国連総会の一般討論演説で感じたこと

日本時間で9月21日に行われた、安倍首相、国連総会で一般討論演説をビデオでみた。

実は、私・・
その内容よりも、まずは、安部さんのスピーチにヘンな不自然さ=違和感、を感じてしまった。(←問題はそこじゃないだろーが!)

はいはい、そこんとこは、重々承知してます!

でも、やっぱり、気になってしかたないんで、言わせて頂きますです! 🙇



今回の本題とはまーーたく関係なさそうな冒頭を聞いただけで、さっぱり、わけわからん!ってカンジで、正直なとこ最後まで聞く気がなくなってしまった。
ところが、まあ、そこは無理をして、いちおう最後まで聞いたのだ。




ここに、その冒頭部分だけの原稿も載せてみる。

  ↓(黒い部分が実際の安部さんのスピーチでピンクの文字が私の感じた部分(笑)

議長,ご列席の皆様,本日私はまず,SDGsの実施にかける,我々の情熱をお話ししようと思っていました。
国内の啓発を図る工夫にも,ご紹介したいものがありました。

つまり・・本日述べたいことはXXXじゃなくって、他にあるんだよ~!というニュアンスを、冒頭で提示してしまってる)・・・そう言いきっちゃったら、さっさと本題に入るべきじゃないのかい? もう、別の話をダラダラと聞かされても・・誰も真剣には聞いてくれないよ~

 いわゆる「We-Fi」,女性起業家を,資金で支える計画が,私個人や,日本政府にとって,なぜ重要か。
 「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ」のことを,私は,「日本ブランドにする」と言っています。

私は言ってます・・って、ここ不自然な日本語じゃない?
まるで、私が自分自身じゃなくって、第三者のことを話してるようなカンジがしちゃう。

むしろ、私は「日本ブランドにする」と断言しました、 または今後、「日本ブランドにする」つもりです、の方が自然だと思うけどなあ~。
いったい、どっちなんだろう?


私個人や,日本政府にとってなぜ、重要か?・・・日本政府にとってだけじゃなくて、安部さん個人でも大事な理由があるってことらしい・・・うーん、そこんとこをちゃんと聞きたい!

本年12月,我々は東京で,UHCを主題に,大きな会議を開きます。

 語るべきことの,リストは長い。
はあ? 
この長いリストって、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)のことじゃないの?
ここで、いきなりもう、別の話に移ってるのかな?



 法の支配に対する,我々の貢献。パリ協定に忠実たろうとする,我々の決意。
世界のインフラ需要に対し,質の高い投資をもって臨む,我々の政策。

ああ、やっぱり↑、もう別の内容に移ってたわけね~、
こういうリストが長いってことだったんか~。


 また,日本が,どこまでも守りたいものとは,フリーで,リベラルで,オープンな国際秩序,多国間の枠組であります。
ん? フリーで,リベラルで,オープンな国際秩序,多国間の枠組・・を守りたい!って意味不明だなあ。
これだけじゃあ、ただ・・耳障りが良くってカッコ良く聞こえるようなワードを並べ立てたようなカンジしかしない。


まさに,それらを守る旗手・国連に寄せる世界の期待は,いよいよ高い。
ならばこそ,安保理を,時代の要請に応じ,いちはやく,変革すべきなのです。

ん? 何を? どの部分を?変革すべきって言ってるのかもわからない・・・

変革のため,日本は,友人たちと努めます。
誰と何の変革のため務めるの? 友人って誰?(アメリカさん?)
なんで、ここで、あえて・・友人って言葉を使うんだろ?


安保理常任理事国として,世界平和に積極的役割を果たすのが,日本の変わらぬ決意だと,私は,主張するつもりでありました。
世界平和に積極的役割を果たすのが,日本の変わらぬ決意?って具体的に、何をするつもりだったんだろう?

 けれども私は,私の討論をただ一点,北朝鮮に関して集中せざるを得ません。
ああ、ようやく、ここから、本題に入るみたいだなあ。。。




内容は別にして、これってまずいんじゃないの!

意味不明な部分が多い、つーか、一番最初に、今日の本題は別にあるんだよ!ってにおわせちゃっただけことで、この部分全部がムダになってる気がするし~。


それよりなにより、スピーチを聞いているだけで、ひどく不自然な違和感を覚えてしまったのだ。
ま、安部さんのスピーチビデオで聞いてみて?

そんなことを感じたのは、私だけかもしれないけど・・。


たぶん、私がそう感じてしまった理由として・・
★「常体」と「敬体」、「体現止め」がごちゃまぜなスピーチになってる、ことだと思う。


『だ・である調』・・・が常体 例:文章を書くのが大好きだ

『です・ます調』・・・が敬体  例:文章を書くのが大好きです

『体現止め』 例:文章を書くことが好き



小学校のときの作文の基本として、

原則的に、一つの文の中で『です・ます』調と『である』調を混在させない」
『体現止め』は、効果的に使うべし



というのを習ったはず。

なぜなら、そうしないと・・文の調子にリズム感や統一感がなくなってしまうからだ。
幼稚な、素人っぽい文章に聞こえてしまう。


ただし、これはあくまでも基本なので、あえて何かを強調したいときや、独自に文のリズム感を作り出すときには、もちろん、この限りではない。
そこらへんは、独自の腕のみせどころ! 個性のみせどころ!


だけど・・・このスピーチの原稿って、なんだか私には、小学生以下に聞こえてしまう。


リズムが不自然に途切れてしまったり、そこに違和感を感じてしまうし、おまけに、何が言いたいのかもわからないんだから。。。


下手くそ!
誰が、こんな原稿を書いてるんだよ!

というのが、私の正直な印象。

もしも、私が総理大臣だったら、こーんなスピーチ原稿、ぜったい採用しない! (←おいおい!!)
自分で書き換えてやる!
こんな原稿を書いてきた職員は、即、首だ!



もっとも、内容が理解できないというのは・・私自身の問題?

私の理解力が足りないせいなのかな~?
私は政治の基礎知識にも乏しいからなのかな?

うーん、それは認めるところだけど、

でも、
でも、だよ!!

バカな一般市民に対しても、明確にわかるようなスピーチをするのが政治家としての務めなんじゃないかな?って、思っているのは、私だけだろうか?


少なくとも、海外のスピーチの方が私には明確にわかりやすい。
たとえば、トランプさんのスピーチなんか、とってもわかりやすい。

JNNニュースから


わかりやすいけど・・・
なんとまあ! 一方的に相手を避難するだけの内容。
しかも、なんとまあ、下品な言葉
(T_T)


と、まあ、このように・・内容がはっきりわかれば、聞いてる方にも、賛成・反対も明確にできるし、感想も述べやすい。


おそらく、トランプさんのスピーチだったら、知性や教養も持たない人たちにだって、よーくわかるんじゃないだろうか?

だけど、安部さんの冒頭スピーチみたいに、わけがわからん!ってことばかりだと、コメントも出ないし・・・そもそも、聞く気すら、なくなっちゃう。


へんだよなあ。
日本語なのに~。
いちおう、すべての日本語の言葉の意味はわかってるのに、ちーっとも、何がいいたいのかがさっぱりわからないのだ。




そこんとこ、今後、なんとかしてよ~!
安部さん!そして安部さんのブレーンたち!


・・・・・・・・・・・・・・・・

ついでに、安部さんのスピーチの内容についても、せっかくだから、ちょこっと感想を述べてみることにする。


まず、本題に入ってからの内容は、比較的わかりやすかった。

もちろん、不自然な体現止と敬体、それに、不自然な英単語、インセンシティブ Insensitive? なんて言葉も使われてたわりにはね・・。
**インセンシティブって、すでに今では日本語として一般的に使われてるのかな?・・ここらへんは、だいぶ前に日本を離れてしまってる私にはわからないんで、ただ、不自然に感じてしまうだけなのかもしれない。


ここからのスピーチは、北朝鮮の悪いことをずらっと挙げて、
平和的に対話の時期は終わった! これからは圧力だ!
といいたかったらしい。


うーん、たぶん・・これじゃあ、トランプさんのスピーチ内容とまったく一緒なんだね~。

ただし、トランプさんほど、直接的な言葉は使ってないし、そこまでお下品な単語も使ってないけどね~。

やれやれ! だったら、トランプさんとまったく一緒です!・・で、数秒で終わってもよかったのにな~。(笑)
これは私の個人的感想。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

太古の昔っから、戦争前には、檄文(げきぶん)というものを書いて、あっちこっちの武将に送ったりしてたね~。

檄文(げきぶん)とは、自分の考えや主張を述べて大衆に行動を促す文書


私の主張はこんだけ正しいんだよ、だから、私に同意して味方になって戦ってね!ってヤツのことだ。


織田信長打倒の燃えた、足利義昭さんは、石山本願寺や武田信玄など反信長の武将たちにせっせと、こういったお手紙を送ってたわけだし・・・

明智光秀さんは本能寺の変のあとも、せっせと各武将の同意をとりつけるべく、手紙を書きまくってたし、


関ケ原の前に、石田三成さんだって、せっせと西軍に引き入れようと武将たちにお手紙を送ってた。

あ、忘れちゃいけないのは、有名な直江状だった。

DKK2-XSVAAAUU3i.jpg
https://twitter.com/ageha773

直江兼続さんが、徳川家に対する謀反の疑いをはらすために送ったものらしいけど、内容はかなり痛烈に徳川を批判するものだったようだ。

とにかく、この長さたるや・・ひええ!!

こーんな長文で、しかも、ひどい文章だったら、さすがに誰も読んでやくらないだろうに。
さぞ、名文だったことだろう(笑)


こんなふうに、戦争前には、どの武将も自分の正義をアピールし、多くの味方を集めようと、せっせとお手紙を書いていた。
もちろん、こんなことは日本だけじゃない。

紀元前の中国でも、檄文は有名だし・・(あ、檄文て中国から入ってきたんだったかも?)


いずれにおいても、もちろん、ポイントとなるのは、その文章力!

本人が言ってる内容が正当かどうかなんてことは、わからないことが多いんだもん。

いかにして、人の心をとらえる文がかけるかどうか!ってことが、大きなポイントになる。


そうして、それを読んだ武将たちは、今後の対応を考える。

もちろん手紙の内容が、かなり心の琴線に触れるような内容であったとしても、情だけで受け取るわけにはいかない。

どっちに味方する方が得策か? 信用できるのか? この手紙を利用する方法もあるかも?
なーんて、ことをブレーンとなる部下たちと共に考えたことだろう。。。

しかしそれでも、まず、それが心に響くような文かどうかってことはとっても大きなウエイトを占める。


そこで、思うのだが・・・

現代でも、まったく一緒なんだな、って思うわけ!

ただし現代は、檄文がスピーチに変わったってことだけどね。


たとえ文章力が無い武将であっても、優れた文書力を持つ部下を抱えて入れば、心を打つ檄文を送ることができただろうし、それによって、多くの味方をゲットできたことだろう。


安部さん、せめて、そんなブレーンを置いてほしいんだけどなあ。
つーか、それにはまず、安部さん自身が、その原稿の良し悪しが判断できなきゃダメなんだけどね。

人が書いた原稿を、心あらずでダラダラ読むだけだったら、スピーチの意味は、まーったくないんだよ~。
むしろ、逆効果なんだよ~。

感動させなきゃ!人から同意は得られないのだよ!!
51AS20DVQDL (1)

日本の政治家さんは、なんでこんなにスピーチのできない人たちになっちゃったんだろう?
少なくとも、明治政府の頃の政治家さんたちの方が、ずーーと上手だったと思うんだけど・・

いずれにしても、政治のポイントは、まずスピーチにあり!だと思ってる。
国民にも海外にも、明確に訴えられなければ、誰もついてはこないし、先は無いような気がする。


・・・・・・・・・・・・・・・・・

あれ~?

ところで、国連のスピーチって、そもそも、そんな内容のスピーチをする場だったっけ?

相手国をめちゃめちゃ貶すとか?
戦争? 檄文?


これも、本来は違うんじゃないか!って思うんだけどね。。。



今回、少なくとも、私の感じたことは、

これじゃあ、アメリカと運命共同体になるだけだろうなあってこと。
しかも、ちっともいいとこなしの、腰ぎんちゃくで終わりそうな・・

しかも、
もしも、アメリカが大きくコケてしまったときの、保険すら、なーんもなさそうだな~と。


またまた、ここで歴史の話で申し訳ないんだけど・・

天下分け目の戦いの関ケ原で、どっちに転んでも生き残れるような策を使った、真田家や前田家のように二股かけるような策も講じないのかな?

・・・たしかに、姑息な方法かもしれないけど、それでも、どっちに転んでも救うことはできる。

さもなければ、完全に戦争回避の道を堂々と世界に示していくとか。



いずれにしても、トップが目先のことだけに追われて判断を誤まった国は、簡単に滅亡の憂き目を見ることは明らかなこと。


そんなわけで、この国連スピーチをただ一方的に批判するつもりはないんだけど、

私としては、さまざまな違和感を感じてしまったことは確かなのだよ。。。
ふうう。(←深いため息)
Profile
スピリチュアル世界中心のブログ★

gingetsu2010

Author:gingetsu2010
アリゾナ州セドナにて、アクセサリー工房Alizona*銀の月*をオープンしてる銀月です!

日々の生活や体験の中から、社会のこと、スピリチュアルなことなど・・思いつくままに書きつらねてます。

皆様にも「スピリチャアルの意味」「生きる意味」を感じて頂けたら、幸いです!☆

Calender
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Link
☆HPはここをクリック↓☆
検索フォーム
カテゴリ
Diary
Alizona*銀の月*ショッピングサイトのお知らせ
Alizona*銀の月*では、ショッピングサイトをオープンしました。
ネイティブインディアンのホピ族を中心としたオーバーレイの銀製品を中心に、銀月の好みで集めてしまった逸品揃いですよ~(^^)v
☆ホピ族は、まさに、スピリチュアルな生き方を貫いてきた人々。
銀月のWEB、「ホピ族の話」をまずは、じっくり、ご覧ください。


Alizona*銀の月*の↓のURLから、お入りください。
http://sedona10silvermoon.web.fc2.com/index.html"