリオット精神が宿ってるようなものとか


 

ネガティブなものでさえも美しいものに変えるようなもの。
昇華させていくってことなんかな?


でもね、もしも私が若いときだったら、きっと、もっとジヘ・パク(Ji-Hae Park)さんの演奏にのめり込んで好きになってたような気がする。

それが若さ、と年寄りの違いかな(笑)

おっと! 年寄りって言葉はいかんな。。。 「円熟」って方がいいかな?

ワインでいえば、ボージョレ・ヌーボーかメロウなフルボディの赤ワインか?ってことかな。



チョコレートでいえば・・私は子供の頃から大のチョコ好き。

子供の頃はミルクたっぷりで甘いミルクチョコレートが好きだった。 ところが今では、ダークチョコレートが好きだ。
それも添加物なしのヤツ・・なかなか見つからないのだけど(笑)

甘さ、ほろ苦さ、喉を通るときの香り・・がたまらないのだ。

それがわかるようになったということは、私は年を取ったということだ。
子供のときだったら、ちょっとでも苦いチョコはキライだったから。


人は年とともに、好きなものがどんどん広がっていくんだなあ・・・・それって、つくづく幸せだなあって思う。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アストル・ピアソラ(Astor Piazzolla)さんは、もう他界されてしまってますが、彼の演奏は動画にも残ってます。
よろしければ、オリジナルの彼の演奏をどうぞ。

もちろん、アディオス・ノニーノを。 

https://www.youtube.com/watch?v=Ljq4K31puA4&list=FL7Gl0jVhxV3aoRNi1gV8Xhg&index=2

ただもう、美しい!、それでいて円熟の味がする名曲だと思います。
Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"